20/05/27 11:16

メタセコイア

ホクト文化ホールの南側、若里公園にはメタセコイアの大木が
何本かあり、今年も鮮やかな緑に覆われてきました。

化石の中から発見されて絶滅したと思われていたものの
中国で見つけられ、70年ほど前に日本に持ち込まれて
広く分布したそうです。

樹高は4階建ての当館の屋根と同じぐらいの高さで、
まっすぐ伸びた幹と円錐状に張った枝が美しい大木です。

冬季に葉を落とすと、どの木も同じように幹と枝の角度が
揃った幾何学的な姿になり、自然が作り出す
不思議な美しさと力強さを感じます。

そして会館内に目をやると、、、
機能から生まれた法則性のある美しい形を見つけることができます。

今は大変な時期ですが、
いずれ皆様に当館で文化芸術を堪能していただけるときが必ず来ます。
「生きた化石」メタセコイアも見守っています。(S・S)

 

カテゴリ[ 職員より]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=50319

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません