07/10/13 18:45

平成19年10月13日(土)

<善光寺三門のとちぶき屋根が荘厳な姿を見せる>
5年前から解体修理が進む長野市の善光寺三門の工事用の覆いが取り払われました。国内最大といわれるとちぶき屋根が荘厳な姿を見せています。大正時代以来使ってきたヒノキからサワラ材を重ねるとちぶきに変更、創建当時の姿が蘇ります。一、二度冬を越すとやや黒ずんだ重厚な雰囲気になるといわれています。

<歩数>
歩数は、4,895歩でした。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[2 ]   トラックバック[0]