19/01/13 14:20

京都の写真

ブログ容量の許す限り、何枚かを。

 

» 続きを読む

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/01/10 04:58

この時期…のみ?

遅くなったが、週報ブックを買ってくる。
で、ここを見る。

おおお。
第1週目で2勝したのでたぶん…と思った通り。いいなあ。

で、JRAHPも。
 

» 続きを読む

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/31 23:36

2018年、思い出は。

はい、順不同です。

 

・マジェスティハーツ
もう一回その姿を見たかったですが…
1回だけでも勝利を見られただけでも良かった、そう思っています。
広島でお元気にされてますでしょうか?

 

・森一馬騎手
今年はさすがのキャリアハイ。しかも障害リーディング3位ですよ。
障害ではもう絶大的信頼感が。
「最強スプリンターはラインスピリット」「ラインルーフでG1総なめ」発言にはびっくり。
ラインルーフの退場は非常に残念でしたが、これからまた平地重賞を狙える馬と出会ってほしいですね。
そうそう、応援幕も増えましたなあ。ファン多いんだなあ。

 

・ウインバリアシオン
まさかお披露目会がないとは…
いよいよ産駒のデビュー年、静かにわくわくします。

 

・ラインスピリット
そのポテンシャルと成長力はどこまで続くのか…
スプリンターズS3着は、もちろん騎手の判断もあったのでしょうが、
そこへ至るまでのスタッフと騎手達の努力の結実、ですね。
来年も夢を見たいです。

 

・オースミナイン
新潟の直線障害の前で待っていましたが…あまりにも突然の退場でした。
無事に第2の馬生を送っているのですから、それが一番です。

 

・プリンスオブぺスカ
「未勝利終了後からの勝ちあがり馬」
「500万下を3勝した馬」
…やっぱりこの馬も、スタッフの努力の結実なんでしょうね。
今年目の前で見た勝ちっぷりから、もっと上の長距離戦で活躍する姿が目に浮かびました。

 

・ラインルーフ
偶然にも芝挑戦の2戦を見ることができました。
そして、名鉄杯もブラジルカップもただただびっくり。
まさかの故障引退でしたが、第二の馬生を応援するのみです。

 

ルドルフィーナ、ツィンクルソード、ラブリロンスロンス、バーニングぺスカ、ラインフィール、ラホーヤノキセキ、小牧太騎手…毎年毎年きりがないですね。

 

ゆっくりと変わらずに、無理なくまた来年も。
あと5年ちょっとですもんね。
またよろしくお願いします。
 

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/31 23:35

今年の一枚


これです。プリンスオブぺスカの500万下勝ちの後のウィナーズサークル。
昨年、新潟で相当暴れていた馬が、成長してさらっと勝った姿です。

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/27 23:51

さて、最終日。

メイショウテッペキとルドルフィーナですな。
とりあえずPATで馬券を買ってきました。
ルドルフィーナと森一馬のコンビ復活はわくわくしますが、
函館の事件を目の前で見てしまったものとしては
まずはおとなしくゲートを出てくれという気持でいっぱいになってもいます。ふう。

オグリクロノスのデビュー戦が1/5だとか。
ダート短距離ですか。どうなるのだろう…。
現地で見たいものですがねえ。

 

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0]