18/06/02 10:34

スタッフブロブ

5月の某日「小海線の旅」をしてきました。
きっかけはホールに届いた1枚のチラシでした。それは佐久穂町の「花の郷・茂来館」メリアホールで開かれるコトリンゴさんのコンサートのチラシです。コトリンゴさんはあのロングヒットしたアニメーション映画「この世界の片隅に」の音楽を担当された方とのこと。(実は私はその映画を見ていないので知らなかったのです)その上メリアホール所有のドイツベルリンで作られた幻のピアノ「スタインベルク」でのコンサートでした。これは私持前のミーハー精神をビンビン刺激しました。
そんな私の背中をドン!と押したのは職場の物知り博士Hさんからの小海町にある「敷島パイ」という店の情報でした。元は長野市にあった店が移転したらしく早速ネットで見てみると美味しそうなパイの写真が並んでいてこれは行くしかない!となりました。
曇り空で朝から冷たい風が吹く寒い日、長野を出発し小諸で小海線に乗換えてこの旅は始まりました。2両編成の電車は土曜日ということもありトレッキング姿の人達が多く少し混んでいました。長閑な田園風景を眺めながら約1時間「小海駅」に着きました。目的の「敷島パイ」には駅隣のショッピンセンターの店員さんの丁寧な案内通りに行ったら難無く到着、美味しそうなパイもゲット!
昼食をすませ次の目的地に向かうため電車を待ち4駅ほど戻った「海瀬(かいぜ)」という無人駅で降りメリアホールへ向かいました。スマホのナビを頼りに5分程歩くと看板が見えて来ました。その先は小高い丘になっていてどうやら目的地はその上にあるらしい。傾斜した歩道を行き歩行者用の階段を登るとガラス張りの建物が見えてきました。着いた!! ネットで調べた通り海瀬駅から15分まちがいなかった。
コトリンゴさんはとても可愛らしい方で澄んだ歌声は心地良く2時間余りのコンサートを充分に楽しんで帰路に着きました。軽い達成感が残り電車の旅も良いかもって思いました。
ホクト文化ホールに来られると玄関ホールの右手のポスターが掲示されている下に県内の他のホールや美術館等からのチラシを掲示していますので、是非ご覧になって下さい。ひょっとしたら私のように「小さな旅」に巡り合うかも?(N・H)

 

カテゴリ[ お知らせ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません