19/11/29 00:21

赤い鳥が来た!

庭にイスカが来ました。
赤い鳥! 鮮やかです。メスは地味ですが黄緑色が綺麗です。
2羽はとても仲良しで、口移しに食べ物をやりとりしていました。
その写真を撮りそこねて残念!

シベリアから渡ってくる冬鳥ですが、地元飯綱山での繁殖も確認されています。スズメよりやや大柄です。

クチバシが食い違っているのが特徴で、これによって松の実を食べやすい。

みんなで仲良く水を飲んでいます。可愛いですね♪
うちには水場があるので来てくれました。野鳥を呼ぶには餌より水だと思います。
小鳥は水浴びが好きなので、浅いトレーも用意しています。
シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、メジロ、マヒワ、アトリ、ミヤマホオジロなどなど、たくさん来ます。
今度頑張って写真撮りますね。

他にも冬鳥には赤い鳥がいます。
ベニマシコ、オオマシコ、ベニヒワなど。
しかし滅多に見られません。憧れの鳥です。

ロダン作「考える人」
ヒジョーに考え深い顔です(笑)
そしてその後ろ姿です。
松の倒木の上は見晴らしが良くて楽しい。お外遊びが嬉しい暖かい初冬の午後でした。

 

プロユースの高級カメラ三脚がリサイクルショップで50円!?
「これがお値段なんですか?」
とレジで聞きました。(誰かのイタヅラではないかと思ったんです)
そしたら「ジャンク品ですからね」
という答え。
「これは安い!お買い得です」
と言ったらニコニコして喜んでいました(笑)

このお店は店員が女性ばかりで、商品も女性向け衣料品やバッグが主体。
男性が喜ぶような機械物の価値がわからないらしい。
でもネットでヤフオク相場なんかを見れば、価値はすぐにわかるんですけどねぇ。
商売が下手です。もっとしっかり儲けなきゃ(*≧u≦)ププッ
買ったお客としては笑いが止まりません。

これは一流メーカー品で、新品だと5万円以上!
しかも今は新品が入手できない絶版の名品です!!
ネットオークションではジャンクでも3000円ぐらいの値が付くと思います。
昔の品物のほうが丁寧な作りで品質が良い場合が多いんですよね。
ジャンク品とは言っても悪い所はまったくなく、動きがスムーズでガタはまったくありません。さすが一流品!
古い品ですが素晴らしい耐久性でこれは一生モノです。
今後ますます良い写真が撮れそうで楽しみです。

ちなみに、カメラに付いている望遠レンズですが数年前にやはり中古で500円でした。
イスカの写真はこれで撮りました。
これはマア相場どおりのお値段といったところ。
トミーという玩具メーカーの製品ですが、とても高性能なので80年代には業界に旋風を引き起こした品です。
後継者によりその後ますます改良を重ねて、今も続いています。
安くて高性能。
カメラメーカーのレンズの1/5のお値段ですからね。新品でも1万円以下だったような。
これを企画し製品化したMさんにはお会いしたことがあります。元々は天文マニアだったそうです。
私の前の会社の同僚だったNさんが転職して彼の後継者になりました。
そしてブロ友さんのGaviちゃんの旦那様が奇遇にも元ここの社員でNさんと知り合いでした!
そういう関係で、これをリサイクルショップで見つけたのは幸運でした。
今後は一生大切に愛用したいです。本当に綺麗に撮れます^^¥

Mさんはその後独立起業され、もうご高齢ですがご自宅でマニアックなカメラレンズの特注製作をされています。
今はあまり儲からないこの業界ですが、技術的には世界の最先端を行っていてすごく面白いです!

初夏に戸隠へ行ったら、野鳥趣味の人たちで賑わっていて別世界でした。
何が別世界かと言うと、
皆さんすごいリッチなんですよ (@_@;)
カメラと三脚で100万円もするセットを肩にかついで闊歩しています。
双眼鏡とかフィールドスコープなんかも20万円クラス。
もちろん車はドイツ製高級車。都会の県外ナンバーです。
それも大勢なんですよ(汗)
どういう人種なんだろう?理解に苦しみますが、
高級官僚OBとか大会社の重役でしょうか?年齢的にはだいたい65歳以上です。
知的レベルも高そうです。
「それでどんないい写真が撮れたの?」とツッコミを入れたくなってしまいます。
皆さん鳥を見つけることができず苦戦していました。全然違う所を見てるので隣で教えてあげたんですけど・・・
高級な機材に凝るのは楽しいでしょうけど、使いこなすのは大変です。
その間隙をぬって私はバッチリ良い写真を撮ってサッサと帰りました。
軽量小型の安物機材のほうが機動性に優れています。
シャッターチャンスを逃しません。

こんな季節なのにまだマツムシソウが咲いていました。
夏の花なんですけどね。
道の真ん中にあったので、救出して庭に植え替えました。
来年また咲いてくれるかな?楽しみです。
種もたくさんできていますが、同じ株から何年も続けて咲くそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

赤い鳥は珍しいですね。
こんな目立つ色をしてると、敵に襲われやすそうな感じがしますが。
トラちゃんの方がずっと周りの木々の色になじんでます。

三脚、50円だなんてほんとにお買い得でしたね。
美術品でも楽器でもそうですが、価値がわからない人にはただのガラクタでも、本当に価値のわかる人にとっては宝物ですよね。
こういう掘り出し物があるので、リサイクルショップや骨董市は楽しいです♪

コレ持ち運ぶだけでも重くて大変でしょ!って思うような大きなカメラで撮影している人、いますね〜。
平成の祝賀パレードでは、大きなカメラで撮影していたけど、令和のパレードはみんなスマホで撮ってましたよね。
先日の孫の運動会も、ほとんどスマホで撮ってました。
スマホのカメラが恐ろしく進化してますからね。
いずれ、バズーカみたいなカメラで撮ってるおじいちゃんの横で、若者がポケットからサッとスマホを出して遠くにいる鳥をキレイに撮る、なんてことになると思います。
投稿者: woojyan   19/11/29 18:01
woojyan様
コメントありがとうございます。
赤い鳥は皆、北の国から来ます。
北の国では赤い色素が多い餌を食べて育ったのかもしれません。
でもメスは赤くないですね。不思議です。

ネットオークションが盛んになってもう20年近いですが、
リサイクルショップも健在です。
ネットで相場をちゃんと調べていない人が多いんです。
お客も店員も双方が情報に疎い。情報は多いのに調べ方を知らないんじゃないか?
だから商売が成り立つんです。
私は一時期ヤフオクにのめり込みそうになりましたが、諦めて良かったと思います。
夢中になると泥沼にハマるし、送料と手数料とで結構高い買い物になってしまいます。

最近のカメラの進歩はすごいです!!
コンデジでも野鳥や月はとても大きく綺麗に撮れますよ。
ポケットから出して・・・今もうそういう時代になっています。
「大砲」と言われているそのバズーカみたいな望遠レンズの存在意義は??
コンテストに入選するような立派な写真を撮る目的でしょうか。
私も最近はよくわからなくなってきました。
そのくらいコンデジの進歩がすごいんです。
投稿者: ロッド   19/11/29 19:14
イスカさん、見たことないですよぉ!
素敵なちゅんくんですねぇ!

トーリーやホッシーおじさんたちのカメラ・・・
下手すると○百万クラスだと思うです。
お家が・・・今年はぜんぜん行かれてないのですが・・・よく行く朝霧も新月にはホッシーさんたちが離れたところですごいカメラと望遠鏡手に陣取ってるです。

でも確かに・・・いいレンズだと画像が全然違うですねぇ・・・
お家は望遠ではないし、ボンビーなので高いものは買えないし、万が一何かでゲットできても近いこなせないのですが、昔のそこそこのレンズ、ボケ味とか自然さとすがすごくあっていいと思うです・・・最近のは何か化学調味料みたい・・・

すみません、
近いこなせない×
使いこなせない○
です。
ほぼ全身が赤い鳥、いるんですね。
メスが地味なのはわかりますが、黄色っぽいというが面白いなと思いました(*^-^*)
いろんな鳥たちが、冬を越すためにやって来るのですね。
トラちゃん、狙っちゃダメよ〜(*´艸`*)

ロッドさんのように価値がわかって、
その上ご自分で不具合を調整できる人にとっては、
お宝の山のリサイクルショップですね(^O^)/
投稿者: pil   19/11/30 16:07
トミーが望遠レンズを作ってるなんて知りませんでした。
安くていいものなんですね。
それが500円、三脚が50円って・・・
よほど売れないのでしょうか。
価値のわかるロッドさんが見逃すはずはありませんね(*^^)v
渡り鳥の写真楽しみにしています♪
投稿者: NEccoSun   19/11/30 16:40
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
イスカはどうやらこの地方にしかいないようで、他の地方の人たちに見せると珍しがります。
他の小鳥より頭が大きいので、頭が良いかもしれません。頭やクチバシの形はインコに似ていますね。

鳥や星の撮影が趣味の人たちは社会的地位が高いとみえ、お金持ちが多いです。
天体望遠鏡メーカーは零細企業ばかりなので、なかなか良い人材が集まりません。
能力の高い人たちは、だいたい皆さん東芝とかキャノンとかトヨタなど一流の大企業へ行ってしまいます。
仕事は仕事としてしっかりお金を稼いで、星や鳥は趣味として楽しんでいます。
本当はそういう人たちが天体望遠鏡業界に就職してくれたら、業界はもっと発展すると思うんですが・・・

おっしゃるとおりですね。
最近の高性能デジカメは大きく鮮明に写りますが、しょせんデジタル。
豊かな表現力・美しさという点では物足りません。
やはり昔ながらのアナログ的な機材には捨てがたい良さがありますね。
そちらのブログの猫ちゃんの写真、いつもとても美しいです!!
お使いのニコンの古いカメラには味わい深いものがありますね。
投稿者: ロッド   19/11/30 19:44
pil様
コメントありがとうございます。
そちらにもロシアあたりから赤い鳥が渡って来るかもしれませんよ。
彼らは寒いのが好きなので、日本へ来ても高原のほうに来ます。平地では私は一度も見たことがありません。
子供の頃から鳥が大好きなんですが、赤い鳥を見たのはここへ来てからです。
メスも実際に見たら部分的な黄緑色が、とても綺麗でした。

リサイクルショップが盛んに開店したのは20年ぐらい前でした。
その後は競争が激しくなり閉店する店が増えましたが、今は良い店だけが残っています。
ネットオークションなら探せばお目当ての品が見つかりますが、お店の場合は滅多に見つかりません。
行ってみるまで何があるのか?わからない。
これが良いところ。本当に面白い品は年に1回ぐらいしか見つかりませんが、見つけたときの喜びは大きいです。
今回の三脚は完全な品でどこも悪くなかったですが、注油したらすごく調子よくなりました。
二流品は注油しても苦労して調整・改造しても良くならない場合が多いですが、一流品はやはり全然違うな、と思いました。
最初から作りが全然違うんですよ。
投稿者: ロッド   19/11/30 19:45
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
これは中古だから安いので、新品ならトミーでも2万円以上します。
それでもカメラメーカーのに比べると半分以下のお値段です。
とても綺麗に撮れるので野鳥趣味の人たちに人気です。

しかし一流メーカーの三脚がいくら古いとはいえ50円とは!
せめて100円にしてもらいたかった(笑)
1500円ぐらいでも飛ぶように売れると思いますよ。
鳥の写真は難しいですが、うまく撮れたときは楽しいです。
今朝も窓から面白い鳥が見えたんですが、チャンスを逃して撮れませんでした。
今後にご期待ください。
投稿者: ロッド   19/11/30 19:46
こんなに全体が赤い鳥はこちらでは見ないかなあ。
メスはこんなに色が違うんですね!
こういう黄色い色の鳥だったら見かけますが、オスの赤い色は他の鳥とは違って珍しいですね。

そんなにいい品が50円ですか!
お買い得品とはこうやって生まれていくものなんでしょうね(笑)。
置いておくのも邪魔だから誰か持って行ってくれなお値段に感じますね(^^;
お宝鑑定の番組とかを動画でたまに見ますが、お安いものが実はけっこうな値段だったという時の方がとても面白く感じますが、これもそうですね^^
投稿者: alpenkatze   19/12/01 21:13
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
そちらの野鳥はシジュウカラのお腹が黄色いしゴシキヒワもいて、とてもカラフルですが、赤い鳥はいないのですか。
こちらでも大変珍しいので、出会うことができて嬉しかったです。

リサイクルショップは何が出るかわからない魅力があって楽しいです^^¥
衝動買いしないように気をつけています。
でも今度買おうか?と迷っていると誰かに買われちゃうんですよね。
今回の50円というのは「単なるゴミ」と判断されたんでしょうね。
それを”救出”したっていうことです。
物にも命があるって言いますから。
捨てないで店頭に出してくれた店員に感謝です。

逆にすごく高い場合もあるんですよ!
去年300円で買ったジャンク天体望遠鏡(すごく良い品でした)と同じ物が、別の店では1万円で売られていました。壊れていてデコボコのボロボロなのに!
中古相場がわかっていないでよく仕事がつとまるな、と思ってしまいます。
こんなお値段では永久に売れないと思うんですが、この店では何年でも値下げせずに売り場に置いてあります。
投稿者: ロッド   19/12/02 02:58
良いものは価値を知っている方のところを選ぶのかしら。
見つけてくれてありがとう〜♪って。
本当に最近は大きなカメラを持っている方々を見かけますね。
ブルーインパルスを見に行った時にはバズーカ砲みたいなのを見ましたよ。
でも好きなことに熱中できるっていいですね。
私はコンデジ愛用です。
片手でパチリが出来ないと、我が家のモデルさんは撮れないのです。( *´艸`)

キンカンは既に黄色くなって揺れてます。
ロッドさんの所のキンカンは如何ですか?
投稿者: なっつばー   19/12/04 01:01
なっつばー様
コメントありがとうございます。
リサイクルショップめぐりは楽しいです。
買う買わないは別として、珍しい物があるので見聞が広がる思いです。
値段の付け方も面白いです。
お値段は需要と供給で決まるはずですが、ベラボウな高値だったり、逆にトンデモない安値だったり。
案外お客のほうが賢いんですよね(笑)
書画骨董は勿論ですが、工業製品でも本当に良い品物は作者の人柄を感じます。

私は子供の頃からカメラ大好きなんですが、デジカメにはついて行けません。
やっと最近使いこなせるようになってきたような。
でもこの世界進歩が早いので、私のデジカメはもう時代遅れ。
最近のは感度が高いので、超望遠でもブレずに月や野鳥が綺麗に撮れていてビックリ!!です。
三脚なんて必要なくなりました。
今でもバズーカ砲みたいなカメラは存在価値があるんでしょうか?よくわかりません。

キンカンはここではなく妻の家にあります。先日行ったときはまだ緑色でした。
投稿者: ロッド   19/12/04 05:20
こんばんわ。
私も詳しくはないのですが、サナダムシって条虫類の総称だそうです。
迷惑な存在なので早くスッキリして欲しいものです。
投稿者: なっつばー   19/12/05 22:36
なっつばー様
ふたたびありがとうございます。
条虫ですか。うりざね条虫なんて聞いたことがあります。
いろんな種類があるようですね。
超ゲテモノなのであまり思い出したくないですが(苦笑)

人間にも昔はよく寄生していたそうです。
淡水魚を刺し身で食べるといけないんだそうです。
最近は衛生管理が良いから大丈夫と思って、平気で食べる人が多いですが本当に大丈夫?
投稿者: ロッド   19/12/06 00:51


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません