13/09/19 21:00

柔軟仕上げ剤のにおいに注意!

洗濯で使う柔軟仕上げ剤の臭いで体調不良になったという消費者からの相談がここ1、2年急増していると、国民生活センターが19日発表しました。同センターでは、商品を選ぶ際、臭いの強さや種類を参考にするよう注意を呼びかけています。
<スタッフのひとりごと>
香水もそうですが、鼻が慣れてしまうと鈍感になることもありますよね…

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/09/17 13:05

会報47号発行しました。

今回の特集は6月8日(土)に開催しました児童虐待防止研修会での講演録です。
テーマ「虐待児を生む家族の心理と対応−あなたが燃え尽きないために−」
講師 秋山邦久氏(常磐大学大学院心理臨床センター准教授・越谷心理支援センター所長)
たくさんの反響をいただいた2時間の講演内容を、わかりやすく、できるだけそのままにお伝えした内容となっています。
ぜひご一読ください。

会報47号

カテゴリ[ 会報]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/09/13 17:27

また悲しい事件が!

.猛暑の室内に1歳娘を放置 保護責任者遺棄致死容疑で22歳の母逮捕
産経新聞 9月12日(木)16時37分配信
 猛暑が続いた今年8月、さいたま市で1歳8カ月の長女をエアコンをつけない自宅に放置して死なせたとして、埼玉県警捜査1課と大宮西署は12日、保護責任者遺棄致死の疑いで、母親のアルバイト店員、石塚香織容疑者(22)=さいたま市西区三橋=を逮捕した。
 捜査1課によると、石塚容疑者は容疑を認め「日常的に置き去りにしていた」と供述。気象庁によると、事件当日、さいたまの最高気温は37.7度を記録。室内の温度は40度を超えていた可能性もあるという。同課は、事件の約半年前からネグレクト(育児放棄)が続いていたとみて、裏付けを進める。
 逮捕容疑は今年8月10日午前11時から翌11日午前5時ごろ、さいたま市の自宅アパートで、エアコンなどをかけないまま、娘の凛愛(りおな)ちゃん(1)を放置して死なせたとしている。
 石塚容疑者は深夜営業の飲食店アルバイトを終えて帰宅した際、死亡した凛愛ちゃんを発見したが、119番通報した当初は「一緒に寝たが、朝に息をしていなかった」などと虚偽の説明をしていた。
<スタッフのひとりごと>
また悲しい事件が起こってしまいました‥

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/09/09 20:56

子どもを怒鳴ればたたくのと同じ悪影響

子どもを怒鳴ればたたくのと同じ悪影響
ウォール・ストリート・ジャーナル 9月9日(月)13時32分配信
 思春期の子どもが悪いことをしたとして親から怒鳴られると、抑うつ症状や攻撃的な行動のリスクが上昇するなど、たたかれたときと同じ問題が生じる可能性のあることが、新たな研究でわかった。
 母親や父親と温かく良好な関係を築いていていても、10代の子どもが親から怒鳴られたり、ののしられたり、「怠惰」だの「おろか」だのと侮辱されたりすれば、悪影響は免れない。ピッツバーグ大学とミシガン大学の研究者が行ったこの研究は、4日にチャイルド・デベロップメント誌のウェブサイトで発表された。
 米国ではおしりをたたくことがタブーになっている共同体が多い一方、怒鳴ることはそれほどには世間体が悪くない。実際、親たちは怒鳴れば子どもが言うことを聞き、行いを改めると考えることもある。だが、今回の研究ではその逆であることが示された。
 共同で研究を行ったピッツバーグ大学教育・心理学部のMing-Te Wang准教授は「怒鳴っても、子どもの問題行動を減らしたり直したりはできない」と指摘し、「逆に悪化させる」と述べた。
 ニューヨーク大学ランゴーン・メディカル・センターのティモシー・バーデュイン臨床学准教授によれば、親は、テレビなどを見る時間や車のキーといった特権を取り上げることで、子どもを十分に罰することができる。
 ただ、「そうする際に、批判的、懲罰的、侮辱的な言葉を大量に使わないことだ」とバーデュイン氏は語った。「人は尊敬し称賛している人に言われたときのほうがずっと、自分の行動に責任を感じる。子どもをしかったり恥ずかしい目に合わせたりするようなことをすれば、親の持つ力が損なわれる」という。バーデュイン氏は今回の研究には参加していない。
 研究では、両親と13ないし14歳の子どものいる家庭976世帯を追跡した。子どもにさまざまな質問をし、問題ある行動、抑うつ症状、親との親密度を判断した。親には戒めとしてひどい言葉を発しているかどうかを調べる質問をした。
 子どもが13歳だったとき、母親の45%、父親の42%が、前年に子どもにひどい言葉を浴びせていた。13歳の時に親から特にひどい言葉を受けた子どもは、翌年に同年代の子どもとのケンカ、学校でのトラブル、親へのうそ、抑うつの兆候といった問題が増える度合いが高かった。
 親が戒めとしてひどい言葉を使った時と、たたくなどの体罰を与えた時では、問題が増加する度合いは似ていた。口論を除く親子の親密度が高くても、ひどい言葉の悪影響は変わらなかった。逆に、子どもの問題は親がひどい言葉による戒めを増やすことにつながり、悪循環がエスカレートをさせていた。
 10代が怒鳴られるとこれほど悪影響を受ける理由について、Wang氏は「思春期は(子どもが)自分のアイデンティティーを見極めようとする、非常に微妙な期間」であるためだと述べた。「親が怒鳴ると、子どもの自己像を傷つける。能力や価値がなく、無駄な存在だと感じさせる」のだという。

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/09/08 20:01

オリンピック!東京決定!

国際オリンピック委員会(IOC)が、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開いた総会で、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に東京を選びました。東京では1964年以来56年ぶりとなる2回目の五輪開催。2度目の開催はアジアでは初。
20年五輪の開催には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。1回目の投票では東京が42票で1位通過。マドリードとイスタンブールが26票と道標だったため、決選投票を行い、イスタンブール49票、マドリード45票でマドリードが脱落。東京とイスタンブールによる決選投票が行われ、東京は60票、イス タンブールは36票で東京に決定となりました。
五輪の会期は20年7月24日から8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。建て替えられる国立競技場がメインスタジアムに。
東京は前回の2016年五輪招致にも立候補していたましたが落選。当時、東京都知事だった石原慎太郎さんが2020年五輪への再挑戦を決定し、後任の猪瀬直樹知事が引き続き招致活動を意欲的に行ってきました。東京開催決定に現地へ赴いた招致アンバサダー・滝川クリステルさんやフェンシング・太田雄貴選手の涙が印象的でした。
<スタッフのひとりごと>
楽しみですね(*^。^*)

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0]