07/10/21 18:16

平成19年10月21日(日)

<大林寺(だいりんじ)(曹洞宗・寒松山)(石切町)>

天正年間(1573〜1591)真田昌幸が妻・寒松院の発願で上田城外房山に建立した大輪寺を、移封後松代に移したものです。

寒松院の墓、また昌幸、寒松院、信之、信政、昌親などの位牌、忠臣蔵の大石蔵之助の姉の嫁ぎ先・岩崎家の墓などがあります。

現本堂は明治45年建立。


<歩数>

歩数は、6,049歩でした。

カテゴリ[ 長野市松代町]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4164

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません