20/03/13 00:40

ネコヤナギ

木立ごしに見る北アルプスも良いものです。
5月になるとここは山桜がいっぱい咲きます。今年は4月に咲くかな。

家の庭にネコヤナギが咲きました。

ずいぶん早いな、と思って過去の写真を見たら日付は4月でした。
これは水辺にある普通のネコヤナギではなく、森にある大きな木でバッコヤナギという名です。
ドイツにもあるそうですから寒冷地に多いのでしょう。
狭いうちの庭ですが3本生えています。繁殖力強くてどんどん増えます。



小鳥たちも子育ての季節が近づいて、巣箱にシジュウカラ夫婦が入ったり出たりしていました。
2個あるうち、裏庭の巣箱は去年途中で使わなくなってしまいました。
その後よく見たら蜂が出入りしていました。
冬になって蜂がいなくなったらフタを開けてみようと思っていました。
そして!

やっぱりねぇ (≧ω≦*)
蜂に巣箱を乗っ取られたのです。
ミツバチと同じぐらいの小さいクロスズメバチです。
この写真のはもう死んでいるので大丈夫。小さいので刺されても大したことありません。おとなしい性格なので滅多に刺さないです。
しかし小鳥にとって大きな脅威でしょうね。
働き蜂は冬になると全部死に絶えてしまいます。女王蜂だけが冬眠して翌春に活動を開始します。
巣は一年限りで再利用はしません。

普通は地中に巣を作るので地元では「地蜂」と呼ばれます。愛知や岐阜では「ヘボ」と言うそうです。
これの蜂の子は美味しくて最高級品なので、専門にこれを捕る業者がいるくらいです。



「大きいかまくら」の写真、ちょっと好評だったので「もっと大きいかまくらが作れるぞ!」の証拠写真を引っ張り出して来ました。

5年前の3月8日はこんな状態でした! 3月なのにこれですからねぇ(~_~;)
毎年こんな大雪でした。
ここに穴を掘れば大きいかまくらが簡単に作れます。
しかし!崩れて生き埋めになると命が危ない。
この雪の重さは数トンあります!! ダンプカー2台分ぐらいの量です。
雪の山がもうちょっとで屋根に届くところだったので、屋根に上って星を見ようかと思いましたが、高さが少し足りなかった。

この雪の山は屋根からすべり落ちた雪と、捨て場がないのでどんどん上に積み上げた庭の雪です。
雪の階段を作って上に運びました。毎日の事で大変疲れました。
玄関から外に出るための通路を作るだけでも重労働なんです。

「トラちゃんは雪遊びはしないんですか?」
というコメントいただいたので。

猫はコタツで丸くなる♪ そんな歌作ったのは誰だ?
猫も犬と同じですよ。外で喜んで遊びます。
雪で喜ぶなんてまだ子どもだねぇ。昔の写真です。

ありゃ、雪に埋まったねぇ。行き倒れだ (-_-;)
たすけてー (°◇°;)

今はもう年なので雪の日は外に出しません。

昔の懐かしい写真です。
早春だったと思います。
怪しい動物が来た!? 私には何も見えませんでした。
この頃はまだサクラは丸々と太って健康そうでした。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

雪は遊ぶだけなら楽しいものですが、暮らすとなると話は別ですね。
寒い時は温かい家の中でストーブに当たっていたいのに、雪かきや雪下ろし、本当に重労働ですね。
それに危険もたくさんです。
今年は高齢者のお宅では、さぞかしホッとされていたことでしょうね。
サクラさん、トラちゃん、雪国のにゃんこさんですね〜。
投稿者: なっつばー   20/03/14 00:27
ネコヤナギ、猫好きにはおなじみですね(笑)
ウチの前の公園ではモクレンが咲き始めました。

丸々としたトラちゃんなら雪に埋まっても
へっちゃらだったでしょうね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
今はお家の中から眺めてるのがいいですね。
投稿者: しーな   20/03/14 07:13
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ネットをやるようになって感じたんですが、
特に大阪や神戸は、東京や名古屋よりも雪の経験がずっと少ないので、雪の苦労話はまったく理解してもらえません。
すぐに「雪下ろし」の話を持ち出す人が多いですが、その話はやめてもらいたい。
雪下ろしは大変危険なので「やってはいけません」
私は一度も経験がありません。必要ないからです。
自然に雪が滑り落ちるのを待つべきです。
仮に家が押し潰されても我慢です。
うちは傾斜の強いトタン屋根になっているので、すぐに滑り落ちます。
そんな簡単な事もわかってもらえないのか、東京の気象予報士は雪下ろしの話を気楽にすぐ持ち出すのでNHKに抗議したことがあります。

それに皆さん「雪=寒い」という認識のようですが、それはこちらでは違うんですよ。
雪が降る日は生暖かいし、
雪が積もると外での重労働が待ってるので、汗だくになります!
どんどん脱いでしまって、Tシャツ1枚にねじり鉢巻です。頭からは湯気が立ち昇ります(笑)
良い運動にはなりますが、腰を痛めたらもうダメです。
若い人たちは都会へ出て行ってしまって、高齢者だけが雪国に残されるので問題は深刻です。「雪かきボランティア」を募集しています。

私も猫を飼ってみて初めて知りましたが、犬と同じように寒さには強いのですね^^¥
投稿者: ロッド   20/03/14 13:40
しーな様
コメントありがとうございます。
なぜかうちの庭にはネコヤナギが最初からたくさん生えてたんですよ(笑)
猫には縁があるんですね。
そちらはもう春たけなわなんでしょうね。

昔の写真を見ると丸々と太っています。若かったから?
いえ、餌が違うせいかもしれません。一番安いやつでしたから、あまり健康に留意されていなかったと思います。

トラキチが子猫の頃は野良ちゃんでしたが、その冬は猛烈な寒波でした。
−10℃なのに外で寝てたんです!
だから脂肪をため込んで寒さには強いのかもしれません。
投稿者: ロッド   20/03/14 13:41
バッコヤナギというんですね。
こちらでも先週森に行った時、花が咲いているのを見ました(*^-^*) 
鳥の巣の中にハチの巣(;゚Д゚)
鳥が使っていても、ハチは容赦なく巣作りを始めちゃうのでしょうか?
怖すぎます〜〜!

これだけの雪があれば、かまくらというよりトンネルのような秘密基地が作れそう!なんて、お気楽なことを考えられるのは、雪を知らないからなんですね(^_^;)
雪まみれトラちゃん(笑)、たのしそうです。
まるで砂場で遊んでいるかのようですね(*´艸`*)
投稿者: pil   20/03/14 20:58
鳥が安心して子育てできるように作った巣箱でも
蛇やらハチやらいろんな生き物が狙っているのですね。
自然界は厳しいです。
地蜂の子はいわゆる蜂の子ですね。
スーパーでも缶入りで売ってますが結構なお値段です。
栄養満点でも食べるのはご勘弁・・・

確かにかまくらが崩れてきたらとても危険です。
雪の捨て場がないというのはよくわかりますよ。
数年前までは大雪が何回かありましたから。
去年もほとんど雪で困らなかったけど
今年は積もったのを見たことすらありません。
なんと有難いことかと感謝したい気持ちです。
トラちゃん雪遊びしてたんですねぇ。
サスケはさすがに足が冷たくなってすぐ退散してましたよ(^^;
投稿者: NEccoSun   20/03/14 22:25
pil様
コメントありがとうございます。
バッコヤナギ、別名ヤマネコヤナギです。ドイツの物とは若干違うかもしれません。
この巣箱の中の蜂の巣は、まだ片付けてないですが、もしかすると底のほうに卵の残骸があるかもしれません。
小鳥には蛇以外にも天敵がいろいろいて、自然界の生存競争は厳しいです。

雪の話、本当はとても嫌なんです。今年は雪が少ないから冗談も言ってられますが、この大雪の年には辛くてブログに書く心の余裕はありませんでした。
黙ってひたすら耐えるだけです。
私の故郷は豪雪地ではありませんが、雪国の人は冗談のひとつも言えない寡黙な人が多いのも、実際に経験してみて納得しました。

犬や猫は人間と違って苦労はないので、天真爛漫ですね(笑)
とくに若い頃はネ♪
投稿者: ロッド   20/03/14 23:15
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
蜂の子、子供の頃食べたことがありました。
母がフライパンで炒ってくれました。ピーナッツのような味でとても美味しかったです。地蜂ではなくアシナガバチの子だったと思います。
強すぎる(栄養が)ので、食べ過ぎると鼻血が出るから気をつけろと言われました。
今は気持ち悪くて食べられないと思います。
しかし自然界には美味しい物がたくさんありますね。

巣箱が蜂に乗っ取られる!
別の場所で大きなスズメバチがブンブンしている巣箱を見たことがあります。
キツツキ用の大きな巣箱でした。
下を通るだけで襲われるので恐ろしいです!!

雪の捨て場がないのが一番の悩みです。
軽トラに積んで捨てに行ったこともありましたが、雪の量が多すぎて間に合いませんでした。
ここはまだ市街地じゃないから良いですが、市街地だとご近所の迷惑になりますから。
一輪車で川まで運んで流していましたが、川が雪でいっぱいになると溢れ出して洪水になってしまいます。

猫は雪でも外に出たがりますが、いざ出てみたら冷たいので足をプルプルッてやって嫌がりますよね。
そして顔が曇って(笑)退散します。猫はすぐに表情が変わるのが笑えます。
トラキチの若い頃は寒さに負けず元気一杯でした^^¥
投稿者: ロッド   20/03/14 23:41
ヤナギは、うち周辺では元々あったのではなく、後から植えられたのが2〜3本ほど見られます。
1本はちょっと前に写真をアップした大きいので名前を教えていただいたものですが、別の場所にあるのはそこまで大きくないから別の種類かもしれないです。
蜂もうまいこと巣箱を利用するんですねぇ。
働き蜂は死に絶えて女王蜂は残るとは、自然界の摂理もよくできてるものですね。
人間界でそんなことが起こったら大変なことになりそうですが、働き蜂たちはただただ黙々と一生懸命に働いてるのかなあ…。
太郎も若い時は大雪の時も気にせず外に出て、雪の中に顔突っ込んだりしてましたよ〜。
今では積もったら出るのはちょっと躊躇するようになったので、やはり年取ったのだと実感します(笑)。
投稿者: alpenkatze   20/03/15 03:35
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
このネコヤナギはこれから黄色く膨らんで見事な美しさになります。
満開になると黄金の木! 金の成る木か?
雄株と雌株があって、黄色いのと薄緑色のがあるんですよ。

働き蜂は全員メスで、オス蜂がどこにいるのか気になるところですが、存在感が薄いんですよ。
秋に交尾したら死んでしまって、受精卵は女王蜂の体内で保存され翌年に産卵するという事らしいです。
スズメバチが家に巣を作ると大変なので、春先(初夏)に女王蜂を見つけたら駆除する!これが一番効率が良いんです。
しかし巨大なのですごく怖いです。

昔飼ってた猫は放し飼いだったので、大雪のときは雪に埋まりながらモグラのようにトンネルを掘って移動していました(笑)
猫は勤勉(?)なので雨の日でも雪の日でもパトロールに行きますね。
投稿者: ロッド   20/03/15 08:59


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません