20/04/24 06:19

ニャゴ丸の命日

今日は初めて飼った猫ニャゴ丸の命日。
この写真は生後半年ぐらいでした。

カンペキな「ごめん寝」ですね(笑)
放し飼いだったせいもあり5年の短い命でした。
もし今生きていれば30歳です。
素晴らしい忠誠心の「忠犬ハチ公」のような猫でした。
詳しい事は、ここでは書きたくありません。
大馬鹿者の飼い主に、大切な事たくさん教えてくれました。

 

神代桜が満開! いつもより1週間早いです。
樹齢1200年、圧倒的な存在感です。
花見客はほとんどいなくて閑散としていました。
愚かな人間たちが、ちっぽけな存在に見えてきます。

さらに満開!! 25日の写真を追加します。
花見客はこの2人だけでした。ここは平和です。

 

こちらは国道406号の桜並木。

菜の花の丘。

さくら、さくら♪

 

つくしんぼも出てました。春ですねぇ。

 

庭のネコヤナギが見事な黄金色に。
しかし鳥さんはもう来ません。
若い新芽が美味しいんでしょうね。
全部食べ尽くさないところが良い。人間より賢いかも。

チオノドクサが咲きました。
なぜかブルーのほうが遅く咲きます。
ヨーロッパ原産だそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

初めてお迎えする仔は、色んなことを教えて行ってくれますね。
きっと家族に迎えてもらった嬉しさと、お礼の気持ちかもしれません。
いまトラちゃんが幸せに長生きできてるのは、可愛いニャゴ丸くんのお陰かもしれませんね。
私もたくさんの幸せを貰い、色んなことを教えてもらっています。
ただ何度経験しても、どんなお別れでも後悔や悲しさは付きまといます。
仕方ないですよね、大好きなんですから。
投稿者: なっつばー   20/04/25 01:49
ニャゴ丸ちゃんはこうやってしっかり覚えてもらってて幸せだと思いますよ〜。
真ん中の写真、上から見たお顔は太郎の小さい頃にちょっと似てます^^
桜も見事ですね。
桜はやはり日本の風景にが一番よく合ってると思います。
つくしは幼少時はよく摘んで食べてましたが、ある程度経ってからは犬を飼ってるお宅が増えてつくしが生るところを散歩してる人も増え、それでもう摘むのも止めてしまいました(笑)。
こちらでも山に行くとよく見ますが、こっちでは食べる人はいないみたいです。
投稿者: alpenkatze   20/04/25 07:44
なっつばー様
コメントありがとうございます。
当時私はトラックで配送の仕事をしていて、ニャゴ丸は七夕の日に田んぼの畦道で拾ったんです。お腹をすかせてバッタを食べていました。

猫に序列をつけたくありませんが、ニャゴ丸はすごく賢くて一番良い猫でした。
もっと大切にしてあげるべきでした。
25年も経って忘れそうになった年もありましたが、今年はしっかり思い出しました。
愚かな自分の人生と二重うつしです。
猫の最長寿命は30歳まではいかないけど、それに近いらしいですね。
20年はもう珍しくなくなりました。
投稿者: ロッド   20/04/25 09:51
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
25年も経って忘れそうになった年もありましたが、今年はしっかり思い出しました。
愚かな自分の人生と二重うつしです。いろんな事がありました。
ニャゴ丸は大きな犬に腹を噛まれて、そのとき妊娠していたんです。
その後難産になって・・・
避妊手術は重要だし、放し飼いは危険だと痛感しました。
太郎ちゃんに似ていますよね。女の子だったので小柄でしたが。

ドイツは気候が日本と似ているから桜は多いのですね。
日本の場合は昔々から桜を愛でる文化があったので、このような見事な1本桜が日本各地にあって、それらを訪ね歩く旅を楽しんでいる人がいます。
公園に植えられた豪華絢爛な桜は、花見客を当てにした感じで面白くありません。ソメイヨシノは人工品種ですし。
やはり自然の中にたたずむ野生の桜が良いです。

つくし、美味しいという人もいますが、私が食べたのはまずかったです。
料理のしかたが悪かったのでしょう。
手間がかかって大変ですが、季節の珍味は良いですね。
ドイツではワラビも食べないし、つくしも食べるはずがないですよね。
名物のソーセージとつくしを並べたら面白い料理になりそうですが(笑)
投稿者: ロッド   20/04/25 09:52
ニャゴ丸ちゃん、ごめん寝がかわいい(*´艸`*)
ロッドさんと暮らせた日々は幸せだっただろうな〜って思います。
神代桜、今年も見事に咲きましたね!
写真を拝見するのを楽しみにしていました(*´▽`*)
日本の里山の、桜のある風景は、ほんとに絵になりますね!

つくしを最後に食べたのは、何十年前か...
ハカマを取るお手伝いをしたことと、苦味があったことだけが記憶に残っています(*^-^*)
投稿者: pil   20/04/26 15:01
pil様
コメントありがとうございます。
ニャゴ丸は最高に賢くて良い猫でした。
いえ、幸福ではなかったんですよ。ペット禁のアパートでしたし、自分の側にもいろいろ問題があって・・・
だから、その後の猫たちには気を使って大切にしています。

写真、楽しみにしてくださるとは!
とても嬉しいです。
写真には特別の思い入れがあります。
カメラマニアの友人のおさがりの、10年以上前のカメラで、デジカメはどうも性に合いませんが、最近やっと使いこなせるようになってきました。
使い込むほどに味わいが出る良い道具です。(ペンタックス)

桜はあちこち見に行きましたが、何と言っても神代桜が最高!!
本当にこれは神の領域です。
そうなんです。私の所と違って、ここは里山なんですよ。
人々の生活を見守っていてくれるんです。

つくし料理、ドイツでも作ってみてください。
ハカマを取るのが大変な手間ですよね。そこまでして食べる価値があるほど美味しいか?と思ってしまいます。
投稿者: ロッド   20/04/26 18:14
早くに亡くなった子はいつまでも心の中にいるものですね。
ロッドさんも後悔していらっしゃるようですが
私も春ちゃんの病気を早く見つけてあげられなかったことが心の隅から離れません。
飼い主はそのつらい気持ちを持ち続けて生きるしかないような気がします。
こちらは桜もすっかり散ってしまいました。
1200年も変わらず咲き続ける神代桜は圧倒的に美しいですね(^^)
桜の寿命はどのくらいなのでしょうか。
底知れない生命力を感じます。
春先には小さな植物に心癒されますね。
うちの庭のにはスギナがいっぱいでした。
つくしは高校生の頃友達の家で炒めて食べたことがあるような・・
とくに美味しいともまずいとも思わなかった記憶があります。
投稿者: NEccoSun   20/04/27 14:56
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
私は元々は小鳥が好きで猫は嫌いだったんですが、拾ったのでしかたなく飼うことになって・・・
猫がこんなに賢いとは知りませんでした。人生観が変わりました。

神代桜は長野市生まれだった父から話を聞いていましたが、実物を見たのはごく最近のことなんです。
私は長野市生まれではないので馴染みがありませんでした。
父はたぶん子供の頃から遠足のようにして、神代桜を見に行っていたのでしょう。
山梨県にも神代桜があるそうですが、かなり弱っていて枯れそうに見えます。
どちらが古いのか? さだかではありません。
長野の神代桜も一時枯れそうになって、樹木医の人たちが力を結集して復活させました。
今は根本のほうは立ち入り禁止になっています。

この桜は野生種のエドヒガンなので、ソメイヨシノとは比較にならないくらい強くて長寿です。
高山村の桜めぐりも楽しいですよ。神代桜には及びませんが、似たような見事な1本桜が5本ぐらいあるんです。樹齢は300年とか500年ぐらいです。

ツクシはチャーミングですし食用にもなって良いですが、同じ植物なのにスギナは本当に困った雑草ですね。
投稿者: ロッド   20/04/27 17:12
何度も地震があったようですが、大丈夫ですか?

初めて迎えた子は手探り状態なので、一生懸命やっているのに、大事なことがおざなりになってたりします。
今までたくさんのお別れをしてきたけれど、
いつも、あの時こうしてたら・・・と後悔ばかりです。
きっとこれからも、これでよかった!と思うことはないんだろうなと思います。
でも世の中には、決して反省することなく、世話もせず増やしっぱなしという人もいて、その尻ぬぐいを良心のある動物好きな人がやっているんですよね。

写真の景色、のどかでゆったりとしていて、本当にいいところですね。
いつもだったら、桜の時期だけは人が集まっていたのでしょうが、今年は独り占めですね(^^
コロナ自粛でなければ、都会の子供たちを
招いて、こういうところでのびのびと遊ばせてあげたい。
近くの公園で遊ぶことさえできない子供たちは本当に可愛そうですね。

つくしは美味しいというほどではないけれど、その時にしか食べられないので、なんとなく食べてます。
ただ下ごしらえが面倒なので、何回も摘んできて食べる気にならないんですよね。
投稿者: woojyan   20/04/27 18:38
woojyan様
コメントありがとうございます。
地震、心配です。
松本は遠いので、こっちはほとんど揺れませんが、デカいのがドーンと来るような気がして・・・
日本全体で地震が増えていますね。大事に至らないよう祈るばかりです。

昔は猫は粗末にされていて、放し飼いで半ノラが当り前でした。
避妊手術もしないで自然にまかせるばかり。
私もそういう考えだったんですよ。
だからご近所の皆さんに迷惑をかけていたと思います。

この写真の場所は長野市芋井地区です。神代桜も同じくです。
私が生まれる前は芋井村という独立した村だったそうです。
善光寺のある場所も江戸時代には芋井村だったらしい。
由緒ある土地柄だったんでしょうね。
よく整備された美しい農村です。
観光地ではありませんが、菜の花や桜などたくさん植えて綺麗にしています。
観光客がいないのが良いところだと思います。
お金儲けにはならないけれど、環境美化に力を入れているのは立派です。
おにぎりとかサンドイッチでも持って、ピクニックに行きたい場所です。

コロナ自粛って、環境の良い野外に出かけるのなら大いに結構だと思うんですが、実際にはコンビニに寄ったり飲食店に寄ったりして感染が広がってしまうので、ダメなんですよね。
近所のゴルフ場の駐車場が満車!!
皆さんいったい何考えてるんだ?と恐ろしくなりました。
ゴルフは健康的で良いけれど、トイレも行くし食事もするでしょう。

ニュージーランドの首相は「コロナ勝利宣言」をしたそうです。
確かに立派な政策ですが、簡単に勝利はできない、しぶとい病気だと思います。油断すると第二波、第三波が襲って来ます。
知れば知るほど恐ろしい病気だとわかってきました。
全身の血管がウィルスにやられて炎症を起こし、心筋梗塞になるそうです。
軽症で治ったと思っても再発するし・・・
とにかく感染しないことが一番です。

つくし、今年は食べてみようかな(笑)
投稿者: ロッド   20/04/27 21:53
ニャゴ丸ちゃん、ロッドさんを猫好きにしてくれたんですね^^
私も40年前に初めて飼ったみーちゃんを思い出しました。
昔と今とは飼い方も、ご飯も変わってきて
長生きできる猫たちが増えてると思います。
ウチの子だけでなく、早くに亡くなった子達の分も、みんな長生きして欲しいです。
投稿者: しーな   20/04/28 06:37
しーな様
コメントありがとうございます。
ニャゴ丸は忠犬ハチ公でした。猫の場合は「忠ニャン」?
渋谷のハチ公の横に猫の銅像を!(笑)
もっと可愛がってあげれば良かったと思います。
30年は無理でも25年ぐらい生きたかもしれません。

しーなさんの家の猫ちゃん、みんにゃ健康ですね^^¥
病院通いの話が全然ありませんよね。
健康の秘訣は何でしょう?
まさか「酒パワー」とか(爆)
投稿者: ロッド   20/04/28 15:17


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません