13/12/06 16:59

またもや悲しい事件が…

<傷害致死>乳児揺さぶり、父逮捕 双子の姉も死亡 愛知
毎日新聞 12月6日(金)11時30分配信
 生後7カ月の三女の頭部に昨年7月、衝撃を加えて死亡させたとして、愛知県警捜査1課などは6日、同県豊橋市西幸町、トラック運転手、鈴木和也容疑者(33)を傷害致死容疑で逮捕した。双子の姉である次女も今年7月、頭部への衝撃が原因で死亡しており、県警は鈴木容疑者が双子を虐待していた可能性があるとみて、次女についても立件を視野に捜査を進める方針。
 容疑は昨年7月12日午後10時〜同13日午前3時、自宅で当時7カ月の三女望玲愛(みれあ)ちゃんの頭部をたたいたり揺さぶったりするなど何らかの暴行を加え、脳損傷などを負わせ、同8月に死亡させたとしている。
 三女が入院した病院から「虐待の可能性がある」と通報があり、県警が捜査を進めていた。強く揺さぶられた乳児は「乳幼児揺さぶられ症候群」を起こして死亡するケースがある。県警によると、鈴木容疑者は「たたいたり、揺さぶったりしていない」と容疑を否認しているという。
 次女は昨年2月に自宅から病院に搬送され、約1カ月後に意識不明に陥り、今年7月に1歳7カ月で死亡した。死因は脳損傷を原因とする感染症だった。
 鈴木容疑者は事件当時、20代の妻と当時2歳の長女、双子との5人暮らしだった。妻は今年2月ごろに離婚し、鈴木容疑者は現在、1人暮らしという。
 ◇児相が昨年聴取、虐待断定できず
 鈴木容疑者一家をサポートしていた愛知県東三河児童・障害者相談センター(豊橋市)の水野清司センター長は6日、記者会見し「虐待と断定できず、保護に踏み切るには至らなかった。結果的に双子の命が失われ、申し訳ない」と述べた。
 センターによると、双子は昨年2月、市内の病院に風邪の症状で入院、その後、次女が心肺停止状態になった。病院は次女に眼底出血があることなどに気付き、「虐待の疑いがある」とセンターに通報。センターは鈴木容疑者らに事情を聴いたが虐待を強く否定され、「病院内で第三者が関与した疑いもある」と判断したという。
 三女は同3月に退院した後、元妻の実家で生活。センターは県警に情報提供すると共に、市こども保健課と連携して鈴木容疑者宅への家庭訪問や面会を開始した。三女は同4月に自宅へ戻り、その後も家庭訪問などを実施していたが、異常は発見できなかったという。【岡大介、清藤天】
 【ことば】乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)
 赤ちゃんの頭や身体を揺するなどした結果、脳が頭蓋骨(ずがいこつ)にぶつかって損傷し、出血するなどの外傷性脳障害。重症の場合は死に至るほか、知能・学習障害や視力障害などが残るケースがある。首が据わっていない生後6カ月以下で起こりやすい。厚生労働省や日本小児科学会は、暴力的な揺さぶりを虐待に位置づけている。
.
<スタッフのひとりごと>
やるせない事件がまた…

カテゴリ[ スタッフ便り]   コメント[]   トラックバック[0]