20/01/10 00:30

オリオン座に異変!

今オリオンが南の空高く輝いています。

しかし、左上の一番明るかった赤い星「ベテルギウス」に異変が起きています。
去年の秋から急激に暗くなり、昨年暮れには1等星から2等星に転落してしまいました。
この写真(12月29日撮影)で見ると右上のアルデバラン(おうし座)より暗く、
ベラトリックスや三ッ星などと同じぐらいの明るさになってしまいました。

今までこんな事はなく、初めての事だそうです。
このまま暗くなってしぼんでしまうのでしょうか?

この写真は2009年撮影です。
ベテルギウスが一番明るいです。

専門家によれば、
ベテルギウスは超巨星なので大変不安定な状態で、もう寿命を終える寸前。
最後には大爆発を起こし超新星になって最後の輝きを放ち、わずかな期間で消滅してしまうのだそうです。
ベテルギウスまでの距離は430光年。
つまり今見ている光は430年前のものですから、今はもうベテルギウスは存在しないのかもしれません。

超新星爆発のエネルギーはすさまじいもので、
1054年に日本でも記録が残っている「客星」はおうし座に現れ、金星のような明るさになり1ヵ月間昼でも見えたそうです。
今は同じ場所に残骸になった「かに星雲」がボンヤリと見られます。
場所はベテルギウスの上の方、おうし座とオリオン座の中間あたりです。望遠鏡でないと見えません。

これは7200光年ですからすごく遠いですが、もし430光年のベテルギウスが爆発したら!?大変な事になりそうです。
満月のような明るさに輝き、オゾン層が破壊されるという説もありますが、逆に大した影響ないという説もあります。
いずれにしても昼でも見えるほど明るく輝くことはたしかです。
その輝きは長くは続きません。

この図は子供の頃買ってもらった図鑑、星の大きさの比較が面白いです。
太陽は地球の109倍あって、アルデバランは太陽の38倍、ベテルギウスは太陽の1000倍の大きさです!
この図の中のぎょしゃ座エプシロン星はベテルギウスの3倍ですが、最新の情報では普通の星ではなくブラックホールのような物だとわかって、この図は間違い。
ですが他にも同じような巨大な星がいくつかあります。
太陽は平均的な大きさの星で寿命は100億年ですが、
超巨星は燃料を浪費してしまって短命なのです。
ベテルギウスは太陽より若い星ですが、質量が太陽の20倍なので寿命が短い計算になります。
質量が20倍だが直径は1000倍もある。つまり希薄なガスなんです。中心部だけが強く圧縮され強い光を放っています。

このまま暗くなって行って、その後ある日突然明るく輝いて消滅してしまうのか?
それともまた復活して元の状態に戻るのか?誰にもわかりません。
皆さんもオリオン座が見えたらベテルギウスと他の星の明るさを比べてみてください。
都会の空でも良く見えます。

 

さてお待ちかねトラちゃん登場です(=^・^=)
冬本番になり、お留守番には湯たんぽを用意してあげます。
可哀想なので滅多にお留守番はさせないのですが。

朝用意した湯たんぽは夕方になってもお風呂と同じぐらいの温度です。
まる一日なんとかなります。
低温やけどの危険があるので、布を何重にも巻いて布団の下に入れて出かけますが、帰宅後に出してやりました。
ちょうど良い暖かさなので頬ずりしています。

ストーブの上で沸かしたお湯を使っています。
ストーブを消した後も熱を保存できる湯たんぽはエコですね。
電気器具と違って電磁波を出さないので健康的です。
(定かではありませんが、いろんな説があります)

カテゴリ[ 天体]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

オリオン座・・くらいしか 星座の位置が
わからない  かも?ですね
宇宙も 刻々と変わるのかな 何億年も前から少しずつ変わっているのでしょう

とらちゃん 湯たんぽ良いね
我が家・・シュガさんに使わせたいけど
誰が使うかわからないので
最近 長い時間家を空けるときは
エアコンを使います
もう・・電気代とか言ってられないよ〜
シュガさんのためですからね
投稿者: 由桜   20/01/10 14:31
由桜様
コメントありがとうございます。

今日はお出かけして来ました。
トラちゃんのために美味しい水を汲んで来ました。
そして買い物も。キャットフードとトイレの砂と、灯油。
全部トラちゃん用です。人間は脇役です。
短時間だったし今日は暖かいので湯たんぽは省略です。
大勢いると全館暖房のほうが良いですね。
ここでは夏の冷房は必要ありませんが、もし街中の暑い部屋なら留守中でもエアコンつけっぱなしでないといけません。
ほんと、電気代なんて言ってられませんよね。

それで急に思い出したんですが、都会のマンション等では留守中でもエアコンはつけっぱなしのほうがトータルでは経済的だとYahooニュースで読んだ記憶があります。

宇宙の変化は日常ほとんど実感しないものですが、
実は気づかないだけで・・・
少しずつ穏やかに変化するのなら良いのですが、
一気に来ることが多いので怖いです。
確率的には低いですけどね。
恐竜が絶滅したのがそうですし、他にも宇宙からの影響で急激な気候変動は何度もあったはず。
近くで超新星爆発が起こると大変なことになります。
まあ、われわれとしては対処のしようがないですけどね。
投稿者: ロッド   20/01/10 15:53
星がきれいだな〜と思うことはあっても、どれがなんという星なのかは、さっぱりです(^_^;)
オリオン座、名前は知っていますが...私にも見つけられるでしょうか。
430光年...430年前の光が今届いているなんて...
夢の中のお話しのようです。

私も湯たんぽファンです〜(*^-^*)
心地のいい温かさなんですよね。
投稿者: pil   20/01/11 06:24
pil様
コメントありがとうございます。

そちらは星が割と良く見えるみたいですね。
オリオン座ぜひ見つけてみてください。
高緯度なので日本より少し低い空に見えるはずです。
日本は環境破壊が進んでいて、東京はもちろん地方都市でもほとんど見えません。
長野の市街地では星座の形もわからないし、北極星すら見えません。

宇宙は広いですよ!
430光年でも近いほうなんです。
一番近い恒星(ケンタウルス座α星)は4.4光年です。
1光年は約10兆キロです。
宇宙旅行なんて不可能だと思います。宇宙人がいたとしても交流はできませんね。電波で交信するにしても届くまで4年以上かかって、仮にすぐに返事が来たとしても到着するのは9年後です。
火星まで旅行するのは技術的には可能ですが、何年もかかるのでどうやって耐えるのでしょう?病気になっても医者はいないし。

湯たんぽって本当に良いですね♪
優しい暖かさで、保温性に優れています。
中のお湯は食器洗いなどに再利用できるし。
投稿者: ロッド   20/01/11 17:54
ロッドさんのブログを読んで、先ほど外に出て夜空を見上げてみました。
やっぱり今日も木星は明るいですね!
話題のベテルギウス、本当ですね、まったく1等星には見えません。
ここからだと、赤くぼんやりみえるだけです。

宇宙戦艦ヤマトはワープして、14万8千光年離れたイスカンダルに行って帰ってきたけど・・・
ワープって理論的にはどうなんでしょうね?
もしできるのなら、宇宙人が地球に来てるかもしれませんね(^^;
投稿者: woojyan   20/01/11 18:44
こんばんわ〜
冬空は星がきれいに見えますが、私にはよくわからなくただ奇麗だな〜って眺めているだけです。
昨日は月が素晴らしくきれいでした
空が冷たくキーンっとしてるというか・・

そちらは雪が少ないようですね。
生活するには助かりますが。降ってほしいところもたくさんあるようでうまくいきませんね。
今日は2時過ぎに散歩に出かけましたが、気持ち良かったですよ。
太陽はが暖かくふり注いで・・
投稿者: misako   20/01/11 21:29
新年へと日付が変わる頃、初詣に行って空を眺め星の話をしたんです。
そう、この星はもう無いかもしれないって。
それも私たちが生まれるもっと以前に。
宇宙の時間ってとてつもなく大きく長いものですね。
投稿者: なっつばー   20/01/11 21:45
woojyan様
コメントありがとうございます。
夕空の南西の低い空に見える明るい星は金星です。
12月までその位置には木星がいたんですが、今月になって金星に入れ替わりました。
私も先日わからなくなったので望遠鏡を向けて正体を確かめました。
丸く見えました。木星なら楕円形で縞模様があります。
木星は今後は明け方の南東の空に見えるようになります。
金星は今後春になると空高くますます明るく見えるようになります。
望遠鏡で見ると半月形になりやがて三日月形になります。

私も今さっきベテルギウスを見てみましたが、やはり暗いです。
先日は気のせいか少し明るくなったように見えたんですが・・・
このまま小さくしぼんでしまうのでしょうか?
超新星爆発の前ぶれだなんて、誰が言い出したか知りませんが根拠はないらしいです。

ワープの話ですが、物理学が進歩すれば可能になる?
この話題、先日Yahooニュースで読みましたが最新の理論でも無理だそうです。
ですが宇宙飛行士の経験のある人の発言で、
「地球人の中にも宇宙人がまぎれ込んでいるかもしれない」との話がありましたが、根拠のない単なる空想のようです。
投稿者: ロッド   20/01/11 23:22
misako様
コメントありがとうございます。
昨夜は満月でした。私も望遠鏡で見ていました。
縁のほうに未知の不思議な地形が見えたので、本を開いていろいろ調べましたが何という山なのか?結局わかりませんでした。
昨日初めて知ったんですが、最新の研究によれば月の表面の7cm下には水(たぶん氷)がたくさんあるのだそうです! 昔は水も空気もないとされていたのに、驚きました。

今日は良いお天気で珍しく庭仕事ができました。
でも土がカチカチに凍ったままでなかなか掘れませんでした。
明日も暖かい予報なので解けてくれるよう期待したいです。
Facebookに載せる顔写真も撮りましたが、何度撮っても納得する写真が撮れず・・・元が悪いのに気づきました(笑)
年はとりたくないものですねぇ。まあ、時間の流れには逆らえませんが。
投稿者: ロッド   20/01/11 23:22
なっつばー様
コメントありがとうございます。
月までなら光は1秒で届きますが、太陽だと8分もかかります。
新幹線の速度でも太陽まで80年かかります!
こういうのは地球上に暮らす我々には理解不能ですよね。

宇宙の広さから見れば光の速度は遅いので、見える星によって時間がまちまちになってしまいます。
だから、うんと遠い星は何十億年前つまり地球が生まれる前の姿だったりします。遠くの星を観測すると進化する前の原始宇宙の姿を見ることができます。
そこにあるのは奇妙な星ばかりなんですよ。
投稿者: ロッド   20/01/11 23:23
星にも命があるのですね。
もう消滅しているかもしれない星・・
遥かな過去を今見るのは頭ではわかっても理解しづらいことです。
やっぱり宇宙って不思議!

ストーブの熱がお湯を沸かし
その熱を湯たんぽが蓄えるということですね
そしてさらにトラちゃんを温める・・・
エコなストーブは優れた暖房器具だと思います(^^)
投稿者: NEccoSun   20/01/12 22:03
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
星の寿命で面白い話があります。
質量の大きな星は燃料がタップリあるから長持ちするかと思いきや・・・逆なんですよね。
小さい星のほうが低燃費で長持ちするんですよ。
大きな星は燃料を浪費するばかりで、早く燃え尽きてしまいます。

宇宙の事、最近は観測手段が進歩して新発見が次々と!
私は主にYahooニュースで読んでいますが、古い頭ではついていけないほどです。
100光年先に地球に似たような星があるとか、月には地下に水がたくさんあるとか。

ストーブは大好きだし、とても便利なので夏でも使いたいくらいです。
ガマン大会になってしまいますね(笑)
そちらでは薪ストーブが活躍中なんでしょうね。
面倒なので私は石油ストーブばかりですが、明日は久々に薪ストーブを使ってみようかと思います。
燃えるゴミがたまった頃に稼働させるんですよ。
ゴミが片付いて一石二鳥です。
投稿者: ロッド   20/01/13 03:12
オリオン座のそのことがニュースになってるのを読んだ後、すぐに空で確認しましたし、その後も夜外に出るたびにチェックしてしまってます。
以前の明るさがどれくらいだったのかは分からないけど、確かに他のより暗いなあと毎回思ってました。
オリオン座、見つけやすくて好きです。オリオン座が見えるとセットですばるも探してしまいます^^
何百年、何千年前の光を見てるというのは毎回不思議な気分になります。素人考えで、光ってその距離の途中で消えてしまうことはないんだ〜と思ったり(笑)。
トラちゃん、なんだか子猫ちゃんに見えてしまいました。体が小さいなあ。
太郎の半分くらいしかなさそう(^^;
投稿者: alpenkatze   20/01/13 04:40
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
すでにご存知で注目されていたんですね。さすがです。
オリオン座のα星ですから、明るい順にαβγ・・・で一番明るい星だったんですよ。
一生のうちにこんな重大な現象に遭遇するとは思ってもみませんでした。
日食とか月食、流星群なんかは日常茶飯事ですが、これはとても珍しい現象です。
今後もし突然明るく輝くようなことがあったら面白いな、と期待してしまいますがオゾン層の破壊は怖いです。
夜でも昼のように明るくなってしまうかもしれません。
それが1年も続いたら・・・生態系に及ぼす影響が大変です!!

光に速度があるとわかったのは、それほど昔のことではないのですが、
地球上では実感としてわかりませんよね。
星を観測するのに光(電波も含めて)だけが頼りです。光よりもっと速い手段があって今現在の様子を観測できれば良いのですが。
星の光が地球まで届かずに、途中で消えてしまうことは大いにあります。
宇宙には暗黒物質が多くて、光が遮られてしまいます。だから実際には宇宙に何があるのか?半分も見えていないと思います。

たぶんトラちゃんは太郎ちゃんの半分ぐらいだと思います。
前飼っていたミケちゃんはもっと小さかったんですよ。
投稿者: ロッド   20/01/13 10:18


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません