19/08/15 15:58

タピる!

 タピるという言葉をご存知ですか?

「タピオカドリンクを飲む」という意味だそうです。

私も流行にのって「タピって」きました!

ホクト文化ホールの「ロジェカフェ」のタピオカドリンクです。

アイスもトッピングされていて豪華!!

タピオカはもっちもち、コーヒーもアイスも美味しかったです。

気になった方はぜひぜひお試しください!

(E.K)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/08/09 17:00

北アルプスで山旅してきました!

夏休みをいただいて標高3,000m級の稜線連なる北アルプスの山旅を満喫してきました。
ホールのある長野市内からは1時間半以内で様々な登山口に到着可能です。酷暑の街中でかく汗とは違う気持ちのよい汗をかきながら、緑深い樹林帯を登り切ると北アルプスの主稜線へ。朝日岳から雪倉岳へと雄大な景観の広がる稜線を縦走していると、残雪の残るハイマツ帯では雷鳥に出逢えました。白馬岳の山小屋では偶然にも某TV局のトレッキング番組撮影(9月に放送予定とのこと)で俳優の松田悟志さん、山ガールでシンガーソングハイカーの加賀谷はつみさんが来ており、即興のミニライブも楽しむことができました。下山後は蓮華温泉の露天風呂で汗を流し、疲れを癒しました。
さて、仕事に頑張るぞ!
(Y.S)
 
 
 
 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/08/08 14:06

菊芋

 猛暑日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。以前にも菊芋の収穫の写真を掲載しましたが、今回はその収穫した菊芋の子芋が残っていたのが自然に生えてこんなに大きくなりました、繁殖力の凄さにびっくりです、雑草化して問題にもなってる所もあるそうです。高さはなんと2.5mから3m位になるんですよ、とても芋の仲間とはとは思えないですよね、菊芋はキク科の植物で菊に似た黄色い花を咲かせ、名前の由来にもなっているようです。あまり連作すると収穫量は減るみたいですが、また秋の収穫が楽しみです。

まだまだ暑い日が続きますが、暑さ対策をして乗り切ってください。 (S・F)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/08/01 14:30

暑い夏を乗り切るために!

夏本番の暑い日が続きますが、暑さに負けないために、先ずはよく食べることが重要ですね。そこで暑い夏を乗り切るため、食いしんぼの皆様へのお知らせです。

ホクト文化ホール3階には、昨年8月から「ロジェ・カフェ」さんがレストランを開いていて、この度オープン一周年を迎えます。ホールに訪れるお客様のほか、若里公園や図書館に訪れる皆様で賑わっています。壁一面の窓ガラス越しには、公園の鮮やかな緑と遠く菅平高原の根子岳や百名山で有名な四阿山の雄大な眺望が広がり、とても気持ち良く、落ち着いていて寛ぎやすい空間です。もちろん、職員もランチで利用させていただいておりますが。この夏に新デザート・メニューが登場します。今回、無理をお願いして、ひと足先に裏メニューとして出していただきました。パンケーキに冷たいバニラアイスと生クリーム、ストロベリーソースがトッピングされていて、ルックス的にも◎。一口食べると、ほんのり暖かいパンケーキと冷たいアイスの絶妙なコラボレーションが口の中に広がり、たまりませんね。ホールに遊びに来た時には、こうした食も楽しんでくださいね!

(Y.S)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/07/28 11:46

夏、本格化

7月も最終日になりました。早いものですね。
暑さで嫌になってしまいそうな時期ですが、空調の効いた室内にばかり居ても面白くありません。暑さから逃れるのではなく、むしろ暑さを楽しんでみてはいかがでしょうか?もちろん、熱中症には気を付けて下さい。今年も去年に引き続き、酷暑が予想されていますから。
しかし、やはりどの季節にも趣はあります。それは快適な環境に居ては見つけられないものだとも思います。季節を乗り切るのではなく、味わいながら過ごしていきたいですね。
私は以前、東京で生活していたことがありましたが、そこである人に言われました。「長野は雲がいい。雲のためだけに長野に行っても良さそうなものだ」
言われてみれば確かに。犀川の河川敷を歩いていると四阿山の彼方に見事な積乱雲が見えました。本当に立派な雲でした。もうしばらく歩いていると、今度は「びんずる踊り」の音頭が聞こえてきます。一生懸命練習しているのですね。
私はあの音頭を聞くと、あぁ、夏なんだな。としみじみ感じます。夏祭りの熱気、お神輿、しゃもじの音。花火で締めくくられた後は少し物悲しい帰り道。今年もやってくるのですね。
人ごみや暑さを避けるのではなく、それも風流か、という心持ちで夏を迎えたいものです。(K.S)

 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0]