20/08/08 00:40

水曜馬ス(中略)夏 Part2

なんと4週連続放送。
1週目ももちろん聞いては(見ては)いるのですが、うまく感想がまとまらないといいますか。
面白かったんですけどね。

ゲスト、プチ鹿島氏。ここまで競馬好き、ロマン競馬派な人とは思いませんで、びっくり。

幻の(取り消し)二冠馬マチカネタンホイザ、アグネスタキオン、ステージチャンプ・・・
世代的にもう楽しい話ばっかり。
ディープインパクトと「カールくん」をおなじ土俵にあげた人は見たことない(笑)

今回、曲も楽しい組み合わせが多かったです。
王道といわれるその頃のヒット曲、それはまあ置いときまして。
スティルインラブとTOKIO「AMBITIOUS JAPAN」
キングカメハメハとFLOW「GO!!!」
アパパネと嵐「Love Rainbow」
ネオユニヴァースとT-SQUARE「TRIUMPH」
いやあ、良い。

うち的にも、対象が対象だけにいつも以上に厩舎・騎手関係馬が画面に出てきてもう楽しいこと。
エイシンオスマン・ウインバリアシオン・グラールストーン・ナイスネイチャ・トーヨーリファール・スギノブルボン…おなかいっぱいです。
一番印象に残ったのはこれですな。


バックには「フライングゲット」AKB48。
東京競馬場の4コーナー。全馬引き連れて、敢然と逃げるエイシンオスマンです。
 

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません