13/06/16 13:59

勝った!!!

よーし、秋だ!
森くんおめでとう!

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/14 23:27

うん。

出馬表をみる。

マジェスティハーツに森一馬。

なんだろう、とてもわくわくしてきた。

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/09 20:16

すでに19年

今年の宝塚記念CMは94年のビワハヤヒデ。
自分が初めて見たG1レースでもあり、なんかうれしい。
で、録画映像でこんな写真を撮る。


実況の「ナイスネイチャ」もきちんと聞こえてますな。

カテゴリ[ まつなが馬(引退馬)]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/09 14:47

2002年2月24日(7)

昌博騎手が検量室へ去っていった。
もう一回出てこられないかな・・そんな気持ちでしばらく待つ。
同じ気持ちなのだろうか、周りにもじっと動かない方々が・・10数名。

しばらくした後、善晴厩舎の松下助手さんが登場。手にしていたゼッケン等を
その中の一人に渡されて帰っていった。
そのうち、徐々に人が少なくなってゆく。

しばらくして、近くに残っておられたMさんと話になる。
ゼッケンを渡された方は昌博騎手の親戚の方だったそうだ。・・・納得である。
「じゃ、ホームページは昌博さん応援ページとして続けますんで・・」
確かそんなことを言って、いったんお別れする。

終わったんだなあ・・・。

その後の阪急杯も見ていたが、記憶があまりない。
ここでも放心状態だったのかな・・・。

最終レースも終わり、パドックへ横断幕をはずしに行く。
Gさん(ネットで知り合った松永厩舎応援の方)がやってこられた。
ご本人とお会いするのは、この日がはじめて。
あいさつの後、いろいろな話をする。
「終わっちゃいましたねえ・・」
これは共通の気持ちだった。

さて。
話を続けている私たちをめがけて、1人の女性が近づいてこられたのだが・・・

(おわり)

カテゴリ[ 昌博「騎手」関係]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/07 02:48

2001年三条の旅

すみれSの写真を探していたら、こんなのを見つけた。
 
2001年5月27日、三条競馬場。
パドック側から見たスタンドと、金網表彰式。

12年後の今。
国体の馬術競技に使われた影響で、パドックと直線〜1コーナーは
大きな盛り土がされて、今に至っています。
メインスタンドが現役で残っているだけでもまだいいのでしょうね。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/07 02:35

2002年2月24日(6)


サンクスから降りて、集まっている人々の声にこたえるように
昌博騎手が小さく手を上げた。
本当に、ほんのわずかな時間。
この笑顔、それがうれしかった。

カテゴリ[ 昌博「騎手」関係]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/06/01 01:30

2002年2月24日(4)

ウィナーズサークルから4コーナーへ向けて歩いてゆく。
人がまばらになった、3号障害のあたりで柵にくっついてレースを待つ。

ゲートが開いた。昌博騎手はそのまま内に入れてこちらに向かってくる。
それでも一週目はまだ冷静で、デジカメで動画撮影をしている。

http://www.youtube.com/watch?v=136Hd48dnPI

カメラから目を離す。
ターフビジョンを見る。サンクスは2コーナーを回っている。
向こう正面でも内目を走っている。いつ外に出すのかな・・・・・・・・


そこから・・まったく記憶がない。
内をついたはずの昌博騎手を目で捕らえたのか、声を上げたのかどうか、まったくわからない。
なんで最後の直線はカメラ(動画)を構えなかったのかもわからない。
(帰宅後の掲示板の書き込みでは)ゴール前での大混戦と自分で言っているにもかかわらず、その絵が思い浮かばない。

たぶんくすのき賞のときと同じ、それ以上の極度の興奮状態だった・・のだろう。
10年以上たってもほかの部分の記憶が鮮明なのに、この1分弱だけ抜け落ちているのも不思議である。

次の記憶は、「・・・負けたか・・・。」である。
そのまま、検量室が見えるところへ歩いてゆく。
昌博騎手が戻ってくるところへ。

カテゴリ[ 昌博「騎手」関係]   コメント[0 ]   トラックバック[0]