21/03/19 12:58

舞台機構

 

新年度に向け、デスクのネームプレートが新しくなりました!

どの担当なのかが一目見てわかるように、名前の上にマークを入れていただきました。

 

舞台の裏方の仕事と言えば「照明」や「音響・音声」などを思い浮かべるかと思いますが、その中で「機構」とは何なのか、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか。

 

私の担当する「機構」とはどんなことをしているのか、少しご紹介したいと思います。

 

 

当ホールの機構担当は主に、舞台設営や進行管理(照明・音響に合図を出したり、催し物全体を取りまとめたり…)、電動機構の操作や綱元の操作を行っております。

 

舞台には幕や看板・美術セットなどを吊るバトンと呼ばれる昇降機構があり、それを人力で動かしています。(綱元)

(★ウエイトを積み、吊物とのバランスを保って操作します。)

 

また、照明を吊るブリッジや緞帳、クラシックコンサートなどで使用する反響板、床機構の盆や迫りなどは操作盤にてボタンを押して操作します。

 

 

「機構」というポジションは、裏方の中でも一番利用される皆さまとの関わりが深く、皆さまとスタッフとの橋渡しの役目も担っております。

使いやすく安心して利用していただけるよう、日々努めてまいります。

(N.T)

カテゴリ[ 職員より]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=51535

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません