20/07/08 10:07

火打山(日本百名山)に登りました

感染防止の全国移動が解除された梅雨の晴れ間。上越の火打山(2,461.7m)に登ってきました。 弱いながらも高気圧に覆われた爽やかな天気の下、眺望こそ望めませんでしたが、心地よい汗を流すことができました。コロナ禍の日常から離れて良い気分転換になりました。 まだ緑も淡い妙高市笹ヶ峰キャンプ場の登山口から心を弾ませ出発します。

十二曲がりの急登と富士見平を過ぎると右から火打山、影火打、焼山の三山が望めます。

山頂直下の湿原は天狗の庭と呼ばれ木道が続きます。脇には可憐な水芭蕉が咲いてます。

湿原の池塘には逆さの火打山が映えます。清々しい。

頂上近くはまだ残雪も豊富でちょっとした雪原トレッキングを楽しめます。

山頂からは青空に広がる日本海を望むことができました。

山頂から下り、高谷池ヒュッテのテーブルで山頂を眺めつつランチタイムとしました。

(Y・S)

 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/07/02 09:16

雨の休日

 梅雨空が続く休日には、撮りっぱなしにしていた写真の現像やプリントをしています(銀塩フィルムと同じように、デジタル写真においても光の強さが記録された生データをパソコン上のソフトウェアを使って映像化するプロセスを現像と呼びます)。どの写真をプリントしようか大量のデータを見返して、どんな色味にしようか、どこを切り取ろうかと考えながら作業していると、その写真を撮ったときのこと、状況や人のこと、考えていたことなどに想いが及びます。

 

 
早いもので2020年も下半期を迎えました。
今尚、先行きの見えない状況に息が詰まることもありますが、今までのことやこれからのこと、楽しいことをあれこれと想像して、心豊かにいたいものです。
4月から全ての催しが止むを得ず中止、延期となってしまっていましたが、ようやく今月より劇場に笑顔や歓声、緊張、興奮、喜び、冷や汗などが少しずつ戻ってきます。
舞台に立つ皆様のお手伝いができることを、今から心待ちにしております。(T)
 

 

カテゴリ[ お知らせ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]