13/04/30 01:01

春の訪れ

夏のはじめと終わりしか意識しなかった新潟開催。
最近になってようやく、春の始まりも意識するようになった。
地元との密着感が薄かったり、開催日数は減らされてはいるけれど、
すぐ見に行けるところで競馬が行われているのは、やはりありがたい。

さて、松永厩舎馬と新潟の春開催。
(3−2−2−4−1−11)
勝率.130、連対率.217、3着内率.304、単勝回収率767%、複勝回収率189%。
(注:ラインプレアーの単勝万馬券がほとんどを占めている)
今年も厩舎馬が来るといいな、なんて思っています。

豪華メンバーの新潟大賞典をはじめ、開催の半分は仕事やら何やらで見に行けないんですけどね・・・

カテゴリ[ 遠征、新潟開催]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/04/14 21:49

かえさる

 

 
  
2002.10.20   

2004.12.26

グランドジャンプが来ると、思い出すんです。 

カテゴリ[ まつなが馬(引退馬)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/04/13 06:13

虹の行方

スポーツ紙で、出走を知る。
20時15分、大井9R。

三条場外にはいけなかったので、帰宅してからオンデマンド映像を見る。
目的は、シンゼンレインボー。
母はジーエスレインボー。トーヨーレインボーが残したたった4頭の産駒のうちの1頭。
現在、馬柱に「トーヨーレインボー」と印刷される馬は、このジーエスレインボーの子供だけなのである。

(ジーエスレインボー、2008年)

先行して直線抜け出して、内から抜け出した1頭と叩きあって勝つ。
上のクラスでもまだまだがんばってくれそう。
園田には、3歳になる弟のハルイチバンがいる。がんばれ!

 

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/04/05 23:39

獅子と鳳凰


大きな声はあげていませんが、応援しています。
今週は思い切って乗ってきてください!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/04/02 02:07

2000.11.19

コンパクトカメラに入れっぱなしだったフィルムを現像したら、こんな写真が出てきた。
松永善晴厩舎のヒミノコマンダーと嘉堂騎手。 
ゼッケンから調べた日付はタイトルのとおりで、ネットで調べていろいろ思い出す。

この日、青春18きっぷ+ムーンライトで上京した理由は松永厩舎の馬半分、
友人に頼まれた(前年優勝馬スペシャルウィークが大きく写った)ジャパンカップの入場券買いが半分。
で、午前中にトーヨーワシントン(当時はまだ関東馬)出走の新馬戦を見て、このレースを見て。
この日は京都でマイルチャンピオンシップ。
アグネスデジタルがあっという間に差しきって、トーヨーレインボーのコースレコードを破った日であり、
ダイタクリーヴァに乗る予定だった高橋亮騎手が9Rで落馬し、昌博騎手騎乗のテンザンデヘアに接触して
こちらも肝を冷やした日である。(現地のパトロールビデオを見て真っ青になった)

と書いてみて、かなりうろ覚えが多いことに気づく。正しくなさそう。思い出効果かな?

カテゴリ[ まつなが馬(引退馬)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/04/02 02:06

4月1日のプレゼント

帰ってくると、こんなものが。
中身は・・・懸賞の新潟開催日の招待席が当たった、というもの。
ありがたやありがたや。

・・・エイプリルフールにあわせて送ってこなくてもいいのに。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[0 ]   トラックバック[0]