20/10/09 00:27

滝めぐり

前回ご紹介した滝は写真ではずいぶん山奥のように見えますが、実際には街にかなり近いんですよ。
うちは、この滝の背後の山を2つ3つ越えたずっと奥のほうなんです。
あの滝の水源になっている川は、うちの近くではちょろちょろ流れる小川です。

 

今度の滝はもっと街に近い場所です。長野県庁から車で10分。国道406号沿い裾花大橋の所です。
優に落差100mはありますね! いつも紅葉の季節には残念ながら水量が減ってしまいます。
これは数年前の写真です。今年はまだ紅葉していません。

こちらは初冬に撮影した写真です。
カメラに収まりきれなかったので、2枚に分かれています。
上に小さな小屋が見えますね。
これは何なんだろう?水車小屋?それとも仙人の家?
長ーい釣り糸を下まで垂らして、日がな一日ノンビリと魚を釣って暮らしているのだろうか(爆)
とても興味をそそられました。

しかし、どうやってこの上まで行くんだろう?
地図を見たら上の方、裏側から行く道がありました。それで「探検」に行ってみました。
すごく細い山道で、軽自動車でギリギリです。万一対向車が来たらアウト。
やっとたどり着きました。これは小さなお寺でした。

地元の人の話では、昔々に弘法大師が来てここの水で喉をうるおしたのだとか。
このあたりには弘法大師ゆかりのお寺が多いです。
信濃33番とか、お遍路さんのように巡る人がいるのかな。
うどん文化も、讃岐うどんの本場四国から弘法大師が持ち込んだのかもしれません。
この地域ではうどんは主食のようなものです。

上から見下ろしたところ。ダム湖です。
ダムができる前は、もっともっと落差のある滝だったのでしょう。

 

こちらの滝は全然違う場所です。
須坂市から東の山奥の、群馬県に近いあたりです。
江戸時代に関所を通らずに群馬県へ行く秘密の山道があったそうです。
「米子の滝」です。これは全国的にも有名です。このすぐ横に同じような滝がもう一本あって、遠くから見ると壮観です。
祖父が写真家(写真館経営)だったので、大判のパネルになった見事な写真が実家に飾ってあります。
この写真は私が昔フィルムで撮ったものです。フィルムのほうがデジタルより綺麗に撮れますね。
ここには昭和初期に米子鉱山町(硫黄)がありました。
最盛期には何千人もの人口があって学校もあり、立派な街だったそうです。今は廃墟になり誰も住んでいません。
もし今でも当時の町並みが残っていれば探検に行ってみたい気もしますが・・・
千と千尋の神隠しのような恐ろしい事が起こりそうです。
この滝の上のほうには、ラグビー等の夏合宿のメッカ菅平高原があります。
県境の向こう側、群馬県にも同じような鉱山町の廃墟があります。
小串鉱山です。ここは昭和40年台までやっていたので、廃業したとき私の学校へ転校生が大勢来ました。
父の仕事もこの鉱山に関連がありました。父に連れられて行ったことがありました。

 

彼岸花とコスモスのコラボ。

 

トラちゃんは今こんな状態です。
大好きな羽毛布団が、いよいよ出て来ました。
布団の海ですね、極楽です(笑)
顔だけ出して眠っているのは人間みたいですね。
最初は全身布団にもぐっていますが、暑くなるとこのように顔だけ外に出します。

 

先日のタマゴタケのポタージュスープです。
パンのおかずには最高です。ピーマンの細切りを薬味にしました。
右は和風キノコ、アミタケの味噌汁です。
油揚げ+青味は蕪の間引き菜です。

アミタケはヌメリイグチの仲間です。
裏が網状になっています。熱を加えると紫色になるので毒々しいですが、変なクセがなく食感がとても良い。

これはハラタケ。スーパーに売られているホワイトマッシュルームの野生種です。
このように巨大になります。裏が黒いのでススタケと呼ばれ、日本では不人気です。汁物に入れると黒くなっていけません。
パスタなど洋食には良いですね。旨味がすごいです。

オリーブ油で炒めました。
黒くていけませんが、味は良いです。
こんなに旨味の強いキノコは他にはありません。マツタケやシメジより上です。

※裏が白くて根本にツボがあるのは、猛毒のドクツルタケです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

近くで滝廻りができるなんていいですね〜^^
滝を見に行くのはツーリングの目的になりますが
しばらく週末のお天気が悪そうで残念( ;∀;)

コスモスとヒガンバナ、美しいですね!
どちらも秋の代表格ですが、一緒に見られるなんて贅沢です。

トラちゃん、お布団の海でおぼれないようにね(笑)
投稿者: しーな   20/10/10 11:41
しーな様
コメントありがとうございます。
滝めぐりですが、ここでご紹介した滝は無名の滝なんですよ。
地図にも載っていません。
須坂市の米子の滝は全国滝100選にも「米子大瀑布」として入ってます。
ここは車を置いてからかなり歩きます。バイクなら入れるかもしれないけど叱られるでしょうね。
後でわかったんですが、別の道もあって近くまで行けるみたいでした。

彼岸花は街へ行く途中の山村で撮影しました。
道からよく見える場所に花壇が整備されていて美しいです。

トラちゃん、お布団の海でもう溺れてます(笑)
投稿者: ロッド   20/10/10 12:38
落差100m以上の滝ですか!
高い山やたくさんの雪が降るからこそ、こんな素晴らしい滝ができるのでしょうか?
紅葉や新緑の時期は本当にきれいで、滝巡りして写真を撮るのは楽しいでしょうね。
うちから気軽に行ける範囲には、滝と名がついていても、こんな落差のある滝はありません。

ロッドさんのおじい様は写真家だったのですか。
明治生まれですよね?
ハイカラな大正時代や戦前の家族写真などもたくさん撮られたのでしょうね。
古い写真もカメラも、今となっては宝物ですね。
投稿者: woojyan   20/10/10 15:27
woojyan様
コメントありがとうございます。
祖父は昭和初期から写真館を経営していました。
お祝いごとの家族写真や学校行事の記念写真などが主な業務でした。
当時は家庭にカメラはなくて、写真は特殊技能だったのでした。
時代の最先端を行っていたわけですね。
駅から店まで行列ができたという逸話もありますよ。
祖父が使っていたカメラは「写真機」と言うべき大げさな物でした。
木でできた大きな箱で蛇腹の先に大きなレンズが付いていて、頑丈な大きな三脚に載っていました。
フィルムではなく15cm角ぐらいのガラス乾板を、一枚ごとに交換して撮影しました。
ピント合わせはスリガラスでした。

滝はいろいろあります。どのくらい小さいのまで滝と言うのか知りませんが、他にもたくさんあって面白いです。
たしかに水が豊富なのは雪解け水のせいかもしれません。
夏になっても地中に染み込んで地下水が豊富なはずです。
投稿者: ロッド   20/10/10 16:38
そちらは紅葉はまだなのですね。
こちらは街路樹も色付いてきて、秋の深まりを感じています。
落差100m、水量がある時はすごい迫力でしょうね。
上に見えているのはお寺でしたか。
ダムができる前は、ここからどんな景色が見えていたのでしょう。
わぁ、きれいなアミタケ!
ヌメリイグチも1本混じってますね。
ホワイトマッシュルームかな?と思われるキノコは何度も見ているんですが、まだ食べてみたことはありません。

トラちゃんの一番のお気に入りは、羽根布団なのかな(*´艸`*)
彼岸花とコスモスの写真が、とっても素敵です(*´▽`*)
投稿者: pil   20/10/10 16:44
こんばんわ〜
今日は一日雨ですね〜
滝、素晴らしい景色です
紅葉すると風情があって良いでしょうね〜

毎週土曜日に人生の楽園っていう番組を見
ています

田舎暮らしを満喫されてるいろんな方の生活ぶりを放映されてます

憧れがありいいな〜っと思いつつ楽しみに見ています

ロッドさんの所にお邪魔するとまさしくそんな感じだな〜っていつも思います

今日も6時から見ますよ〜!
投稿者: misako   20/10/10 16:50
pil様
コメントありがとうございます。
うちのほうは若干紅葉していますが、平地ではまだです。
キノコはまだ夏のキノコで、半月ぐらい遅れています。
ハラタケもアミタケも夏のキノコなんですよ。
アミタケはたくさん出ていますが、本当に良質な物しか採りません。
昔は何でも採っていましたが、最近は贅沢になりました(笑)
さすが、よくわかりましたね。ヌメリイグチも1本混じっています。
食べ比べたら、食感はアミタケのほうが良いですが、コンニャクのように味がない。ヌメリイグチはほんのり松の香りがします。
事前に茹でこぼしたからで、アミタケをそのまま調理すると雑巾のような悪臭があります。

ホワイトマッシュルーム=ハラタケですが、これは毒々しくて不気味です。
皆さんスルーします(笑)
でも見分け方は簡単です。裏を見れば良いのです。
猛毒のドクツルタケやテングタケの仲間はみんな裏が白いです。
ススタケという和名はわかりやすくて間違いがありませんね。

写真お褒めいただきありがとうございます。
トラちゃんは今夜も羽毛布団に埋もれて極楽です(=^・^=)
投稿者: ロッド   20/10/10 19:11
misako様
コメントありがとうございます。
台風は心配しましたが、Uターンして帰って行きましたね(笑)
こちらちょうど良い雨量で、恵みの雨でした。

ここではテレビは見られないんです。
地デジ化のとき、アンテナも地デジ専用にしなければダメで、しかも電波が弱いのでブースターも必要とのことでした。大変な費用がかかるので諦めました。
もっぱらラジオ。それもNHKのみです。

田舎暮らしは都会の皆さん憧れますね。
でも実際にはかなり大変です。古い村社会に入って行って周囲の人たちと馴染むのは大変です。よそ者はなかなか受け入れてもらえません。
幸いここは別荘地なので近所付き合いがなくて気楽ですが、いざというときには誰も助けてくれません。
お金で解決できないことが多いです。年をとってからでは新しい環境に馴染むのは難しいですね。
旅行に行くとか、別荘を買ってたまに行くのが良いと思います。貸し別荘という手もありますね。

私の所は田舎暮らしというよりも、それを超越して山岳の生活です。
周囲には畑も集落もまったくありません。
庭を畑にしましたが、気候も土も悪くほとんど何もできません。
投稿者: ロッド   20/10/10 19:12
pil様
滝の話を書くの忘れました。
ダムができたのは割と最近のことなので、地元の人は昔の景色を覚えていると思います。
あまりにも高いので、たぶん水は途中で霧になってしまって下まで届かなかったのでは?
想像すると神秘的です。下で座禅を組んだら良い修行になりそう(笑)

ドイツには滝はありませんか?大平原なので、アルプス山脈のほうまで行かないと見られないかもしれませんね。
でも、そちらの地方でも川の流れが急だそうなので、滝はあるかもしれませんね。
投稿者: ロッド   20/10/10 19:29
misako様
滝の話を忘れました。
信州へ滝を見にいらしてください。
高山村には「裏見の滝」がありますよ。滝の裏側が凹んでいて、そこに道があって歩いて通ることができます。雷滝です。
裏から見るとすごい迫力です!
その道路沿いには他にも滝があって見事です。
投稿者: ロッド   20/10/10 20:01
滝巡り素敵ですよぉ!
廃墟の町、ちょっとドキドキするですねぇ!
廃坑を展示してくれてるところも楽しいですよねぇ。(ホントの、天然の廃坑探検はちょっとコワイですが・・・)

きのこさんのスープおいしそうですよぉ!
そろそろ鍋もいい季節ですねぇ。
GaviTibi沙眉クーおねえちゃん、
コメントありがとうございます。
今度戸隠へ来たら滝巡りも楽しみですね。

ネット上では廃墟マニアのサイトもあって、かなり悪ノリしていて問題です。
許可なく勝手に入って行ってしまうんです。
廃墟になった病院は幽霊が出そうで怖いそうです。

私は小串鉱山には馴染みが深いので、数年前に近くまで行ってみました。
でもさすがに廃墟の街には入りませんでした。「立入禁止」の看板がありました。
ネットで見たら公園に錆びついた遊具があったり・・・

その後ますますキノコが収穫できて、次回のブログネタは鍋物にしようかと思っています。
でもあまりたくさんは食べないんですよ。キノコは嗜好品ですからね。
投稿者: ロッド   20/10/12 19:05
滝めぐり、良いですね\(^o^)/
落差100mなんて見てみたい!いいなぁ。
しばらく長野県へ行っていない…
万座や湯田中、白馬へは行ったことがあるんですよ。
ただ滝を見た記憶はなく、素敵なところがあったなら(穴場?)行きたかった〜
離れてるかな(・・?

トラちゃん羽毛布団でヌクヌクですにゃ(*^。^*)
ウチもよく羽毛布団に埋もれていました。
水鳥だけどそこは関係ないのか?とよく思っていたっけ(笑)
タマゴタケのポタージュ!これまたレストランで出てきそうで美味しそう。
ロッドさんのお料理を見ると、いつも同じ類のものが食べたくなっちゃいます。
明日はポタージュだな、うんうん(^^♪
投稿者: まりん   20/10/12 22:27
滝巡り、いいですね。
紅葉がなくとも滝の姿って本当に美しい。
氷点下になったりすると滝もやっぱり凍るんでしょうか?
以前、氷点下10度くらいの時に山付近を散歩したら滝が見事に凍ってて感動したのを思い出してしまいました。
おじい様が写真家だったとは、なるほど、ロッドさんのカメラ好きはおじい様から繋がってるものなんですね。
ハラタケって、pilさんの方でアップされてたのと同じ種類のものでしょうか?
こんなに大きくなるんですね〜。
うちの近所の森は相変わらず食べられるものはすぐに摘まれてしまうので、私はスーパーで購入したのを安全に楽しみたいと思ってます(笑)。
投稿者: alpenkatze   20/10/13 05:22
まりん様
コメントありがとうございます。
万座温泉は子供の頃よく連れて行ってもらいました。初夏のタケノコ狩りが楽しかったです。
湯田中温泉も馴染みが深い場所です。父の何かのお祝いの会も湯田中でした。
滝が見たいなら、高山村の山田温泉の近くにたくさんありますよ。
ぜひ、お薦めしたいです。幹線道路から2本の滝が良く見えるし、雷滝は「裏見の滝」と言われ、遊歩道が滝の裏側にあってすごい迫力です!

羽毛布団は元々鳥さんだってわかってるのかな?
鼻が敏感なら鳥さんの匂いがすると思うけど。
とにかく猫は上質な天然素材が好きですよね。
毛布だって純毛の。つまり羊さんに抱かれて寝ているということ(笑)

お料理の話題は良いですね。次回は鍋物なのでご期待ください。
このポタージュ、実はカップスープなんですよ(笑)
簡単ですが、利用価値は大きいと思います。
牛乳を入れるとさらに美味しくなるし。具材も工夫すると豪華になります。
明日はポタージュにしてくださいね(^_^)/
投稿者: ロッド   20/10/13 08:50
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
凍った滝は写真で見たことがありますが、自分では見たことがありません。
厳寒期には家にこもってますので。
このへんは雪が多くていけませんが、雪が少なくて寒さが厳しい佐久地方へ行けば凍った滝の名所があるみたいです。

母の実家が写真館だったんです。それで写真の専門誌がいつも置いてあったので、子供の頃から見ていました。
祖父も叔父も写真は職業だったので好きでやってるわけではなく、楽しんでいる感じではありませんでした。
やっぱり趣味として楽しむのが良いですね。

ハラタケは大きいですよ。
pilさんのとは少し種類が違うかもしれませんが、ここのも小さい時は同じような外観だったと思います。
スーパーに売られているのは小さいですが、傘が開いて大きくなると売り物にならないのでしょうね。
猛毒のテングタケの仲間に似ていますが、裏のヒダが着色していること根本にツボがないことで区別します。
そちらの森は競争率が高いのですね。うちの前の道端には食用キノコがたくさんありますが、そのまま放置されています(笑)
キノコ狩りは楽しいですが、虫食いや汚れが多く食べる前の下ごしらえに手間がかかるので、食べるのが目的なら買ったほうが良いと思います。
一部の特殊なキノコは別として、普通は味もそんなに違わないと思います。
投稿者: ロッド   20/10/13 08:51
ほんとに滝が多いんですね。
でも紅葉の時期に水量が少ないのは残念。
滝と紅葉は絵になるのに。
フィルムカメラで撮った写真味があっていいですね。
私も子供たちが小さい時はフィルムカメラでした。
サッカーの試合でもちゃんとピントを合わせて撮ってましたよ。

菅平高原はこのあたりなのですね。
天気予報でダントツに寒い所です(@_@)
昔栄えた鉱山は今ではどこも廃墟になっているのかな。
当時は人口も子供も多くにぎやかだったでしょうに・・・
キノコのポタージュ美味しそう♪
イグチはダンナが好きなキノコです。
ダンナの実家の方ではよくキノコが取れたそうで、手のひらほどのマツタケが取れたというのが自慢なんですよ。
今週は暖かいけどそろそろ本来の気温に戻りそうです。
トラちゃん、あったかくして寝るんだよ(^^)
投稿者: NEccoSun   20/10/13 19:54
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
滝は面白いです。地図に載っていない無名の滝にも素晴らしいのが多いんですよ。

フィルムで撮った写真はそのまま見るのが一番なんですが、スキャナーでデジタル画像にしても味わいが違います。
なぜなのか?不思議なところです。

菅平と野辺山は本州で一番寒い場所ですね。
北海道の奥地より寒い、日本で一番の低温を記録することもしばしばです。

廃墟になった鉱山は全国にありますね。
鉄筋コンクリートの立派なアパートが立ち並んでいるのは秋田県だったか。そこも今は廃墟です。
みんな輸入に変わっちゃったんです。
小学生の頃、鉱山で働くお父さんが仕事を失って、家族で街へ引っ越して来て、転校生が大勢来ました。
子供はみんな無邪気ですが、今になって思い出すと複雑な気持ちです。

キノコのポタージュですが、美味しいのは特定の種類です。
イグチ類は味噌汁や和風料理が良いです。
松茸ですか!! 売ってるのを見たことしかありません。
ここには全然ないし、故郷の須坂市には松茸山がありましたが昔(私が生まれる前)の話で、今はもう出ません。
父は昔そこで会社の皆と一緒に松茸料理の大宴会をやったそうです。

今はストーブの上でお湯を大量に沸かしていて、これからキノコを茹でるところです。
今日はたくさんの収穫がありました。
トラちゃんは羽毛布団の中に沈んでいます(笑)
投稿者: ロッド   20/10/13 21:15


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません