18/10/23 00:26

今どきの紫陽花

庭のドングリの木(ミズナラ)の紅葉です。
カエデの紅葉はこれからです。

この前ご紹介した”アジサイ御殿”
今でも綺麗に咲いています。
しかし、別荘なのでいつも誰もいないのは寂しい。

咲き終わった花は茶色く枯れることなく、紅葉したように色づいているし、フレッシュな花もまだ少数見られます。
気候が違うせいだけでなく、品種も違うのかもしれません。

 

晩秋のキノコが出始めました。
待望のシモフリシメジを1本だけ見つけました。これは貴重品!左側の裏返した白いやつです。
他のは雑キノコで、まん丸なのは今どき珍しいハツタケ(初秋のキノコ)
右側のはヌメリスギタケモドキとチャナメツムタケです。

写真では真っ白ですが、実物はほんのり黄色味がかっています。傘の表面は灰色です。
真っ白いのはニセシモフリ(良く似ているのでニタリという別名があります)かネズミシメジで毒!
ピンクっぽいのはクサウラベニタケで、毒!
傘が茶色いのはカキシメジで毒!
でも、シメジ類の毒キノコには致命的な猛毒はないので一応安心(?)です。
ネズミシメジを好んで食べる酔狂な御仁もおられるとか(汗)
10月初旬に出る、少し小ぶりで黄色味が強いのはアイシメジで食用ですが、正露丸のように薬臭くて不味い。
しかしキノコ図鑑には「結構なお味」と書かれています。人によって味覚が違うのはわかりますが・・・(苦笑)

シメジと名の付くキノコはすごく多くて、しかしほとんどがゲテモノです(汗)
「ううーコレは最悪にまずい!!」これがキノコマニアの本当の楽しみかもね(笑)
そういうのも慣れると美味しくなるかも。通の味です。
「慣れると旨いクサヤの干物」
漫画「ガキデカ」にしつこく出てきましたね(~_~;)

このように、シメジ類は見分けが難しいので上級者コースです。
ちなみにホンシメジは松茸よりも希少だそうで、もちろん私は一度も食べたことがありません。
天然物は「香り松茸、味シメジ」最高に美味しいらしい。
栽培物のホンシメジ(商品名ダイコクシメジなど)はスーパーで買えますが、味はほとんどありませんね。外観は立派で食感は良いですけど。

シモフリシメジはホンシメジに比べるとランクが下で、一般には「雑キノコ扱い」だそうですが、かなり美味しいです。
この土地で採れるキノコでは最上位にランクされます。11月上旬まで出るので、今後に期待です。
ただ、とても少ない。

それと今年初めて覚えたヌメリスギタケモドキも、ナメコそっくりで美味しいです。
ナメコより美味しいかもしれません。
今回のは虫食いが多くて質が悪かったです。悪い所を切り取って湯がいて何度も洗って大変な手間でした。

 

クセモノ発見!
首が伸びます。ろくろ首猫か?(笑)

たまに来る白ブチ。だいたい夕方から夜に来ます。
明るい時間帯に近くでハッキリ見たのは初めてですが、結構太って肉付きが良いですね。
お家はどこでしょう?

簡易ビニールハウスに近づきます。
もう氷点下になるので、中のサンチュは温室栽培で冬までに何とか食べられるようにしたいところです。

神妙な顔して何かやってますね (°◇°;)
マーキングです(≧ω≦*)
馬鹿者め!!

目が合ってしまいました。
そそくさと逃げて行きました。
トラちゃんは寂しがって大声で呼びましたが、無視されました(-_-;)

秋晴れの日。
気持ちよくお昼寝、サナギのようになっていますね。
サナギというより”俵ハンバーグ”です(笑)
(俵のような巨大ハンバーグが名物のお店があります)

カテゴリ[ ]   コメント[4 ]   トラックバック[0] 

18/10/18 07:36

やっぱり鉄が好き(=^・^=)

鉄道マニアの事を「鉄ちゃん」と言いますが・・・
トラちゃんも鉄っちゃんかな?
ちょっと前の写真ですが、鉄を満喫です .+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

この鉄の本来の使用目的はコレ。
筋トレのためのバーベルです。
30年前に買ったんですが、ほとんど使っていませんでした。

鋭い目つきで、ヤル気満々!

お手手を舐めて準備します。

やっぱり今日はお休みにしよう。
もう寝るか・・・

そうなんですよね。
この私もヤル気がなかなか出ず、
いつも「イヤなだぁ」
と思うんですが、
元気をふりしぼって、いざ始めると調子が出てきて気分が良くなります。
終わった後はとても爽やかな気分です。
すごい発熱量で、外気は寒いのに短時間で汗びっしょりになります。
暗い気分でマイナス思考だったのが、明るいプラス思考になります。

大した事やってないんですが、
重さは軽いし、2種目だけ。
本当は3セットやるべきところ、2セットで終わりにしてます。
時間にして(休みながら)20分ぐらい。
毎日ではなく隔日です。
このぐらいのペースがちょうど良いと思います。

毎日だと習慣になってやりやすいですが、
隔日だと忘れてしまいそうになるし、ヤル気が出ません。
でも毎日やるとダメ。やりすぎで体をこわします。

一番の基本はスクワットです。
自分の写真を公表するのは恥ずかしいので、
昔の本に載っていた写真を。

この人、姿勢がとても良いですね。
陸上100mの一流選手です。
素晴らしいお手本です。

スクワットは筋トレというよりも、姿勢を良くする体操と考えています。
全身の体の歪みを矯正します。
年齢とともに歪みが拡大するんですよね。
腰痛の予防、高齢者の転倒防止などに効果があると思います。
高校生の場合ですが、腰痛が治ってしまったことがありました。筋肉増強で骨や関節を保護し、その間に骨や関節も強くなったのでしょう。

脚の運動というよりも、体幹(腹筋・背筋など)を鍛える運動です。
間違ったやり方をすると脚ばかり疲れますが、
正しいやり方をすると背筋とお尻の筋肉(大殿筋)が疲れます。

一般の方は重いバーベルは使わずに、自分の体重だけで行うのが良いです。
両手は頭上に伸ばして組んでいます。これでもけっこうキツイので、別の方法を下のほうに書きます。

反復回数は15回ぐらい。これでもかなり疲れます。
下までしゃがまずに、モモが水平になる所で一瞬止めて(これがキツイ)すばやく立ち上がります。
背中を弓なりに、お尻を突き出すような姿勢で、膝はつま先より前に出さないように。
後ろにヒックリ返ってしまうので、踵の厚い靴を履くか、踵の下に厚さ2cmぐらいの板を敷きます。
私は傾斜地で行っています。

3ヵ月前にやり始めたんですが、そのときは25kgで10回やったら翌日はひどい筋肉痛になりました。
現役選手(走り高跳び)の頃は60kgでやっていたんですが、ずいぶん力が落ちたものです。

2ヵ月続けたら楽になったので、30kgに増量しました。これは高校1年のときに使用した重さです。
トップアスリートの場合、女子でも70kg以上で行っています。男子は100kg以上です。
スピードスケートの金メダリスト、小平選手はすごいらしいです。
私の場合は現役時代でも女子なみのレベルでした。

一般の方は重いバーベルは使わずに、モップの柄のような木の棒を同じように肩にかついで行うと良いです。
棒をかつぐと姿勢が保ちやすくなります。

今は30kgでも楽々20回×2セットできるようになりましたが、
これ以上負荷を高める予定はありません。
マスターズ陸上大会などに出るつもりはないので、健康のための最低限の、という目的だからです。
高校1年ぐらいの体力レベルにまで戻れば、上々だと思います。
問題は継続性です。3ヵ月続けると一応の効果が出始めますが、ずっとこの先続けないとね。

ちなみに、このようなエキササイズ(トレーニング)を上手に行うとバネが強化されて跳躍力や走力が向上します。
ジョギングやウォーキングよりも良いと思います。
全身運動で呼吸も苦しくなるので、心肺機能も高まります。
筋肉量が増えると水分を貯蔵できるので、夏には熱中症になりにくくなります。
しかし筋肉量を増やすには手間がかかります。ボディビル選手のようなムキムキの筋肉を作るのは、たやすい事ではありません。
私の場合は若い頃どんなに頑張ってもなかなか・・・体質的な問題でしょうね。
やり方にもよります。瞬発力を重んじる方法だと、細くても強靭なハガネのような筋肉になります。
イチロー選手はそういう方針でやっているそうです。

スクワットだけでなく、腕力を鍛える運動も少しだけ(1セット10回)やっています。アームカール(肘の曲げ伸ばし)です。

冬の除雪作業で肘関節を痛めてしまったんですが、この運動で治りました。
時々関節が外れそうになって激痛が走ったんです。

膝の関節がガクガクしていたのもスクワットで治りました。
これは車の運転でクラッチを踏むのが難儀なほどでした。
運動療法の効果が絶大な事に驚いています。

 

さて、カタイ話になってしまったので、
トラちゃんの日向ぼっこ。
新しいワザを覚えました。
下駄箱に入り込んでいます。

トラちゃん待望の、冬仕様の羽毛布団が出て来ました(*^_^*)
お休みなさーい。いい夢みてネ(=^・^=)

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

18/10/13 01:18

鉄の枕 (^_^;)

トラちゃん(=^・^=)
鉄の枕ってそんなに気持ちいい?
ヘンな趣味だねぇ。

トレーナーを脱ぎ捨てておいたら、抱きついて寝ていた。
こういう事は皆さんも経験しておられると思います。
飼い主の事が本当に好きなんだ、と微笑ましい気持ちになりますね (^^♪

 

ついに発見!何年ぶりかのベニテングタケです。
いや、何十年ぶりかも。
うちのすぐ隣の空き地に出ていました。
庭に生えてくれると嬉しいんですが。
観賞用には良いですね。

森の小人とベニテングタケ。
童話の挿絵などに使われていますね。
西洋では毒キノコなのに皆に愛され、縁起が良いとされているそうです。

食用のタマゴタケに似ていますが、タマゴタケは夏のキノコ。今はもうありません。
ベニテングタケは傘に白いポツポツがあって、柄は白いです。タマゴタケの柄は黄色でだんだら模様があります。
どちらかと言うとタマゴタケのほうが外観は毒々しいです。

隣に小さい可愛いのも顔を出していました。
卵のように見えるのはタマゴタケだけではなく、ベニテングタケも同じです。

折れた白樺の幹から生えたキノコ。
去年も同じ場所に生えました。去年は知らなかったので警戒して食べませんでしたが、その後これは食用のヌメリスギタケモドキとわかりました。
去年はもっと大きいのがたくさん出たんですが、今年は小さくて残念(-_-;)

左は去年の写真です。数日前には見事だったんですが、この時はもう腐ってしまっていました。

間違いやすい毒キノコがないので安心です。
別名キナメコ。
ナメコに似ていますが、より美味しいと思います。
シンプルに醤油だけで食べました。
とても結構なお味でした。
またひとつ食用キノコを覚えました。

 

妻の畑でミニトマトがたくさんできたので、トマトソースを作って、ナポリタン(??)
を作ってみました。
ナポリタンには市販のケチャップを使うのですが、あれは甘くて美味しくないです。
でもそれがナポリタンの味なのですよね。

ですが、今回は辛目の味にしました。
ナポリタンにソーセージとピーマンは必須。
ブラウンマッシュルームも。
青いピーマンは家でできた物、赤いパプリカは買った物です。
パプリカから甘味と旨味が出ました。イタリアンパセリを散らしました。
アサリも入れて、コンソメスープを入れたのでとても美味しくなりました。
食欲無限大になってしまいます。いくらでも食べられます(*^o^*)/

しかし、いくら食べても体重が増えず。
減る一方で心配になったので、3ヵ月前から筋トレを始めました。
そしたら確実に効果が表れ、少しずつ体重が増えて理想の体型になってきました。
運動不足だったのですね。運動って大切なんだと実感しました。
その話は今度またいつか。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/10/08 00:20

村の駅 つくし食堂

家の西の窓から見た景色です。
紅葉が進んできました。
真っ赤なのはヌルデです。ウルシに似ていますが毒はなく、実(灰色で固い)は食べられます。塩分があると言われており、食べると塩辛いのが不思議です。
冬にはシジュウカラ科の小鳥が喜んで食べています。

リンドウが咲いています。
右上の所にUPしてある写真は、夏の終わりに咲いた別種のリンドウ(園芸種?)ですが、こちらが本命です。
光線の加減で、写真の撮り方で色が違って見えます。

本当に天然の、山に自生しているリンドウです。
リンドウは長野県の県花ですが、平地では見られません。標高1000m以上の高原に咲きます。
晩秋から初冬に霜が降りるまで、昼に開花し夜には閉じてを繰り返しながら長期間咲き続けます。
宿根草なので一度植えると同じ場所に何年でも咲きます。
細かい種がこぼれて自然に増えますが、発芽して花を付けるまで年数がかかります。
大切に保護しているので、この10年で庭にずいぶん増えました。

ズミです。別名コリンゴ。
森にたくさん自生しています。今年は良質の物が大豊作です。
リンゴの原種のような物でよく似た味ですが、とても酸っぱくて種が80%、食べられた物ではありません。
ホワイトリカーに漬け込むと、風味豊かで美味しい果実酒ができます。漬けると甘味が出てくるのが不思議です。

この前のウワミズザクラとは違い、低い所にあるので簡単に採れます。
たくさん収穫しました。
トラちゃんも「珍しい物が来たな」興味を示しました。
寝ているように見えますが、実は鳥に盗まれないように監視しているのですよ(笑)
忠実な相棒です^^¥

 

究極のうどんに出会いました!
「おぶっこ(ぶっこみうどん)」が名物の旧中条村、
いわゆる”オリンピック道路”沿いにある小さな食堂。
”村の駅つくし”可愛い名前ですね。
通称「つくし食堂」
地元の人の話では、ここが一番美味しいとのこと。

親子ぐらいの年齢差の女性2人でやってます。
おばあちゃんがお料理をして、中年の女性がウエイトレスです。
「村の駅」という名前は「道の駅」を意識しているのかな。中条道の駅とは同じ道沿いで1kmぐらいで近いのです。
ライバル同士というのではなく、互いに協力してやっているような感じですが、よくわかりません。

道の駅には「つくしブランド」の商品も売られていたと思うし、別棟の野菜直売所がこのグループの経営らしいです。道の駅の中にも野菜直売コーナーがあるのですが。
競争原理で品質向上、そういう事なのかも。

驚いたのは注文を受けてからうどんを打つ、本物の手打ちだったこと。
ガラス張りになっていて外から見えるんですよ。
おばあちゃん、うどん打ちは力仕事なのに頑張ります。
この地区では昔から「嫁はうどんが打てて一人前」
と言われているそうです。
おばあちゃん、そうやって修行を積んだのでしょう。

待ち時間が少々長いですが、味は他とは全然違いました。工場で作るうどんと違って新鮮だからでしょうね。保存のための添加物も入っていませんし。

いろいろ食べ歩いたけれど、こんなに旨いうどんは初めてです。「新鮮なお刺身のようなうどん」と言う表現が良いと思いました。
これなら讃岐うどんとも勝負できます。
コシが強くてアゴの筋肉が疲れました。アゴが発達して顔が四角くなってしまいそうだ(笑)

スープは田舎風の味噌汁そのものです。
味噌汁にうどんを入れた物が「おぶっこ」なのですね。
かぼちゃ・大根・キャベツ・人参・キノコ
野菜がたくさん入っていて、とても良いダシが出ています。キャベツが入っているのはユニークです。これが美味しさの秘訣かも。
油揚げが入ってるのできつねうどんですね。

右下の小皿の唐辛子味噌とネギを薬味にします。
こんな豪華な美味しいうどんは初めてです!!
肉や魚介類を使わずに豪華にしているのが凄いです。
材料費は安いと思いますが、人件費(手間と工夫)がかかっています。
料理って奥が深いなぁ、と思いました。

右上の小鉢は良いサービスですね。
菜の胡麻和え、きゅうりの漬物、中華風野菜炒めです。豚肉抜きの酢豚という味でした。
とても良い味付けで、美味しかったです。
肉や魚はまったく使われていないので、完璧な精進料理ですね。

これ、600円でした。
量が多くて満腹になりました。体が温まって汗びっしょり!
手間がかかっているので、人件費も考えるとほとんど儲けなしだと思います。
もし街中の食堂ならば800円でも行列ができると思います。

壁に貼られたメニューを見ると「おとうじ」というのがあるので「これ何ですか?」
聞いてみたら、醤油味の細いうどんだそうです。
ワッフルやコーヒーもあるのは良いですね。
カレーも食べてみたい。

手作りパンも1個100円で売られていました。
クルミとドライフルーツが入った丸いパン。これも素晴らしく美味しかった。残念!写真撮るの忘れました。

おやきが売り切れなのは残念でした。人気があるので早々と売り切れてしまうようです。

この地区は小麦粉で作る料理「粉物文化」が昔から盛んなので、小麦粉の旨味を生かすワザを良く知っているのでしょうね。
ここでは米は必ずしも主食ではないのです。
これは江戸時代以前からの、何百年もの伝統文化なんだと思います。
縄文時代の遺跡からも、似たような郷土料理の痕跡が発見されているそうです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/10/03 01:07

秋の美味しい物(^O^)/

食欲の秋と言いますが、私の場合は年じゅうです(笑)
秋も深まり、美味しい物がたくさん出回るようになりましたね。

野菜直売所へ行ったら大きなキャベツが100円!!
直径22cmありました。
巨大パプリカも買ったので、庭で収穫したクリタケも入れてキャベツたっぷりのソース焼きそばを作りました。タマネギ・人参・辛子マヨネーズ、最高に美味しかった(^◇^)
パプリカはナポリタンを作りたくて買いました。(ピーマンでも良かったんですけどね)昭和の喫茶店の懐かしい味を自宅で作ろうという計画です。
チキンライスやオムライスも食べたいですねぇ。

リンゴは津軽です。津軽は早生品種で保存がきかないので、これで食べ納めです。
売れ残りなので100円値引き、3個で200円でした。期待以上に新鮮で美味しかった。

さてさて、キノコ狩りにいざ出陣^^¥
と思いきや、自宅の庭でスバラシイ物を発見!w(*゚o゚*)w
白樺の切り株からクリタケが大量に出ています!!
雨上がりなのでピカピカに光っています。
去年はここには無かったので、今年初です。
驚きました。
来年も同じ場所に出ると思います。

上質な物がこんなに採れました。
虫食いがなくて綺麗です。

サッと茹でこぼして保存しておけば、どんな料理にも使えます。
上質なキノコなので、シンプルに醤油を付けて食べるとか、大根おろしで食べると美味。

近所に毎年クリタケが出る場所があるので行ってみました。
すごい!こんなにたくさん(@_@;)
全部採るような事はしません。大きく育った物だけ採って来ましたが食べきれないので保存用にしました。

別の場所へ行ったら巨大クリタケ?
こんなのは初めて見ました。
2倍ぐらいの大きさですが、特徴はクリタケと同じ。
まあ、危険をおかして食べることもないだろうと、これは撮影のみ。

右はクリフウセンタケ。シメジに匹敵する上等なキノコです。
クリタケとは違って土から生えます。

虫食いのない汚れの少ない物だけを選んで収穫しました。
左からショウゲンジ・ヤマイグチ・ハナイグチ・クリフウセンタケです。

全部一緒に茹でこぼしてアクを取り、味噌汁にしました。種類の違うキノコの味比べができて楽しいです。
ショウゲンジも正露丸のような味はあまり感じませんでした(笑)キノコがまだ若かったのと、味噌味でカモフラージュされたのでしょうね。

茄子を入れると毒キノコの毒消しになるという話がありますが、これは完全に迷信です。
ですが、茄子と一緒だと美味しいんですよね。
味噌汁は地味な料理ですが、美味しい味噌汁は一番のご馳走かもしれません。
アイデア次第でいろんなのができて、豚汁など具だくさんの味噌汁も良いですが、シンプルなのが美味しいですよね。

老夫婦がやってる古い食堂があって、昭和にタイムスリップした雰囲気なので入ってみました。(これは数年前の事です)
食品サンプルが昭和レトロですよね。これは希少価値!!
豪華なパフェが目を引きますが、一番下にあるお子様ランチが泣かせます.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。
大人が注文しちゃ、いけないんでしょうか?

さらに驚いたのは「みそ汁定食」
味噌汁が主役の定食なんて、他では見たことがありません。
東京にいた頃、大きな丼に入った具だくさんの味噌汁が名物の定食屋がありました。

そういうのを期待して注文したんですが、
単なる「目玉焼き定食」でした。
味噌汁には具が入ってない!?
ちょっと期待はずれでした。

 

先日の台風は直撃でした。
飛来物で窓ガラスが割れるといけないので、板戸を締めました。
朝になって板戸を半分外して、外の様子を見ます。
いろんな物が吹き飛ばされて散乱していましたが、倒木はなく被害はありませんでした。

トラちゃんの横すわりです。
やっぱり女の子ですね。
前半分は模範的なスフィンクスですが、後ろ半分は人魚姫です(笑)

とても珍しい美しい蝶を見ました。生まれて初めて見ました!
平地のほうです。
調べてみたらウラギンシジミ。
暖地性の蝶だそうなので、気候温暖化で進出して来たのでしょう。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0]