20/10/22 14:00

不思議な出会い

 やっと涼しくなったと思ったらここにきて急激に冷え込んできましたね。 私は朝とか寒くてなかなか布団から出られないんですけど皆さんはいかがですか? すでにこたつやストーブを使っているご家庭もあるようですね。 ちなみに先日実家に帰省したのですがこたつを使っていました。 こたつってずるいですよね。一回入ったら最後、動けなくなっちゃいますよね。

少し前に紅葉を見に地元の奥裾花渓谷に行ってみました。

時期が早かったのか一部が色づき始めたくらいでまだほとんどの木が緑色でした。

少し残念だったのですが道を進んで行くと意外な出会いが。

サルの群れに遭遇しました。

 

子供のサルもいて、普段は畑などを荒らして迷惑でもかわいい部分もあるんですね。

この奥裾花渓谷は奥裾花自然園に行く途中にあるのですが紅葉がいい感じの時に行くと周りの紅葉と真っ赤な橋が合わさってほんとにきれいなんです。

少しでも気になった方はぜひ足を運んでみてください。

 

これから寒さが厳しくなっていきますが皆様お体に気を付けてください。(T.Y)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/10/13 16:18

キンモクセイ

 この時期になると、ほのかに香るキンモクセイ。

その花言葉は「謙虚」「気高い人」

 


 

謙虚:(その甘く素晴らしい香りに反

    して控えめな小さい花をつける

    ことにちなみます。)

 

 気高い人:(雨が降るとその芳香を惜

    しむことなく、潔く花を散らせ

    ることに由来する)

    

  だそうです。

 

  

   

  我が家のキンモクセイも

        花をつけました。

 

 

 

 

 

 

 ふだん、花を愛でる習慣はありませんが、

なぜか花を集めてみました。

 

採取するのが遅かったので、

花の香りは一切せず、

・・・青虫の幼虫まで採取していました。

 

花は見るに限ります。

 

 

(N.Y)

 

 

カテゴリ[ お知らせ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/10/07 16:29

サッカー観戦

  新型コロナウイルス感染拡大予防のため無観客試合だった「AC長野パルセイロ」のホームでの試合が観客を入れて行われるという事で張り切る主人のお付き合いで出かけてみました。

 

 

 入り口で体温チェック等を受けて中に入ると座席は2つ飛ばしに座るようになっていていつもはぎっしりの応援団席もまばらで応援旗もなく寂しい感じです。

 

 選手入場の時はパルセイロのタオルマフラーを広げて応援歌を歌いながら選手を迎えるのですが今回はタオルを広げるだけで応援歌は無しで静かです。

 試合が始まるといつもは応援団が太鼓に合わせて歌いながら跳ねたり身振り手振りで応援するのですが今回は手拍子と拍手だけの応援でした。

» 続きを読む

カテゴリ[ お知らせ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/09/29 09:53

夏から秋へ

 

 

つい先日まで暑い日が続いておりましたが、気付けばもう長袖に手を通す季節がやってまいりました。6年ぶりの長野の初秋は少し肌寒く感じます。

 

私は上田市からホールに通っているスタッフです。

どうにか花粉以外で秋を感じたいと思い、自宅近くにある『稲倉の棚田』を見に行きました。今季のかかしは皆マスクをし、適度な距離を保つという今年ならではの工夫がなされていました。

 

自宅にはシュウメイギクが綺麗に咲いており、身近な場所でも季節の変わり目を感じることができました。

 

芸術の秋が素晴らしいものになるよう、皆様のお手伝いが出来れば幸いです。(N.T) 

 

 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/09/25 15:15

ひそかな推し場所

昼の顔と、夜の顔。どちらがお好きですか?

今年に入ってから、めっきりと見る機会のなかった夜の顔ですが、お目にかかれる日が徐々に増えてきました。

今回は、私の好きな『この部分』をご紹介します。

昼間はあまり目立つ事はない『この部分』、夜になると明かりを灯します。ぼんやりなグラデーション具合がたまりません。

 

内側から見ると、このようになっています。

赤とベージュ、そしてこのガラス。なんとなく当館の歴史を感じさせるような雰囲気です。

ここは関係者用通路。螺旋階段になっています。 ただの廊下の灯りが、ひそかに建物を飾っているのです。

 

そして、この階段の、もう一つの好きポイントがこちらです。

これは、地下1階から見上げた図です。

どこかの歴史的建造物を見ているかのような、もしくは迷宮に迷い込んだかのような、そんな気持ちにさせられるのです。(M.A)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0]