18/01/11 00:54

町内会デビュー

新居のほうでは、新築祝いにいただいた紅白の梅が暖かい室内で咲いています。

町内会、こちら山の家では人間がいなくてキツネとタヌキとリスぐらいですが (^_^;)
新居のほうでは賑やかに新年会と”どんど焼き”
が行われました。
初めての経験なので感激しました。

庭に置いてある2台のクラシックカー、日産スカイライン昭和45年製です。
片方は部品取り用としてのスペアです。
ここに来る前は実用車として毎日快調に走っていたのですが、雪道に弱くて危険なのでここでは使用できません。
10年前からこのような状態です。
雪の重さで屋根がベッコリ凹んでしまっています。
これ以上のダメージは困るので、マメに除雪しています。
この前30cm積もったときに完全に除雪したのに、またこんなに積もってしまいました。
どうせまた積もってしまうんだから、無駄な努力のように思えてきますが、何もしないで放置すると本当に完全に潰れてしまうかもしれません。
雪の重さは1トンぐらいになると思います。
※水の重さは1立方メートル100kgですが、氷は少し軽く、圧縮された雪の場合は仮に半分の50kgとして、
車一台の上に1mの積雪があったならば、およそ1トンにもなります!!
ここの最大の積雪は2mです。

 

新居のほうに行くと雪が少なくて、日当たりの良い所は土が見えています。もう水仙の芽が出ていました。
これは二階の窓から撮影しました。

猫の足跡が(=^・^=)
姿は見えませんでしたが、いつの間にか来ていたようです。
あの白猫ちゃんかな?
この程度の積雪ならホワイトクリスマス♪
とか言って楽しめるレベルです。

家の庭だけでも家庭菜園が十分できる広さですが、隣には広大な空き地があって貸してくれるそうです。(無料だとか!?)
利用されていない農地がたくさんあって、もったいないです。
元々ここは水田だったそうです。
上に電線が見えますが、これは田んぼに水を汲み上げるポンプを動かすために設置されたのに、今はまったく使われていません。
電気が来ているので、ここに住宅地を造成することもできるとの事ですが、売れる見込みがないので放置されています。

平成の大合併で、この村は長野市になりました。
長野市は今ではすごく広くて、長野県全体の4分の1ぐらいありそう。
だから気候も同じ市内なのにこんなに違うんです。
やがて長野県は長野市と松本市だけになってしまうかも。
違和感を感じますが、小さな村は経済的に自立して行けないので、合併はしかたありません。
私個人の意見としては、村は村のままで良かったのに・・・
と思います。

村の中心部にある、この店名は何と読むのでしょう?(^_^;) 
お多福のマークも面白いですね(^O^)/
よく見たら、学生時代に流行った漫画ガキデカを連想してしまいました(笑)
長野のローカル放送で紹介されましたが、
金運と子宝に恵まれるようにと、江戸時代から続いている屋号だそうです。
しかしこのお店、学校の真ん前にあるのが面白いです。
背景に見える青い屋根の古民家も風格がありますね。
元々は茅葺き屋根だった上にトタンをかぶせた物です。

隣には見事な蔵がありました。

商店ではない普通の家にも屋号というのがあって、苗字は小田切なのに屋号は青木屋だったりします。
別の場所にも同じ名前のお店がありましたが、もう廃業していました。
支店というわけではなく、まったく別のようでした。
面白い不思議な地域文化だと思いました。

新年会と”どんど焼き”ですが、
カメラを忘れたので残念ながら写真がありません。
せめて”どんど焼き”の写真があれば・・・残念!

新居は村の古い集落ではなく、20年前に開発された新興住宅地にあります。
最初は古民家のような中古住宅を考えていましたが、昔ながらの集落へ入ると封建的な古い因習があって、人間関係が難しいとのアドバイスを受け、実はあまり気が向かなかったのですが新興住宅地に決めました。

とは言え”村”ですから家によって序列があって、古い人ほど位が高いのでしょうし、宴席では席順やお酌の順番を間違えると大変な事になるのでは?
皆さんの前で自己紹介したときにはとても緊張しましたが、やがてその心配はまったく吹き飛んでしまいました。

この地区のリーダーの方がとても進歩的なお考えで、今まで経験したどの地区よりも和気あいあい皆さん楽しそうです。
そのリーダーの方はここを開発した会社の元社長さんで、ご親戚皆さんもこの住宅地に住んでいるのは、住みやすい証拠でしょう。
元々はここではなく隣村のご出身です。

意外だったのは若い人が多い事。
出席者に女性が多くて、まるで女子会のようでした。
女性のほうが多かったかもしれません。
子どもたちも大勢来ていました。
全部で40人ぐらいになったかな。
ちなみに、他の地区は高齢化と少子化で子供がとても少ないです。

地元の仕出し料理店から取り寄せた、美味しいお寿司や揚げ物や焼き鳥などなど、豪華なご馳走が盛りだくさん!しかし会費はなし。
費用は平素集めた自治会費の中から出しているのでしょう。これなら自治会費を払うのも大いに納得ですね。
私たちは最初なので一升瓶持参で行きました。
皆さんそれぞれ、ご自分が好きなお酒を持ち寄って来ていました。気楽で良いですね。

前住んでいた地区では町内会の新年会はなんと元日!
しかも欠席すると出不足金を徴収されました。それでしぶしぶ出席したのでした。
会計報告と会長選挙があり、懇親会は一部の幹部だけでした。

 

ここでは次は3月に総会があり、夏には納涼会があって大盛況だそうです。
人間関係が良くて住みやすいから人が集まって来るのですね。
他の地区は過疎に悩んでいるのに、ここだけは人口が増加しているのだそうです。
来賓として出席された市議会議員の方が、そうおっしゃってました。
素晴らしい事ですね、感心しました。偶然ですが、このような良い地区に縁があって本当に幸運でした。

幹線道路沿いで交通の便が良く、長野駅まで30分です。
他県から来られた方、同じ村内で山のほうから移住された方など、いろいろです。
万一の災害のときに避難できるようにと、別荘として所有されている首都圏在住の方もおられます。

道路や家はお金があれば作れますが、
「箱物」ばかり作っても、人間関係が良くなければ人は集まって来なくて過疎化は解決できません。
そのモデルケースのような良い地区です。
古い集落では”よそ者”はなかなか受け入れてくれないものです。

どんど焼きは市街地では火災の心配から場所がなくて廃止され、私は幼少時5歳頃以来の体験で感激しました。
ダルマやしめ飾りなどを燃やします。
この火で焼いた餅を食べると一年間風邪をひかないと言われ、おすそ分けをいただきました。
お土産にみかんもいただきました。
全員での記念撮影もありました。
ワンちゃんを抱っこした人もいましたよ U^ェ^U ワン!

昔から憧れていた田舎暮らし。
ここが第二の故郷になるといいな。

この地図を見ると、ここに登場する場所がよくわかります。
おススメの場所に色鉛筆で○が付けてあります。
Gaviちゃんご一家がキャンプに来るのは、一番上に小さな文字で書かれているイースタンキャンプ場です。
この前ご紹介した、小川村の道の駅が左側に外れてしまって残念。小川村には立派な天文台もあります。
面白い場所が多いので、皆さん遊びに来てくださいね(^_-)-☆

田舎暮らしを計画しておられる方、古民家ではなく”村の新興住宅地”という選択肢も良いと思います。
その際には、その住宅地を開発した会社の関係者など、リーダーシップをとる良い人がいる場所を選んでください。

しかし、一般的に新興住宅地は水害などで過去に人が住めなかった場所が多いので、事前によく調査しないと危ないです。
うちの場合は、周囲に由緒ある古民家やお寺があるので安心です。

トラちゃん、まん丸です(^◇^)

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

町内会デビューおめでとうございます(^O^)/
住むには何といってもご近所さんがいい人であることが一番。
嫌な人がいたら毎日憂鬱ですからね。
私の組は5軒しかなく皆越してきた人ばかりだから気楽です。
皆さんいい家族で、特にお隣さんは猫好きなのでほんとにラッキーでした。
ロッドさんも良い近所付き合いができそうですね。

トラちゃんも早く仲間入りしようね♪
投稿者: NEccoSun   18/01/11 22:42
NEccoSun様
ありがとうございます。
不思議ですね!
今そちらへコメントしていたところですから、ちょうど同時です。
なんと5分以内に一致しています。

NEccoSunさんの場合は、お隣さんが猫好きで良かったですね(^O^)/
私の組は10軒あります。
町内会全体では41軒です。

男性はやはり機械物の話が好きですね。
私が機械いじりが好きだと言ったら、お隣さんと昔懐かしい旧型車の話で盛り上がりました。
その話に他の人たちも参加して来て盛り上がりました。
来賓の市議会議員の人も昔の車の話をして喜んでいました。

その隣の家の人はご夫婦そろって無類の動物好きで、可愛い室内犬(少し大きいチワワ)を連れて来ました。お散歩に行くとこの地区のアイドルだそうなo(^-^)o
6歳だと言っていたので、チェリーちゃんと同じですね。
大きな亀さんや、小鳥もいます。文鳥やキンカチョウなど、家で孵化させて多くの人たちに差し上げて喜ばれているそうです。
伊那にとても良い小鳥屋さんがあるので、わざわざ買いに行くのだそうです。

こういう場では趣味の話をするのが無難で良いですね。
職場や取引先との人間関係とは違って、町内会の場合は利害関係がないから学生時代と似たような感じで付き合えて良いです。

うちに来る白猫がどこの家の猫なんだろう?
という話もしたら、だいたいわかりました。半ノラのような飼い方らしいです。
投稿者: ロッド   18/01/11 23:12
今そちらへ行って見たら、NEccoSunさんのほうが3分早かったです(^_^)/ 
投稿者: ロッド   18/01/11 23:19
雪かきは重労働ですね。
これでは車がつぶれてしまうのもわかる気がします。
新居では地区の皆さんも良い方たちばかりの様で暮らしやすそうですね。
やはりご近所さんとの関係は大事だと思います。
皆さんが協力し、参加してこそ地区の行事も上手くいきますからね。
しかも楽しく参加できるなんて最高ですね。
トラちゃんも早く新居に馴染んでくれるとイイですね。
投稿者: なっつばー   18/01/12 00:51
なっつばー様
コメントありがとうございます。
急な積雪のため新潟県では電車が動けなくなって、600人もが缶詰状態だそうですね。
こちらでは雪は峠を越えたようです。予報ほどには降りませんで助かりました。
それでも上の除雪した車はまた、すっぽり雪に埋まってしまいました。

自治会活動、普通は面倒で敬遠されがちです。
皆さん参加を渋るから”出不足金”など強制的な手段に出るから、ますます嫌われる悪循環です。
この地区でも共同作業などではそういうのはあるかもしれません。
しかし、こういう和気合い合いの新年会は初めての経験で、普段あまり顔を合わせる機会がないからこそ大切な事だと思いました。
実際に会って一緒に食事などしてみれば、誰でもだいたい友達になれるものですね。
会わないでいろいろ詮索していると疑心暗鬼に陥ってしまいがちです。

どんど焼きは、とても良かったです。
火を見ると人間は心が落ち着くものですね。
夕方で冷えてきたので暖をとることもできました。
そこでまた金粉入りの高級な酒が全員に配られました。
子どもたちは普段はできない火遊びに興じていました。
投稿者: ロッド   18/01/12 05:23
良い方ばかりの地区でよかったですね。
どんなに立派な家でも、まわりの景色が良くても、人間関係に問題があると、楽しく生活していくことはできませんからね〜。
住み慣れた県内で、雪も少なくて、便利もよくて・・・ほんと理想的なところですね。

以前勤めた農園は、うちから車で15分ほどの農村地帯にありました。
70代以上になると、古い因習にとらわれているかもしれないけど、経営者は60代前半だし、それほど遠い地域でもないし、、、
と思ったら大間違いで、今時こんな考え方がある?!と驚きの連続でした。
田舎暮らしに憧れているけど、こういう場所では無理だなとつくづく思いました。

かと言って、リゾート開発地などは温暖な気候や東京へのアクセスの良さから、この辺りより高額で、とても手が出ません。
子供たちも県内にいるので、県外に出ることは考えてないし・・・
なかなか理想の住まいを見つけられそうにありません(>_<)
でも、希望は捨てませんよ〜。
ロッドさんのように、良い巡り合わせがあるかもしれませんからね(*^^*)
投稿者: woojyan   18/01/12 22:13
ナッツにお見舞いをありがとうございました。
今日はまだイマイチですが、明日にはすっかり回復していることと思います。
もうすぐ威張りん坊も復活です。(笑)
投稿者: なっつばー   18/01/12 22:53
woojyan様
コメントありがとうございます。
その農園の話、辞めたのはそういう事だったのですか。
今初めて知りました。
年齢はあまり関係ないかもしれませんね。
その人自身の性格と、周囲の環境によって変わると思います。
田舎とか都会とか、土地によってというよりも、家族・職場・集落など、人間集団によってでしょうね。
「朱に染まれば赤くなる」
少数でも悪い人がいると周囲は影響を受けやすいですね。人間はとかく悪いほうに流れやすいです。

新天地、これから時間をかけて馴染んで行って、いろいろな事を学んで行かなければ、と思っています。
良いリーダーがいるのは本当に幸運だったし、その人が奮闘して新しい自治会を立ち上げて、市議会議員を説得して公民館を作ったり、素晴らしい功績者です。
良い人の周囲には良い人が集まって来るものですね。
というか、良い影響を受けて少しずつ変わってきたのだと思います。

千葉県は東京に近いので、リゾート開発の手が伸びていて、そういう所は都会のリッチな人たちの遊び場のようになっているのでしょう。
お金さえあれば、よそ者でも楽しくやって行けると思いますが、定住地というより別荘地と考えたほうが良いかも。
だから「田舎暮らし」を望む人には不向きかもしれません。

私の古い知り合いも、ずいぶん前から千葉県に家庭菜園などの土地を持っていますが、そこへ移住したのかと思いきや、70歳過ぎた今でも都心のマンション住まいのままでした。
別荘地として時々利用するだけだそうです。

古い集落が一概に悪いとは言えないと思います。
良い人間関係が構築できるかどうか?
これは一朝一夕にはわかりませんから、時間をかけていろんな人脈を利用して調査しなければなりません。
いろんな所に友達を作って、アンテナを張っておくと良いと思います。

私たちの場合は、業者選びが良かったです。
最初はあまり期待していなくて、ネットで見た不動産情報でいろんな業者を検討していましたが、結局は義父がお世話になった30年以上お付き合いしている業者が一番良かったです。
親子2代でお世話になっているので、そういう意味合いもあるのか、とても良くしていただいています。

しかし、不動産・建築関係の業者には悪徳業者も多く、本当にピンからキリまでです。
投稿者: ロッド   18/01/12 23:40
なっつばー様
獣医さんのお世話になる事が多くて、大変ですね。
虫歯は高齢でもほとんど問題ない人が稀にはいますが、普通の人は歯医者なしでは生きていけません。
江戸時代の人は年をとって歯がダメになったら、もう生きていけなかったという事ですね。
犬や猫も同じです。
でも今は獣医さんできちんとケアしてもらえるから、幸せですね。
投稿者: ロッド   18/01/12 23:59
今日もまた積雪量がすごかったみたいですね。
新潟にお住まいの方が”8年ぶりの量だ”と写真をアップされてるのを見ましたが、平地でこんななら山の方はもっとすごいのでは・・・と思ってしまいました。
車の屋根も凹んでしまうのなら、家屋の屋根の上も除雪は欠かせないのでしょうか。

古い地区は確かに周囲との付き合いが大変ですよね。
私の実家地方はそんな感じかも(汗)。
まあ、私はそこを出て行って、母や姉がうまくやってくれてますが・・・。
それでも帰るたびにご近所の方々の噂話が絶えなくてなんでも筒抜けで、でも今私が住んでる様な出来て十数年にしかならない集合住宅地も知らない人たちの集まりでそれも時々怖く感じたり、いろいろあります。

どんど焼き、私の実家地方では”ほんげんぎょう”と呼ばれてる行事だと思いますが、今はもう、これをやってたお年寄りの方々もいなくなって行事自体が実家地区では行われなくなりました。
子供の時は、7日の朝に火がポンポンと鳴ってる音で目が覚めたものです。
懐かしいです。
投稿者: alpenkatze   18/01/13 01:15
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
私の所は新潟県には近いんですが、今回に限り大雪の影響は少ないです。
ニュースによると、普段は雪が少ないはずの海沿いの所が積雪105cmとか!普通なら30cm程度の場所です。
逆に山の方にはあまり降っていないようで、今回は特殊なケースです。
今うちのほうは晴れて太陽が出ていますが、新潟県の海沿いのほうでは今もしつこく降っているらしいです。
冬はわずか10km行くだけで天候がまったく違うんですよ。

屋根の雪のご心配は無用です。
うちはドイツのような洋式のとんがり屋根なので、雪はすぐに滑り落ちます。
ただ、平らな屋根の家は2mもの積雪では家が潰れてしまうので、雪下ろしをします。
ちなみに瓦屋根の家は一軒もありません。積雪地には耐えられません。

田舎は噂が広がるのが早いですよね。それが嫌なところです。
まあ、実害はないので気にせず無視するに限りますね。
そちらのご実家での話、新住民たちの集まりは旧住民から見ると不安かもしれませんね。
私たちの地区も、旧来の自治会から分離独立して新しく公民館を作ると言ったときには、かなり風当たりが強かったそうです。
私たちとは逆の立場ですが、そういう人たちの心情も考えてやらないといけないと思いました。

どんど焼き、名前は違うけど日本全国にある風習のようです。
岡山あたりでは「とんど」と呼び、松本市では「三九郎」です。
お正月の行事、不思議と日本人を実感するときです。
投稿者: ロッド   18/01/13 13:33
町内会デビュー、楽しい時間だったようで何よりですね^^
無人島でもなければ、人付き合いしないで
生活するなんてムリな話ですから
良い地域にご縁があって良かったですね。

これからも人の出入りがあると思いますが
良い関係の場所には、同じように
良い人達が集まることと思いますヾ(*´∀`*)ノ

トラちゃん、見事なアンモニャイト(笑)
投稿者: しーな   18/01/14 14:59
素敵な第二の故郷になりそうな予感ですね。
私の実家周辺も田舎で、近くには、いわゆる『よそ者』の住みづらい集落もあるようです。
(実家のある所は、それほど閉鎖的でもありませんが)
逆にそういう集落は、団結力もあって、長年住んでいる人には、素晴らしい場所なんでしょうけどね...
子供の頃は、よく「〇〇さんの孫さんやね?」と、知らない人から声をかけられました(*^-^*)

それにしても、凄い雪ですね!
車の屋根が、重みで歪んでしまうなんて。
ニュースでも、大雪の映像が映し出されていて、びっくりしました。
こちらは、例年になく暖かな1月です。
投稿者: pil   18/01/14 17:17
今、私の父がトラちゃんの写真を見て、「これ、なんの写真?」と言ってました。(笑)
あまりに美しく丸まっていて、猫ちゃんだと気が付かなかったみたいです(*^▽^*)
投稿者: pil   18/01/14 17:20
しーな様
ありがとうございます。
ここ”山の家”のほうは無人島と一緒です。人に会うことはほとんどありません。
新居の場所は、ごく普通の住宅街です。
すごいギャップがあるので馴染むのが大変なんですよ(^_^;)
でも4歳までいた故郷の農村地帯に似ている感じがして嬉しいです。

新年会ではすごいご馳走が出ました(^◇^)
お酒もつい飲み過ぎてしまって、とくに最後に出て来た芋焼酎がききました (^_^;)
次回からは日本酒とビールだけにします。

トラちゃんアルマジロにも似ています。
今、図鑑を開いてみました。敵に襲われるとまん丸になって身を守るのだそうです。
投稿者: ロッド   18/01/14 19:35
pil様
コメントありがとうございます。
引っ越ししてすぐに、ご近所だけは挨拶回りをしましたが、今回は町内会全体だったので前日までとても不安でした。
新興住宅地にしては団結が良いし、古い集落のように封建的ではない、そんな好印象でした。
これから少しずつですね、良い人間関係を構築できたらと思います。
日本人は農耕民族ですから元々は定住が原則。
ところが現代社会は、遊牧民のように移動する人が多いですよね。
私もこの年齢でようやく定住生活に入ります。
両者が仲良く共存するにはいろいろ気を使わないと。

お父様も見てくださったとは嬉しいです。
これは冬眠中のヤマネですよ(*^_^*)
とお伝えください(笑)

積雪ですが、過去の惨状をご存知ないpilさんにはこれでも凄い雪に見えますか (^_^;)
今年は雪が少なくて今のところ楽勝です。
積雪が1mを越えると労力が大変で追いつきません。
それが新潟県境へ行くと5mも積もります。
吹き溜まりで電柱が上まで埋まってしまった、という話も聞きました。
投稿者: ロッド   18/01/14 19:36


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません