13/06/30 10:24

子どもを車内に残したままで車を離れないで!

JAF(日本自動車連盟)の統計によると、昨年7月1日〜8月31日の2ヵ月間において、JAFのロードサービスが出動した「キー閉じ込み」の救援のうち、子どもが車内に残されたままであったケースは全国で470件にのぼったことを明らかにした。
そのうち、緊急性が高いと判断し、ドアガラスを割るなどして車内の子どもを救出したケースは24件発生している。そもそも「キー閉じ込み」の原因の多くは、「子どもが誤ってドアロックを操作した」というものであった。
JAFが実施した炎天下における車内温度の検証テストでは、気温35度Cにおいて、駐車した車内の熱中症指数は、窓を閉め切った状態だと、エンジン停止後わずか15分で、人体にとって危険レベルに達することが明らかされている。
なお、車内のエアコンを作動させておくため、エンジンをかけたまま車を離れることについては、誤操作で車が動いてしまう危険性や、燃料切れでエンジンが止まってしまう可能性があるとしている。
ちなみに、JAFが2011年に調査した「子どもの車内事故に関するアンケート」では、28.2%の人が「子どもを車内に残したまま車を離れたことがある」と回答していたが、「少しの時間だから」「寝ているから」といった理由であっても、子どもを車内に残すことのないよう注意を呼び掛けている。
・真夏の車内温度−短時間で熱中症の危険!
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail2.htm
MAMApicks 06月28日21時00分
<スタッフのひとりごと>
短時間でも本当に危険です!

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/06/22 21:00

世界遺産決定!

三保の松原を含めた富士山が世界遺産に決定!
素晴らしいですね!!!
観光客が増えるのは必至です。
マナーを守って美しい自然を残したいものです。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/06/12 17:01

終了しました

総会および児童虐待防止研修会が、つつがなく終了いたしました。
ご出席いただいた皆様、大変ありがとうございました。
決定いただいた事項に添って、事業を進めてまいります。
どうか、ご協力の程をよろしくお願いいたします。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/06/06 11:26

居所不明の子どもたち

NHKテレビ6月5日PM7時30分からの「クローズアップ現代」ー子どもはどこへ消えた?虐待死事件の裏でー

日本国内で、居所がつかめない子どもは、小・中学あわせて976人にのぼる。乳幼児にいたっては、現状がつかめていない。
乳幼児健診にもいかず、予防接種も受けず、学校にも入学していないこの子どもたちはいったいどこにいってしまったのか。
こういった子どもたちは居所不明とされ、虐待などの危険にさらされている可能性がある。
しかしながら、そういった子どもたちの親が児童手当などを申請していることもある他、転居などを繰り返している場合などの情報の共有化ができていない現実がある。
山田不二子氏は、個人情報保護を重視するあまり、子どものリスクに目を向けない現状と、行政が自分のやるべきことをやっていないのではないかと番組の中で述べている。
また、要保護児童対策協議会の活用と、行方不明者捜索よりも一歩進んだ警察の介入の重要性を述べた。

<スタッフのひとりごと>
皆さんはご覧になりましたか?

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/06/06 10:48

平成25年度総会及び児童虐待防止研修会について

日頃から当会の運営にご協力いただき、ありがとうございます。
さて、平成25年度の総会を行う運びとなりました。それに併せ、児童虐待防止研修会を実施いたします。
今年は、常磐大学大学院心理臨床センター准教授 秋山邦久先生に「虐待児を生む家族の心理と対応ーあなたが燃え尽きないためにー」をテーマにお話しいただきます。
日時 平成25年6月8日(土)
場所 長野県社会福祉総合センター 3階 研修室
よろしくお願いいたします。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/06/01 21:44

幼児教育の無償化

第3子以降の園児を無償に=第2子は半額補助?文科省方針
時事通信 6月1日(土)18時1分配信
 文部科学省は1日、幼児教育の無償化について、現行の補助制度を拡充させる方針を固めた。子どもが2人以上いる世帯を対象に、所得制限なしで第3子以降の幼稚園児を無償とする。第2子には保育料の半額を補助する。事業費は国と地方合わせて約300億円と見込まれ、同省は関連経費を来年度予算概算要求に盛り込む方針だ。
 ただ、厳しい財政状況の中、財源確保をめぐる財務省などとの調整が難航することも予想される。

<スタッフのひとりごと>
ぜひ実現してほしいですね!

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0]