17/02/28 20:48

本田さんの星が帰って来た☆彡

今回は文章がちょっと長くなりますが、
天文学に興味ない方は「読み物」としてサッと流していただいて良いと思います。
日本が世界に誇る偉大なアマチュア天文家、本田実氏の伝記風に書いてみました。
生前に一度でいいからお会いしたかったです・・・
私が本田実記念館(倉敷天文台)を訪問したのは、お亡くなりになった6年後でした。

最近とても充実した生活を送っています。
その理由は中央右下の青く輝く星。

よく見ると普通の星と違って少し大きい丸です。
左上方向に淡い尾があるような・・・

昭和23年に本田実氏が発見した彗星です。
本田氏が亡くなられた今も5年周期で帰って来る、本田氏を永久に記念する星、素晴らしい事ですね!
(大多数の彗星は一度きりで、宇宙の彼方へ消えてしまって帰って来ません)

本田・ムルコス・パジュサコバ彗星。
彗星の名前は、発見の早い順に3名の名前が付くことになっています。
私は今年初めて見ることができました。嬉しくて夢のようです!
上の写真は元日の撮影です。夕方の西空低くに見えました。

今迄は何度もチャンスがあったのに技術が未熟だったり、市街地に住んでいたので星が良く見えず、ダメでした。
この土地は気候が厳しくて住みにくいですが、空が澄んで星がよく見え昔からの夢が叶いました。

41歳当時の本田さんです。倉敷天文台勤務でした。
(彗星ガイドブック;関勉著より)
昭和29年ですから、こんなラフな服装で、飾らない気さくなお人柄を感じさせます。
晩年は幼稚園の園長先生をされていました。

本田さんが戦前から昭和40年頃まで使用していた望遠鏡。
木で自作された四角い筒です。
この質素な望遠鏡で多くの新彗星を発見されました。
(反射望遠鏡の作り方;木辺成麿著より)

倉敷天文台を訪問したときに、実物が展示されていました。
上に並べられたメダルはドノホーメダルです。
新彗星発見者にアメリカ太平洋天文学会から贈られる物です。

※一個の新彗星を発見するのに要する観測時間は正味500時間と言われています。1000時間でも発見できないことがあり、大変な仕事です!

ムルコス、パジュサコバ両氏はチェコスロバキアの人です。
パジュサコバさんはこの分野では珍しく女性です。
厳しい気候のタトラ山地の、この天文台で活躍されました。
(彗星ガイドブック;関勉著より)
今はチェコとスロバキアと別の国になっていますが、この天文台の場所はスロバキア国です。
※彗星ガイドブック、反射望遠鏡の作り方、どちらの本も残念ながら絶版です。

本田さんは敗戦で希望を失っていた日本国民に明るいニュースを提供し、多くの人々を勇気づけました。
そして本田さんは多くの後輩を育て、昭和40年代には世界中の彗星発見の大半を日本人が独占するようになり「彗星ニッポン」と言われるほどになりました。
本田さんが発見した新彗星は12個、新星が11個です。
これは昭和45年当時現役の観測者としては世界一でした。
これらの功績により倉敷市の名誉市民賞を受賞されました。
故郷の鳥取県八東町名誉町民賞も。

有名な逸話があります。
徴兵されてシンガポール滞在中の昭和17年にも彗星を発見し、幸運にもその電報が東京天文台に届き、新聞にも掲載されて、戦地での彼の無事を家族が知ることができたのです。

本田・ムルコス・パジュサコバ彗星は、
1月下旬には太陽に接近して見えなくなり、夕方の空から明け方の空に移動しました。
しかし地球に大接近した2月初旬には悪天候で見ることができず、
その後晴れたので何度も探しましたが、暗くなってしまっていて見つかりませんでした。しかも彗星は毎日少しずつ移動するので、予報位置が発表されていても見つけるのが大変です。

25日には空が澄んで特別に星が綺麗でした。
粘り強く探した結果、霧のように淡く拡散した彗星を、ついに見つけました! 感激です。
この写真ですが、よく見ないとわかりません。中央部に左右に広がった淡い雲のような物があります。
PCの画面を斜めから見ると良く見えます。
10等級で大きさは20分と目測しました。月が30分ですから、それに近い大きさですが、とても暗くて見つけるのは至難のワザです。
今後は地球から遠ざかって急激に暗くなる予報。これがたぶん最後のチャンスだったでしょう。
見つけることができて、本当にラッキーでした!

彗星は太陽に近づくと気化してガスになり、このように大きく広がります。完全に蒸発・消滅してしまう彗星も多いのです。
1月初旬と比べるとまったく別の星のような外観になりました。

このような天体は、天文台の大きな望遠鏡でもなかなか見えないものです。小さい望遠鏡のほうが視野が広いので、よく見えることがあります。

写真は、一番上のも同じですが、望遠鏡は通さずにカメラレンズ(135mmF2.8)のみで撮影しました。
追尾に失敗して星がダルマ型になってしまいました。iso3200で露出31秒です。

彗星は雪玉のような物だと言われています。
水があるので地球上の生命の起源だという説があります。
つまり彗星はたまに地球に衝突するのです!
それほど彗星は数が多い。例えば今年は64個の彗星が予報されています。他に新彗星も来るでしょうから100個以上になると思います。
しかし私が見ることができるのは、たぶん3〜4個でしょう。
今は、地球に衝突する心配のある彗星や小惑星をいち早く見つける目的で、巨大なロボット望遠鏡が次々と彗星を発見します。
本田さんの頃と時代は大きく変わりました。

私が彗星用に使っている望遠鏡です。
視野が広くて、オリオンの三ッ星が同一視野に入ります。
いろんなメーカーのパーツを組み合わせて自作したオリジナル品で、とても使いやすくできています。
黒いプラ板は周囲からの邪魔な光を防ぐための物です。
昭和初期に流行ったようなレトロなデザインにしました。
いわゆるイギリス式というタイプです。最近はすっかり姿を消してしまいました。
口径13cmなので普通なら重量15kgぐらいのところ、7kgに軽量化しました。片手でひょいと持ち上げて外へ持ち出すことができ、急に晴れたときにもすばやく対応できます。

本田実氏についての詳細情報は、こちらのサイトにあります。
星尋山荘
http://www8.plala.or.jp/seijin/
学歴については書かれていません。今では考えられないことですが、昔はご本人の力量が高ければ、学歴や資格に関係なく天文台の職員として採用されたのですね。
これは少年時代の本田さんが京都大学の山本一清博士のご指導を受け、熱心に観測報告をされたのが大きかったと思います。
山本博士は謙虚な方で、権威主義とは正反対の、真に偉大な先生だったという話です。多くの若者を自宅に招いて懇切丁寧にご指導され、天文台に住み込みで働く若者もいたらしい。

本田氏の後継者として、大きな功績を上げられた関勉氏も池谷薫氏も、大学は出ていません。他にも立派な方々が大勢おられます。
無給でボランティアで世界的な研究・発見をされる方が多いです。これは日本の天文学界の素晴らしい底力だと思います。

天文学の各種最新情報はこちら。
アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/index-j.html

 

さて、今回はカタい話になってしまったので、トラちゃんのお尻尾とお手手をどうぞ〜♪
トラちゃん、将来は天文学者かな?(笑)
今はまだ小学校5年生で〜す(=^・^=)

先日の朝、テラスにこんな可愛い足跡が!
誰でしょうか?
本をめくって調べてみたら、どうやらリスちゃんのようです。
リスにしては足がずいぶん大きいですが、4つ同時に着くのはリスなんです。
このへんのリスは大きくて、ウサギほどもあると言ったら大げさですが、意外と大きいんですよ。
外にピーナツを置いてありますが、全然食べる気配ありません。

最後まで見てくださって、ありがとうございました。

カテゴリ[ 天体]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

青いきれいなお星さまにゃあ!
ロッドおにいちゃんのお家の方はお空がきれいでいっぱいお星様見えるんだろうなぁ。
寒いの少し落ち着いてくるこれからがお星様長く見るのにいい感じ?
彗星さん、太陽に近づいたときと離れたときとで別のお星様みたいに見えるのにゃあ!@@!

トラちゃん、リスさん観察できたのかにゃあ?
あの子たち、意外とおっきいよねー!

キクラゲね・・・
放射能の問題もあって(きのこ移行率がすごく高くて、九州辺りのでも出てるからね)アタシたちは日本のきのこは今やめてて、奄美の生黒キクラゲか、台湾の有機のキクラゲだけにしてるのにゃあ。黒も白も薬膳でも一般的な食材だっていうこともあるし、ビタミンDとか(完全肉食動物の猫は植物性のきのこのビタミンD/D3の方ね・・・じゃないとあんまし意味がないみたいなお話もあるけど・・・)他の栄養素も豊富だからね・・・
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
彗星は翡翠色と言われるほど青が綺麗なんです。
昨夜も星が綺麗でした。
でも割と暖かくて春の空気でした。
他の暗い銀河なんかはとても良く見えたのに、この彗星はどうしても見えませんでした。
寂しいですね。宇宙の彼方へ帰って行ってしまいました。

リスさん、先日は窓のすぐ前のテーブルの上まで来たんですよ〜w(*゚o゚*)w
トラちゃんもいつも見ていると思います。

キクラゲは外国産だったのですね。
天然物の汚染がひどいのはわかるけど、栽培物でもダメですか。深刻な問題ですね。
以前は「国産」という表示は高品質・安全というイメージでしたが、震災以後は逆になってしまいました。
私も不本意ながら国産は敬遠して、輸入物を買うようにしています。とても残念な事です。
投稿者: ロッド   17/03/01 12:48
こんにちわ〜

徴兵された現地で彗星を見つけれたなんて凄いことですよね!戦地に望遠鏡?持って行けるはずもないんですから〜

私は・・・北斗七星くらいしか判別できないです。お恥ずかしい^^;
投稿者: 桜里   17/03/01 13:19
桜里 様
コメントありがとうございます。
おお〜! 重要な所に着目されましたね(^_-)-☆
当時のマレー半島はイギリスの支配下だったんですが、そこへ日本軍が乗り込んで行ったんです。
イギリス軍が撤退した後にゴミとして残された壊れた望遠鏡を、本田さんが修理して使用したとの事でした。
ド根性ですね!!
戦争では敵をいち早く見つけるために、望遠鏡がとても重要です。
このとき本田さんが発見した彗星は、すでに他の人が発見して名前の付いた彗星でした。
残念ながら本田さんの名前は付きませんでしたが、お手柄ということで新聞に載ったのでした。
投稿者: ロッド   17/03/01 13:50
とても綺麗な星空ですね。
まだ彗星を見たことはないんですよ。
この先見られるチャンスはあるかしらん。(^▽^;)
この彗星は5年後には帰って来るんですね?
きっと天体望遠鏡のある施設では観察会などが行われるのかもしれませんね。
自作の望遠鏡で星空を見るなんてロマンチックです。
天の川の見える土地柄だったら良かったなぁ。
最近は田舎と言っても街燈が結構ありますからね。(笑)
小学校5年生のトラちゃんや、兎さんみたいに大きなリスさんにも会ってみたいです。(^^♪
投稿者: なっつばー   17/03/02 01:46
なっつばー様
コメントありがとうございます。
愛知県三河地区では、一色町の小島信久氏が新彗星発見に活躍されました。昭和45年と47年に2個。あと、池村俊彦氏も新城市で昭和50年に。

小さい彗星はたくさん来ますが、肉眼で見えるような大彗星は数年に1回です。
今年はジョンソン彗星が6月に5等星になります。夕方の空高くうしかい座に最高の条件で見えます。肉眼で見えるギリギリの明るさですが、双眼鏡か望遠鏡を使えばハッキリ見えるはずです。
しかし、町中では星は見えにくいです。
長野市も全然ダメ。東京とほとんど同じような状態です。
月と金星と木星ぐらいしか見えません。
私の所は標高1150mもあるので空は綺麗ですが、それでも遠くの街の灯りが邪魔をしています。全体的にボーッと明るいです。
祖父の時代には長野の駅前でも天の川が見え、その頃は雄大な尾を引いた彗星がよく出たそうです。

天体望遠鏡の自作は少年時代からの趣味で、楽しいです。
売られている物は高価な割に、彗星用には具合が悪い物ばかりなので、自作することになります。
今はリサイクルショップで、たまに格安の出物があるので嬉しいです。
投稿者: ロッド   17/03/02 13:49
なっつばー様
三河地区では吉良町の鈴木繁道氏も、昭和45年と50年に2個発見されました。
まさに”彗星銀座”ですね!
投稿者: ロッド   17/03/02 14:16
学生のころ宇宙がビッグバンから始まっていまだに膨張し続けているということを知りました。
あまりに壮大な話で、知れば知るほど人間はちっぽけなものだと思います。
だから小さいことに捕らわれるのはつまらない・・と考えるようになりました
宇宙に比べたら人生なんて一瞬ですからね。
天文学者の方はもっと宇宙にロマンを感じていらっしゃるのかと思いますが
好きなこととはいえ、何百時間も観測を続けるのは生半可な熱意でできることではないでしょう。
それにしても一番最初の写真は素晴らしいですね!
本当にこんなに青く光っているのですか?
これが目指す彗星だとわかるロッドさんの知識もすごいです。
自作の望遠鏡の性能も大したものです。
いつか新彗星を発見して名前が残るかもしれませんよ!

リスの足跡初めて見ました。
前と後ろ、違う動物かと思いました(@_@)
投稿者: NEccoSun   17/03/02 15:32
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
写真おほめいただき嬉しいです。元日の夕方、車に機材を積み込んで、西の低い空が見える場所まで遠征して撮りました。
苦労した甲斐がありました。
たいがいの彗星は青か緑の綺麗な色をしています。翡翠色と言われるぐらいですよ〜
この彗星は本田さんを記念する特別の星なので、頑張って撮影しました。
小さく暗い彗星なので、見つけるのに苦労しました。肉眼で見えない星、しかも毎日位置が変わるので、資料を集めて見取り図を描いたり、見つけるのは大変です。

自作の望遠鏡ですが、これはとても気に入っています。
元はと言うと廃品回収所にあったんですよ。
頼み込んで売ってもらいましたが、たったの500円^^¥
それを大幅改造しました。
実際に使ってみると高性能で、どんな高価な望遠鏡よりも良い感じです。
私も少年時代の夢は新彗星の発見でしたが、今はもう気楽に眺めて楽しむだけです。
ハワイにあるロボット望遠鏡が、超高感度のデジカメで自動的にドンドンと彗星を発見してしまうので、普通のアマチュア天文家の出る幕はないような状態です。
それでも、今もあきらめずに頑張っている人が何名かいて、実際に発見に成功しています。

リスの足跡はまったく面白いです。
前のが後ろ足で、後ろのは手なんですよ。いったいどうやって歩いているのか?ナゾが深まりました(笑)
投稿者: ロッド   17/03/02 16:28
こんばんは。
この反射経緯台、とてもいい感じなんですが、スペックやメーカー等、素性を教えてください。

昔天文少年様
コメントありがとうございます。
この反射経緯台、本当に実用的です。ガタがなく微動装置が好調なので、これにカメラ(135mmレンズ)を同架して1分ぐらいの露出で手動ガイドでお手軽に写真が撮れます。余裕なので200mmでも行けそう。
元々はミザールのR100型という10cm反射でした。77年製です。
フォークの幅が165mmあったのでミザールの130mmF5.6鏡筒(φ150)を搭載しました。これは85年頃の物。
耳軸部分は自作です。内側に補強が入っています。
金具を自作して上下微動の位置を前に持って来ました。
最初の状態ではガタが多くてすごく不調でした。
残念ながらR100型そのものは実用にはならないぐらい欠点が多いです。大幅改造が必要でした。
フォークの角度も悪くバランスが悪かったので、下にクサビ型のスペーサーを入れて10度ほど立ててやりました。
水平回転部も軸の隙間が大きくてガタガタで、回転が重く困りました。間に薄い(0.2厚)真鍮板を入れてガタを取りました。下にはスラストベアリングが入れてあります。三脚は自作です。
とにかく、最初から自作したほうが早いくらいに手がかかっています。
ただ、旋盤加工など専門的な加工はまったくしていなくて、ヤスリと金ノコによる簡単な手作業による改造です。

このようなタイプの既成品があると良いのですが、今はほとんど入手できないですね。
昔の西村とか旭精光、宇治天体精器、清原光学、もっと昔の関西光学なんかがこれに近いですが。
私は西村15cmを持っていましたが、あまり良くありませんでした。微動はスムーズではなく、下半分が鋳鉄なので重くて25kgぐらいありました。それなのに振動が多くて困りました。
75年頃のビクセン15cmも良いですが、鉄柱ピラーで重いし、やはり水平微動部の構造が悪く、強度不足でやや不調です。シャフトが軟質のアルミなので鉄に交換しないといけません。
やはりビクセンにパルサー型という10cmの反経がありましたが、あれは最悪です。見つけても、やめたほうが良いです。
既成品はどうしてこんなに欠点が多いのか?嫌になってしまいます。赤道儀は優秀な物が多いですが、経緯台には良い物がほとんどありません。


投稿者: ロッド   17/03/22 05:07
こんばんは。
反射経緯台、けっこう手がかかっていますね。
架台がほんといい感じです。かっこいい経緯台ってないですよね。
昔は経緯台なんて、と思っていたのですが、眼視中心になると経緯台がすごく魅力的に見えてきます。
かっこよくて、軽いが理想的です。
本気で作るとそれなりにコストがかかってしまうので、見た目赤道儀に負けてしまい売れないでしょうね。
メーカーは手抜くしかないないですね。
ビクセンのパルサーダメですか。出ものがあるとポチってしまいそうになるのですが。
投稿者: 昔天文少年   17/03/22 19:28
こんばんは〜
ありがとうございます!
お褒めいただき嬉しいです。苦心の作なんです。まだ改良したい部分が少しあります。

さすがに良い物の価値をご存知ですね〜
パルサーですが、見た目は頑丈そうですが、肝心のシャフトが軟質のアルミなんです。それも、ちゃんと固定されておらずポンチを打って回り止めしてあるだけなので、すぐに緩んで抜けてしまいます。上下微動も絶不調。
やはり私が作ったような、前で支える微動棒タイプが一番です。
うちにパルサーもあるんですが、大改造しても良くならなくて、今はガラクタ箱で眠っています。
その点、このミザールは基本設計が良くて優れものです。

このタイプ、良い物なのに売れないんですよね。
カッコ悪いと思われてしまうんでしょうか?実際に使ってみると良さがわかるので、この手の望遠鏡を買うのは少数のベテラン諸氏だけです。
少量生産になるので、かなり手抜きをしても赤道儀よりコスト高になってしまいます。作るほうも経緯台だから、という事で手抜きをするようです。
赤道儀と共通のパーツを多用すれば良いと思うんですけど、まったく違う構造に作ってしまうのが間違いのもと。
結局、自作するしかないのですよね。
投稿者: ロッド   17/03/22 20:04


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません