13/12/23 17:43

光る石&目に見える拍手

12月14日、15日の2日間に松代ロイヤルホテルで開催された『地域で暮らそうフォーラム2013!』でnext登録アーティスト金箱純一さんが当館が毎年開催しているnextコンサートの一環として、ご自身の作品の紹介とワークショップを行いました。金箱さんが今回のフォーラムのために用意してきた「光る石」とは、太陽光エネルギーで発電/充電をおこなう機能と、接触することによって光る機能を兼ね揃えた樹脂製の石のことです。皆さん足で踏んだり、手で触ったりキレイに光る石は会場中の注目を集めていました。

ワークショップでは、音を光/影像で見せる打楽器「Vibracion Cajon3.0」を使い演奏者から観客に光を、観客からは拍手が光る「Clap Light」によって演奏者に光を送り、コール&レスポンスを音だけでなく光で行う新たな取り組みにも挑戦しました。金箱さんと共にファシリテータとして村田初枝さん、原房子さんのお二人もステージ上からから客席へ音と映像を投げかけました。

楽器を叩くと後ろのスクリーンに音を映像化し映し出される仕組みになってます。

こちらが「Clap Light」という作品です。聴覚障害のある方からの「拍手が見えたら楽しい」という意見をヒントに開発されました。拍手をした時のエネルギーを光に変換するガジェットです。中指にはめて拍手をすると小さな光が放出されます。一つ一つの光は小さいですがたくさん集まると音とともに大きなパワーを生み出します。

 

 金箱さん達の客席を巻き込んだパフォーマンスは障害のある人と健常者とが一緒に楽しむことを見事に実現したステージだったと思います。金箱さん、村田さん、原さん見事なステージありがとうございました。今後益々ご活躍されることを願っております。

 

カテゴリ[ お知らせ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]