18/09/08 00:54

地震への備え

今回はキノコの話を予定していましたが、
北海道で地震があったので急きょ変更です。
北海道には知り合いが何人かいますし、何とか被害が少なくて済むよう祈るばかりです。
大阪の地震そして台風・・・西日本の豪雨災害・・・
日本じゅう災害だらけで”被災者”が国民全体の相当な割合を占めるようになっています。この国は将来どうなっちゃうんでしょうか?

M6.7という数字だけを見れば数年前の長野の地震と同じですが、被害はずっと大きいです。
大規模停電などの今後各方面への悪影響が心配です。冷蔵庫が長期間止まったので、北海道に多い食品メーカー(乳製品・水産業など)の在庫はどうなっちゃったのか?すべて廃棄処分?
今年は豊漁だというサンマも入荷しなくなってしまいました。
これからの時代は地産地消で、食料は他所に頼らずできるだけ自給しないといけませんね。
 


この写真は数年前の長野の地震です。
善光寺周辺ですが、屋根瓦の被害が大きくて土嚢を載せたブルーシートが目立ちます。
雨漏りがすれば、その家には住めませんね。

塀にヒビが入って、右側には大量の屋根瓦の残骸。
ブロック塀が倒れた場所も多かったです。

蔵が土台から傾いて、隣の家にもたれかかっています。

震源地から遠い(40km)長野市でもこんな状態ですから、震源地の白馬村はかなりひどかったらしい。

北海道、M6.7で震度7という事はないと思うんですが。
震源は30kmと深かったし。(普通は10kmぐらいです)普通なら震度6弱程度だと思います。
数字は一応の目安にはなりますが、あまり当てになりませんね。
今回のは神戸や熊本の地震と同じぐらいの規模だったのではないでしょうか?
震源は北海道なのに、ここまで揺れが伝わって来ました。体で感じる揺れではありませんでしたが、緊急地震速報の少し後で天井から下げた物干しがかすかに揺れました。

いつもこれによって微弱な地震も検知できています。
神戸の地震のときも揺れは感じませんでしたが、半開きのドアがギギーと音を立てて少し動きました。
不気味な予感がして、テレビをつけたら大変な事になっていました。

震度6ぐらいならなんとか我慢できますが、7ともなればどうしようもありません。
とくに土砂崩れは怖いです。対策としては1階は危険なので、2階を寝室にするぐらいでしょう。
一番良い対策は安全な場所へ引っ越す事ですが。
まあ、家にいるとき地震に襲われるとは限りませんし、出先で地震に遭う事のほうが危険です。

北海道だって備えはかなり高いレベルでできていたはずですが・・・
もし南海トラフ巨大地震とか首都直下地震なんかが起きたら!?こんな程度では済まないと思います。
それにしても、大手電力会社の危機管理はお粗末でしたね。今回だけでなく過去もそうでした。
いざというときは当てにならない事がわかりました。

停電ではATMも止まっているのでお金がおろせないし、ポンプが止まって水道も出ない。命を預かっている病院が一番困ります。自家発電も燃料が終わればもうダメ。
現代社会は何でも電気頼みなんですよね。

家庭では車のバッテリーを買い置きしておけば、それを100Vに変換してテレビなどの電化製品を使う事ができます。携帯の充電もできます。
バッテリーは持ち運びに便利なようにピッタリサイズのバッグに入れてあります。
現に電気が来ていないタイの離島では車のバッテリーで生活しているそうです。

バッテリーで使える12V用の蛍光灯。これは自動車整備用品です。
バッテリー充電器と電圧を測るテスターも必需品。
これもカー用品売り場にあります。
テスターは乾電池の良否判定にも使えます。
どちらも安い物です。
大昔のポケットラジオ。これは重宝しています。
出かけるとき、天体観測時には熊よけになります。電池はすごく長持ちします。
普段から使っているので、いざというときに電池切れとか故障という心配はありません。

これが12V→100Vに変換する装置です。

一番困るのは冷蔵庫ですが、これは車のバッテリーでは力不足だと思います。私は詳しくないですが、キャンピングカー用の冷蔵庫を買っておけば良いかもしれません。
非常時に使うのではなく、日常からそれを使っていたほうが良いと思います。
非常時になっていきなり普段と違う特別な事をしようとしても、うまく行きません。
普段から不便な生活に慣れておく事が必要だと思います。

私の場合は水道は解約。山の湧き水を汲みに行って生活しています。保健所のお墨付きがある良質の水ですが、念のため煮沸してから使っています。
雨水を貯めて洗濯をしたり。水が一番重要ですね。
ガスも解約しました。普段からカセットコンロです。電気コンロも使います。こっちのほうが安上がり。冬はストーブの上でお湯を沸かします。
下水道が来ていないので、トイレに困ることはありません。
私の生活に「ライフライン」という言葉は存在しません。
だいたい文明の利器は脆弱な物ばかりです。

しかし、車だけは必需品。中で足を伸ばして寝ることができる車種を選ぶことが大切だと思います。私のような軽自動車でも十分です。
理想的なのはスーパーボランティアとして有名になった尾畠さんの軽ワゴン車ですね。

 

さて話題変わって
庭じゅうに大きなキノコがボコボコ出ています!
すごい数です。全部で50本以上あると思います。
裏がスポンジ状のキノコ(イグチ科)は、ほぼ100%食用なのですが・・・
残念ながらコレはまずくて食えない代物でした(≧ω≦*)
いろいろ調べたけど名前がわかりません。アワタケに似ていますが少し違うような。ちょっと傷つくと青色に変わります。「イロガワリ」というキノコなら美味しいのですが、残念ながら違いました。
キノコの話はここまで。次回に続きます。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

本当に最近の自然災害の多さにはまいりますね。
幸い関東地方には大きな被害が出ていませんが
大きな地震が南から北、とくると次はいよいよ?

たまたま最近キャンプに行きたいと思って
色々道具をそろえ始めたところです。
いざという時のためにも使えるので、
内容を充実させたいと思います。

が、実際使えるのはしばらく先になりそうです^^;
投稿者: しーな   18/09/08 15:48
しーな様
コメントありがとうございます。
次はいよいよ何ですか? (@_@;)
首都直下地震とか、もう何十年も前から心配の種ですが、みんなが「来る来る」というと来ないもんなんですよね。

そういう心配をよそに、いきなり神戸に来たり、熊本に来たり、いや一番恐ろしかったのは東日本大震災。
あのときはもう日本沈没かと思いましたよ。
長野には来ると予想していたので、「ああ、やっぱり」と思いましたが、いざとなると本当にビビリました。何しろ左右に凄いスピードで1mぐらい揺れましたからね (°◇°;)
震度5と6とを比べると5倍ぐらい強いと体感しました。
トラちゃんなんか恐怖で耳の血管が充血してしまって、プッツンする寸前でしたよ。
でも、アレで終わったと思うのは甘いかも?また近々もっと大きいのが来るかもしれません。

まあ、用心に越したことはないですよね。
バイクに乗れる人は良いな、と思います。何しろ機動性が高いですから。狭い道でも抜けられるから良いです。
バイクはいつも大切に整備しておいたほうが良いと思います。

キャンプなんて良い趣味をお持ちだったんですね。
戸隠キャンプ場へ来たらおもてなししますよ(^O^)/
戸隠なら蕎麦三昧でしょうね。

何と言っても”キャンプ猫Gavi”ちゃんが有名ですが、あの方たちはすごいです!
トレーラー式のキャンピングカー。動く我が家ですからね。
すべて完備されています。どんな災害でも大丈夫でしょう。
投稿者: ロッド   18/09/08 19:13
ロッドさんは大きな地震を経験されているので災害に対する備えは万全ですね。
私はまだ他人事みたいなところがあったのでもっと真剣に考えなくてはと思っているところです。
カー用品やアウトドア用品が役に立ちそうななのはなるほど!です。
そして普段から使う。
時々キャンプ気分で災害時生活模擬体験するのも悪くないですね。
投稿者: NEccoSun   18/09/08 21:09
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
最近とくに災害が多発しているので真剣に考えました。
万全と言っていただきましたが、まだ全然です (^_^;)

今日は山道を走って妻の所まで行きましたが、とても怖かったです。それは土砂崩れの危険!!
北海道の例、これはひどすぎますが、日本全国どこでも危険性が高いです。
このところ雨が多くて、特に今日は大雨警報が出ている中での移動だったので、どのルートを選んだら一番安全なのか?
昨夜からずいぶん悩みましたが、結局「どこも危険!」
という事になり、「どこがどの程度危険なのか」
慎重に様子を見ながら確認するつもりで出かけました。
道路が川のようになっている場所もありました。

皆さん自宅での被災ばかり想定しますが、実は出先での事が一番危険だと思います。
かと言って出かけないわけにはいきませんよね。

幸い命が助かって、避難所とか自宅とかで耐久生活を強いられる事になったら?
一般に論じられている問題はそこからの話なんです。
一番は最初の段階で命を守る行動・判断なのですが、これは難しい問題だと思います。

一番の悲惨な状況というと、重症を負っても道路が渋滞して救急車が来れないとか、幸いにして病院に搬送されても停電のため緊急手術ができないとか・・・そういう問題。
実は報道されないだけで、とても多いんじゃないか?
と思ってしまいます。
投稿者: ロッド   18/09/08 21:30
備えがあっても使えなかったら元も子もありませんね。
日ごろから実践されているロッドさんは慌てないで、もしもの時にも対応できそうです。
我が家はわんにゃんのことを考えると、どこにも移動できそうにありません。
水とペットフードのストックだけは頑張ろうと思いますが、家族が家に居なかったらと考えると怖いです。
投稿者: なっつばー   18/09/09 03:44
なっつばー様
コメントありがとうございます。

災害が発生するとすぐ「避難所」という言葉が出ますが、実は自宅が一番安全だったりします。
そこところ騙されないように、しっかりと自分で危険度を見極めないといけませんね。
うちの場合は土砂崩れや水害の危険はゼロですが、冬の大雪被害が一番切実な問題です。
大地震で家が倒壊したら庭の車中で生活します。
確率的には低いですが竜巻の直撃を受けたら最悪です。

実際問題として動物と一緒だと避難所に行けないから、たとえ危険な状態でも自宅しか居場所がありませんよね。
投稿者: ロッド   18/09/09 10:15
お家も・・・家が大丈夫な状況ならエアコンとにゃんこ用のお肉の保管は困るですが・・・(常時10kgから30kgくらいお肉冷凍しているので・・・)それ以外でしたら猫缶、お水、人間用の乾物は2,3ケ月分は常備しているので、何とか生活できると思うです。トイレのお水やお洗濯は大変ですが・・・
プロパンガス、カセットガス、ソーラー、ガス発電機・・・お家の辺りは関東大震災の断層想定付近ですので、とりあえずは準備はしてますが・・・まず気になるのがにゃんこのごはんで^^; 冷凍庫が携行用のが10kg保管できて(10kg保管できれば、計算上は2ケ月は大丈夫ですが、実質はひと月分くらいになっちゃうんだろうなぁ・・・)、非常電源はソーラーで何とかなりますが、お天気が悪いとだめなのでそれが困るですねぇ・・・
ただ・・・お家やキャンピングトレーラーがペッシャリいっちゃったらもうどうしようもないです^^; 

オール電化ですべて電気に頼るのはリスクがあると思うです。オール電化を推進することで原発を動かす理由にもなるわけですし・・・

ロッドおにいちゃんは普段からスタンドアローンの生活されているので、サバイバビリティ高いと思うですよぉ。

いざというとき、一番困るの・・・生活用水です。
キャンプ中なら、お水はそこそこ安心なのですが・・・
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
やはり水が一番の問題なんですね。
私の場合は近く(と言っても歩いて行ける距離ではありません)に水場を見つけたので良かったですが、普通は飲料水の確保が問題ですよね。
私の水場も、地震等で枯れてしまうかもしれませんが。

思い出しました。ソーラー発電持ってたんですね!
携行冷凍庫なんて物があるんですか。それは良いですね!

妻の新居はオール電化なんですよ。
希望しなかったんですが、そういう成り行きになってしまいました(^_^;)
ガスが来ていないし、灯油も必要ないので火災の危険性が低いのが利点です。年をとると火の管理ができなくなる人がいますからね。
停電のときのために石油ストーブとカセットコンロを準備してあります。
水は電気温水器のタンクに大量に貯めてあるので、いざというときには頼りになります。

>キャンピングトレーラーがペッシャリいっちゃったら
→それは普通ありえないと思います。
一番の脅威は地震よりも竜巻ですね。竜巻でなくても大阪の台風被害みたいに、駐車場の車が強風で吹き飛ばされて出火!なんて事態もあります。

一般に食料備蓄の事ばかり言われますが、よく考えてみたら優先順位あまり高くないと思います。
3日とか1週間もすればお店で買えるようになりますから。
私も前は防災の日にカンパンを買っていましたが、今は米とかパンとかインスタントラーメンとか、日常使う食品しか買いません。
ちなみにカップ麺は買いません。かさばって置き場所に困ります。

元々ここはお店が遠くて不便なので、いつも大量に買って来て保存しています。
パンは売れ残りが安くなったときに買って、冷凍保存しています。肉や魚も買ってすぐに火を通して冷凍保存しています。
投稿者: ロッド   18/09/09 21:13
書き忘れました。
生活用水ですが、雨水は洗濯や食器洗い用です。
不衛生なので飲料水にはなりません。雪もダメなのはもちろんです。
上にも書きましたが、山の湧き水でも私は一度煮沸してから使います。
投稿者: ロッド   18/09/09 21:16
今回の地震や台風で関空に取り残された人たちがそろって言っていたのは、情報が得られない不安。
やはり携帯やスマホを充電できることが、とても重要だと思いました。
なるほど、車のバッテリーが役に立つのですね。

我が家もたくさんの生き物がいるので、避難することは考えていません。
幸い水害も土砂崩れの心配もない所で、隣は雑木林なのでトイレも大丈夫。

人間の食べ物は心配してませんが、犬猫たちの食べ物は最低でも10日分は必要なんでしょうね。
我が家で一番良いのは猫缶かなと思ってます。
猫だけじゃなく、犬もカラスも、いざとなれば人間も食べられるし、水分も含まれてるし。
ただ家自体が壊滅状態になったら、どうにもなりませんね、特に寒い時期に。

数キロ先にコンビナートがあるので、東日本大震災の時に、劣化ウランを大量に保管していることがバレちゃったチッソ工場が爆発でもすれば、もう逃げ場がありません。
投稿者: woojyan   18/09/10 13:31
さすが、しっかり備えていらっしゃいますね。
ロッドさんは、山に住んでいらっしゃるから、土砂崩れとかは大丈夫なのかしら...と、ふと思ったのですが、その心配はないのですね。
今年の帰省時に、大阪から兵庫、京都の県境をドライブしましたが、その1週間ほど前の大雨で、土砂崩れが起き、ほとんどの峠道が通行止めでした。
避難をするにしても、安全な道、そしてタイミングを見極める必要があると、その時感じたのでした。

アワタケのようなキノコ、随分前に、私も食べてみたことがあるんですけど、調理するとドロドロになって、変にすっぱくて...
あれ以来口にしていません(^_^;)
投稿者: pil   18/09/10 15:51
woojyan様
コメントありがとうございます。
うちの場合も猫餌は常に1ヶ月分以上の備蓄があります。
ですが過去の事例を見ると、物流は1週間もすれば復旧するので、食料不足はあまり心配はないと思います。
人間の食料で書き忘れましたがタマネギとジャガイモはとても優れた保存食です。長芋も優秀。もちろん一番は米です。カンパンを買い置きするなんて馬鹿げた事と思うようになりました。
普段食べている物が一番良いと思います。

電気ですが、一番お手軽で安上がりなのが12Vバッテリーですが、最近の新しい車、ハイブリッドカーなんかは電気を大量に貯めているので電源車として非常に優秀です。ただし、高電圧の部分があるので素人が下手にいじると感電の危険性があります。利用するには専門知識が必要だと思います。

エコノミック症候群とかで、車での避難生活は良くないと言われていますが、工夫次第で車は最高の避難場所になると思います。
スーパーボランティアの尾畠さんがそれを実証しています。

災害時には原発をはじめとして危険物を扱っている工場が大問題です。そういう危険な情報は隠していますからね。
ネットで情報を得るということですが、デマが多いので情報の選別が難しい問題です。
投稿者: ロッド   18/09/10 18:38
pil様
コメントありがとうございます。
今またキノコを採って来ました^^¥
このところ雨が多いのでキノコがすごいです!

アワタケのようなキノコ、私のはドロドロにはなりませんでしたが、黒くなって味はカビ臭くて最悪でした(≧ω≦*)
イロガワリに似ていたので最初は大いに期待したのですが。

その後美味しいヌメリイグチが大量に出てくれたので、リベンジできましたよ (*^o^*)/
ナメコとほとんど同じように使えます。ナメコに比べてアクが強いですが、それがまた旨味になります。

信州は山国なので土砂崩れが一番怖いですが、私の所は高原なので上から崩れて来る物は何もありません。
しかし、街へ買い物に行く途中の道は崖が多くて危険です。とにかく不要不急の外出はしないという事が大切です。
家にいるのが一番安全なんですよ。
投稿者: ロッド   18/09/10 18:38
最近、やはり日本での大きな自然災害が増えてますよね?それとも、自分が他所の国から日本の状況を見てるのでそう感じてるだけなのか、最近よく分からなくなりました。
私自身は台風での怖い経験は何度もあるし二日間ほどの停電も若い時に経験したことありますが、当時は携帯もネットも一般には無くて今の時代ほど便利な世の中ではなかったので、大変ではあったけどそれなりになんとかやっていけてたような気がします。
地震に関しては、私自身は日本人なのに珍しくほとんど地震の経験がないと言っていいくらいで、日本に帰省中に大きな地震が来たらパニックになりそうです(汗)。
ロッドさんの様な生活をされてる方が、何か起こった時は一番生き残れるのだと思います。
水道を解約してまで生活されてるというのは、この先何か起こってもやっていけるという強みになりそうですね。
投稿者: alpenkatze   18/09/10 22:11
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
ヨーロッパは自然災害が少なくて本当に良い所だと思います。
熊本で大きな地震が起きるとは、誰も予想していませんでした。日本はどこで突然大地震が起きるかわからない!ということなんですね。
ですが、実際に地震が起きてみると、地震そのものよりも”人災”が怖いのだとわかります。

北海道の映像を見ると、地震による土砂崩れなどで亡くなる人はごく一部で、周囲は震度7だというのに不思議なほど平静です。町役場も壊れていませんでした。
今回は発電所のトラブルが一番最悪でしたね。
東日本大震災のときは原発事故。
文明の利器は、案外信頼性が低いものだとわかります。

私は好き好んでこんな不便な場所へ来たわけではありませんが、実際にここで生活してみて勉強になった事が多いです。
水道は単に基本料金(僻地のため)が高すぎたから解約しただけなんです。それと冬の凍結防止対策にも多大な費用がかかります。トータルでは通常の10倍ぐらいの費用が必要です。

都会で便利な生活をしていると、それが当たり前と思ってしまいますが、どこまでが”当たり前”のラインなのか?
どこから先が贅沢なのか?
その基準を認識する事が大切ではないか?災害のときになるとそれを思います。
普段から便利さ快適さをある程度切り捨てて、シンプルな生活に戻ったほうが良いのではないか、と思います。
そっちのほうが毎日の生活が楽しいかもしれません。
投稿者: ロッド   18/09/10 23:02


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません