11/04/30 21:55

春と共に…

気がつけば、猫柳のつぼみも膨らみ、春が直ぐそこにあった…
二日目で、ようやくお題に到達。完全分解が出来、後は組み合わせて行くだけ、、
明日の達人はどのくらいの腕前か…掛かってらっしゃい。
4月は大人しく、でも…明日からは一気に活動再開。何もかも、やはり決断力が大事で、いつまでもめそめそしてはいられない…よし行こう!と言う方は是非お越し下さい。先ずは自分のパワーを蓄えて、被災地へ送りましょう

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/29 20:48

今しか…

ミブラスキーキャンプ、、ゴールデンウィークシリーズが開幕しました!
自粛モードが続いていますが、リーダー達が皆さんの想いを現地に届け、また活動して来ました、、ので、引け目を感じる事は無く。特にミブラの災害支援活動に対してご支援頂きました方は、胸を張ってお越し下さい。
この時期の活動は来シーズンに直結する大事な事が沢山あり、ローラースキーでは駄目なのです。
今からでも大丈夫…

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/28 23:24

2011ワールドロペットマスター誕生×2

今年もミブラワールドロペット遠征から二名のマスターが誕生しました。高橋亨さん、内田忠さん、おめでとうございました。
2012への道はスタートしています。
オーストラリア カンガルーホペット遠征から。
決断!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/28 22:04

やっと…

東日本震災復興支援活動から戻って来ました
庭に残っていた雪も消えて、寂しいと思っていたら、木々が芽吹き、花が咲き出していました…癒される瞬間
そして明日からミブラゴールデンウィークスキーシリーズが始まります。支援活動と、これからの復興を考えると、やはり直接被災していない人々は、普段の生活サイクルへ早く戻る事が、復興への手助けとなる。災害支援活動に出向いた人が言うのだから、きっとそうだと思う
皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/27 21:37

拠り所

本日東北被災地ボランティア活動から戻りました。皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

写真は南三陸町志津川中学校に建設中の仮設住宅。 復興の足掛かりとして建設を多くの方が待っています。

29日から予定通り志賀高原にてゴールデンウィーク講習開始致します。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/27 00:33

未来を託して

大槌町でボランティア活動後、同町の弓道場避難所に会員の皆様と健康体力研究所様よりご支援頂いたとメガパワーマルチビタミン&ミネラルと、ビタミン&クエン酸飴をお届けしました。

屋外のサッカーコートでは子供たちのサッカー教室が行われ終了したところでした。避難所のスタッフの方が直ぐ様コーチの方に飴を渡して下さり、子供たちに配って頂きました。

訪れたこちらの避難所はさほど広くない小型の体育館に2百人が詰め込まれた、大変厳しい環境でした。全てを失った被災者の方々の目は一様に疲れ切って力を失っています。

一方サッカー少年たちの目はキラキラとした輝きを失っていません。未来は彼らに託されています。

今回の活動で被災された方で、軽度の方、全てを失った方をほぼ見分けられる様になりました。それほど皆さんのお顔の色や目の力が多くを物語っています。

まだまだ人の支えは必要ですがその方法についてもっと深く考える必要があると感じたボランティア活動でした。

皆様のご支援とご協力を心から感謝申し上げます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/25 22:25

ボランティアニーズの変化

大槌町で奇跡的に浸水のみで難を逃れた地区の庭の土砂かたずけのお手伝いをさせて頂きました。

慣れない農機具に苦闘の皆さんでしたが、ミブラ「使い方講習」で見る見る上達。 作業効率が一気に高まりました。残念ながら雷雨で作業が中断、後少しのところで終了となり、無念…。

さてそろそろ、かたずけのボランティア活動は地域により終了に近づいています。メディアでも取り上げられている通り、これらの作業も順次被災された方の雇用として成立して行く段階に入りました。

ボランティアも、より専門的な水準が求められ、変化する情況を見極めながら役割について考える時かと思います。

今日大槌町はじめ沿岸部で一斉捜索が行われ、現場の捜索を間近で見ました。 この任務に当たられている方々のご苦労に心から敬意を感じます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/24 22:36

再び北上

三陸海岸を北上。気仙沼から陸前高田を経て再び釜石市へ。海岸線の状況は、そのままの所も多い印象を受けました。

午後から岩手県大槌町に入り前回活動のボランティア団体の枠組みで泥に浸かったお宅の庭を手入れさせて頂きました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/23 23:25

南三陸町へ

今日は石巻で床下の泥を出すお手伝いの後、南三陸町に北上。会員の皆様のご寄付と健康体力研究所からの支援物質「メガパワーマルチビタミン&ミネラル」を直接避難所にお届け致しました。
志津川小学校、志津川中学校の二ヶ所です。

街の様子はといえば…。今まで訪れた被災地の中でも…、言葉を失います。崩壊の限度を越えて。津波よ、何がしたかったのだ。今だ自衛隊による捜索が行われ、震災の日から復興のふの字も見えない。
ただ仮設住宅の工事は中学校の校庭で着工。それでも入居は5月下旬。避難者の疲労は限界を超え、体調をくずす被災者が急増しているそうです。

メガパワーを直接お渡しするととても喜んでいただきました。小学校は体育館の被災者をまとめる区長さんに、中学校は本部に。

行政のに問い合わせると個人の支援物資はお断りしていると答えるだけ。ならばと直接お届けすると、たいへん喜んで頂きました。

この辺りでも行政と被災者のニーズに隔たりを感じました

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/22 22:35

津波に飲まれた田んぼ

石巻沿岸部はまだ水に浸かったままの場所が多く…。
田園地帯で津波の被害にあった民家のお手伝いをしました。
釜石の時とは違い、田んぼの泥が入り込み、かなりの重労働になりました。
床板を剥がし、広間の下は何とかかたずける事が出来ました。

皆さんお疲れ様でした。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/21 22:56

宮城県登米市より

東日本大震災のボランティア活動も二回目となりました。ご支援頂いている皆様に心から感謝致します。
本日宮城県登米市に到着しました。明日北上川沿いの被災地に向かう予定です。
宜しくお願い致します。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/19 20:48

被災地へ

明日ボランティア二回目の活動に向かいます。 避難所ではビタミンなどの栄養素が不足し健康状態の悪化が懸念されているそうです。健康体力研究所のメガパワーマルチビタミン&ミネラル36個を皆様から頂いたご寄付より購入し、避難所に届けたいと思います。

また、健康体力研究所よりメガパワーマルチビタミン&ミネラル12個とビタミンCクエン酸飴36袋をご提供頂きました。こちらも一緒に被災地にお届けしたいと思います。

皆様のお気持ちを乗せて出発致します。

有り難うございます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/18 21:13

便利が…

秋に移植したブルーベリーの枝が、4本だけ越冬に成功…小さな葉っぱが出て来ました
一方、オスロ ホルメンコーレンへ向かう電車のホームには、検札機が、、マニアにはたまらないかも
庭にはプラムや桃やサクランボの樹を、今年は丁寧に剪定、、収穫が楽しみ…自給自足に近づくように
そんな中、今の世の中便利が溢れている。しかし、なんだか違和感を、便利に過剰さを感じる事が多いのは、わたくしだけでしょうか…何でもかんでも便利になると、人間が本来持っている能力が必要無くなり、退化していく。その便利に慣れてしまうと、もう後戻りは…
なので、わたくしは出来るだけ、不便さを求める。また現実を受け入れる。不便に慣れると、知恵が働くかも…限界不便をお試しあれ
只今ミブラメンバーの皆さんからのスキー用具のとりまとめをしております。すっかり忘れてしまっている方は、お早めにお申し込み下さい。ミブラにお任せの方。4月20日までとなります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/17 22:29

パワー…己れは

雪国からパワーを…
自然の前では、己れは通用しない、、自然に逆らわず、そして受け入れる
人は一人では生きていけない…でも一人がいい人もいる。一人のパワーは所詮、、仲間が集まればパワーは無限大に、、浄化されたプラスのパワーを被災地へ、そのような役割も私たちにはあるのだろう思う
遅くなっていました…2011-2012シーズンへ向けて、スキー用具についてとりまとめております。第一回目として、4月20日までとなります。
また、ミブラゴールデンウィークシリーズも受け付けしております。お申し込みはお早めにお願い致します。また、オフシーズンのトレーニングサポートメンバー、、レダスーパーも5月から始まります。お申し込みや、カテゴリーの変更はお問い合わせ下さい。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/16 22:46

バトンタッチ…パワーを

遅ばせながらビジネス手帳を更新、、これが使い易く、皆さんの未来を明るくしてくれる
そして、ミブラから被災地へパワーを送るシリーズです。皆さんが元気になれる、希望の星であるために…夜のミーティングでは、被災者の皆様に、直接援助が届く為に、、ついて打ち合わせしました。ミブラメンバー、関係者の皆さまからの災害ボランティア活動への支援に感謝致します。その想いを直接届けさせて頂きます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/15 22:11

目覚め…準備

昨年収穫したラズベリーを、ジャムにして冷凍保存…やっと冬眠から目覚めました。
ヨーグルトとのコラボだか、ラズベリージャムの方が多い…はあり得る
明日からまた来シーズンの階段を築き上げて行く。スキーの準備も整いました。
ゴールデンウィークの受け付けも始まりました。早速のお申し込み有り難うございます…

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/14 22:38

越冬…社会の

越冬したキャベツと大根…有機栽培の甘さと雪の下で冬眠し、パワーアップしたか、これから試食
ノルウェー、スカンジナビアはもとより、欧米では、子供は国の宝物との認識が一般的…街のあちこちで子供たちの集団を見かける。この時は、ショベルカーのバケットを椅子の替わりに子供たちを座らせ、読み聞かせをしていました…なかなかシャレてる
日本ではバラマキと言う政党や市民がいるが、そのくらいは良いと思うのだが、やっぱり無駄なバラマキと感じるのだろうか…
土日は予定通りに開催致します。もちろんスキーです。お申し込みはお早めに…

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/13 23:45

直ぐそこに

ノルディックスキー世界選手権大会の裏方は、…カメラマンの腕に掛かっている
2011-2012はもう始まっている…来シーズン、共に歩むスキー用具はちょっと早いが、春には手配を済ませるのが鉄則。ミブラにお任せと言う方は、最適なコーディネートを致します。同じものであっても、ちょっと違うのです
次回は土曜日と日曜日に開催致します。それぞれのお申し込みは、メール、ファックスなどでお待ちしております。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/12 23:40

未来…

遡り、クロスカントリースキーをしているなら、一度はホルメンコーレンに行かなければ。クロスカントリースキーの原点に出会えるはず
今日の夕陽は、北信五岳の山々…沈んだ心はいつかは晴れる
気がつけばスキーシーズンがそこまで来ている。その為に、何があっても、やっておかなければ。
ここに来ると、嫌でもやる気が出てくる

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/11 22:12

ヒーローたち…

釜石での災害支援活動にすこぶる活躍してくれた[一輪車]
次の出番を待っている!
地震津波、原発の複合的な災害の真っ只中で、復興の歩みは遅く歯がゆいものの、今出来る事から一歩ずつ。
それが被災地の為になると信じて…小さいな一歩だが、歩みだそう
先ずは、直接被害を受けていない私たちが元気を出して
皆様のお越しをお待ちしております。元気のパワーを被災地へ

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/10 23:42

恵みの雪

今日の木島平やまびこの丘。残雪が多いこの春。ゴールデンウィークも良い条件で滑れそう。キャンプ、講習お待ちしています。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/09 23:26

ゲレンデ貸切り

雪は良いですね!
新潟からスーパーファミリー、木島平に。 通常通りのミブラ講習、本日実施です

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/09 22:15

時は流れて…

こんな時だからこそ、未来ある彼女たちへ、道をつくってあげなければならない
被災地釜石へボランティア活動で行っておりましたが、報道だけでは見えてこない、様々なものが…いろいろな事が絡みあっている。
少しずつ

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/09 10:10

思いを届けて

一昨日、一週間の災害ボランティア活動を終え、戻りました。

急なご寄付のお願いに、会員の皆様から多くのご支援を頂き、心からお礼申し上げます。
これからも皆様のお気持ちを直接被災地に届ける活動をできる限り継続して行きたいと思います。

写真:長野小布施町の高澤農園様からご提供頂いた、りんごをお届けしました。釜石市の隣町、静かな入り江の鵜住居という集落でした。ここの町も全てを失いました。数件残った高台のお宅が被災した人のケアーをしていました。

道路が寸断され、自衛隊が数日前にようやく道を付けたばかりで、支援物資がなかなか届かない場所を、地元を詳しく知る伊勢さんが強行突破しこの地に届ける事が出来ました。

お世話になった全ての皆様に感謝申し上げます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/07 20:46

何も無くなった町

釜石市の隣町、三陸海岸の小さな町は全て津波に飲まれ殆ど何も残っていません。
大槌町

ここから何とか逃げのびた介護施設のお年寄りとスタッフは助けが無い中一夜を山の中で過ごし山を越えて、ようやく非難した間借りの避難所では三週間温かい食べ物も殆ど無く…。

その他にもまだまだ支援が届かない孤立した小さな集落が多くあります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/07 00:03

マニュアルは有りません。

臨機応変に対応致しましょう。マニュアルはありません・
ここは避難所、今ある現実を受け入れながら未来に向かう。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/05 23:01

人間の尊厳て?

難所たらい回し…。

要介護の身寄り無いお年寄りが、二次避難で新たに立ち上がった避難所の炊き出しをさせて頂きました。

震災から三週間も経つのに毎日レトルトご飯と魚の缶詰だけの食事だったそうです。

殆ど食材、物資の無い状況でしたが、何とか温かい食べ物を食べて頂く事が出来ました。(物質はあるが循環機能が麻痺している)


職員の方もご自分の家が流され壊滅だそうです。ギリギリの精神状態の中、必死に踏ん張っています。
介護の方と一緒に温かい物を食べて、少し和んで頂けた様です。

★壊滅した町の銭湯が地元の要請で復活。無料提供のはからい

★救援物資で古着は絶対送らないで下さい。酷い古着がゴミの山となり始めています。、瓦礫撤去さえままならない上に被災者に古着処分まで負担させる事になります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/04 22:46

一筋の灯り

釜石は見捨てられている? 行政の対応が全く追いついていない。
瓦礫の山で家の中に侵入出来ない所から作業がスタートする。泥を除去し、床が出てきた事で少し生活してみる気力が出てきたそうです。

盛岡からもっと大規模な支援が必要。老人も一ヶ所に集められ、ろくな食事すら無い状況のところも。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/03 22:41

画像では伝わらない

作業開始。

ミブラキャンプでお馴染みのエンドレス。私たちは大丈夫です。

でも被災者の苦悩はをはかり知れません。少しでも負担を減らすお手伝いが出来れば。

今日の作業で少し希望が見えたとしたら…

漆畑

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/03 05:45

筆舌に尽くし難い現実

昨日夕方岩手県県釜石市到着。あまりに凄惨なまちの姿…。

ここは戦場か?…

実際これから町をどうするのか何も決まっていない。いつトラックが来て瓦礫 の除去が始まるのか何も決まっていない。

全国からトラック、重機を総動員しないと

今ようやくボランティアの受け入れを始めた事情がわかった。テレビでは報じない、ご遺体も町の至る所にあったそうだ。

漆畑

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/02 03:01

進行中

災害ボランティアのため岩手県に向けて進行中です。

急なご寄付のお願いに早速ご支援頂きました皆様に心からお礼申し上げます。

被災地ではガソリン泥棒、強盗団など治安の悪化もあるそうです。
気を抜かず微力ながら頑張って参ります。

宜しくお願い致します。漆畑

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

11/04/01 00:37

使命

リレハンメル消防署のマークにはビルケバイネル兵士が描かれかています。

この春消防士になる日本の大学生を連れて突然の訪問にも快く質問に応えたり見学させて頂きました。

ノルウェー建国の歴史と誇りはリレハンメルの人々に受け継がれています。

日本人の歴史と誇りは今いずこ?広島、長崎は忘れ去られた?

原子力危険、いえ、安全委員会のインチキそうな説明、自分達のぬくぬくした居場所を何とか守ろうとするあがきか。これから海外の機関が続々と入り、言い訳が何処まで通用するのか…。

ゲンネンも同じ。天下り先が無くなっては困る。それでも原子力は日本に必要だと堂々と言い張る態度。避難して行き場無く苦しんでいる人の気持ちを踏みにじる。悲しい。

漆畑

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0]