18/11/07 08:51

創造の森「若里公園」

 「創造の森」構想の県下3番目の施設として、県民文化会館と共に整備されたこの公園、よく見ると平地に整備されているにもかかわらず、段差があちらこちらにあります。表面は様々な材質で覆われていますが、特に目立つのがタイル張りで、親水公園やプールで見かける感じになっています。そう、万が一の遊水池としての役割も持っている都市公園なのです。

事実、当館の開館間もない頃、台風の影響で、近隣一帯が水害となった時、彫刻のエリアあたりが大きな池となって、その役目を果たしたことがあります。その後も10年に1度くらいは水が溜まったりしています。重要な避難場所でもありますので、稀に寄せられる「一部でも駐車場に・・・」という発想が叶うことはまず無いのではないでしょうか。(totom)

 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[]   トラックバック[0] 

18/07/14 17:43

アツイ時期が来ました

暑い日が続きます。家の窓や戸を開けていますと、青空に白い入道雲の景色とともに聞き覚えのあるテンポの良い曲や勇壮な音が風に乗ってきます。これはアフリカンシンフォニーのよう。そう、高校野球の予選が始まっていたんですね。スタジアムからは3km程離れているのですが、ブラスバンドの応援はよく聞えてきます。

でも、この時期は、吹奏楽部などにとっても大事な時期で、同じように全国大会出場を目指し、熱気を含んだ演奏がホールで繰り広げられる時期でもあるのです。

吹奏楽の全国大会会場は、かつては、東京の普門館という大きな施設で行われ「吹奏楽における甲子園」ともいわれました。残念なことに、震度6以上における天井の耐震性不足が判明し、建替えも条件的に厳しいとのことで、会場が変更されました。

全国の文化施設にとって、天井の耐震化をはじめとする改修は、聖地とも称されている施設でも取り巻く環境やその費用と工事期間の長さ等から、建替えや廃止も考慮に入れなければならないほど大きな問題となっています。

休館のうえ、大規模改修工事となった当館ですが、まもなく全館が再オープンします。音響試験も想定した結果が出ているとの第一報が届きました。 リニューアル後は、合唱コンクールで幕開けです。スタジアムに負けず、ホールもアツくなりそうです。 (T.T) me too

カテゴリ[ 職員より]   コメント[0 ]   トラックバック[0]