18/11/02 05:59

紅葉とキノコ

家から歩いて5分の所に見事なカエデがあります。
ここの紅葉を毎年楽しみにしています。

綺麗な色の写真を撮りたいのですが、
太陽が雲に隠れてなかなか出て来ない。
暇つぶしに周辺を物色していたところ・・・

「あっ!すごい!!」ありましたw(*゚o゚*)w これはヒラタケ?
ツキヨタケだと毒なので、根本を裂いてみて中が黒くないことを確かめます。
黒くないので食用です。こんなに簡単にわかるのに、中毒事故が後を断ちません。
早合点で何でもかんでも食べてしまう人が多いようです。
ヒラタケかムキタケかわかりませんでしたが、どちらも食用なので問題なし。図鑑をよく見たらどうやらムキタケのようです。

皮がペロリとむけるのでムキタケと命名された。晩秋に出ます。
一方のヒラタケは初夏のツツジの季節にも出ます。
ヒラタケは簡単に栽培できますが、ムキタケが栽培できるという話は聞きません。
ムキタケは科が違います。マツタケやシメジと同じ仲間です。だから美味しいんですね(^O^)/ 

肉厚で美味しそうです。
左の写真では小さく見えますが、実は大きいのですよ。
もう寒いので虫食いはなし。とても綺麗です。
早速食べてみたら、トロリとしたぬめりがあって、味にはクセがなく美味しい!ヒラタケよりも美味しいかもしれません。
このキノコは初めてです。またひとつ新しいキノコを覚えました。
たぶん来年もまた同じ木から出ると思います。

そういえば昔、隣家の枯れ木から似たようなキノコが毎年出て、

その家の人は「美味しい美味しい」と喜んで食べていましたが、

あるときその家の猫(=^・^=)がその木で爪とぎをしてしまい、以来キノコは出なくなってしまったのでした(≧m≦)ぷぷ

その前日ですが、
快挙!とも言えるほどの大収穫がありました!!
大きなシモフリシメジが大量に☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
こんな経験は初めてです^^¥
盆と正月が一緒に来たような喜びです。
束になって生えていたので、もしかして松茸以上の価値があると言われるホンシメジ?
と思ってしまいましたが、違いました。
シメジってこんなに大きくなるんですね!
傘の直径10cm、柄の太さは1.5cmぐらいあります。
栽培物の3倍はあります。
北海道では20cmのブナシメジが出たという話がありました。栽培物のブナシメジからは想像もつきません。この季節なので虫食いもなく、新鮮で美味しかったそうです。
右側の茶色いのはオオツガタケです。
これも美味しいキノコです。

シモフリシメジだけで大きな鍋にいっぱいになりました(^◇^)

最近やっとキノコの見つけ方が上手になってきたようです。落ち葉に隠れていても見つけてしまいます。
たぶん毎年出てるんでしょうけど、人知れず朽ち果てて行ったのでしょう。

全部採ってしまうと来年から出なくなってしまいそうなので、大きくて傘の開いたヤツは採らずに残しておく方針です。胞子をたくさん飛ばしてもらいます。
キノコを洗った水はバケツに貯めておいて、森へ持って行って、キノコ環境の良さそうな場所に撒き散らしています。
何年後かに生長して出てくるのを期待します。

松とミズナラ(どんぐり)の落ち葉がある場所には良いキノコが出るとわかりました。
赤いカエデ、黄色いカツラの落ち葉がある場所にはキノコは出ません。

 

もぐりますw(*゚o゚*)w
トラちゃんの特技です。
サクラちゃんにはできなかった。

頭隠して尻隠さず状態(笑)

ここで見つかると「犯人、尻尾つかんだぞ!」
と言われてしまいます(笑)

尻尾もちゃんと収容されました。めでたく完了^^¥

中はとっても暖かいのでお留守番も安心です。
中でトラちゃん納豆のようになっています(笑)

11月になったばかりですが、東京の真冬よりも寒い毎日です。
朝は氷点下2度、昼でも10度に届かず。

冬になり話題が乏しくなりますので、今後は更新を週1回にしたいと思います。
「花の金曜日♪」に毎週規則正しく更新しますので、変わらぬお付き合い宜しくお願いしますm(_ _)m

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

カエデの黄色〜赤のグラデーションがきれいですね。
葉っぱを栞にしたくなります。
こちらの雑木林にもカエデがあるのですが、黄色〜茶色になるだけです。
ほかの落葉樹も黄土色→茶色→落葉という感じで、きれいな赤や黄色になる木がなくて残念です(>_<)
唯一、庭のブルーベリーの葉っぱが、今きれいに紅葉してます。

こんなにたくさんのキノコ!採るのも食べるのも楽しそう♪
今日散歩に行った時、まあるいキノコが群生してるのを見つけました。
ネットで調べたら、タヌキノチャブクロではないかと思います。
食べられるそうですが、、、確定できないので止めておきます(^^;
投稿者: woojyan   18/11/03 22:15
woojyan様
コメントありがとうございます。
その丸いキノコ、私は食べた事ありますよ(笑)
結構旨いです(^_^;)
というか、味がありません。高野豆腐とか甘くないマシュマロみたいな感じ。
食べる価値がないと判断しました。
まあ健康に良いというなら食べますけどね(笑)
若いキノコなら食べられますが風船のように膨らんで、踏んでホコリが出るような状態だと食べられません。
マア、この種のキノコには毒キノコはないので一応安心ですが。

木の幹に生えたキノコ=ムキタケですが、今日行った道の駅で販売されていました。
商品価値があるんだな、とわかりました。
本当に、とっても美味しいんですよ。
松茸は別格なので、一般の野生キノコの中ではトップクラスでしょう。
千葉県ならば12月初旬まで出ると思います。広葉樹の枯れ木に出ます。

実は、キノコの中でも毒キノコは圧倒的に少ないのです。
だから「まず毒キノコを覚えなさい」と教わりました。
毒キノコの中でも致命的な猛毒キノコだけをしっかり覚えれば良いのです。
他のは少量だけなら食べても中毒にならないし、だいたい、毒のある物は苦くてまずくて食べられません!!
昔から人々は味で毒を判断していたのですね。

ブルーベリーはうちにもあって綺麗に色づいていますよ♪ しかしうちのは2種類植えたうち1本は、実がなっても熟す前に秋になって落葉でした。
街へ行ったら花水木も綺麗に色づいていました。実も真っ赤で可愛いです。

ですが、カエデはその年の気候によって色づかないうちに落葉してしまったり、なかなか複雑です。
日本以外の国では似たような温帯気候でも紅葉があまり注目されないのは、気候の違いがあると思います。
投稿者: ロッド   18/11/03 22:52
カエデの紅葉は見事ですね!
私は昨日茨城の方を走ってきましたが
まだちょっと早かったようで残念でした。

キノコもたくさん収穫できてウハウハですね(笑)
しかしさすがに寒くなるのが早いですねえ。
風邪など召されませんように。
トラちゃんみたいに毎日ぬくぬくしてたいですね^^
投稿者: しーな   18/11/04 22:35
しーな様
コメントありがとうございます。
3日たって紅葉すっかり終わってしまいました。
ですがストーブがいらないくらい異様に暖かいです。
京都の嵐山へ紅葉を見に行ったことがありますが、11月30日がちょうど良い頃でした。

キノコは本当にウハウハなんですが、洗って茹でる作業が大変で、昨日やっと終わりました。
食べきれない分は冷凍します。

トラちゃんはモグラのように布団にもぐって行きます。
これができる猫って意外と少ないみたいですよ。
前飼っていた3匹はできませんでした。
投稿者: ロッド   18/11/05 10:45
カエデの紅葉、美しいですね♪
こんなに美しく紅葉する樹は、こちらではあまり見かけないんですよ。

大量収穫、おめでとうございます(^o^)/
シモフリシメジとオオツガタケ、私にとっては、どちらもハードルが高そうです。
でも、いつか食べてみたいなぁ〜(*^-^*)
ムキタケは、もう随分前にそれらしきキノコ(もう少し緑っぽい色をしていました)を見つけたことがあるのですが、それ以来お目にかかってません。
今度出会ったら、食べてみようと思ってます(*´艸`*)

頭隠して尻隠さずのトラちゃん、かわいい〜。
一緒にもぐりたくなってしまいますね(#^.^#)
投稿者: pil   18/11/05 17:46
pil様
コメントありがとうございます。
こちらでも年によってはカエデが色づく前に落ち葉になってしまうことがあります。
寒暖の差とかいろんな要素があるのでしょう。

道の駅にムキタケが売られていました。とても上質な物が大量に!
これはナメコのようにトロリとした食感なので、きっとpilさんお好きだと思います。
ナメコよりももっと滑らかでトロリとしていますよ♪
今塩ラーメン(コンソメ・セロリ風味)に入れて食べていますが、美味しいのでクリームシチューなど西洋料理にも合うと思います。
今回初めて真面目にツキヨタケとの見分け方を勉強しました。意外と簡単なんですね。
ツキヨタケさえ区別できれば、他に問題となる毒キノコはありません。安心ですね。
今年もまだ出るかもしれません。雪が降る頃でも。

道の駅にはチャナメツムタケも売られていました。
これはナメコそっくりの味です。
オオツガタケやクリフウセンタケ(ニセアブラシメジ)とも似ていますが、柄が細くて短く、煮るとヒダが白く(クリーム色)なります。
フウセンタケ科はヒダが褐色です。
どちらもみんな食用なんですが、チャナメが一番美味しいです。
ただ、難しいのが毒のカキシメジとの区別です。
とても良く似ています。とくに幼菌は区別できません。
先日も1本怪しいのがあったので捨てました。

カキシメジは地元のキノコ名人に、今年初めて教えてもらいましたが、実物を見るとナルホド違います。
こういう経験が大切なんですね。
ヒダが白くて、茶色いシミがあるんです。柄は太くて長くて美味しそうでいかにも「シメジ」ですが毒なんですよ。
あと裂いてみると独特の不快臭があるそうですが、これはまだ未経験です。
pilさんもぜひ地元のキノコ好きの人とお友達になってください。

トラちゃんの布団もぐり、尻尾だけ出ているのがカワイイです(≧m≦)ぷぷ
投稿者: ロッド   18/11/05 18:34
紅葉、見事ですね!
一本の木でここまで鮮やかになるのがこちらにはそうないんですよね〜。
赤くなってたとしてもここまではならないです。
黄色だけでもきれいだなとは思っても、やはりこういう赤がある方が映えますね〜。

キノコ大収穫、おめでとうございます!
ヒラタケは私はよく分からないのでスーパーで買ってばかりですが、大好きなキノコです♪
私はキノコ狩りはまだ昨年始めたばかりなのでキノコの見つけ方が全く分からない状況です(汗)。
木もまだいまいちよく分からなくて…。
とりあえず、今まで収穫のあった場所を中心にいつも見ています(^^;

トラちゃん、潜るのは寝るため?
でもそんなに寒いと潜ってる方が暖かくていいですね。
実家で飼ってた子たちも布団の中で潜って寝てましたが、こちらは室内もいつも一定気温のせいか、それとも太郎は寒い方が得意なせいか、布団や毛布の下で寝るということは一度もやったことがないし、潜ること自体が苦手みたいです。
投稿者: alpenkatze   18/11/07 02:23
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
今年の紅葉は特に綺麗かもしれません。
色づく前に散ってしまった年もありました。
不思議なのは、同じカエデでも1本ずつ紅葉の状態が違うんです。

ヒラタケとムキタケは見た目は似ていますが、味はずいぶん違いました。
ムキタケは煮るとナメコのようなぬめりが出ます。肉厚だしヒラタケよりも美味しいです。
ヒラタケは和洋中華何にでも合いますが、ムキタケは和食向けだと思います。
良いキノコを覚えました^^¥
新しい種類は、あせらず毎年少しずつ覚えるようにしています。
きのこ狩りは本当に楽しいですね(*^o^*)/
でも、後始末が大変で・・・
先日は冷蔵庫に2日も入れておいて、その後やっと下処理しました。
でも、袋に入れて冷蔵庫に保存すれば鮮度はあまり落ちませんね。

もぐったトラちゃん、暑くなると出て来て上で寝ています。
こうして上手に体温調節をしています。
部屋はけっして寒くないのですが、20度を切ると布団にもぐります。
前の猫たち3匹は、もぐりたくても布団を上からかきむしるだけでした。
それで、布団をめくってあげると喜んで入りました。
投稿者: ロッド   18/11/07 11:53


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません