19/11/15 03:22

美味しい物特集

台風の災害があって楽しい話が後回しになってしまいました。
突然キツネも来たし(笑)
10日前の写真です。

今年の紅葉はいつの間にか終わってしまった感じ。
赤くならず枯れ葉になってしまった木が多く。

青空に映えるカツラの黄色、電線が邪魔ですが。

カラマツの黄色は今も盛りです。

 

信州新町の道の駅の蕎麦は安くて美味い!!
スープの味も最高です。

山国なのになぜかエビ天が(笑)
蕎麦湯はセルフサービスで飲み放題。
唐辛子も大量にあって使い放題です(汗)
本物の手打ち蕎麦です。実演しています。

メニューも豊富です。
味は高級店と同じなのに、どうしてこんなに安いのか?

小川村の地場産品の店では新蕎麦祭りをやっていて、くじ引きがありましたがハズレ。ポケットティッシュをもらいました。
おやつの蕎麦せんべい。いろんな薬味が入った甘い味噌の味が絶妙!
そば粉をこねてホットケーキのようにフライパンで焼くだけですから、家庭でも簡単に作れます。

台風の前日は旧中条村の田舎カフェへ行ってゆっくりくつろぎました。
何度行っても良い大好きな場所です。
野菜たっぷりのラーメン。カボチャが入ってるのがユニークですね。
春には菜の花、初夏にはタケノコ。
季節によって具材が変わるので飽きません。
ダシ(鰹節?)のきいた醤油味のスープはバツグンに旨い!麺(中細ちぢれ麺)も美味しい。
肉が入っていないのに、こんな美味しい味になるなんて感心します。

おやきは刻みナスでした。おやきの具はこれが一番と思います。
これはたぶん長ナス。味噌で油炒めにされています。
おやきといえば丸ナスの輪切りが定番で見た目も良く、地元の人はなんと言っても丸ナスびいきですが、長ナスも美味しいです。
野沢菜や切り干し大根、キャベツと人参の野菜ミックスも美味しいですよ。

お店の前には畑があって、ここの野菜が調理場に直行です。
その向こうには竹やぶが見えます。初夏のタケノコラーメンはここから来たのですね。
天気が良ければ北アルプスが綺麗に見えます。外にも席があります。
若い頃はこういう美味しさがわかりませんでしたが、信州の田舎には美味しい物がいっぱいあって本当に良いです。
農家のおばちゃんは料理が上手なんですよね。

こんな物も売られていましたよ(=^・^=)

 

こちらは自家製。シモフリシメジのピザトーストです。セロリをトッピング。
焼きマヨネーズも美味しいです。
パンはシキシマパン(Pasco)の超熟です。高価なパンが売れ残って値引きされたところを買います。トーストにするので古くても美味しいんです。
安いパンはまずいので、新しくても買いません。
シキシマパン、フジパン、名古屋の会社のパンが好きです。

トラちゃんは何か刺激的な木の根を見つけました。
マタタビのような?メロメロです .+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

カテゴリ[ 料理]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

19/11/08 04:29

キツネとお友達

「ワオーワオー!」トラちゃんが大声で鳴くので何事か!?
なんとキツネに向かって鳴いていました。

キツネもこっちを見ていますが、トラちゃんには興味なさそうです。
でもトラちゃんはキツネとお友達になりたい!
無理だと思うけどねぇ。相手は野生動物だし2倍以上大きいので危険です。
犬は嫌いなのにキツネは大好きだなんて不思議です。

カメラを持ってそっと近づいたら、なんとこっちへ来ます!!

オオーw(*゚o゚*)w さすがにお尻尾が立派です。

キャットフードをあげたら喜んで食べました Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

ご機嫌になって伏せてニコニコ。これは親愛のポーズですね。

帰って行きます。お耳が黒いのがチャームポイントですね。
お尻尾の先が白いのもおシャレ (^_^)
この後は森の中の枯れ草の上でまったり。

2日後にまた会いました。
近寄ったら逃げて行きました。その後は民家の庭へ入って行きました。

野生動物がこんなに人懐っこいのは絶対おかしいです。
飼われているのかもしれません。
大人になってからでは懐かないので、子ギツネの頃から馴らしたんでしょう。
若そうなので、まだ1歳ぐらいかも。
とても可愛いですが、野生動物を餌付けするのは好ましくないです。
自然界で生きていけなくなったり子孫を残せなくなったりします。

 

毎日良いお天気なので日なたぼっこが嬉しいトラちゃんです。
ここなら北風が当たらなくてとっても暖かい。

 

3色のシメジ収穫です。左からシモフリ、黄色いのはシモコシ、そしてムラサキシメジです。
前回のキノコ特集でシモコシの話をしてたら本当にシモコシが出現しました!!
これはすごく珍しいキノコで10年ぶりかな?
別名キンタケ。黄金のキノコです!
前回とは全然違う場所に出ました。神出鬼没です。
ムラサキシメジも10年ぶり。これはシイタケに似た味で美味しいダシが良く出ます。
シメジなのでサクサクして食感はシイタケよりずっと良い。

シモコシの料理、とても美味しかった。
大根、人参、油揚げ、ホタテ、昆布。
鉢植えですが柚子ができたので、薄く削って香りを付けました。
大根も自家製です。鍋物が美味しい季節になりました(^◇^)
ムラサキジメジは土鍋に大根と鶏肉でキノコ雑炊にしてお夜食にしました。

 

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

19/11/01 00:16

きのこ大収穫(^◇^)

雨は怖いですが、恵みにもなりますね。
雨のおかげか、こんな見事な収穫は生まれて初めてです!
とくにムキタケは大量収穫で味も最高。去年初めて覚えたキノコです。

黄金のキノコ発見!
道端の目立つ場所に生えていました。その正体は?
最初はシモコシ(別名キンタケ)かと思いましたが、よく調べてみたらアブラシメジの仲間の「ツバアブラ」のようでした。
シメジという名ですが、フウセンタケ科です。
これは20年ぶりです。
その当時は知識がなかったので警戒して捨ててしまいました。
近所のキノコ名人の話ではこの土地で採れるキノコでは最高級品だそうな。
アブラという名前ですが、全然脂っこくありません。シメジとナメコの中間のような味です。
ちなみにシモコシは数年前に出ましたが今は皆無です。これはシメジの仲間で高級品です。

さて今回の主役はムキタケです。
自分の目を疑いました。こんなにたくさん!マボロシではないかと。
ヒラタケに似ていますが、ムキタケはシメジの仲間なのでとても美味しい。
ヒラタケの栽培物は「シメジ」という名で売られていますが、シメジの仲間ではなくヒラタケ科です。味も全然違います。
ムキタケは栽培できません。
最初見つけた場所で袋が満杯になりましたが、家に帰ってみたら、すぐ近くにまた発見!
今年はムキタケの当たり年なのか?それともいままでは見つけられずにスルーしていたのか?
煮るとナメコのようなぬめりが出て、汁物・鍋物には最適の美味しさです。
肉厚だし食感(歯ざわり爽やか)がとても良いです。

ところで、毒キノコのツキヨタケはムキタケに似ているので中毒が多いです。
私も最初は自信がありませんでしたが、今はもう簡単に見分けられます。
色が違うし(ムキタケは黄色っぽい)ツキヨタケは裂いてみると根本が黒いです。
幸い、この地区にはツキヨタケはまったくありません。

”虎の子”のシモフリシメジが1本だけ。
虎の子(トラちゃん)に見せましたが、興味を示したのは最初だけ。
「しつこいニャー」撮影を嫌がりました。
シモフリシメジはまさに「味シメジ」優れた旨味があります。
本シメジは高嶺の花ですが、シモフリなら少しですが毎年出ます。
去年は豊作でしたが、今年はこれから出るのかな?
霜が降る頃に出るのですよ。
今はもう0度まで冷え込みます。

その2日後さらに素晴らしい物を見つけました^^¥
巨大ですが、虫食いがなく鮮度良好です。
見つけた瞬間「うわぁー!」と声を上げてしまいましたよ(笑)
これより低級なウラベニホテイシメジがスーパーに1本980円で売られていたことがありました。
思い切って買ってみましたが期待に反してまずかった(~_~;)
シモフリならもっと高いのかな?シモコシはもっと高いかも?
キノコの値段なんて水物です。
今や天然の本シメジは松茸以上の希少品ですし、他のシメジ類でも高値が付きます。
もし東京の高級料亭で食べたら腰を抜かすほどの高値なんでしょうね。

右側はチャナメツムタケです。
ナメコのような味の庶民的なキノコです。味噌汁やうどん、鍋物に最適。

 

さて、ご近所にあるスズメバチの巣 (・_・;)
台風のとき表面が吹き飛ばされてしまいました。
中がむき出しになっています。
撮影していたらブンブンと攻撃して来ました(@_@;)
人間の仕業だと思い込んでいるようです。被害妄想!
10日後に撤去されていました。誰かが刺されたのかもしれません。

※蜂の巣を駆除するなら夏までです。この季節に駆除しても無駄な努力。
蜂はもう活動を停止する時です。女王蜂だけが生き残って冬眠し、他の蜂たちは全部死んでしまいます。
巣を再利用することはなく、来春は別の場所に営巣します。
ですから、巣をそのまま残しておけば同じ場所には来ないので安心なのです。

 

紅葉は今年は遅れていますが、1週間後ぐらいに最高潮に達すると思います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

19/10/25 02:15

これはひどい!

灯台もと暗し。
家から300mほどの所の惨状です。
こんなに酷い状態だったとは、昨日初めて知りました。
大きな木や電柱が家に向かって倒れています。

電柱は3つに折れて鉄筋がむきだし。

倒木の下敷きになった電線です!
そのまま放置されていますが通電していて、おかげで家に電気が来ています。

あちこちで電線が下がっていて危険な状態です。

 

台風が来る前日は無風で穏やかでした。
右上にもUPしましたが、高原野菜の収穫作業が行われていました。
遠い北アルプスが妙に鮮明に近くに見えて、不思議な雲がかかっていました。

 

これが問題の場所です。

堤防道路ですが、この先200mあたりで決壊しました。
非常に強固な堤防で、高さは5m以上あると思います。

実家のお墓があるお寺です。見事な蝋梅の古木があります。

花は言葉を持たないが
唯、生命尊しと
今年も咲く

背景の堤防がこの100m左側で決壊しました。
10月29日は父の命日ですが、お墓参りに行くことができません。
祖父が昭和6年(88年前)に建立したお墓ですが、こんな災害は初めてです。

 

同じ場所にある桜です。

上流側の鉄橋には電車が走っています。高校時代は電車通学でした。
左側が千曲川です。

遠くに見えるのは5km下流側の小布施橋です。
手前に流れる川は鳥居川。ここで千曲川に合流しています。
この小屋のすぐ下あたりまで浸水したと思います。

 

厳寒期の風景です。氷点下10度まで下がります。
堤防のすぐ外側は住宅街。これが全部水没してしまいました。

 

トラちゃんはいつも平和です。
サナギのようになってたので、お腹モミモミしたら喜びました。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/10/18 05:26

悲しいりんご園

皆様、長野の洪水被害に暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
この写真は5年前のちょうど今頃、実家のお寺のすぐ近くです。
河川敷には広大なりんご畑が広がっています。
この写真を見ると涙がこぼれてしまいます。
遠くに見える美しい裾野の山は高社山。別名高井富士です。

千曲川は右方向を流れ左側の土手が堤防で、この100m先(下流側)で決壊しました。
堤防のすぐ外側(左方向)がお寺と墓地です。
りんご畑は全部川になってしまって、堤防を乗り越えた濁流がお寺も飲み込んでしまったのでしょう。
お寺の周囲は密集した住宅街です。
家を失って避難所生活をしている人は900人以上です。

犬猫の保護施設も被災し、もうどうにもならないので緊急で飼い主を募集しているというニュースが。
つらい話ですね。

私の地区では強風による倒木が多く、昨日初めて車で外出して驚きました。
私の家の周囲だけは幸運なことに倒木が少なく、しかし300mほど行くと大変な事になっていました。
これじゃ、停電するのも当然!
電柱が大きく傾いています。
16日に復旧したのは奇跡と言えます。今後また停電するかもしれません。

災害復旧班というトラックが10台ぐらい来ていて、倒木の処理をしていました。ナンバーを見たら愛知県の豊田でした。
昨日は道路は全部通れましたが、前日までは倒木のため通行止の道路が多数あったものと思われます。

これほどの惨状ですから風速は何十メートル?
竜巻でも起きたのでしょうか?
住む家を失わなくて幸運でした。
倒木があるのは私の地区だけで、少し離れると倒木は1本もなく何事もなかったように平穏でした。

4日間の停電をソーラー発電でしのいだお宅がありました。
日頃から素晴らしい危機管理能力ですね!

さて、嫌な話ばかりなので花でも見て気分を直してください。
10月だというのにアジサイがこんなに綺麗に咲いています。
マツムシソウが道の真ん中に自生していました。

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0]