11/05/31 12:29

ブログカテゴリー

突然ですが、ブログ書いている皆さんってブログカテゴリーをどうやって決めてるんでしょうか?

 

ブログを書く以前に「だいたいこんな感じのカテゴリーについて書こうかなぁ。」なんて具合に決めちゃうんでしょうか?それとも書いていく内新しいカテゴリーが増えていくのでしょうか?

 

内容によっては、どこにも当てはまらない事もあったりして・・・・。

 

 

 

と、言う訳で、前置きが長くなりましたが、新しいカテゴリーを増やしました。

 

 

それは・・・・

 

 

「おもしろスタッフ」

 

 

 

南信州ビールのおもしろいスタッフのおもしろい出来事を記事にしていきます。(笑)

 

 

 

 

ただ・・・・。

 

 

 

言わずと知れた「王者」が強すぎるので

 

 

 

 

 

 専用コーナーになってしまうんじゃないか

 

 

 

 

 

一抹の不安は、残ります。(汗)

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

カテゴリ[ 雑談]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/05/26 22:37

ちょっと気になる事が・・・

食品や醸造関係のメーカーでは、一般的に使われる事が多い薬品「水酸化ナトリウム」

 

 

強アルカリの劇薬です。(毒)

 

 

別名「苛性ソーダ」(毒)

 

 

使用目的は、器具類の洗浄用だったり排水処置の中和剤だったり・・・

 

 

当然、取り扱いは要注意です。

 

 

 

そして、当工場でもこの劇薬は厳重に管理されています。

 

 

 

それが、この苛性ソーダ・・・・。

 

 

 

画像を見て皆さん何か気になりませんか?

 

 

 

私には、とっても気になる点が・・・・・

 

 

 

 

 

ちょっと美味しそうな字体じゃないか〜?

 

 

 

劇薬なのに・・・・・。(汗)

 

 

 

厳重管理されているので、部外者が見たり触れたりする事は無いのですが、子供や食いしん坊の人が見たら・・・・。

 

 

 

 子供の頃に駄菓子屋で買った粉末ジュース。

 

 

 

 

 

 

と、間違えちゃうだろっ!


 

 

 

 

 

 

 

劇薬なら劇薬らしくっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 って言う感じで書いた方がいいと思うんだけどなぁ〜。

 

   

人気ブログランキングへ

カテゴリ[ 雑談]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/11/14 05:00

木曽路へ

仕事の打ち合わせで、木曽の王滝村へ行ってきました。木曽は、中央アルプスを挟んで伊那市の西側に位置しています。昔は、数時間かけて権兵衛峠を越えなければ行けない所でしたが、数年前に権兵衛トンネルが開通したので30分位で、木曽路へ行く事ができるようになりました。

 

 

それでも、伊那市の自宅から、目的地の王滝村まで、1時間ちょっとかかります。自家用車で王滝村へ向かう途中、電光掲示板の交通情報に「凍結注意!」の表示が・・・。ノーマルタイヤで向かっていたので、結構ビビりながらの運転です。

 

10:00からの打ち合わせは、2時間位で終わり、同席した木曽担当の中小企業企業振興センターの方から、一緒に昼食をとりましょうと誘って頂いたので、一路その方のお勧めのそば屋へ向かう事に・・・。当然、木曽担当なので地元の美味しいそば屋に連れて行ってもらえると期待が膨らみます。

 

センター「少し車で移動しなきゃいけませんが、すぐなので、着いて来て下さい。」

 

私「了解です。」

 

 

と、当たり前の会話の後、車を走らせ・・・・

 

 

峠に差し掛かり・・・・・

 

 

 

更に走らせ・・・・・

 

 

 

峠を越えたら・・・・・

 

 

 

次の峠に入り・・・・・・

 

 

 

走らせ・・・・・

 

 

 

二つ目の峠を越えて・・・・・・

 

 

 

しばらく走った所のそば屋。

 

 

 

その距離なんと約30km!

 

 

 

全然、すぐ近くじゃぁ無いじゃん!

 

 

 

でも、木曽は、集落から集落の間にコンビニ等の店らしい店が全くないので、すぐ隣が数キロ離れている事も珍しくありません。車で移動しなきゃいけないけど、すぐ近くのそば屋は、30km先って事です。普段通勤や仕事で運転する事が殆どの私は、ちょっとした旅行気分です。

 

そんな事もあって、折角行ったそば屋の名前を忘れてしまいました。(汗)そばの味は絶品!遠く(木曽の人は、近く)まで来た甲斐がありました。

 

 

そば屋をでると、木曽担当の方は、近くで次の打ち合わせ予定が入っているらしく、その場で別れる事になったのですが・・・・・。

 

 

どうやって帰ればいいのか?峠二つも越えて来ちゃったし・・・。

 

 

取敢えず車を走らせると、「木曽福島 ⇒」の看板!

 

 

標識に従い進むと、すぐに峠道・・・・。峠の頂上付近では、雪化粧の御嶽山が近くに見えました。

 

 

一つ目の峠を越えて進むと、開田高原。トウモロコシソフトクリームが美味しいんですよぉ。(笑)誘惑に負けそうになりましたが、結構遠くに来ちゃったんで、休憩もせず伊那谷を目指します。

 

 

車を走らせる事約1時間・・・・。

 

 

ようやく木曽福島へ着きました。久しぶりにすれ違う自動車、コンビニの明かり

 

 

結局、伊那に着いたのは、夕方でした。(汗)

 

 

地図で見ると、それ程遠くない木曽。でも、峠の高低差で、かなりの走行距離になります。

 

 

 

この日の行程を見直すと、3分の2は、移動時間でした。(汗)時間だけで考えれば、大阪まで行けちゃう位です。信州は、ホント奥が深い!

 

 

 

 

 

運転疲れにポチッと・・・人気ブログランキングへ

カテゴリ[ 雑談]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/10/21 05:38

食と味覚フェア反省会

  

  

池袋サンシャインシティーで開催された「信州発食と味覚フェア」は、昨年東京ドームシティーで開催された「信州まるごと産業フェア」の「食文化」だけにスポットを当てた同じ内容のイベントだったんです。

 

昨年は、南信州ビールブースの横にオラホビールさんが出店していたのですが、今年は出店の声が掛からなかった様で南信州ビールが長野県の地ビールを代表して出店する様な形になってしまいました。

 

この手のイベントは、県の産業部等が主体になっています。HPでの出店者募集だったり、各地方行政経由で情報を出したり出店実績のある企業に文書連絡したり・・・と色んな方法によって募集するのですが、何らかの事情で情報が行き届かない事もあるみたいです。今年は、出店申し込みをした後、オラホビールさんにイベント備品を共同レンタルする為、連絡してみたのですが、まだ情報が来ていないとの事・・・。県に問い合わせてみる事になったのですが、結果的に先約していた別のイベントの方に出る事になったようです。10月はイベントが多いんで、この様なケースが稀にあります。(涙)

 

さてさて、前回の話の続き・・・。

満席の酒処 吉本さんの近くの居酒屋で時間調整していて私達・・・そろそろ入れるかな?と思いつつ再入店を試みましたが・・・・相変わらずの満席状態(涙)

 

今回は、社長とおかみさんに御挨拶だけして次回訪問に延期する事にしました。(涙涙・・)

 

 

吉本さんに行ったら「ゴールデンエール」⇒「清酒」・・・と言うストーリーを描いていた私の気分は既に日本酒モード。一緒に居たニワッチと相談して先日「南信州ビールを味わう会」でお世話になった酒徒庵さんに行く事に・・・。

 

所が、酒徒庵さんも満席状態(汗)

 

その時、酒徒庵さんでのイベントを企画して戴いたMさんがっ!

 

「何とかして席をつくりますので、お待ち下さい」

 

感謝!

 

いやぁ〜、ホント感動しましたねぇ〜。

  

  

 

 

美味しい酒と肴を戴きながら明日から始まるイベントへ向けて士気上げました。

 

そして・・・

 

イベント初日終了後・・・

 

 

流石にヘトヘトで、会場近くで反省会を開く事に・・・

 

すると、たまたま本日開店!の店が半額セールしてるじゃぁありませんか!ラッキー!

 

 

その店は、「目利きの銀次」

 

 

海鮮料理が中心のFC居酒屋です。

 

パイナップルサワーの生パイナップルを渾身の力を込めて絞るニワッチ

 

そして、開店記念イベントで一人ずつ「おみくじ」を引かせてもらいました。

この、おみくじ、神社などにある本格的なおみくじで・・・

 

私は・・・・

「小吉」でした。

 

 内容を見てみると、色んな事が書かれていたのですが、仕事面で「今は苦労が絶えないけれど、辛抱すればその内、実を結ぶ」みたいな事が書かれてました。

 

 

ふと、横を見ると・・・・

 

 

 

 

 

 

たぶん、コイツの事だな。と確信しました。

 

 

出張に500円しか持ってこなくても。

 

 

イベント事務局と郵便屋さんを間違えても。

 

 

憎めないキャラクターのニワッチ。

 

 

期待してるからねっ! 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

カテゴリ[ 雑談]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

10/10/17 23:17

地ビール?

皆さんお疲れー。 無事に帰宅出来ました。 さっきのブログで予告したイベントアフターの話ですが・・・。

 

イベント前日に準備作業を行う為に池袋入りした私とニワッチ。バックパネルを組み立て、昇り旗やサーバーをセッティングした後、同じイベントに出店している安曇野ワイナリーの友人Mさんと上司 I さんと合流し、南信州ビールの取引先の酒処 吉本へ向かいました。

 

生憎、吉本さんは満席状態で席が空くまで近くの居酒屋で待つ事にしたのですが・・・・。

 

 

その居酒屋のドリンクメニューに大きな文字で「地ビール ヴァイツェン」って書いてあったんです。

私とニワッチは当然の様に興味津津。

 

早速注文してみました。

 

 

比較的穏やかなヴァイツェン香でしたが、キレイな仕上がり具合。美味しく戴きました。そしてちょっと気になったのでお店のスタッフの方に「差し支えなければメーカーさんを教えて戴けませんか?」って聞くと・・・・。

 

 

「少々お待ち下さい」

 

 

しばらくしてお店のスタッフが・・・・

 

 

○○○さん(NBメーカー)のビールです。

 

 

・・・・・・・・。

 

 

それは、某大手メーカーさんのヴァイツェンだったんですね〜。

 

 

大手メーカーも元を正せば地ビール的なスタートだったと思いますが、現時点で「地ビール」って書かれちゃうと、それなりに期待しちゃうでしょ?

 

 

そして我々は、「地ビール」の定義って何なんだろう?と言うテーマでかなり盛り上がりました。(笑)

 

 

色んな考え方ができると思いますが、マイクロブルワリー = 地ビールって考えるとNBメーカーさん ≠ 地ビールって事になるし、地域発信型 = 地ビールって考えるとNBメーカーさんもあながち間違えでは無いような気がするし・・・。

 

皆さんはどう思います?

 

 

まぁ、どんな考え方があっても、大手さんが「ヴァイツェン」と言うスタイルのビールを販売し、飲食店さんが「地ビール」って言うキーワードを使っているって事は業界全体にとっては良い事だと思います。それぞれ消費者の選択肢が増えて、シチュエーションや気分等で選択できるビールが沢山あるんだよって事が浸透して行きそうな予感がしますねぇ。

 

そんな一時を過ごした初日でした(マル)

 

人気ブログランキングへ

カテゴリ[ 雑談]   コメント[0 ]   トラックバック[0]