20/07/17 08:05

ノハナショウブ

花菖蒲の原種と言われています。
水滴が似合う花ですね。
この色は古代紫というのかな。他の花にはない色です。
花菖蒲は平安時代から人々に愛でられ品種改良されてきました。

アヤメと同じく乾燥した草原にあります。
公園などでは水辺に植えられていますが、あれは雰囲気を出すための人為的なものです。
水辺にあるのはカキツバタです。
花は似ていますが咲く季節が違います。カキツバタは初夏ではなく春に咲きます。
うちにもありますが残念ながら今年は咲きませんでした。

ホタルブクロも良いですね。魅力いっぱいです。道端にたくさん咲いています。

キツリフネ。
不思議な形、この中に入ると別の世界にワープして行けそうな気がします。
同じ形で赤紫色のツリフネソウは秋だったと思います。

 

でかいキノコがたくさん出ていました!
熊よけ鈴と大きさを比べてください。

肉厚でしっかりしていて見るからに旨そうですが、正体不明です。
図鑑を何冊見てもわかりません。
毒ではないと思いますが、たぶんまずいのでしょう。

これはカバイロツルタケ。
食用ですが、食べたことはありません。
猛毒のテングタケの近縁種なので要注意です。
たぶん、そういう危ない物ほど美味しいのでしょうね。

 

竹輪と山菜の料理。
これは大成功でした。
甘辛く煮付けたフキと竹輪とワラビを一緒に炒めます。
山椒の新芽を添えて、純和食ですね。
竹輪がこんなに旨いものとは思いませんでした。
ワラビとフキは今も毎日収穫できます。

ちなみに竹輪を最も多く食べる県は鳥取で、長野は6番目です。過去には2番目だったこともありました。
子供の頃は、ご飯のおかずといえばいつも竹輪と大根下ろしでした。

 

この前ちょっと晴れ間があったとき、外でお食事。
最近は体調が良く食欲旺盛です。
水入れは香蘭社(有田焼)の高級品ですが、まさに猫に小判ですね(笑)
トラちゃん、しっかり美術鑑賞してネ。

その後毎日雨雨で、外で遊べません。
つまんないニャー
「雨の日の猫はとことん眠い」って本がありました。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

この季節は紫色の花が多いのでしょうか。
とてもしっとりとして良いですね。
ロッドさんにも正体不明のキノコがあるのですね。
茎とカサだけなのに、ほんとうに多種多様といった感じです。
毎年のように中毒をおこす方が居るのも分かるような気がします。
素人は眺めるだけにしておきます。
トラちゃん、猫に小判なんて言われていますよ。
ちゃんと分かってるから〜って言わなくっちゃ。( *´艸`)
投稿者: なっつばー   20/07/18 01:33
なっつばー様
コメントありがとうございます。
私は紫色の花が好きなんですよ。
8月には桔梗、秋になるとリンドウが咲きます。

キノコは種類が多くて、まだ命名されていない物もあるんですよ。
図鑑に載っていない物が多いです。まあ、とにかく鑑賞するだけでも面白いです。
上の茶色い大きなキノコは、猛毒のニセクロハツに少し似ています。去年三重県で死者が出ました。
地味な色で美味しそうなキノコのほうが危ないです。
赤いキノコのほうが安全?(笑)

香蘭社のお椀は実家にあったのですが、5000円だとか!
香蘭社のサイトを見てみると、5000円は安いほうでした。
絵柄が印刷で安っぽい感じがするので、ニセ物ではないかと思ってしまいます。
猫に小判とは、私の事かもネ(笑)
投稿者: ロッド   20/07/18 04:44
大きなキノコに目が釘付けです(*´艸`*)
その次のキノコもなんていうキノコか、見当もつきませんが、
美味しそうに見えるキノコほど要注意なんですよね。
カバイロツルタケは、こちらにもよく発生するキノコですが、
もしものことを考えると、怖くて手が出せません(^_^;)
ワラビとフキがまだ収穫できるなんて、羨ましいです。
トラちゃん、お外に出られないから、ふて寝かな?(*´艸`*)
投稿者: pil   20/07/18 05:26
pil様
コメントありがとうございます。
気がつきませんでしたか?上のキノコとその下のキノコは同種です。
大きいのは不味いので、ちょうど良さそうな美味しそうなのを採って来たんですが、用心して食べませんでした。
最初はハルシメジかニオウシメジかな?と思いましたが、どうやらベニタケの仲間のようです。
チギレハツタケに似ていますが、大きくなるとヒダが着色するのが違う。

カバイロツルタケはたくさん出ますね。灰色のはツルタケで、これも食用。
しかしドクツルタケは猛毒です!
簡単に区別できますが、やはり食べる気になりません。一度食べれば次からは良いんですけどね。
まあ、他にも美味しいキノコはたくさんあるので、危険をおかして食べるほどの物でもないでしょう。

ワラビは今日も鍋に入っていてアク抜き中です。
次から次へと出て来ます。
フキは今後は筋っぽくなって食べにくくなると思いますが、いつまで食べられるかな?

トラキチは最初は外に出たくてドアをガリガリやってダダをこねますが、そのうち諦めの境地に達して静かになります。
なかなか賢いですね(笑)
投稿者: ロッド   20/07/18 11:24
同じキノコたったんですね!
ヒダの色が全く違ったので、別の種だと思ってました。
ますます謎が深まった感じです(*´艸`*)
トラちゃん、外に出たくてダダをこねるんですね。
ということは、やっぱりふて寝でしたか。(笑)
投稿者: pil   20/07/18 23:21
こんにちわ〜
天気予報が外れたのか夏空が広がって久々の青空!気持ちが良いです
お布団や洗濯物も良く乾き、太陽はありがたいです

ホタルブクロきれいですね〜
群生してるようでうらやましいです
色も濃くて素敵です

キツリフネも可愛いですね〜
いろんな花がどんどん咲いてきますね
そちらもお天気だったかな?
投稿者: misako   20/07/19 15:23
pil様
再びありがとうございます。
実物を見たときにはヒダが白く見えたんですが、写真には茶色っぽく写りました。
図鑑を見てもわからず。しかしたくさんあるんですよ。去年も出ていました。
美味しそうなので気になります。しかし匂いは良くないです。

トラキチは頭コチコチに固いので、外が雨でも玄関のドアをガリガリやって出たがります。融通がきかないんですよ。
窓から外を見ているのに雨だってわからないのかな?
投稿者: ロッド   20/07/19 16:05
misako様
コメントありがとうございます。
こちらも青空で良い天気です。急に暑くなりました。
本当に太陽はありがたいです。
布団を干して冬物を洗濯して片付けます。

ホタルブクロは道端にあるんですよ。
庭に植えたのに咲いてくれません。
別の場所には白い花もありました。
大好きな花なんですよ。

キツリフネ、ここに住むようになって初めて知った花です。
これも庭に植えたのに絶えてしまいました。
花を私物化しようとせず、自然界で咲いている場所に見に行くのが良いですね。
投稿者: ロッド   20/07/19 16:06
今の季節はいろんな釣鐘草が咲いててそれがまたかわいらしいですよね。
私も昨日久々に山の方へ行って、やっと釣鐘草何種類か見ることできました。
キノコも道端にいくつか出てるのを見ました。
でもどれも食べられないのばかり(たぶん)。
猫の水入れは、専用のものだとちゃんとした焼き物でお値段もそれなりにするのが売られてるけど、味もよくなるとか?
トラちゃんのもいいものを使われてるから、美味しく飲めてるはずだと思いますよ♪
ご飯も外でだとさらに美味しく食べられるでしょうね^^
投稿者: alpenkatze   20/07/19 17:17
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
トラキチはもう年なので精一杯可愛がってあげようと思っています。
美味しいメカジキも毎日少しづつ食べてるし、水は一度煮沸した湯冷ましです。健康のために水は重要ですからね。
高級な器を使っているのは私の単なる自己満足です。

外で遊ぶときは水とか餌が欲しくなると家の中に入りたがるので、出たり入ったり忙しいです。
それで、外で食べてもらうことにしました。これでノンビリくつろげます。
犬と違う点はトイレですね。家の中の決まった場所でないとできません。
犬は散歩に行くと必ずやりますよね。

釣鐘型の花、他にもいくつかありますね。
来月咲くツリガネニンジンはスズランのような可愛い花です。
ホタルブクロと同じく桔梗の仲間です。

今年は雨が多いのでキノコはどんどん育っています。
裏庭に白い巨大なキノコが出ました。毒ではないけれど苦くて食べられないやつです。まあ、観賞用ですね(笑)
今日は久しぶりに晴れて青空が見えました。
梅雨明けも近いかな。
投稿者: ロッド   20/07/19 19:48
ショウブとカキツバタ(それとアヤも?)、ほとんどの人がごっちゃになってますよね。
尾形光琳の有名な絵はカキツバタ。
実物の花より濃い色ですが深い色合いが素晴らしい絵です。
我が家の庭にもホタルブクロが白と紫と両方咲きます。
花の重みでだんだん垂れてしまうのが残念ですけど。
ロッドさんはキノコを図鑑で調べるようですがあやしいものは食べないのですよね。
素人にはとてもじゃないけど見分けがつきません。
雨の日はぽんちゃんでさえすぐ二度寝に入ります。
雨だと狩りに行けないから体力温存のため寝るという本能でしょうか。
飼い猫はお皿の前に座れば餌も出てくるし
体力余ってるはずなのにね(^^;
投稿者: NEccoSun   20/07/19 20:54
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
「いずれがアヤメかカキツバタ」なんて言うから余計わからなくなるんです。
何も言わなきゃ混同することもありません。
花菖蒲の事を省略形で「菖蒲」なんて言うから、本物の菖蒲と混同してしまう。
カキツバタは純和風で良いですね。
桜とともに日本を代表する花だと思います。
自然界では最近は激減で、絶滅危惧種になっています。
花菖蒲のほうは強いです。

そちらではホタルブクロが自然に生えてきて繁殖しているというので、いいなぁ、と思っています。
うちでは植えたけど絶えてしまいました。よそへ行って鑑賞します。

キノコの見分けは本当に難しいです。
図鑑で見ただけで食べるのは、あまりに危険!
写真と実物では違います。
食べるのではなく観賞用と割り切っていれば気楽なものですが。
まあとにかくキノコはいろんな種類があって面白いです。

猫がよく眠るのは健康な証拠です。
世の中いろいろあって大変ですが、猫だけは平和です。
投稿者: ロッド   20/07/20 04:30
今年の梅雨は本当によく降ります。
昨日今日とやっと雨があがりましたが、この後もまた雨の予報がでてます。
いつもの年の半分の日照しかないのだとか。
植物(特に野菜)の成長に影響が出てるみたいですね。

昨日のリックの散歩のときに、とても大きなキノコを見付けました。
大きな夏ミカンくらいで、見た目はシイタケのような感じで、ロッドさんの写真のキノコに似てました。
ロッドさんのキノコもとても大きそうですね。
千葉県にはクマが生息してないため、クマよけの鈴を見たことないので、キノコのサイズがちょっとわからないのですが(^^;

こちらでは秋に普通のツリフネソウが休耕田に咲いてるのを見ますが、黄花は見たことありません。
キツリフネは千葉県では絶滅危急種になっているようです。
数は少ないけれど、県内のどこかに生えているみたいですね。
平地では8〜9月頃に咲くらしいので、気を付けて探してみようと思います。
投稿者: woojyan   20/07/20 15:17
woojyan様
コメントありがとうございます。

キツリフネが絶滅危惧種!?
こちらにはたくさんありますけど。
良い話を聞きました。大切に保護したいと思います。

昨日も今日も晴天なので梅雨明けかな?
と思いましたが、夕立がザー!と来てその後ジメジメした梅雨に逆戻りしました。
喜んでいるのはキノコとカエルかな。
こちらも日照不足ですが、関東地方はかなりひどいみたいですね。

上の大きなキノコの正体が判明しました。ブロ友さんのおかげです。
毒ではないが食不適。味は最悪らしい(苦笑)
熊よけの鈴の大きさですが、これは熊よけ専用ではなく海外旅行のお土産で、「皆さんご飯ですよー♪」と家族に知らせるための鈴です。
キノコの大きさは15cmぐらいでした。

椎茸のような大きいキノコですか。でも椎茸なら木の幹に生えますが、それは地面から生えてたんじゃないですか?
初夏のキノコはほとんどがベニタケの仲間です。種類が多く色は赤・白・茶色・紫と様々ですが、だいたい皆同じような性質です。
猛毒ではないが、苦くてまずくて食べられない。食感はボソボソとして最悪。
たまに味が良い種類がありますが、ボソボソした食感は同じです。
投稿者: ロッド   20/07/20 18:06


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません