12/10/13 18:45

火傷に注意

新米がおいしい季節ですが、お米を炊くあの”炊飯器”で子どもがやけどを負う危険性があることをご存知でしょうか? しかも、皮膚移植手術が必要になるほどの大やけどを負うケースがあるというのです。お子さんがいらっしゃる方は必読です。



■炊飯器から出る蒸気は100℃近く!わずか数秒でもやけどに

『子ども安全メール from消費者庁』では、次のように注意を呼び掛けています。
<炊飯器の吹き出し口から出る蒸気で、子どもがやけどしてしまうことがあります。蒸気の温度は100℃近くにもなるため、わずか数秒でもやけどとなり、 消費者庁には、今年5月までの1年5ヶ月で、乳幼児の10件のやけど事故が寄せられています。皮膚移植手術が必要になるほどの重傷を負った事故例もあります。>
というように、炊飯器から出る”熱い蒸気”が、非常に危険なのです。



■蒸気が出ない”蒸気カットタイプ”を選ぶのも手

炊飯器による大やけどを防ぐ方法としては、まずは子どもが手の届かない場所に置くことと、近付かないように十分注意することがあげられます。グリルやトースターなど、あからさまに”熱い”とわかるものには注意を配りがちですが、炊飯器はうっかり忘れがちなので気をつけましょう。最近は、200℃くらいの超高温スチームが出るタイプもありますので、特に気をつけた方がいいでしょう。

また、蒸気が出ない”蒸気カットタイプ””蒸気レスタイプ”も発売されているので、お子さんがいらっしゃる方は導入するのも一案。ただし、子どもが遊んでフタをあけてしまうと、熱い蒸気に触れることになるので、注意が必要です。



いかがでしたでしょうか。やけどの危険性は、家のなかの意外なところにあります。お子さんがいる方は、十分気をつけてくださいね。

10月12日19時00分

提供:WooRis

<スタッフのひとりごと>

めっきり寒くなってきましたね。暖房器具もそろそろ使う時期でもあります。やけどには十分気をつけたいものです。


カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

12/10/04 13:45

会報44号発行しました。

今回の特集は平成24 年7 月8 日開催の児童虐待防止研修会での講演
「子ども虐待の中長期的予後 〜地域基幹病院としての関わりから〜」
(講師 長沼邦明 氏 飯田市立病院副院長兼小児科部長)です。
大勢の参加者の真剣な眼差しの中で行われた講演の概要をお伝えします。

※「オレンジリボンキャンペーンの実施について」は、内容が変更になりました。
あらためて、お知らせします。

カテゴリ[ 会報]   コメント[]   トラックバック[0] 

12/10/04 08:44

なぜ?

<殺人未遂>容疑で42歳母逮捕 2女児刺し死なす 葉山
毎日新聞 10月3日(水)23時27分配信
 3日午後7時40分ごろ、神奈川県葉山町長柄の自衛官男性(36)方で、長女で小学3年の長戸碧授(みう)さん(9)と次女の彩風(はるか)ちゃん(9カ月)が2階風呂場で血を流して倒れているのを、訪れていた2人の祖母が見つけ119番通報した。姉妹は搬送先の病院で間もなく死亡。母の無職、正子容疑者(42)が風呂場で姉妹を刃物で刺したと認めたため、県警葉山署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、殺人容疑に切り替えて調べている。
 同署によると、長戸容疑者方は夫と姉妹、男児2人の6人家族。当時、夫は不在だったが男児2人は在宅しており、祖母は娘の長戸容疑者宅に遊びに来ていた。祖母が悲鳴を聞いて風呂場に駆け付けると、姉妹が倒れ長戸容疑者がいたという。長戸容疑者にけがはなかった。【斎藤良太】

<スタッフのひとりごと>
なぜ?心神喪失?
「子どもをまもるため?」
分からないことだらけです…

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

12/10/03 11:58

しつけとは…

広島・11歳娘暴行死事件 練習用のゴルフクラブで殴られ死亡
フジテレビ系(FNN) 10月3日(水)7時2分配信

広島・府中町の11歳の女の子が母親に暴行され死亡した事件で、女の子は日常的に虐待を受けていたうえ、事件当日、練習用のゴルフクラブで殴られ死亡したことがわかった。
この事件は10月1日、府中町石井城の無職・堀内亜里(あさと)容疑者(28)が娘の唯真(ゆま)さん(11)に暴行を加え、その後、死亡したもの。
これまでの調べて亜里容疑者は、練習用のゴルフクラブで唯真さんを殴ったことがわかった。
また、2日に行われた司法解剖の結果、死因は出血性ショック死で、体には古いものも含め複数のあざがあり、日常的に虐待を受けていた痕跡があったという。
警察の調べに対して、亜里容疑者は「うそをつくのでしつけのために殴った」と話しているという。.


<スタッフのひとりごと>
また胸が苦しくなる事件が起こってしまいました。
「しつけのために殴る」
しつけのためなら何をしてもいいのでしょうか…
あまりにもつらい事件です。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0]