20/08/08 19:42

「良化途上で圧勝劇!」

本屋に行く。
「競馬の天才!」が置いてある。
あるかなあ・・とパラっとめくってみたら、

1ページ、フラーズダルム。
ちょっと迷った(後述)けど、買っておうちへ。
 

今回も、「トレセン探検隊」のコーナー。
たぶん、先日のラプタス以来ですな。

写真は5葉。
内容は、デビューまでの経緯と、デビュー戦の様子、そして福永騎手のコメント。
ただ、内容としてはラプタスのそれと比べてちょっと薄いんですね…
それで買うかどうか、ちょっと迷ったわけです。

それを超えて余りあるものが、一番大きな写真。
おそらく勝って戻ってきた後の写真です。
これがね…
ゴーグルかけた福永さんも、フラーズダルムを曳いてる岡部助手さんともう一人のスタッフさん(すいません、お名前わかりません)も、本当にいい顔をされてるんです。
もちろんフラーズダルム自身も。

記事は「この時期に勝ち上がった馬がクラシックをにぎわす存在になる…」
という文章で締めくくられています。
新潟2歳S、期待したいですな。

カテゴリ[ 松永厩舎関連]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=50648

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません