12/01/18 20:52

現代学生百人一首

第25回東洋大学「現代学生百人一首」100首の
発表が1月15日にありました。
以下に記載します。


ひっそりと影で咲いてたなでしこがいまや日本の象徴となる
北海道 北嶺中学校 3年
堀野 雄太郎

震災で採用増える公務員少しうれしい自分に嫌気
北海道 北海道帯広農業高等学校 3年
大石 怜央

グラグラと揺れる大地に一人きり遠く離れた母から電話
岩手県 専修大学北上高等学校 3年
石井 聖人

故郷(ふるさと)を全て飲み込む黒津波祖父の叫びはがれきと流れた
岩手県 専修大学北上高等学校 3年
佐藤 華

じいちゃんに県外に出ると伝えたら寂しげな顔心惑わす
岩手県 盛岡女子高等学校 3年
齋藤 菜摘

日が暮れてくらやみの中ゆれる光家族五人を照らすろうそく
宮城県 宮城県岩出山高等学校 1年
大衡 友香

震災後あの日のままの体育館浮かぶ景色とつのる想いと
宮城県 宮城県仙台西高等学校 2年
板橋 蒼

顔知らぬ名前も知らぬ人達に生きててほしいと願った三月
山形県 県立真室川高等学校 2年
門脇 優衣

元気だと伝えてくれと言う親戚(おばちゃん)避難所前の最後の会話
福島県 県立平工業高等学校 2年
大平 浩貴
大地震力を合わせがんばっぺ!下を向かずに再興目指し
福島県 県立平工業高等学校 2年
黒澤 拓

まっくらの計画停電あった夜あの日の夕食今でも言える
埼玉県 東松山市立南中学校 3年
新井 晴乃

端末やネットで繋がる現代人孤独(ひとり)と見るか仲間と見るか
埼玉県 県立春日部高等学校 2年
小林 俊晶

大震災復興待ってる人がいる今の私に何ができるか
埼玉県 県立熊谷女子高等学校 1年
安藤 千夏

スーパーの棚から商品奪い去る人々の目は被災者を見ず
埼玉県 県立熊谷女子高等学校 2年
加藤 美穂

ゆずの葉にしがみついてるいもむしをどうか風さん飛ばさないでね
千葉県 成田高等学校付属中学校 1年
重吉 彩乃

便利だと流行(はやり)だからと皆が持つ使えるだろうかスマートフォン
千葉県 県立津田沼高等学校 1年
?橋 幸風

墓地に咲く花の種類はわからないただ覚えある悲しい香り
千葉県 東京学館船橋高等学校 1年
遠藤 謙人

老犬の温かな身に顔うずめ命の音聞き涙あふれる
東京都 足立区立第十一中学校 2年
川井 月

節電で冷房つけず勉強を原稿用紙に汗が一粒
東京都 板橋区立志村第四中学校 2年
小嶋 悠揮

「優しいね」友達にはそう言われたが違う私はただ弱いだけ
東京都 慶應義塾中等部 2年
飯沢 茉侑

マンションの上から見えるスカイツリー僕らみたいに成長してた
東京都 京華商業高等学校 1年
前原 圭佑

震災後街のあかりが暗くなり不安な気持ちただいまで消す
東京都 昭和女子大学附属昭和高等学校 1年
橋本 梨乃

韓流がにっこり勧めるCM見 酒飲めぬ母ダース買いする
東京都 中央大学高等学校 3年
中島 渉

被災地の想いが詰まった松の木が使われなかった京の送り火
東京都 都立片倉高等学校 2年
小島 寛子

会いに行く福島県のおばあちゃん不安にさせない私の笑顔で
東京都 都立保谷高等学校 2年
木村 秀斗

被災地となった故郷を前にして震える母の肩を支える
東京都 都立保谷高等学校 2年
辻本 有紀

いつの間に大人と呼ばれる歳になりあたしはわたしに置いてかれてる
東京都 日本女子大学 2年
結城 舞子

告白の出来ない恋は五分咲きのキンモクセイのただ香りだけ
新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
本永 康彦

「お嬢ちゃん」私を忘れた祖父は言う温かい手は変わらないのに
長野県 伊那西高等学校 3年
小松 理恵

高望みすればするほど席がなく就活帰りの満員電車
静岡県 県立浜松大平台高等学校 2年
藤野 恵美

不器用な一人娘の親孝行末期(まつご)の父へのガトーショコラ
大阪府 関西大学第一高等学校 1年
井上 智子

十五夜に雲の海から出た月を必死で取り合う街のビルたち
大阪府 清風高等学校 3年
池田 俊幸

春の日に忘れられない天災が東北の地の時間を止めた
広島県 県立総合技術高等学校 2年
梅? 優華

「受験生」と呼ばれる時が来る前に会っておきたい本気の自分
広島県 広島文教女子大学附属高等学校 2年
小塩 里緒菜

震災の復興支える技術者を目指して今日も高専で学ぶ
徳島県 阿南工業高等専門学校 1年
福田 傑

渋谷なう原宿なうのつぶやきも実感わかないソコドコデスカ
沖縄県 県立開邦高等学校 3年
宜野座 安浩



すばらしいですね!!!


カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

12/01/06 17:12

2012年が始まりました。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

寒さはこれからが本番です。

どうかご自愛ください。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0]