19/03/01 00:33

ダルマストーブとダルマ猫(^◇^)

今日から3月ですが、まだまだ寒く
−10度ということはありませんが、−5度ぐらいにはなります。
昼は5度ぐらいになるので真冬日ということはなくなりましたが、24時間暖房が必要です。

灯油代節約のためにダルマストーブ稼働しました。
ですが室温10度だったのを20度まで上げるのに、薪を10kgも消費します。
24時間暖房の場合、灯油なら同じ10kg(10L)で3日分ですから、石油ストーブは素晴らしく効率が良いです。
しかし灯油代は月に8000円もかかります。
薪は無尽蔵にありますが、薪割りは大変な作業です。
薪が湿っていて着火に手間取る事も多いです。
着火したと思ったら、今度は燃えすぎてしまい、
暑くて夏服になったり。火力調節が難しいんです。
だから薪ストーブはたまにしか稼働しません。

トラちゃん、石油ストーブには興味ないですが、
薪ストーブは大喜びです。
ダルマストーブにダルマ猫、
良いコンビです(^◇^)

湯船につかっているオヤジのような顔ですね(笑)日光浴しているのと同じようにお手入れします。

ストーブで暖まった後は、お布団に”巣”を作っておネンネ。
トラちゃん去った後には穴が残りました(笑)

 

さて、美味しい物のお話です。
久しぶりに「つくし食堂」へ行きました。
お目当ては「おやき」です。
大人気なので、お昼に行くといつも売り切れ。
まだ一度も食べたことがありません。
だから11時に行きました。
ありました!
笹の葉で包んだ本格派です。
中身は野菜ミックス。
おやきですから、もちろん味噌味です。
期待どおり最高に美味しいおやきでした。
笹の葉の香りがほんのり。美味しい味付けで、皮の小麦粉の風味も絶品でした。
おやきは家に持ち帰って夕食にしました。

昼食には「おぶっこ」を食べました。
自慢の手打ちうどん、具だくさんの味噌煮込みです。
コシのある幅広麺で、小麦の香りがして美味しい。
右上の唐辛子味噌が薬味です。
とても美味しかったので、スープまで全部飲んでしまいました。
小鉢は長芋を揚げた物と自家製こんにゃく。
これもすごく美味しかった。
長芋って揚げると美味しいんですね!
量も多いですし、このセットで600円ですから安すぎです。

自家製こんにゃくがとても美味しかったので、レジの横にあったのを買って来ました。
すごく大きくて200円。
いかにも自家製という形をしていますね。
細かい穴ボコがたくさんあるので、味が良く滲みます。
スーパーで売られているアク抜き不要のこんにゃくと同じように調理してしまったので、アクが出てちょっと失敗でした。
2時間ほど水につけておいたんですが、それではダメ。
一度茹でこぼさないといけなかったんです。
それでも美味しかったです。食感が抜群に良いんです。

この地区ではこんにゃく芋の栽培が盛んです。
畑に今まで見たことがない奇っ怪な植物がありましたが、正体はこんにゃく芋でした。

 

念願の岩本彗星の撮影に成功しました。
2月7日に初めて見たんですが、そのときはすごく大きく明るかったのに機材の準備が間に合わず、良い写真が撮れませんでした。
以来、天候が悪かったり満月(スーパームーン)で月明かりが邪魔したり、位置を間違えていたりで見失ってしまいましたが、再びとらえることができて写真も撮れて良かったです。
今、地球から遠ざかりつつあり、チャンスを逃すともう二度と見ることができません。
計算によると1370年周期だそうです。
誰も知らない宇宙の果てからやって来て、また帰って行くのです。
岩本さんに見つけてもらって、本当に幸運でした。
つまり冥王星よりずっと遠い所から来たということです。
冥王星は、多数の彗星が寄せ集まってできたという説があるそうです。

彗星は、今話題になっている”はやぶさ2”が探査している小惑星と似たような性質の小天体です。
何百・何千、無数に存在します。
生命の起源かもしれません。

これは自作のシュミットカメラで撮りました。
彗星特有の青緑色が綺麗に出ました。
撮影時刻は24日23時30分、場所はぎょしゃ座θ星の近くでした。
7日に比べると半分以下に小さく暗くなっていましたが、大きく明るく撮ることができてシュミットカメラの威力がわかりました。
これは大幅トリミングで拡大してありますが、像がシャープなので画質が落ちません。
これでもイマイチなので、もっとシャープなのを今度製作予定です。
使い方が難しいので、今後もっと習熟しなければと思います。
26・27日にも見ましたが、写真は撮りませんでした。
さらに淡くなってしまっていたので今後は観測困難になりそうです。
彗星は冬の銀河の中で星が多い、夜空の銀座通りのような、きらびやかな場所、美しいM36、M38星団の間を通過しています。

これがM36星団です。27日にはこの近くにいました。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ダルマストーブ、レトロな外観がとっても素敵ですけど、温度の調節が難しいのですね。
トラちゃん、気持ちよくてウトウトしていたんでしょうか。
かわいいですね(*´艸`*)

笹の葉で包まれたおやき、とっても美味しそう!
笹の葉の香りが、いい仕事してそうですね。
さっき、今日の夕飯の豚まんの下ごしらえをしていたんですけど、次はおやきにしようと心に決めました(*^-^*)
手作りコンニャク、これも美味しそうですね。
こんにゃく芋畑に興味津々です。
一度見てみたいものです。

岩本彗星の撮影成功、おめでとうございます!
冥王星よりずっと遠い所から来たと聞いても、私にはピンとこないのですが、1370年周期と聞くと、とんでもなく遠い所からやって来るのだということが、理解できました(*^-^*)
自作のシュミットカメラで、これだけ鮮明に撮影できるだなんて、凄いことですね!
投稿者: pil   19/03/01 22:57
トラちゃん、どこかで見たような構図ですね。
いつもだるまストーブに祈りをささげてるのかな?
隣にサクラちゃんがいないのが悲しいですが・・

薪ストーブはほんとに暖かくてよいけど手間がかかりますね。
現代では薪ストーブはある意味贅沢なのかもしれません。

おやきというのは本来ササの葉でくるむものなのですか。
スーパーで買うのとは一味も二味も違うのでしょうね。
こんにゃく芋をこんにゃくにするのを思いついた人は天才だと思います。
手作りこんにゃくは歯ごたえがあって美味しそうです。

岩本彗星美しいですね!
星空の中で見つけるだけでも大変そう。
それを美しく撮影出来たのはシュミットカメラの性能がいいからですね。
すごい速さで遠ざかっていく彗星のことを考えると宇宙の神秘を感じます。
投稿者: NEccoSun   19/03/01 23:54
pil様
コメントありがとうございます。
ダルマストーブは良い形をしていると思います。
薪専用ならば四角いほうが使いやすいんですが。
トラちゃんの事かわいいと言っていただけて、とても嬉しいです。ますますベタ惚れになります(笑)

このおやき、笹の葉に包んだまま蒸すので香りがうつって美味しいんですよ。
肉や魚を使わなくても、こんなに美味しいお料理が作れるんだと驚きます。
植物油を入れてコクを出すんですね。

今度夏になったら、こんにゃく芋畑の写真をお見せしますね。
去年は何という植物か知らなかったんですよ。
自分で作るのは面倒そうなので、買って食べることにします。

岩本彗星の周期ですが、精密な観測データが今後増えるので訂正される可能性があります。
昔なら「周期無限大」とされていたことでしょう。
まさに一期一会の星ですね。

シュミットカメラという言葉の響きが良いです。
私のは正しくは「略式シュミット」なんですが、原理的にシュミットカメラであることに変わりありません。
発明者はドイツの人とばかり思ってましたが、前回の記事を書くにあたって調べてみて初めてエストニアの人と知りました。
ドイツには向学心を養う良い土壌があるのかもしれません。
娘さんの試験、合格をお祈りしています。
投稿者: ロッド   19/03/02 12:58
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
ストーブの前でこのポーズ。久しぶりでした。
仲良し姉妹のサクラとはずっと一緒と思っていたのに、早い別れになってしまいました。

薪ストーブの暖かさは格別ですよね。
体の芯まで暖まるので、薄着で外に出ても寒くありません。
薪割りだけでなく、焚き付けが大変だし、燃焼状態を良くするために時々薪の位置を変えたりで、手間がかかりますが、
人件費(手間賃)がかかる点で贅沢だと思います。
もちろん、自分でやるので人件費は無視ですけど。

笹の葉で包むおやきは旧中条村の特徴だと思います。
他では見たことがありませんん。
たまに道端で笹の葉っぱを集めている人を見かけます。

手作りこんにゃく、そちらでも道の駅などで見つかるかもしれませんね。
スーパーのとは全然違うので、買ってみてください。

岩本彗星、肉眼では色はわかりませんでしたが、写真に撮って初めてその美しい色がわかりました。
彗星は他の天体と違って変化が著しいので、見失っていた3週間ほどは急激に暗くなってしまったのかと思っていましたが、位置を間違えていたのでした。
今は本当に急激に暗くなっています。霧のように淡く拡散し、どんどん遠ざかって行ってしまいます。

シュミットカメラは元々彗星を撮影するために作られたような物なんですよ。
最近はお金さえ出せば高性能な望遠レンズが買えますが、シュミットカメラはレンズを使わない反射系なので色彩の再現性が良く、像のシャープさも抜群です。
投稿者: ロッド   19/03/02 12:59
以前中野で食べた笹ずしも笹で包んでありました。
香りが良くて殺菌にもなっていいですよね^^

トラちゃん、だるまストーブとお揃いに見えます(笑)

群馬でこんにゃく畑を見たことがあります。
変わった葉っぱですよね〜。
投稿者: しーな   19/03/03 14:57
しーな様
コメントありがとうございます。
思い出しました。笹ずしと同じですね。
でも笹ずしはずっと北のほう。長野市ではなく飯山市のほうです。あの中野市のお店は、店主が新潟県上越市のご出身でしたよね。
旧中条村は長野市の南部なので、ちょっと不思議です。
北の方から来たお嫁さんが伝えた手法なのかもしれませんね。
殺菌にもなるんですね。お弁当代わりに持参するのに適しています。

トラちゃんは丸々太ったダルマ猫です(笑)
このストーブ、リサイクルショップでたまたま見つけて、ちょっと高かった(2万円)ですが買って良かったです。
その後なかなか出物がないので、あのときはラッキーでした。

こんにゃく芋、熱帯植物のような奇っ怪な形の植物ですが、寒い土地で良く育つらしいです。
群馬県の下仁田が一番の産地ですが、あそこは猛烈に寒い土地です。
投稿者: ロッド   19/03/03 16:51
だるまストーブみたいな福々トラちゃん。
巣作りも上手で見事な抜け殻にニンマリです。
ブーちゃんも巣穴作りが上手ですよ。(笑)
コンニャクイモは、この近くの農家さんも自家用に作っておられる方が居ます。
ちょっとミニチュアなバオバブの木みたいで面白いですね。
彗星撮影に成功してよかったですね。
私もココで見られて良かったです。(*^。^*)
投稿者: なっつばー   19/03/04 22:04
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ダルマ猫、私のタイプなんですよ(笑)
丸々太ってるのが可愛い。
皆さんのブログの影響で、最近は甘やかしすぎてるので、ますます甘々になってきて、いつもピッタリくっついています(笑)
ブーちゃんも巣作りが上手なんですか。
そういうのは微笑ましいですね。

こんにゃく芋は暖かい土地でも育つんですね。
バオバブの木みたいという表現はよく当たってると思いました。
赤道直下のパプアニューギニアあたりでも育つんでしょうか?
タロイモと隣同士に植わっていたら面白いですね。

岩本彗星は日本人の発見という事で、格別でした。
天体写真は得意分野ではないのですが、次第に上達してきて今後はもう少し上手に撮れるように研究したいと思います。
こうして皆さんに喜んでいただけるのが張り合いです。
投稿者: ロッド   19/03/04 22:41


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません