19/10/18 05:26

悲しいりんご園

皆様、長野の洪水被害に暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
この写真は5年前のちょうど今頃、実家のお寺のすぐ近くです。
河川敷には広大なりんご畑が広がっています。
この写真を見ると涙がこぼれてしまいます。
遠くに見える美しい裾野の山は高社山。別名高井富士です。

千曲川は右方向を流れ左側の土手が堤防で、この100m先(下流側)で決壊しました。
堤防のすぐ外側(左方向)がお寺と墓地です。
りんご畑は全部川になってしまって、堤防を乗り越えた濁流がお寺も飲み込んでしまったのでしょう。
お寺の周囲は密集した住宅街です。
家を失って避難所生活をしている人は900人以上です。

犬猫の保護施設も被災し、もうどうにもならないので緊急で飼い主を募集しているというニュースが。
つらい話ですね。

私の地区では強風による倒木が多く、昨日初めて車で外出して驚きました。
私の家の周囲だけは幸運なことに倒木が少なく、しかし300mほど行くと大変な事になっていました。
これじゃ、停電するのも当然!
電柱が大きく傾いています。
16日に復旧したのは奇跡と言えます。今後また停電するかもしれません。

災害復旧班というトラックが10台ぐらい来ていて、倒木の処理をしていました。ナンバーを見たら愛知県の豊田でした。
昨日は道路は全部通れましたが、前日までは倒木のため通行止の道路が多数あったものと思われます。

これほどの惨状ですから風速は何十メートル?
竜巻でも起きたのでしょうか?
住む家を失わなくて幸運でした。
倒木があるのは私の地区だけで、少し離れると倒木は1本もなく何事もなかったように平穏でした。

4日間の停電をソーラー発電でしのいだお宅がありました。
日頃から素晴らしい危機管理能力ですね!

さて、嫌な話ばかりなので花でも見て気分を直してください。
10月だというのにアジサイがこんなに綺麗に咲いています。
マツムシソウが道の真ん中に自生していました。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

停電はあったものの、ご無事でよかったです。
今回の台風による被害のあまりの大きさに、言葉もありません。
思い出が詰まった家も、丹精込めて育てたリンゴ園もみんな流され、亡くなった方も多数で・・・本当にお気の毒です。
昨日、うちから3?ほど先の竜巻があった所を通ったのですが、本来救助をすべき4階建ての消防署が壊れ、周りの家がただの木材の山になっているのを見て、呆然としました。
自然の威力には、どうやっても抵抗できません。
この1か月ほどの間に、そんなことをずいぶん考え、人生観が変わりました。

それでも、こんなに美しい花々を咲かせてくれるのも、自然の偉大さですね。
投稿者: woojyan   19/10/18 22:44
上のコメントの6行目の「3?」は「3キロ」です。
投稿者: woojyan   19/10/18 22:48
woojyan様
コメントありがとうございます。
かなり風が強かったですが、家が揺れるほどではありませんでした。
毎年冬の季節風では家はミシミシきしんで揺れて、夜も眠れない日が続きます。それに比べると比較的安心でした。
今回は風の方向が全然違ったので、慣れなくて倒れた木々が多かったのでは、と思います。
しかし局所的な竜巻が起きたのかもしれません!
いずれにしても自然の脅威はすさまじいです。
人間はどんなに頑張っても勝てないと承知の上で、何とか生き延びるすべを考えないといけません。
こんなとき小鳥など野生動物はどうやって避難しているのでしょうか?
死んだという話は聞きませんよね。それだけ脅威に対抗する知恵が発達しているのでしょう。
我々人間の知恵はどうでしょうか?

消防署が被災してしまっては、どうにもなりませんね!
でも当然ありうることです。
消防署の職員だってスーパーマンじゃないし、家庭はあるのだし当然被災します。
その上で仕事をしているのです!!
今、家を失って避難所生活をしている人々、それを支える人々、それぞれ皆さんが被災者どうしなんです。
大変厳しい現実です。
市役所や警察などの公務員の方々に、もっと手厚い支援をしてほしいと思います。
投稿者: ロッド   19/10/18 23:39
美しいリンゴ園が無残な姿になってしまったのですね。
お寺や住宅、犬猫の保護施設まで・・・。
日常が戻るまでには今しばらくかかると思いますが、どうか健康に気を付けて居てください。
ご自宅が無事だったのは本当に良かったです。
可愛いトラちゃんもいますからね。
災害が大きいほど、ペットを連れての非難が難しくなりますね。
行った先で断られるなんて悲しい話は無いようにして欲しいです。
居場所を分ける工夫が欲しいですね。
投稿者: なっつばー   19/10/18 23:50
こんな言い方をしていいものか分かりませんが、ロッドさんのお宅は停電だけで済んだと知って安心しました。
あのニュースを見てると、どこでどうなってるのか…ととにかく不安になってしまいます。
九州は台風がまだ強い段階で直撃が多いのですが、それでもこのような被害は私もまだ過去に一度しか経験ないです。今回のはそれほど大きな台風だったというのが想像できました。
台風に地震、それから火山、こちらに比べると日本は本当に自然災害が多過ぎます。こういうのを過去に何度も乗り越えてきて強い日本人が出来上がったとは思うのですが、あまりにも多過ぎてそういうニュースを見るたびに悲しくなってしまいます。
復旧作業、順調に進んでいきますように。
これがドイツだったら、復旧には日本の何倍もの時間がかかりそうですよ…。
投稿者: alpenkatze   19/10/19 00:26
なっつばー様
コメントありがとうございます。
丹精込めて作り上げた美しいりんご園。
私はその作業を実際に見ていただけに悲しいです。
猛烈な川の流れで、りんごの木々は根本からすべて持って行かれてしまったと思います。
長野だけではなく全国的な被害ですから、これから農産物などが不足して値段が高騰するかもしれません。
消費増税とダブルパンチですね。我々一般庶民はますます財布のヒモを厳しく締めなければ。
浸水して廃車になった車も何万台ですから、ゴミの山を今後どうするんでしょうか?
大量の新幹線車両もゴミになってしまいました。

今回被災された方々は本当に厳しい状態です。すごい大勢になります。
格差社会がますますひどくなります。日本はこの先どうなってしまうのでしょうか?
一番先に風当たりが強くなるのは弱者、つまりペットなどですよね。居場所がなくなってしまう。
そうなれば飼い主だって居場所がなくなってしまうんです。

今回は私の家は無事でしたが、もし家が倒壊したらトラちゃんと一緒に車の中で生活しようと覚悟を決めていました。
投稿者: ロッド   19/10/19 13:54
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
よくこんな危険な国に多くの人々が住んでいるものだと感心してしまいます。
東日本大震災以来、ひどい災害続きです。
もう国は破産してしまうのでは?税金はますます上がるはずです。

しかし世界を見渡すと自然災害のない国(中東など)では戦争ばかりやってるし・・・
いったいどうなっちゃってるんでしょうか!?

今週末は被災地に大勢のボランティアが来ていますが、雨のため作業はほとんど中止になってしまいました。
堤防が崩れたままなので二次災害の危険があるんです。
道路には泥がいっぱいで、車が通るとホコリが舞い上がって健康に非常に良くないです。
悪いタイミングで今インフルエンザが流行しています。大勢で生活している避難所が危ない。

復旧とか復興と言っても、実際に家を失った人々には復旧も復興も大変困難なことだと思います。
公的支援があっても自己負担は大変な額になるので、老後を迎えた世代には無理です。働けない病人はどうするんでしょうか?
年金額がとても少なくて、生きていくだけでも精一杯なのに、家を新しく購入するなんて無理です。
路上生活者が出ないように、住む場所だけは確保して欲しいです。冬は氷点下10度になりますから。
投稿者: ロッド   19/10/19 13:55
書き忘れましたが、昨夜また停電しました(~_~;)
パソコンやってたらいきなりプッツン!
真っ暗になってしまいました。
投稿者: ロッド   19/10/19 14:22
リンゴ畑は河川敷にあるのですね。
それはひとたまりもないでしょう。
堤防はかなり高さがあるように見えますが
それを乗り越えて濁流が来たなんて恐ろしいことです。
ロッドさんの家の近くを竜巻が通ったのかもしれませんね。
竜巻のニュースもよく耳にするようになり、日本の気候が変わってしまったのかと心配します。
長い地球の歴史の中の一時的なものならよいのですが・・
ペットを連れて避難ができないところが多いようですが、ペットを置いていけなくて逃げ遅れるようなことになったらどうするのでしょうか。
自治体がペットフードも備えるとかペットを連れている人だけの避難場所を作るとか考える時期に来ていると思います。
投稿者: NEccoSun   19/10/20 22:17
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
今日もまた停電しました (≧ω≦*)ちょっと長かったです。
河川敷の畑は堤防の中ですから、持ち主は当然覚悟しているでしょうけど何十年に1回のことですからこたえます。
それも普通なら水に浸かった程度なので復旧も可能でしょうけど、今回のはいまだかつて経験のない激甚災害です。

うちの周囲の倒木が酷かったので、よそも同じだと思い込んでいましたが、車で出かけてみたら他では何事もないんですよ。
倒木は1本もありませんでした。
うちの地区の倒木は何百本単位ですよ!!
屋根の上に大木が3本も倒れている家がありました。

また次の台風が来ますね!22日から23日にかけて伊豆半島上陸ですから同じコースです。
本当に困ります。その日は車検なんですが・・・最悪の場合、千曲川の橋が渡れなくなってしまいます。
2日早く、明日預けて来ようと思います。22日は祭日で休みなんです。

ペットと一緒の避難は現実では無理でしょうね。
車内生活しか手段はないと思います。ですから普通の乗用車ではなくてスペースの広いワゴン車を買っておくべきです。
Gaviちゃんご一家は本格的キャンピングカーだから問題ないし、woojyanさんは去年軽の貨物車を買いました。
しかし洪水ともなれば車も浸水してダメになってしまいますから・・・困った!
早目に車で逃げるしかないでしょうね。
投稿者: ロッド   19/10/20 23:43
堤防は高さ5m以上あります。
上に堤防道路が走っている非常に強固な堤防でした。
川の流れが猛烈だったとしか言いようがありません。
投稿者: ロッド   19/10/21 00:11
実は先週の金曜日、急遽長野に出張でした。
幸い長野まではあさま号の臨時便が増発されていて
無事に行くことができました。

イトーヨーカドーで台風被害にあったりんごと
千曲市産の長芋と卵を買いました。
駅の周りは被害もありませんでしたが
1日も早い復興をお祈りしています。
投稿者: しーな   19/10/22 13:06
しーな様
ありがとうございます。
こういう災害のときには美味しい物を食べて元気を出すのが一番ですね。
しーなさんのブログに元気づけられています。
昨日出かけたら近所の電柱が3つに折れて、電線が低く垂れ下がっていたのでビックリ(@_@;)
そんな場所が複数ありました。
本当に竜巻だったのかも!今も時々停電しますが復旧には相当の日数がかかりそうです。
18日の金曜日というとまだ大変だった頃ですね。災害関連のお仕事でしょうか?ご苦労様です。
昨日も街へ行って来ましたが、泥だらけになった自衛隊のトラックが走っていました。
車検で修理工場へ行ったんですが、そこは千曲川の近くなので心配でしたが幸い無事でした。
近くの広大な長芋畑が浸水して泥に埋まってしまっていて全滅でした。
長芋だから掘れば良いのでは?と思うのですが、ダメなんだそうです。
そこの場所も危なかったそうですが、下流で決壊してくれたおかげで水が引いて間一髪助かったそうです。
他人の不幸のおかげで助かった話なんて、なんだか、やりきれない気持ちです。
投稿者: ロッド   19/10/22 15:05
先月だったか、長野県はリンゴの産地だと、
教えていただいたところでしたね。
この美しいリンゴ園が...もう、どうコメントしていいのか...
よくお邪魔するブログで、台風の日に、息子さんがインフルで寝込まれていて、避難するのをためらわれたというお話を読みました。
幸いにも、ご家族皆さんご無事だったのですが、いろんな事情で、避難所へ向かうことができなかったり、ためらわれたりする方もいらっしゃるのですよね。
ただ迅速な避難を呼びかけるだけでなく、もう一歩踏み込んだ何らかの対策が必要なのでは...と思った次第です。
投稿者: pil   19/10/23 15:54
pil様
コメントありがとうございます。
長野県は青森県に次いでリンゴは全国2位です。
しーなさんが被災したリンゴと長芋を買ってくださいました。
被災したリンゴですが、泥が付いた物は洗っても販売してはいけないという通達が出ました。
カビが生えやすく衛生管理ができないという理由ですが、信州産リンゴの評価を下げたくないというのが本音ではないかと思いますが、ちょっと厳しすぎます。安く販売すれば良いと思うんですが。

長野市の被災地ですが、酷い被害にもかかわらず亡くなられた方が2名というのは奇跡的だと思います。
うち1名は寝たきりの老人で、2階へ避難することができませんでした。
もう1名は比較的若い人ですが、2階へ逃げれば良かったものを外へ逃げてしまって流されてしまいました。
真夜中から明け方のことですがら、寝ぼけていて的確な判断ができなかったものと思われます。
しかし今頃になって明らかになったのは、堤防が決壊したという事実が住民に伝えられなかったために、いったん避難した人が自宅に戻ってしまったのです。
それで多くの人が2階に取り残されヘリで救助されました。
市役所が大混乱の状態だったので、国からの情報を伝えるのを忘れてしまったらしいです。
投稿者: ロッド   19/10/23 17:07


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません