17/06/30 00:29

初夏の鳥

過去に撮った写真ですが、ちょうど今の季節の鳥たちを見てください。
今年はまだ全然撮れていません。
鳥の写真は難しくて、なかなか撮れません。

初夏と言えばホトトギスですね〜
「特許許可局♪」と鳴きます。深夜に鳴いていることもあります。
ここにはカッコウはいませんが、ホトトギスとツツドリがいます。
ツツドリの鳴き声は「ボンボンボン」筒のような音です。
鳴き声が違うだけで、ホトトギスとはほとんど区別できません。
鷹と見間違う精悍な姿で、空を飛んでいるのは時々見ますが、このように枝に止まっているのは、ほとんど目撃できません。

 

歌うノジコ。
ホオジロに近い種類ですが、色合いはカナリアの原種に似ています。
歌声もカナリアに負けないくらい素晴らしい(^^♪

 

ミソサザイ。
スズメの半分ぐらいしかない小さな体ですが、すごく大きな声を出します。素晴らしい美声で歌います。
短い可愛い尻尾が立っているのが特徴です。

 

近所にニッコウキスゲが咲く家があります。
(誰もいなくて空き家か、別荘です)
植えた物ではなく、最初から生えていたのだと思います。
しかし、たくさんあるのはこの場所だけで、他ではちょっとしか見られません。

この微妙な色合いが魅力ですね〜
これと似た黄色いユリ(園芸種?)が平地にもありますが、それとは種類が違います。
ニッコウキスゲは高山植物で、本州中部以北の寒冷地の高原にしかありません。

県内では、ここからは遠く離れた霧ヶ峰高原がニッコウキスゲの名所ですが、最近は鹿に食われてしまって困っているそうです。

 

クルマバネツクバネソウ。
これも高原にしかない珍しい植物です。

 

シオデ。
これはアイヌ語だそうです。つまり北海道・東北で親しまれている山菜です。
福島県会津の人のブログに、大量に収穫して食べている写真がありました。
アスパラのような味がします。つる草ですが、アスパラと同じユリ科です。

(右)少し大きくなってしまいましたが、このぐらいなら食べられます。

 

前回の天体望遠鏡ですが、筒先キャップに取っ手を付けました。
外すとき指でつかみにくいので苦労していましたが、これは便利。
盆栽用のアルミ線(下に写っている)をホームセンターから買って来て、切って叩いて潰して穴を開けてネジで取り付けました。この用途なら強度的にも十分です。
軟らかいので自由自在に加工しやすく、楽しい工作でした。
見た目も良い感じに出来ました。

 

桐タンスのレストア、今度は大きな引き出しです。
表面の凹凸やキズが多くて、面積が広かったので手間がかかりましたが、綺麗になりました。

このように硬質スポンジにサンドペーパーを巻きつけて作業します。左右で比べてください。面白いように綺麗になります。
金具の近くの細かい所は、サンドペーパーを小さく切って折り曲げて指先で注意深く削ります。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

こんにちは。

バードウォッチング、珍しい鳥を見つけると、ワクワクしますね。
寒冷地ならではの鳥もいるんでしょうね。
小さな鳥はピョンピョンとせわしなく動くことが多いので、私はなかなか写真が撮れません(-_-メ)
最近、朝のリックの散歩の時に、とてもきれいな鳴き声をききます。
残念ながら、姿を見たことはありませんが。
動画で鳴き声を調べてもわからないのですが、オオルリのような高く澄んだ声質で「ルリリ ルリリ」と鳴きます。
音階としては「ミソソ レソソ」っぽいです。
該当しそうな鳥をご存じでしょうか?

ニッコウキスゲ、1株だけでもきれいですが、群生していると見事ですね。
我が家の庭にもヘメロカリスが、田んぼの方にはヤブカンゾウが咲き始めました。
ロッドさんのところと季節が一致し始めたようですね。
投稿者: woojyan   17/06/30 10:40
woojyan様
コメントありがとうございます。
woojyanさんも、この前オオタカだったか希少な野鳥の撮影に成功されましたよね。
チャンスに恵まれないと良い写真が撮れないので、いつもカメラの準備を怠らない事が大切なんですよね。
それがなかなか大変で(^_^;)

その美声の持ち主、クロツグミかアカハラだと思います。
高い木の頂上で囀っている事が多いので、探してみてください。
案外遠くにいる事が多いですが、見事な美声は遠くまで響きます。
クロツグミは市街地ではほとんど見られないので、アカハラの公算が強いと思います。

ニッコウキスゲ、うちの庭にも欲しいな〜
と思います。
今はヤマユリ・コオニユリ・ユウスゲがあります。
ヤマユリはとても順調に育っています。
コオニユリもどんどんと増えています。
ユウスゲは一番好きなのですが、去年はなぜか咲きませんでした。今年は葉っぱがたくさん茂っているので、咲いてくれるといいな、と期待しています。
ユウスゲも黄色い(もっと綺麗なレモン色)ユリですが、ニッコウキスゲとは咲く時季が全然違います。8月初旬です。
伊那市だったかに、この両種を交配させて新品種を作り出す事に成功した人がいると、ニュースで聞きました。
投稿者: ロッド   17/06/30 20:00
ホトトギスにカッコウ、ツツドリ?
実際に自然の中で見たことはありません。
やはり平地に居る鳥たちとは違う種類が見られるのですね。
ミソサザイの可愛らしいこと。
細いクチバシは虫を捕まえて食べているのでしょうね。
シオデ?
見た目もアスパラにそっくりですね。
投稿者: なっつばー   17/06/30 22:46
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ホトトギスの類は神秘性を持った鳥たちです。
卵は他の鳥に托卵しますし、
声はよく聞こえますが、姿はほとんど見られません。
姿は皆似ているので、この写真も本当にホトトギスかどうか確信もてません。

ツツドリの声はとても面白いです。
なんだかアフリカのジャングルの中のような気分になりますよ〜♪
最近聞こえなくなりましたが、繁殖期が終わってどこかへ行ってしまったのかも。そういえばホトトギスも最近1週間ぐらいは聞いてない。
ツツドリの声はもっと早い季節に聞こえなくなりました。

ミソザサイは冬には平地に下りて行きます。そちらでも見られると思います。私の実家の庭にも来ました。
とっても可愛くて、私が一番好きな小鳥です。
この写真は戸隠で6月に撮影しました。

シオデ。
名前は知っていましたが、実際に自分で食べようとは思いませんでした。こちら地元の人は食べませんし。
福島県の人にブログで教わりました。
実際に食べてみると、なるほどアスパラと同じでしたよ〜^^¥
家で栽培できないものか?研究中です。
投稿者: ロッド   17/06/30 23:39
おはようございます
今日はこちらにおじゃましました。
雨いかがですか?注意報が出てるようですが。

ニッコウキスゲ綺麗ですね〜
以前車山で群生を見たことありますが、素晴らしかったのを思い出しました。

ご自分で桐ダンスのレストアされてるのですね。綺麗になってる雰囲気が伺えます。
素敵に再生で来ると良いですね。頑張ってくださいネ
投稿者: misako   17/07/01 08:59
misako様
コメントありがとうございます。
こちらのほうも見てくださっていたのですね。嬉しいです。
今日は雨降り。鬱陶しいです。今のところはまあ、ちょうど良いお湿りといったところです。

ニッコウキスゲの黄色は微妙な中間色で、深い魅力がありますね〜
似たような黄色いユリでも、真夏に咲くユウスゲは爽やかなレモンイエローです。
大好きなユリの花が咲く季節になってきました。
今日からはもう7月ですね。

群生していると見事ですよね。
よく考えてみたら、群生するユリは他にはあまり思いつきません。

この桐タンス、妻が親から受け継いだ物ですが、かなり古いのでさらに前の代から受け継いだ物かもしれません。
大切にしようと思っています。
しかし、あまりにも程度が悪いので閉口しました。
日が当たる場所に置かれていたのか、木目が痩せて凹凸になっているしキズも多いです。
手が当たる場所は引っ掻かれたようにすり減っていました。
投稿者: ロッド   17/07/01 10:46
今日から7月ですねぇ〜さすがに夏って感じがします!昨夜は夏のパジャマにしても汗かいて寝てました(その前までは冬のパジャマでした)

ミソサザイ・・・かわいいですよね!!!見たことも撮ったこともありませんが尻尾が特に\(^_^)/
見た目が似た鳥にカワガラスというのがあります。こちらは大きいので撮ったことあります♪

私も古いものが好きで捨てれません。他の人が見たらガラクタかもしれませんねぇ〜(笑)飾っておいてもホコリ被ってるんだけど^^;捨てれない(笑)
桐のタンスもあります。たぶん母さんの嫁入り道具?父さんは「前桐(表面だけ桐)」だって馬鹿にしてましたが(笑)そんな思い出もあっていまだに母さんの物が入ったまま残ってます^^;
投稿者: 桜里   17/07/01 17:14
桜里様
コメントありがとうございます。
Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?
津軽は暑い?
こちらは梅雨寒でストーブ焚いてますよ〜(^_^;)
でも昨日は暑かったかな・・・

ミソサザイは長野にだけ多いのかも?
子供の頃も冬は庭で見たことがありますよ〜
逆に私はカワガラスは見たことないんです。
鳥の撮影にも、もっと力を入れたいと思って、
今日は望遠レンズのお手入れをしています。

桜里さんも私と同じでしたか。
古い物を大切にするって、良い事ですね〜
たとえお金がかかっても修理して使いたいと思います。

そう言えば、昔の家には必ず桐のタンスがありました。
私の実家にもありました。
今は高くてなかなか買えないでしょうね。
投稿者: ロッド   17/07/01 18:51
ホトトギスさん、キャンプ場で鳴きながら移動してくの声が近くなったり遠くなったりおもしろいのにゃあ!
止まってるのなかなか見られないよねー!
ロッドおにいちゃんさすがにゃ!^^b
ミソサザイさん川とかお水のあるとこでよく会う印象にゃあ!
ころりんかわいいよねー1

桐のたんす!
すごくきれいになったにゃ1
奥様もおばあさまも喜ばれてると思うのにゃ。
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
この写真は戸隠の森林植物園で撮影しました。
ほんとに、木に止まってるホトトギスは珍しいです。
他にもカメラマン大勢いましたが、見つけて撮影に成功したのは私だけでした^^¥
皆さん”大砲”と呼ばれる高価な望遠レンズの付いた、100万円ぐらいのカメラセット持ってるのに、撮影の腕前のほうは・・・ちょっと疑問でした(笑)
私のはトミーというオモチャメーカーの、プラスチック製の2万円の望遠レンズです。
これを、もう30年近く愛用しています。軽くて機動性が良いので成功率高いです。
何しろ、三脚なしで手持ちで使えますからね(^_-)-☆

ホトトギスとかカッコウって、飛びながら鳴いてますよね。
忙しい性格ですねぇ(笑)
一定の場所にいないので、なかなか見ることができません。
このミソサザイも、やっぱり水辺でした。
下にはイワナが泳いでいる清流がありました。
この鳥は冬になると市街地のほうに移動して来るんです。
須坂市の実家の庭にも冬だけ来ました。
地鳴きはウグイスに似て「チャ、チャ、」です。

この桐のタンスの最初の持ち主は誰?
私が結婚したときには、もう義母が亡くなった後でした。
会う事ができなくて残念でした。
投稿者: ロッド   17/07/02 17:17
鳥の撮影、難しいですよね。
私も山歩き中は苦戦してます!
一眼レフ持参の時はまだいいけど、コンデジではほぼ無理です。
ノジコ、黄色が目立ちますね。以前山で撮影したキアオジってのを思い出しましたが、ググったらノジコと同じ分類になるみたいです。
ニッコウキスゲって見た目ユリ科の花っぽいけどそうじゃないんですね!
今まで、ユリ科の花かと思ってました。
こちらでは今からの季節、これよりちょっと濃い目のオレンジの、和名はオレンジリリー(ファイアリリー)ってのが見られますが、それはそのままユリ科です。
クルマバツクバネソウは同じ種類のものを5月末の山歩きの時に見ましたよ〜。
数はそんなになくともあの独特の黒い実でけっこう見つかりやすいです^^
投稿者: alpenkatze   17/07/02 19:45
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
ほんとに鳥の撮影は難しいです。
今クロツグミが鳴いているので、撮影のチャンスを狙っていますが、なかなか難しいです。
風呂に入っていたら目の前の桜の木にいました(笑)

最近ではコンデジでも見事なのを撮る人がいますよ〜
カメラの進歩がすごいみたいです。

アオジとノジコは近い種類だと思います。
こういうタイプの小鳥が私は大好きです。
アオジは冬に市街地で見かけますが、夏はいずこに?
一方ノジコは冬はいずこに?
市街地では見かけません。

不安になったので今調べてみましたが、ニッコウキスゲ(正式名はゼンテイカ)はユリ科でした。
クルマバツクバネソウ、地味で目立たない植物ですが、よくご存知ですね〜
山歩きは楽しいですね。
alpenkatzeさんとは共通の話題が多くて楽しいです。
投稿者: ロッド   17/07/03 10:01
プードルちゃんのことを気にかけて下さってありがとうございます。
大歓迎で迎えられたマロンちゃんなんですよ。
きっと、ホントのお家に辿り着くためのステップだったんですね。
きっと幸せになれますね。
投稿者: なっつばー   17/07/04 22:46
なっつばー様
おはようございます。
GaViちゃんちのはなびちゃんの時もそうでしたが、捨てられた可哀想な動物を助ける活動、本当にご苦労様です。
捨てる人間が腹立たしいです。
投稿者: ロッド   17/07/05 05:33


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません