17/10/03 08:50

ヤマブドウ

前回のキノコの記事は不評だったので、今回はトラちゃんに先頭に来てもらいました。
これからはずっと猫ブログで行こうかな?(笑)

皆さんコニャニャチワ〜♪トラちゃんで〜す(=^・^=)
良いお天気で気持ちいいニャ〜(^O^)/
お耳のピンクがいいでしょ〜(^^♪


右側の葉っぱは白樺の苗です。種がこぼれてどんどん増えます。
ピッカピカの栗も (*^o^*)/
これも野生の物で、そこらじゅう栗の木だらけです。
クマさんは餌に困らないと思う。
トラちゃんて、なんとなく栗のイメージなんですよね(^◇^)
マロンちゃんという名前のほうが良かったかも。

 

ヤマブドウが実りました。
去年見つけた場所です。しかし高い所にあるので手が届きません。
高枝切りハサミを使って収穫します。
ずっと上を向いて長時間の作業なので、首と肩が痛くなって大変でした。
このブドウは高くつきます(笑)

生では酸っぱくて食べられません。
でも去年より収穫日を遅らせたので、少しは甘みがありました。
普通のブドウよりずっと小さく、種ばかり大きいです。
買ったブドウと違って汚れているし、腐った実も付いているので良い物だけ選り分けて洗うのが大変な作業でした。

砂糖を大量に加えて、スプーンで潰しながら煮詰めてジャムを作ります。
石油ストーブを利用したら、穏やかな火力でちょうど良かったです。
(右)出来上がり。
色鮮やかで、甘酸っぱくて、香りは素晴らしく良いです。
裏ごしするのが面倒なので、このまま食べることにします。
お湯で解いて飲むと色鮮やかで美味しいです。
炭酸水で割るのも良いですね〜

※ヤマブドウはかなりの老木でないと実を付けません。何年かかるのか?わかりませんがたぶん10年以上でしょう。
ヤマブドウを人工栽培して、ワインを作っている農家がテレビで紹介されていましたが、苦労がすごく多いとの事でした。
出来上がったワインはすごく高価な物なのでしょうね。
 


秋の風景

スキー場は一面にススキ野原です。

とても綺麗なリンドウ!
植えられた物ではなく、野生です。
先日0℃近くまで冷え込んだので、葉っぱが紅葉しています。
県内では氷点下の所が2箇所ありました。

大きくて妖艶な感じのオオマツヨイグサが咲いていました。

薄紫色の小菊の花園。

 

あまりウケが良くないキノコの話題ですが、凝りずに行きます(^_^;)
秋も深まり、シメジの季節になりました。
アイシメジとキシメジを見つけました。
見るからに「シメジ!」って感じで美味しそうw(*゚o゚*)w
似たような毒キノコはないので安心です。

ですが「ううぅ〜まずい! (≧ω≦*)」
アイシメジは正露丸の味だし、キシメジは苦くて食べられません。毎年食べてるんですが、今年は特にまずく感じます(≧m≦)ぷぷ
でも、ちょっとした珍味かも(汗)
どちらも茹でこぼして味を消して食べるのが良いらしいです。
シメジもピンからキリまで、十数種もあります。
キシメジそっくりのシモコシは、とても美味しい。今回はシモコシ!と思って期待したのでしたが、食べてみてガッカリでした。
美味しい高級シメジが、そう簡単に手に入るはずがありませんよね。

 

秋の夜長は黄金の毛布にくるまって、お休みなさ〜い(=^・^=)

いい夢見てネ〜♪

カテゴリ[ 料理]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

日向ぼっこトラちゃん、気持ちがよさそう^^
写真を拝見する限り、ポカポカと暖かそうですが、朝晩はかなりの冷え込みなんですね。

野山の恵みは、選別やお掃除も大変!
それでも、それだけの価値のあるお味なんですよね^^
いい色のヤマブドウジャム、おいしそうです!

不評なキノコネタ(笑)、ちょっぴりでもあると、私は嬉しいです^^ 
正露丸の味のキノコがあるとは!(笑)
そう聞いてしまうと、食べてみたい気がしませんね〜^^;
そのアイシメジとキシメジそしてシモコシなんですが、近年、ヨーロッパでは猛毒菌ということになってるようです。
フランスとポーランドで、このキノコによると思われる死亡事故があったとか。
(どのキノコが原因なのか、はっきりとわかっていないんじゃないかと思うんですけどね...^^;)
まさかとは思いますが、お気を付けくださ〜い!

昨日から何度もコメントを送ろうとしてるのに、エラーが出て...
うちのP.Cまたおかしなことになってしまったのかも...
投稿者: pil   17/10/04 14:01
pil様
コメントありがとうございます。
pilさんのブログ、昨日はコメント欄がありませんでしたが、今は風邪が治ったのですね(^O^)/ 良かったです。
PC不調ですか。困りましたねぇ。
最近は私のも時々ネットに繋がらなくなって不調です。サイバー攻撃とか、いろいろ不可解な事件がありますから問題は複雑です。

ドイツにはヤマブドウはないのでしょうか?
ブドウでなくても、似たようなベリー類やグミのような物はたくさんありそうですね(^_-)-☆
ヤマブドウの味は去年初めて覚えました。こんなに美味しい物とは知りませんでした。
一般にはほとんど売られていませんしね。

キシメジの類が猛毒ですか!?
こちらではそういう話はまったく聞きません。
それは何かの間違いだと思いますけど。
似たようなキノコを間違えたのでは?それともドイツと日本では環境も遺伝子も違うので、そちらの物にだけ毒があるとか。

仮に似たような毒キノコ、たとえばネズミシメジとかクサウラベニタケ、イッポンシメジなどを間違えて食べたとしても猛毒で死者が出るというような性質の物ではありません。
黄色いからと言って、まさかニガクリタケを大量に食べたのでは?だとすれば危険です。
色は似ていますが大きさや形など全然違いますけどね。

それとも、タマゴテングタケを間違えて食べたとか?黄色いタマゴタケモドキも猛毒です。これが一番近そうです。
根本からナイフで切って収穫する人は危ないです。
テングタケ科特有のツボを見逃しますから。

昨日は良いお湿りがありました。
次回もたぶんキノコの話題、ご期待ください(*^o^*)/

今日は晴れて暖かかったです。ポカポカ陽気でトラちゃんもご機嫌でした。
明日にかけては冷え込む予報です。
投稿者: ロッド   17/10/04 16:48
こんばんわ〜
寒くなってきましたね。

ヤマブドウこんな感じで実がなるのですね。
真黒に熟れてるからさぞ甘くておいしいのだろうな〜って思ったら酸っぱいのね。

でも格別のジャムができますね〜
炭酸水で割って飲むの、美味しそう〜

裏ごししないと種が邪魔になりませんか?
種が小さいのかな?
投稿者: misako   17/10/04 21:07
misako様
コメントありがとうございます。
寒くなってきましたよ〜 今、外は2℃です(*_*)
明朝は初氷かな?

ヤマブドウは何せ野生そのものなので、なかなか手ごわいです。
時間をかけて苦労して収穫しても、食べられる部分はほんの少しです。
甘みはほとんどなく、レモンより酸っぱい感じがします。

本当に、格別のジャムができました!!
種は大きいですよ〜 皮がとても美味しい風味なので、口に含んで良く味わってから吐き出します。
食べ方も野性的です。
投稿者: ロッド   17/10/04 21:58
もう氷点下ですか。
そういえば、2年前の10月半ばに行った安曇野は、紅葉がきれいでした。
上の写真で見る限り、まだ木は紅葉していないような感じですが、ここ数日で一気に葉っぱの色が変わるかもしれませんね。

山ぶどう、時々見かけるのですが、実際に食べたことはありません。
そんなに酸っぱいのですか。
でも酸味があるほうが、美味しいジャムになりますよね〜。
今度見つけたら、1粒だけ試食してみますね(*^^*)

うちに隣接する雑木林には、以前はナラタケが採りきれないほど生えていましたが、ここ数年減り続け、今年は1本も見当たりません。
気候の問題ではなく、山が真竹に侵入されてしまったためだと思います。
竹の根が強すぎるので、雑木がみんな枯れて、草もほとんど育ちません。
先日そこに、真っ白いキノコが群生してました。
残念ですが、写真を撮り忘れました(>_<)
投稿者: woojyan   17/10/05 00:18
栗、つやつやしてとってもきれいですね!
日本のほくほくした栗が食べたいです!
クマが羨ましいです(笑)。

ジャムも作られるんですね。
うちも手作りのジャムしか冷蔵庫には入れてないですが、裏ごしの必要のないものばかりでやってます(^^;

この色のリンドウも日本で咲くんですね!
こちらの山では8月後半からはこのリンドウがたくさん咲いてます。
5枚花弁がほとんどですが、山によっては4枚花弁のものの方がたくさん咲いてるところもあります。
山ブログされてる方の記事内では青や白のリンドウがよくアップされてるので、日本でもこちらとほぼ同じのこの色のリンドウも咲くとは知りませんでした。
投稿者: alpenkatze   17/10/05 00:43
ヤマブドウがたくさん実っているんですね。
でも酸っぱいの?
でも、ジャムやジュースにして美味しく長く楽しめますね。
ヤマブドウって新美南吉の童話を思いださせてくれます。
里山とか、人と自然の境界線を上手に活用されているロッドさんの暮らしは素敵ですね。
大変なこともたくさんありかと思いますが、それ以上の魅力が詰まっているんでしょうね。
投稿者: なっつばー   17/10/05 01:21
woojyan様
コメントありがとうございます。
長野県は時には北海道と肩を並べる寒さなんですよね。
菅平・野辺山・開田高原、全国一の低温を記録します。
うちのほうは今朝は1℃でした。
初氷にはなりませんでした。
紅葉、今50%ぐらいのところです。
ヤマブドウの葉も真っ赤に色づいてきました。

ヤマブドウの収穫、去年は10日ほど早くて腐った実は少なかったのですが、すごく酸っぱかったです。
今年は腐った実が多かったので、少し遅すぎた感じです。
本当に、この酸っぱさが美味しいジャムの元なんですよね。
皮から出る香りもすごく良いです。

ナラタケは私の所ではあまり馴染みがないですが、青森県の人は一番美味しいと言っています。
ナラタケには種類が数種あるらしく、中には弱毒性の物もあるらしいです。大量に食べてはいけない、と書かれていました。
似たような毒キノコもあるので、私は見分ける自信がありません。
これから晩秋に出るクリタケなら見分ける自信があります。

キノコは食べる楽しみだけでなく、観賞用としても面白いと思います。
見つけたらどんどん撮影してみてください。
竹やぶ笹やぶに群生する、じょうご形のドクササコというキノコは、食べると手足の先端部の猛烈な傷みに数週間悩まされるそうです。別名ヤケドキンです。
これは白ではなく薄茶色です。
投稿者: ロッド   17/10/05 05:39
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
ここは栗がとても多いんです^^¥
でもほとんど虫食いなんですよね。
山栗は小さくて里の栗の半分ぐらいですが味が濃いです。
ドイツの栗は日本とは少し違うのでしょうか?
日本では最近はイタリア産の栗を使ったお菓子が販売されていますよ〜
今年はドングリも多くて、熊は餌には困らないと思います。
ということは、来年は出産ラッシュで熊が増える!?

私は甘党なのでジャムは大好きです。
ブルーベリーも今年は豊作でしたが、ジャムにするほどの量はとれませんでした。
これからの季節はカリンのジャムが美味しいです。カリンも生では酸っぱくて食べられないんです。喉が痛いときの薬になるそうです。

リンドウは長野県の県花なんですよ〜
この色が90%ですが、たまに突然変異か?ピンクっぽい花もあります。次回ここでご紹介できると思います。
白は見たことありません。
秋が深まると、もっと濃い紫色になります。
4枚花弁のもあるんですか。知りませんでした。

平地では自生しているのは見たことがありません。
花栽培農家は大量に出荷していますが、品種改良された別種らしいです。
投稿者: ロッド   17/10/05 05:39
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ヤマブドウは去年初めて食べて美味しくて感激しました。
もちろんジャムです。生では酸っぱくて食べられません (*_*)
私は見たことがありませんが、ヤマブドウに似たエビズルのほうが甘くて美味しいらしいです。東京の郊外にはあるそうです。

新美南吉、いいですね〜♪
自然との共存、野生の動植物への愛情。とても良いテーマだと思います。
私の所は里山ではなくて高原なので、気候が厳しく自然の恵みは少ないですが、標高800m以下の所なら良いなぁ〜と思います。
投稿者: ロッド   17/10/05 05:40
ロッドさん、ただいま〜〜。
あられですが留守中は寂しそうだったということです。
やっぱり子守り猫のようですね。(笑)
にゃんこにも色んな性格があるようです。
接待係、食い気専門癒し系、そしてわんこの子守り猫。(笑)
みんなちがってみんないい・・・ですね〜〜。
そういえば公園で大きな白いキノコを見ましたよ。
あれは何だろう。
今度アップしてからお知らせするので見て下さいね〜。
投稿者: なっつばー   17/10/06 20:51
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ワンちゃんたちとの1泊旅行、いいですね〜(*^o^*)/
美味しい物たくさん食べて来ましたか?
私はトラちゃん連れてお出かけは無理なので、家で美味しい物を食べました。
昨夜は久しぶりにカツオのたたき。トラちゃんの大好物です。

にゃんこの性格、本当にいろいろあって面白いです。
しかし、あられちゃん本当にワンコの子守りができるのかなぁ(笑)

大きな白いキノコ、公園の芝生に生えていたのなら食用のハラタケかもしれません。芝生によく生えます。
スーパーに売られているマッシュルームの野生種です。
夏のキノコなんですが、そちらは温暖なので今頃でも生えると思います。
しかし、よく似た白いキノコにドクツルタケがあり、これは最も毒性の強い猛毒キノコ!!
裏のヒダの色が違うこと、根本の部分を少し掘ってみてツボの有無で判別します。
ハラタケにはツボがなく、ヒダはピンク色から黒褐色です。
ドクツルタケは全身真っ白です。
投稿者: ロッド   17/10/06 21:49
キノコ不評だったんですね。
私もそうですが皆さんキノコのことはよく分からないのだと思います。
今年はマツタケが不作で高いということだけは耳にしました。

山ブドウワインは何年も前に信大農学部で作ったものをいただいたことがあります。
赤ワインをちょっと渋くしたような味で美味しかった記憶がありますよ。
苦労して作った山ブドウジャム、美味しそうですね♪
投稿者: NEccoSun   17/10/07 21:34
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
明日ブログ更新の予定です。次回もまたキノコです (^_^;)

ドイツにお住まいのお二人がキノコの話題がお好きなので、私も嬉しいのですよ。
街にお住まいの方々は野生のキノコにはほとんど縁がないですから、話がかみ合わないのでしょう。

今年は松茸のニュースほとんど聞きませんが、不作なのですか。雨が多かったので豊作かと思っていました。

山ブドウワイン、飲んだ事あるなんて! それは素晴らしい体験ですね。
渋味があるのは野趣あふれる感じで良いのでしょうね。
山ブドウの風味は素晴らしいです。酸味が強いから良いのでしょうね。あとは皮の風味。
山の産物はどれも珍味です。貴重品なので少量を味わうのが良いところです。
投稿者: ロッド   17/10/07 22:12


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません