07/10/17 18:31

平成19年10月17日(水)

<鐘楼…佐久間象山が実験に成功、日本電信発祥の地>

井楼(せいろう)式高櫓形鐘楼で、享和元年(1801)再建。足軽割番所があり、構内には火の見櫓と鐘楼があったが、現在は鐘楼のみが残っています。

ここはまた「日本電信発祥の地」。嘉永2年(1849)佐久間象山が、この鐘楼から御使者屋2階まで約60メートルの電線を張り、日本最初の電信実験を成功させています。


<歩数>

歩数は、7,895歩でした。

カテゴリ[ 長野市松代町]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

あ、ここは僕も知ってます。(^-^)
投稿者: 彦左   07/10/19 08:37
知っていましたかぁ。(^^)
投稿者: Mu   07/10/19 12:10


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4118

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません