18/01/26 00:56

レトロカー

雪にとざされた冬の間はとかくネタ切れになりますが、
そういうときはこんな話題も。
一部かなりマニアックな話題もあるので、興味のない方は斜め読みで飛ばしてください。
※先日、草津白根山が噴火しましたが、右上の写真の左端のピークです。長野・群馬のちょうど県境に位置しています。

先日なっつばーさんのブログ(犬族・猫族・大家族)
に珍しいスポーツカー(マクラーレン)の目撃談がありました。
自分でそういう車に乗るのは不可能ですが、見て楽しむのは好きです。
高価な車でなくても、昔の珍しい車も面白いです。
しかし、出先で故障して止まってしまったら大変!
10年前まではそういう車に乗っていましたが、普段からよく点検整備していたので出先で止まったのは2回だけでした。
2回とも大した故障ではなく、自力ですぐに直せました。
(昭和47年日産スカイラインGTX;通称ハコスカ)

今はもう自分でマメに点検整備する気力がないので、怖くて乗りたくないです。
それで軽トラを新車で買ったんですが、期待に反して故障が多く、出先で止まって救助を頼んだこともあり、一昨年は修理に30万円もかかったし、昔のスカイラインのほうが優秀だったなぁ・・・と痛感しています。
妻の車も新車ですがよく故障しました。それで別のメーカーの新車に買い換えたんですが、先日スーパーの駐車場で動かなくなり、救助を頼みました。
最近の日本の工業製品は質が落ちているような気がします。
不祥事も多いですしね。
ああ、昔は良かったなぁ・・・

この場所に来た最初の頃の写真です。
まだ庭は整備されていなくて木や草が茂っていました。

この車は中古で買って、家の庭(借家でした)で古い塗装を全部はがして錆も完全に削り落とし、自分で塗装し直しました。
板金塗装工場で働いていた経験を生かしましたが、雨が降って来たら作業中断、少しずつなので完成まで4年間もかかりました。
ドアの内側や床、天井裏、下回りも全部サビ止め塗装しました。
足回りやブレーキ、ミッション・クラッチ・エンジン回りも一通り手を入れました。
自分でやったので材料費だけで格安にできました。
業者に頼めばすごい金額(100万以上)になるし、歩留まりの悪い仕事なので引き受けてくれる業者はほとんどありません。
また、それだけの技術を有しているかも疑問です。

その後車検を取って10年間愛用していましたが、山へ引っ越すことになって雪道が危険なので四駆の軽トラに乗り換えました。昔の車は雪道に弱いんです。

 

同じぐらいの年代のブルーバードを見かけました。希少車です。
綺麗に再塗装されて大切に保管されていました。
この色は良いですね〜♪なんだか夢があります。

スカイラインはGT(グランドツーリング)ですが、
ブルーバードはSSS(スーパースポーツセダン)
夢のある面白い名称ですね。
ブルーバードはスカイラインに比べるとボディは一回り小さく、エンジンも小さいです。
乗り味もスカイラインは重厚、ブルーバードは軽快です。

今の車に比べると性能的には低いですが、意外な事に燃費は結構良いです。ハイブリッドカーは別として、燃費性能だけなら昔も今も互角かも。
(カタログ値はまったく当てになりません!実用燃費で比較)

ブルーバードは「スーパーソニックボディ」
と呼ばれ、当時として初の”三角窓”がない車でした。
昔の車はエアコンが無かったので夏は猛烈に暑く、
前の三角窓を半分開けて外気を積極的に流入させたのでした。

もっと古い、昭和30年代と思われるブルーバードもありました。これには三角窓がありますね。
これは単なるオブジェとして道端に”展示”されています。もう何十年も国道沿いのこの場所にあります。
お洒落なホワイトリボンタイヤが時代を感じさせます。
今の軽自動車ぐらいの大きさです。昔の人は小柄だったし、道も狭かったですからね。
こんなに古いと自分の記憶にはない時代です。小学生の頃にはもう古くて見た記憶がありません。
あまり興味が湧いてきません。

ですが、これは宮崎駿の世界ですね♪
これが日産車ですか?
英国のローバー・ミニに似ていて可愛らしくてお洒落な車だと思います。
黒でなく赤のピカピカに塗装して女性が乗れば、とても良い感じ。パステルカラーも似合いそう。

 

免許を取って最初に乗ったのは友人から5万円で譲り受けたトヨタカローラ。昭和46年型1200ハイデラックス。
デラックスというのは、実は言葉とは逆に最低グレードなのです(笑)
これの最高グレードは高価なスポーツモデルで「レビン・トレノ」
馬力がありすぎて暴れ馬のような車だったという話で「ジャジャ馬レビン」と呼ばれていました。
今ではほとんど残っていないでしょうけど、もしあれば凄い希少車で超高価だと思います。

私のは事故車だったので、ハンドルがガタガタしてまっすぐ走ってくれなくて怖かったです。
しかし加速が良くキビキビ走ってエンジンは優秀でした。
何十年も後で初めて知りましたが、これはトヨタの傑作と言われ大変評判が良かったK型エンジンなのでした。
昭和50年代のKP61スターレットは峠のドリキン(ドリフトキング)と異名をとり、
外観は主婦が乗るお買い物車ですが、中身は凄いスポーツカーでした。
それでローリング族御用達でした。つまり警察にはマークされていた車種(汗)
ヨーロッパの狭い石畳の道をすごいスピードで駆け抜ける、過激なCMがありました。
残念ながらその車の写真はありません。友人が乗っていました。
一度は乗ってみたい車ですが、今はまったく見かけません。
ローリング族に乗り潰されたのでしょう(笑)

後ろにある赤い車は日産パルサーだと思います。これは昭和50年代の物。
ヨーロッパでは今でもパルサーが販売されており、先日Pilさんが購入されました。とても快適だそうです。
名前は違いますが、日本で販売されているNOTEと同じ車だそうです。
NOTEは日本では今大人気のコンパクトカーです。
これも歴史に残る名車。40年以上の歴史があるんですから大したものです。
初代はチェリーという名称でしたがパルサーに改名されました。60年代に英国のローバー・ミニを模範にして作られた先進的なFF(前輪駆動)のコンパクトカーでした。
日産の当時のこの技術にトヨタが追いついたのは10年後でした。
今ではどのメーカーも差がなくなっている感じです。

 

こちらは縦目グロリア(通称タテグロ)昭和44年頃のモデルだと思います。
まるで外車のように見えますね。大変な希少車で、あるお店から今売りに出ています。
昭和40年頃プリンス自動車が日産に吸収合併されましたが、グロリアとスカイラインはプリンス自動車の製品でした。
上に書いたチェリー(パルサー)もプリンス自動車が設計した物です。

皇室御用達の高級車は特注でプリンス自動車が作っていました。グロリアはその系統です。
当時「技術の日産」を支えていたのはプリンス自動車出身の技術者たちでした。
戦時中は軍用飛行機を作っていた彼らが、戦後は平和産業に転身したのでした。

 

トヨタクラウン(左)
昭和40年頃のモデル。放置され朽ち果てて土に帰ろうとしています。
この次のモデル(昭和46年頃)は「クジラクラウン」と呼ばれ鯨に似たダイナミックな曲線美でした。私が一番好きなクラウンですが、残念ながら写真はありません。
どこかに昔の写真があるはずなので、見つけたら後日UPします。
スバルレオーネ(右)
四駆の先駆けです。しかもエンジンはポルシェと同じ水平対向型。アメリカ映画にも高性能な日本車の代表格として登場しました。(この後の型ですが)
若い頃、車に詳しい友人に「中古車は何がお薦め?」
と聞いたら「レオーネは不人気だけど安くて高性能」
と言われましたが、あまりにもカッコ悪いのでやめました(笑)
それで少々高かったけど日産スカイラインにしたのでした。
その後レオーネはレガシィに改名され、今も大好評です。

 

日産フェアレディZ愛好者のクラブ。
私も入っていました。
昭和50年前後のモデルです。日本では少数派でしたがアメリカで大人気だったそうです。
見かけによらず遅い車で、スポーツカーとは言えない性能でしたが、改造すると凄い高性能になりました。
今でもマニアには大人気です。
何と言ってもエンジンの耐久性が良い。

これが私のZ。
2800ccのTバールーフ。昭和56年型でした。
新車はとてもじゃないけど買えないので、安い中古を買ったらひどい事故車でまっすぐ走りませんでした。
走行距離も改ざんされていたようです。
ですが、けっこう楽しめました。
スポーツカーというより、ゆったり乗れる高級車でした。ATでイージードライブ、アメリカンなムード。
屋根が開くのが良かったです。
大排気量なのに燃費が良く、遠出するとATなのに11km/Lも走りました。
故障が少なく維持費も安かったです。

Zの次に乗ったのが日産レパード昭和57年型2000ccターボ(左側のワインレッド。右側のは友人のZです)
刑事物ドラマに登場して人気なのは、この次のモデルです。

Zと中身は同じで性能も同じですが、4ドアで5人乗りです。
外観がデコボコで汚かったので15万という安さでしたが、すごく良い車でした。自分で修理し全塗装ピカピカに仕上げました。
高速道路ではまるで新幹線のような走りで、快適に遠くまで旅行に行く事ができました。
故障はほとんどありませんでした。燃費も最良。
ATではなく5速MTで運転が楽しめました。2速での加速感が素晴らしかったです!
アンバランスなデザインでかカッコ悪いですが、それが個性。
国産車ではなく外車のように見えますね。
カッコ悪い車のほうが飽きが来なくて愛着が湧きます。

 

こういう四角いクルマは今は見ませんねぇ。
昔は四角い直線的なデザインの車が多かったですが、今は丸い車ばかり。
左が日産スカイライン昭和55年型、右がセドリック昭和60年型です。
どちらも見かけによらず速い車でした。四角い4ドアセダンですが、スポーツカーのような性能なんです!
空気抵抗は最悪だと思いますが(笑)

とくに日産は極端なほど直線的なデザインでした。
最悪カッコ悪いのがローレルの昭和60年頃の物。ちょっと芸術的でした。写真がなくて残念!
上のスカイラインよりもっと直線的で角ばっています(汗)
内装も趣味が悪くて赤や紫のハデハデのシートはまるで「走るカラオケスナック」
友人(相撲取りのような体格の砲丸投げの選手で体育教師)が乗っていたので皆でバカにしました。
あまりにも似合っていたので(笑)
日産はなんであんな趣味の悪い車を作るんだろう?それで評判を落として、経営不振に陥りフランスのルノーに身売りしてしまったのでした。
先日同じ車が実際に走ってるのを見てしまいました(笑)色は白、ヘッドライトは大きな角目。お爺さんが運転してました。
カッコ悪いけど「いいなぁ」と思ってしまいましたよ。
カッコ悪いのが”粋”なんですよね。
八方美人的ではなく、アクが強いデザイン。
本物の芸術は古くなっても陳腐化しません。

最近の車のデザインは画一的で個性がなく、まったく魅力を感じません。
今の軽トラを一生乗りますΣ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)  軽トラなら四角いですからね(笑)

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

昔の車ってそのメーカーの特徴があっておもしろいっておねえちゃん喜んでるですよぉ。
今の車、どこのメーカーも色々使い回してるのでおんなしに見えてつまんないですよねぇ・・・
軽トラさん機能的でいいと思うですよぉ!
(¬д¬。) TibiTibiはなびちゃんは苦手ですけどねぇ・・・
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
昔の車は楽しいですよね。
見て楽しい、乗って楽しい。夢がありました。
最近の車って、どうしてこんなにつまらないんでしょう?
昔と同じ車の復刻版を作って欲しいです。

軽トラを買ってから人生が変わった感じがしています。
本当に田舎暮らしスタイルになりました。
田舎を走っていて目立たないのが良いです。完全に周囲に同化しています。
植木や丸太や土や石や肥料なんかも運べるし、大きな買い物が気軽にできます。
荷台にトラちゃんのお家を作ろうか?という案もありますよ。
荷台を天文台にする案もあります。
軽トラベースのキャンピングカーも見ました。楽しそうでした。

軽トラだとみんな同じに見えるかもしれないけど、いろいろ見比べてみると今乗ってるスズキの10年前のが一番デザイン的に良いと思います。
ヘッドライトの形が可愛いです。

TibiTibiはなびちゃん、白い車が苦手なんですよね(^_^;)
残念ながら軽トラは白、今年は塗装が古くなったので塗り替えようかと思ってるんですが、少し違う微妙な白(昔の日産の高級車の色)にしようかと・・・やっぱり嫌われそうですね(汗)
投稿者: ロッド   18/01/26 20:30
車のことはさっぱりわかりませんが
知っている名前がいっぱい出てきて楽しめました。
昔の車はレトロなおもちゃを見ているようで楽しいですね。
私も今の車のデザインは好きではありません。
スッキリしたデザインの車が少ないような気がします。
NOTEって日産のノートですか?
息子2が中古で買いました。
もう早速ぶつけているので中古で正解でした(^^;
前にも書きましたがダンナはまだ毛がフサフサしていたころフェアレディZに乗ってました。
待ち合わせに遅れたのでどうしたのかと思ったらスピード違反で捕まっていたのでした。
警察に目を付けられやすい車なのでしょうね。
投稿者: NEccoSun   18/01/26 21:03
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
レトロなおもちゃっていう表現良いですね♪
その車の形に似合う色っていうのもあると思います。
自分で好きな色に塗って楽しめたら良いな、と思います。

ダンナ様、Zがお好きだったのですか!
そうですね、前にもお聞きした記憶がよみがえって来ました。
しかし髪の毛の話は・・・(汗)
私も最近ちょっと気になりだしています。
まあ、同じ年齢だった頃の父に比べるとずっとマシですけどね^^¥

この記事をお見せしたら喜ばれると思います。
Zはカーマニアにとって特別の存在なんですよ。
日本では硬派な男の車ですが、アメリカでは女性が乗る車だそうです。
上の写真のような丸いヘッドライトのZが私は好きです。昭和45年から昭和57年までの物です。
今のZもボディのシルエットは昔に回帰した感じなので、ヘッドライトだけ丸目に変更すれば魅力的な車になると思います。

息子さんは日産ノート。それは大正解だと思います。
そういう私は実際に乗ったことないですが、評判すごく良いみたいです。
でも名前はパルサーとかのほうが良いな、と思います。
でもチェリーはちょっとね(~_~;) 日本を代表する車という意味合いだったらしいですけど。
タバコのチェリーのイメージのほうが強いです。あのエンジ色のパッケージ、まずい味。タバコはもうずっと昔にやめました。

日産は検査をしないで出荷していたとかの不祥事で大変な事になってしまいましたが、車の性能とかデザインとかは優秀だと思います。
私は最初だけトヨタで、その後ずっと日産ひとすじですが、故障が少なくて維持費が安かったので助かりました。
投稿者: ロッド   18/01/26 22:01
昔の車には個性がありましたね。
どれも懐かしさを感じます。
本当に最近は箱型のデザインが無くなりましたね。
それにしても家具ばかりか車までご自分でお手入れされていたんですね。
本当に車がお好きで、しかも知識や技術がおありなんですね。
家の水道の水漏れさえなんとも出来ない私には想像も出来ません。(/ω\)
我が家はずっとトヨタ車一筋(軽自動車以外)です。
故障も無く、いつも快適ですよ。
また私も素敵な車に出会ったらご紹介しますね〜。
投稿者: なっつばー   18/01/26 22:40
なっつばー様
コメントありがとうございます。
車は仕事でしたからね、水道の事は、わかりません(^_^;)
家具の再生は車の技術が応用できました。

そちらは土地柄トヨタですよね、当然。
一般的にはトヨタが一番だと思いますが、トヨタはあまりに優等生なので私はちょっと敬遠です。
機械もちょっと不完全なほうが人間臭くて好きです。

昔の車に懐かしさを感じるのは、当時の思い出が詰まっているからでしょう。
それほどに車という機械は、生活に密着した大切な物だという事ですね。

カメラを常に携帯して珍しい車を見かけたら、即撮影ですね。
今回この記事を書いた後で、いろいろ思い出しました。
他にも面白い写真がたくさんあります。
最後のほうに書いたお爺さんの白いローレル。
とても気になりだしました。今度出会ったら撮影したいです。
投稿者: ロッド   18/01/27 12:01
夫の白いスカイラインは、仙台の息子から貰ったもので、2001年型だそうです。運転が出来なくなった夫は、雪が降る前に、孫の友達に売りました。息子に値段を教えたら「スカイラインは人気があるから、お友達はお買い得だったね、大事に乗って欲しいなぁ」って、行ってました。マイカーのヴィッツも売りました。故障がなく良い車でした。
投稿者: kingyo   18/01/27 17:37
おねえちゃんのお家・・・商売していたので、配達用に軽トラやデリカもあったですけど・・・
軽トラは青かったような気がするなんて言ってるですよぉ。
おねえちゃん免許取立ての時は危ないからってほかの車貸してもらえなくて、青い軽トラでその頃一緒に暮らしてた厳龍くんのお散歩に10分ほど離れた砂浜まで行ったですよぉ。
最近青いのみかけないですよねぇ・・・

そういえば・・・Gaviちゃんはなぜか高速なんか走ってて、隣が青いトラック(大きめの・・・)だと、見に行ってたらしいです。若い時は青とか緑のユンボも好きだったですからねぇ・・・青が好きなのかもしれないですねぇ・・・
kingyo様
コメントありがとうございます。
なんだか寂しいお話ですが、車に対する愛着が感じられてほのぼの気分になりました。
思い出は車とともに、ですね。

この前拝見したあのスカイラインはご主人のだったんですか。
息子さんは2001年当時新車で購入されたんですか?
すごいですね。
あの型のスカイラインが日産の最後の作品でした。
とっても日産らしいデザインでした。
今では貴重品です。
その後はルノーの傘下に入ってしまいました。みんなフランスっぽいデザインになってしまった感じがします。

ヴィッツはトヨタですね。実用的で信頼性の高い車だと思います。
投稿者: ロッド   18/01/27 19:59
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
青い軽トラ!それ相当昔のですね。マツダかも?
青と言っても地味な感じの青ですよね。
軽トラは色が白と銀の2色しか選べないんですよ。
でも最近は色のバリエーションが少し増えたみたいです。

厳龍くん、ニャンコですか?
たぶんワンコだなぁ・・・

Gaviちゃん、色に敏感に反応したのですね。
TibiTibiはなびちゃんも?
うちのは何だかわからないなぁ・・・
色がわかるのか、わからないのか?
とにかく車は嫌いです。すごく怖がります。
投稿者: ロッド   18/01/27 20:00
厳龍くんは甲斐犬で、甲斐犬ってお家の人にしかなつかないわんこで・・・おねえちゃんに一番なついてたらしいですよぉ。
お話してて思い出したですけど・・・
厳龍くん、亡くなってしばらくたって、ナイルフグのショッカーさんに生まれ変わって・・・その生まれ変わりがGaviちゃんっておねえちゃん思ってるですけどね・・・(みんな黒と茶色のしましまで、右手が悪くて、牙の先っぽが少しかけて、生意気で超お利口さんで、おんなしようなお目々してるですねぇ)・・・厳龍は超お利口でお散歩中、よぉくおねえちゃんのリードから逃れて、おねえちゃんをまいて好き勝手にお散歩してたですけど、おねえちゃんがおっかけて転ぶと戻ってきて心配してくれてたですよぉ。嘘転びすると、無視してたですけどね。

Gaviちゃん青いトラック好きだったの、厳龍だった時によくのっけられて大好きな浜辺にお散歩に行ったからかなぁ・・・って、思い出したです。
おにいちゃんにお話したら、「うんうん 青いトラックが来るとよく走って見に行ってた!」って。(*≧u≦)ププッ

おねえちゃん免許取立てだったですからね・・・それはもう大昔(*≧u≦)ププッ のお話ですよぉ。免許取って1年後には、アルバイトとローンで軽のアミカ買ったですからねぇ。
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
甲斐犬って知りませんでした。
秋田犬なら子供の頃父が飼っていましたが、大型犬で手に負えず人にもらわれて行きました。
その後川上犬(柴犬の一種)を飼いました。

家に犬がいるのに、私はどうしても犬は好きになれませんでした。
だから、犬のほうも私の事を嫌っていて、どこへ行っても犬にはナメられて吠えられ噛みつかれるのでした(~_~;)
通学路で犬に出会ったので、怖くて学校へ行かれなくなって休んだ事もありました。
こちらが怯えているのを見透かされて、犬はますます居丈高になって襲って来るんですよ。
大人になってからも友人宅で犬に噛みつかれて怪我をしました。
だから根っからの猫派なんです(=^・^=)

厳龍くん→ナイルフグ→Gaviちゃん
と共通点があるとは不思議ですね。次は?

私の場合は信心が足りなくて・・・
宗教心というか、ほとんどないんです。
墓参りとか儀礼的な程度にやる程度で、天国とか生まれ変わるとか考えることはないんですよ、
残念ながら現実主義でロマンがなくて。
あの世は存在しないので、今だけを楽しく生きたいと思います。
投稿者: ロッド   18/01/28 11:32
私も車のことはさっぱりなんですが、レトロな車を見るのは楽しいです。
そう言われれば、昔は角ばったデザインの車が多かったですね。
今こうして拝見すると、どれもカッコイイ!
三角窓と聞いて、古い記憶がよみがえりました。
幼い頃に、父が乗っていたのは確かスバルでしたが、三角窓があったことを覚えています(*´艸`*)
免許をとった時、実家にあったのはマーク2でした。大きな丸いライトの。
乗って数回目で、ガレージにぶつけて、叱られました〜。(笑)
懐かしい出来事が、色々思い出されます(#^.^#)

パルサー、とっても運転しやすいです。
見た目が日本のNOTEとそっくりなんで、同じ車だと思っていたのですが、
父が「この車の方が、大きいんとちゃうか?」と言ってました。
もしかしたら違う車?(滝汗)

フェアレディZや、レパードwww
カッコイイ車に乗られてたんですね〜!
自分で修理もできちゃうんですから、凄いです!
投稿者: pil   18/01/28 22:26
pil様
コメントありがとうございます。
「日産NOTEヨーロッパ仕様」
で検索してみました。
https://corecars.jp/nissan-...
そしたら、ヨーロッパのパルサーは日本では未発売の最新モデル。とても良い車なので並行輸入します!との事でした。
話が面白くなって来ました。

なるほど、NOTEとは違う車でグレードが1ランク上です。
これなら国境越えてフランスまで遠出するのも快適・安全だと思います。
これは本物のパルサーが復活したという事です!
旧型パルサーは18年も前に販売終了になっています。
なぜ日本より先に海外で発売するのか?よくわかりませんが。
とにかく、幸運な事にpilさん良い車に出会ったという事です (^_-)-☆

ご実家にあった丸目のマークIIですが、それは昭和53から55年頃の物だと思います。
英国の高級車ジャガーに似たデザインでした。
マークIIはスカイラインの対向馬で似たような性質の車です。
女性とくに初心者には運転しにくいと思います。

そのまた昔の三角窓のスバル、これはちょっと思い出せません。とても面白そうなので調べてみます。
スバル1000というのがありましたが、三角窓だったかどうか・・・
https://ja.wikipedia.org/wi...
やっぱりそうでした。これじゃないですか?
学生時代に陸上部の友人が乗ってました。当時もうかなり古かったので中古で安く買ったのだと思います。
投稿者: ロッド   18/01/28 23:34
パルサーとNOTE、別物だったんですね!
見た目がよく似てたんで、同じものだと思い込んでました〜。(汗)
教えていただいて、ありがとうございます!

これこれ、うちの車と色も同じです! 
車に詳しいロッドさんに、良い車だと言ってもらえて安心です(*^-^*)よかった〜!

スバル、こんな感じだったかな〜。
どうしてだか、三角窓だけよく覚えてるんです。
人の記憶って、不思議ですね。
懐かしい記憶、辿ることができて、楽しかったです。ありがとうございます(o^―^o)
投稿者: pil   18/01/30 02:03
pil様おはようございます。
今日はささめ雪です。明日は晴れの予報。
パルサー、ネットで調べてみて驚きました。
日産も今や多国籍企業なんですね。
エンジンはフランスのルノーとの共同開発だとか。
他にもいろんな面で最新技術が採用されていて凄い高性能車です!
私の頭の中は昭和で止まっているので、この記事を読んでもとてもついて行けませんでした。
車ってやっぱり進歩してるんですね、当然の事ながら。

pilさんのはATのガソリン車なので1.2Lエンジンでエクストロニックと呼ばれるCVTとわかりました。経済性重視の車種です。
CVTですから、前私が言ったとおりオランダの会社が発明したATを元に進化した物です。
驚いた事にATはこれだけで、他はみんな6速マニュアル!
仮に日本で発売するなら95%がAT車だと思います。
文化の違いを感じました。

メカのほうは進歩してるけど、ボディのデザインは・・・
NOTEと区別が難しいくらいですから、没個性ですよね。
私にはみんな同じ車に見えてしまいます。
やっぱり昔の車のほうが面白いなぁ。

三角窓・・・
アレって何かヘンですよね(笑)私はカッコ悪いと思いますが、私のスカイラインの場合は、珍しくて個性的なので良いかな、と思います。
走っていて外気が良く入って来るのは、確かにそうかもしれません。当然の事ながら渋滞していれば効果なし。

もっと昔の車では、ウィンカー(方向指示器)も電気ではなく機械式でした。
赤いベロみたいな合図が右に左にベロって出ます(笑)
昭和30年代のマツダのオート三輪なんかに使われていましたが、今はまったく見ることがありません。
投稿者: ロッド   18/01/30 10:22
ブーちゃんは元気ですよ。
ケージ暮らしにも馴染んで、なんだかいい感じです。
本当に穏やかな仔で助かります。
また近いうちに写真をアップしますね。
投稿者: なっつばー   18/01/30 22:52
なっつばー様
ご報告ありがとうございます。
ブーちゃんその後元気で良かった(^O^)/
でも、ケージ飼いも大変ですね。
不細工だからブーちゃんと名付けたとか、でもて皆さんに大人気ですね(^^♪
投稿者: ロッド   18/01/31 19:09


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません