22/02/19 21:53

JRA賞インタビュー(小沢大仁騎手)

 
続けて、小沢騎手の部分も。

 <司会者>
・小沢騎手は2021年度に31勝を挙げる活躍で、最多勝利新人騎手に輝きました。
・小沢騎手は同期との激しい争いを制して、JRA賞のタイトル獲得となりました。
・おめでとうございます。小沢騎手にお喜びの言葉を頂戴しました。

<VTRへ>
あの、今年やっぱりデビューしたときから、新人賞を取ることを目標に1年間頑張ってきたので、新人賞を取ることができてすごく素直に嬉しいです。
初勝利のときは僕の初めてのレースだったので、まだ全然右も左もわからない状態で、もう競馬もあまり何も考える暇もなく、もうすぐ終わってしまったかんじで、すごいやったーというなんか自覚がすぐには沸かなくて、あれっ勝っちゃったなていう感じでした。

<テロップ「印象に残ったこと」>
デビュー当日の最終レースのドスハーツで勝たしてもらったレースはやはり今でもしっかり覚えています。僕が実習生の時からずっと調教乗せてもらってて、ゲート試験のときとか1から厩舎の馬で携わらしてもらった馬だったので、その馬で勝てるということはやはりすごく嬉しかったでしたし、僕もすごく緊張していたので馬からレースの勝ち方を教えてもらいました。
<テロップ「今年の目標」>
今年は、最低でも勝ち星を60勝以上挙げて頑張っていきたいと思います。よろしくおねがいします。

<司会者>
小沢騎手ありがとうございました。

カテゴリ[ 小沢大仁騎手]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません