17/08/19 05:22

古タンスのレストア

毎日梅雨のように鬱陶しい雨降りです(~_~;) 日記帳を見たら7月20日にちょっとだけ星が見えた、と記されていました。あれ以来星は見えません。 これは過去に撮影した写真ですがご覧ください。

今の季節、はくちょう座が頭上高く見えるはず。
その白鳥の尻尾の所に明るい純白の星があります。
それがはくちょう座α星デネブ。
星の名前は明るい順にα、β、γ・・・です。
そのデネブの周囲には星が多く、とても綺麗!
そして北アメリカのような形をした星雲があります。
(中央やや下のほうピンク色)
これは空が澄んでいれば肉眼でもうっすら見えます。

この望遠鏡は最近完成した物です。
これ、トラちゃんのお気に入りなんですよ〜♪
いつもここで寝そべっています。

 

先日、気が付かないうちに30万アクセスを突破していました。
このカウンターおかしいです。
そんなに多くの人が見ているとは思えません。まだ2年半ですからね。

 

16日の送り盆の花です。
庭や道端に生えている野の花だけで十分に間に合います。
花を買わずに済むので嬉しいです。
左側の黄色いユリはユウスゲ、白いのはオトコエシ(オミナエシの白い物)、薄紫はギボウシ、ツリガネニンジン、オレンジ色はフシグロセンノウです。
ススキも出て来ました。

 

野菜直売所へ行ったら珍しいシシトウ(?)がありました。
伏見唐辛子(小辛)だそうです。
唐辛子の類は最近珍しい品種が続々と出るので、味見をするのが楽しみです。
これはカレーに入れてみたら、程よい辛さで美味しかったです。
右側の小さいのはサービスでもらった韓国唐辛子。
さすがに猛烈な辛さ(@_@;)
激辛大好きの私ですが、さすがに涙が出ました (≧ω≦*)

鶏の胸肉と一緒に蒸し焼きにして、冷やし中華のタレをかけたら美味しい(*^o^*)/
お酒のお供には最高です。
汗びっしょりになって泣きながら食べました(笑)
2本入れなくて良かったです。2本入れたら辛すぎて食べられなくなっていたでしょう。
でも、こんなにひどい目にあっても、また食べたくなるから不思議なものです(笑)
辛い物を食べると元気が出ます^^¥

 

さて、延び延びになってしまいましたが、
タンスのレストア記事です。
このタンスは上中下3個に分割でき、上段が終わったので今度は下段。最後に中段。

まだ完成まで先は長いですが、ここまでの苦労話を聞いてください。
横板は真っ黒に汚れていました。
サンドペーパーで半分磨いた所、before→afterこの色の違い!
磨いたら綺麗な木目が見えてきました。

縁飾りとして綺麗な木目の板が貼り付けてあって、これはニスのような物で塗装されていました。
これをキズにすると厄介な事になります。
試しに布に水を付けてよく拭いてみたら、長年のアカが落ちて綺麗になってピカピカになりました。これは案外簡単でした。

金具がフニャフニャに曲がっていたので、取り外して修理することになりました。
金具を外せば隅々まで綺麗にできますし。

マイナスドライバーでこじって釘の頭を浮かせて、それをペンチでつかんで引き抜きました。
そのときに金具にキズが付いてしまいました。
錆びて汚かったし、この際塗装することにしました。
曲がった金具を平らにするのは簡単でしたが、塗装には手間がかかります。

全体をサンドペーパー(240番)で磨いて、古い塗装とサビを落とします。シンナーで拭いて綺麗にしてから塗装します。この工程が最も重要です。

純粋な黒い塗料では、ピカピカになりすぎていけません。
元と同じような半ツヤ消し状態の、渋味のある風合いに仕上げたいものです。

スーパーフラットというツヤ消し剤が市販されています。
これを適量(全体の3分の1ぐらい)混ぜました。

直射日光下で、5分間隔で5回スプレーしました。
20センチぐらい離してスプレーします。
一度に厚く塗らないで、薄く何度も塗り重ねるのがコツです。

塗った直後はツヤがありますが、乾くとツヤ消し状態になります。
この塗料はサビ止め効果が高いので、これで半永久的に大丈夫でしょう。サビ止めのため裏側も塗っておきました。
※普通の缶スプレー塗料でも実用上十分だと思います。大切なのは塗る前の下地処理です。

せっかく綺麗になったのに、取り付けるときにキズにしてしまったら大変!

まず釘が抜けないように釘穴に接着剤を注入。

釘を8割ぐらい入れたら、釘締めという工具を介して叩き込みます。
なぜなら、金槌で最後まで叩き込むと金具がキズになってしまうからです。

完成です^^¥
良い感じに仕上がりました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

アクセスカウンター・・・実は1日のうちにコッソリ覗いて静かに退出することがけっこうあります(笑)

お盆の花・・・ウチはアジサイの花でこんもり賑やかです♪青が主ですが、買ったのは百合の花だけ。
百合と言えば・・・うら庭にまく石灰は虫除けの意味もあると思ってました^^;
別の方法かんがえますね

トラちゃんのお参り姿は誰が撮ってるんだろう?
投稿者: 桜里   17/08/19 10:25

桜里様
コメントありがとうございます。
アクセスカウンターですが、一般の人だけでなく、
「変な事書かれていないか?危険思想はないか?」
ブログの管理会社やプロバイダーの人や警察などが監視しているのだと思います。
友人のサイトですが、ホームレスの事を差別するようなコメントを書き込んだ人、翌日には削除されていました。
しかし誰が削除したのか?わからないのですよ。
上のほうの強い権限を持つ人が削除したのでしょう。

「石灰は土の消毒になる」
という話ですが、度が過ぎるといけません。
そこの土質によって適量が違います。
本式には土の酸性・アルカリ性を測定してから使わないといけません。(ホームセンターに売っています)
土の消毒にはなりますが、虫よけには役立ちません。
野菜の場合は必要ですが、花の場合には何もしないのが一番良いと思います。
肥料をやり過ぎると虫が集まって来ます。

アジサイの花をお墓参りにとは!北国ならではですね。
良い風情だと思います〜♪
長野でも平地ではもうアジサイはありません。
私の所はまだ咲いていますよ〜♪


トラちゃんの写真は妻が撮りました。
それでご機嫌ナナメだったのですよ(^_^;)


投稿者: ロッド   17/08/19 10:57
空梅雨で困ったものだと思っていたら、梅雨明けからは雨ばかり。
こちらでは早生の稲の刈り入れ時期になっていますが、田んぼに水がたまっていて、稲刈りできないそうです。
お米も野菜も高くなりそうですね。

私も唐辛子系の辛いものは大好きです。
毎年1株だけ、タカの爪唐辛子の苗を植えて、1年分の唐辛子を収穫します。
暑さも寒さも乗りきれる素晴らしい素材だと思います。
何に入れてもおいしくて、元気が出ますよね(*^^*)

タンスのレストア、とても丁寧な仕事をしているので、時間はかかるかもしれませんが、仕上がりが楽しみですね。
こういう金具の形が、何とも趣があって素敵です。
投稿者: woojyan   17/08/19 16:33
woojyan様
コメントありがとうございます。
長雨の影響で野菜が高騰し始めました。
ヘンな物を高く買わないよう、気をつけなければ。

唐辛子は青いのをピーマンのように調理して食べると、ビタミンCが豊富だと思います。
1株植えれば、十分すぎる収穫量ですよね。本当に価値ある野菜です。病害虫が少なくて簡単にできるし。

woojyanさんも辛党だったとは(^_^;)
嬉しいです(汗)
唐辛子を食べると本当に元気が出るし、嬉しい気分になります^^¥
ラーメン屋などで激辛メニューを食べるよりも、自宅で新鮮な青唐辛子を使った料理が最高だと思います(*^o^*)/
新鮮な青唐辛子は美味しさが全然違います!
パスタにも良いですね〜♪

タンスのレストア、予期せぬ困難が多いですが楽しいです。
このレトロなデザインの金具が良いんですよね〜♪
万一金具をダメにしてしまったら・・・
同じ物を、大変な手間をかけて鉄板で作らないといけません (^_^;)
投稿者: ロッド   17/08/19 21:07
うわあ!そちらもお天気ずっとカラッとしなかったのにゃあ!
7月20日のお星様とてもきれいだけど・・・一月前にゃあ!
タンスさん、金具もすごくきれいになりましたね。
ロッドおにいちゃん器用だにゃあ。
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
上の写真は2年前に撮った物です。
7月20日には晴れ間がちょっとで、星は2〜3個しか見えませんでした(-_-;)

私は元々はとても不器用でした。
図工とか技術家庭の成績は悪かったです。
失敗を繰り返してン十年。最近やっとまともな仕事ができるようになってきました。
職人さんになれば良かったと思っています。
自己流だからン十年もかかったけど、親方の指導を受けて厳しい修行を積めば3年ぐらいで一応の仕事ができるようになったでしょう。
投稿者: ロッド   17/08/20 14:30
星雲、肉眼でもうっすら見えることがあるんですか?
どんな風に見えるんでしょうね。
一度見てみたいです。
最近は、午後からお天気が悪くなることが多いので、星を見るチャンスがないんですよ〜。

辛いものって、どうして美味しいんでしょう。(笑)
我が家でも、乾燥・生唐辛子、各種取り揃えております。
生唐辛子は冷凍保存しておいて、必要な時に使ってます^^

箪笥、見違えるように美しくなってくれると、やりがいもありますね!
金具の再生、特に下地処理がめんどくさそうですが...
お見事です!!!
投稿者: pil   17/08/20 16:03
pil様
コメントありがとうございます。
ドイツの空は澄んでいますか?
日本はもうほとんど全滅状態です。長野市も東京と同じような状態で、星はほとんど見えません。
私の所は標高1200mの高原なので良いのですが、長野市からの光が邪魔になりますし、天候が悪いのが最大の悩みです。
本当に空が澄んでいれば、星雲は肉眼でもたくさん見えます。
昔の西洋の羊飼いたちは、一晩じゅう羊の番をしながら、そういう空を仰いでいたのですね。

辛党の私も韓国唐辛子には降参!!でした。
韓国の人、尊敬に値します(笑)
生を冷凍保存ですか、良いですね〜早速やってみます。

金具の塗装の下地ですが、サンドペーパーをかけるのが一番の手間です。
屋外で雨ざらし使用の場合には、下に錆止め塗料を塗りますが、タンスの場合は省略できます。

塗装の耐久性に疑問を持つ人が多いですが、聞くと当たり前の事を省略しちゃってるからダメなんですよね。
サンドペーパー研磨を省略したり、シンナーで脱脂するのを省略したら、せっかく表面だけ綺麗に塗装しても全部台無しになってしまいます。
結局また全部はがしてやり直しになります。
安い塗料でも、下地処理がしっかりしていれば結構な耐久性があります。
焼き付け塗装なんて必要ありません。
投稿者: ロッド   17/08/20 18:09
星空がとっても綺麗ですね。
まさに雲のごとくひしめき合っているのですね〜。
新潟の旦那様の実家に行った時に初めて天の川を見ました。
足元も見えないくらいの暗さがあったのでね。
また見たいなぁ〜。
箪笥が見違えるように綺麗になっていきますね。
昔のものはキチンと手を入れれば生まれ変われます。
いろんな技術をお持ちで感心しちゃいます。
投稿者: なっつばー   17/08/22 01:35
なっつばー様
コメントありがとうございます。
新潟県北部の黒川村という所では、毎年星の大規模なイベントがあって好評です。全国各地から大勢の人が集まり、もう30年も続いています。

上の写真のような星空、今年はまだ1回も見ていないような・・・
ここに住み始めたのは10年前なんですが、その当時に比べると、どんどん環境が悪化している実感です。
中国からのPM2.5の影響とか、エアロゾル(空中の水蒸気)とかいろいろな説があります。
原因がわかったところで、我々がとれる対策は何もありません。
南米のアンデス山脈へでも行けば良いでしょうね。

箪笥ですが、その後作業がストップしています。
長雨のため湿気が多すぎて釘が抜けないし、サンドペーパーも粘ってしまって使えません。
技術と言っても、その都度初めての経験で試行錯誤、悩んでばかりです。何をどうしたら良いのか?判断力が一番重要かな?と思います。
投稿者: ロッド   17/08/22 11:29
なんだかお天気が悪い日が続いてるみたいですね。
こちらは8月になってまずまずのお天気が続いてるので、暗くなって太郎に外に一緒に出るのを誘われる時に空を見上げて楽しんでます^^
私に分かるのは今の時期は北斗七星くらいですが(笑)。
お花、道端に咲いてるのでも高地に咲いてるのはきれいですね!
こちらでも山に行くとレストランとか山小屋ではそういうお花をきれいにアレンジされてて感心します。

箪笥、すごいですね!!
味のあるものが完成しそう〜。
こういうののやり方って、ご自分で学んでいくものなんでしょうか??
行程が、私には何がなんだかさっぱりな気分です(^^;
投稿者: alpenkatze   17/08/22 22:56
ひと月も星が見られないようなお天気とはおかしな夏ですね。
このあたりのほうがまだ晴れた日が多いですよ。

タンスのレストア、順調で何よりです。
こういう仕事は下準備が大事ですね。
手間がかかっても結局スムーズに事が運びますから。
うちのダンナがどういうわけかカンナでまな板を削ってくれました。
木は表面は古びても内部はきれいなままなんですね。
物を大事にするのは価値のあることだと思います。
ロッドさん、桐たんすの修理屋さんになっては?
投稿者: NEccoSun   17/08/22 23:08
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
昨日「太郎」という名のお菓子を見つけました(=^・^=)
名古屋で作っている甘いあられのようなお菓子で、
「全国菓子博名誉総裁賞」だそうです。
さすがにすごく美味しいです(^O^)/

今日も雨でしたが、夜になって急に晴れて天の川が見事!!
でもすぐに雲が来て見えなくなってしまいました。
天体望遠鏡を準備して待っていたら、また晴れてきて、
わずか5分ぐらいでしたが淡い星雲が見事に見えました^^¥
今までじゅうで最高の見え方でした。
でも、また曇ってしまいました。これでは写真は撮れません。
山の天気は変わりやすいですね。

天気予報によれば、梅雨のような天気は今日で終了。
明日からは晴れが続くそうです。

そちらの地方はアルプス山脈に近いので、星が綺麗に見えるでしょうね。
なるほど、山小屋などでは野の花を上手にアレンジして飾っていますか。
品種改良された奇抜な花よりも、道端に咲いている雑草のような花のほうが良い風情ですよね。

箪笥の修理は今回が初めての経験なんですが、
過去に自動車の修理・塗装を仕事にしていたので、応用できる事が多いです。
投稿者: ロッド   17/08/23 00:15
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
私の地方はいつも雨が多くて晴天が少ないのですが、今年はとくにひどいです。
まあ、過去には半年間も星が見られなかった年がありましたけど(~_~;)

箪笥のレストア、今日も少しやりましたが、湿気が多かったので釘がなかなか抜けなくて、無理したら金具を壊してしまいました (≧ω≦*)
でも外から見えない部分で良かったです。ハンダ付けで直してみようかと思います。
何でもそうですが、修理という仕事は何が起こるかわからないので、なかなか順調に行くことは少ないです。
他人様の箪笥を預かって、万一壊してしまったら大変なので頼まれてもお引き受けできませんねぇ(^_^;)

まな板をカンナがけですか。本式ですね!
昔の大工さんはカンナがけがすごく上手でした。
難しいんですよね。今私も天体望遠鏡の三脚をカンナがけしてたんですが、手をケガしてしまいました。
カンナの歯の調整が悪かったため、引っかかってしまって空振りして手をぶつけたんです。
結局、三脚はささくれ立ってザラザラになってしまったので、明日サンドペーパーで削って滑らかにします。
投稿者: ロッド   17/08/23 00:16
あらら、ビックリ〜。
旦那様の実家は黒川なんですよ〜。
でも、お盆に少し帰るだけなので、そのようなイベントがあるのは知りませんでした。
投稿者: なっつばー   17/08/25 02:03
なっつばー様
それはそれは奇遇です!
黒川村は今は胎内市になっているのですね。星空が美しいことで有名な場所です。
「胎内星祭り」
http://www.tainai.jp/2017/i...

私はいつも雑誌の記事で見ているだけで、残念ながら実際に行ったことはありません。
昔勤務していた会社が毎年ここに出店していました。
私は担当でなかったので行きませんでしたが、担当者は毎年埼玉から車で出かけて疲労困憊で帰って来ました。
投稿者: ロッド   17/08/25 02:38


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません