19/01/02 17:32

グリーンチャンネル

なんだろう、今年はとりあえず見るかというものが少ないし、
あっという間に金杯が来る感じ。

そのなかでも「2019新春特番 俺たちの平成競馬」は見ました。
ナイツ土屋・宮川一朗太・佐藤哲三という、また渋好みの3人ということもありまして。

1時間があっという間でした。
一番印象に残ったのは最後のオチ。
出演3人が平成を振り返ってもう一度見たいレースを放映していったのですが、
ナイツ土屋…「96年阪神大賞典」
宮川一朗太…「98年毎日王冠」
ときて、最後の哲三さんが
「2012年天保山S」
…こけた。
まあ、ファリダットで完璧な勝ち方したということなんですが、
このレースはなんといっても2着マルカベンチャー+安藤勝己がたたきだした
日本最速の上がり33.8秒の豪脚だと思うのです。
久しぶりに見れてうれしかった。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません