19/03/22 00:13

ずくだせ!

「ずく」というのは長野県の方言で
「勤勉にマメに働く」意味です。
モチベーションという言葉が一番合っているかもしれません。
「ヤル気を出して手間暇惜しまず」というニュアンスです。

先日、小川村で見つけた「ずくだせ明王」ですが、
詳しい説明がありました。
最初は江戸時代の物かな?と思いましたが、1987年に作られた物でした。

1)火焔;自己破滅から自己完結へ。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある。
2)経巻;世界の真実を見出す。本質開眼。
3)ずく光球;他人の宝・価値を見つけ出す。
4)馬;己の価値に目覚める。
5)鳥;全ての本性は清浄・平等であると信じる。
6)ギター;他を楽しませ、自らも楽しむ。
7)スコップ;口ばかりでなく体を動かして働く。
8)剣;怒りの知恵。心身の調和で魔性に打ち勝つ。

踏みつけているのは「過疎小僧」
ずくを出して働き、村の過疎化を食い止めるという意味なのでしょう。
しかしなんで「小僧」なのか?疑問。

難しくて意味不明の部分が多いです(苦笑)
馬がなんで「己の価値に目覚める」象徴なのか?
わかりませんねぇ。
ギターはクラシックギターとかフォークギターではなく、なんでエレキギターなんだろう?
もしかして、この彫刻の作者はギンギンのバンドマンかも?
意外と若い人?いや団塊の世代でもそういう人いますよね。

このシリーズであちこちにあるそうです。
ずくだせ3兄弟(団子三兄弟が流行った頃にできたらしい)
ずくだせ明王;小川村・アルプス展望広場
ずくだせ地蔵;小川村立屋・森の宿林りん館内
ずくだせ観音;小川村成就字酒盛場・お帰り桜公園
※成就というのは地名です。ここには成就窯という陶芸家の工房があります。
酒盛場!?
コレをネタに酒を飲んだら酔いが回って大変な事になりそうだ(笑)

どうやら村おこしの象徴のようですね。
小川村って結構面白そうです。

作者;長野市鬼無里の彫師・高橋敬造氏
鬼無里は小川村から峠道を越えて隣になります。
7)スコップ;口ばかりでなく体を動かして働く。
たぶんこの人はおしゃべりな性格なのでしょう。
村の衆は寡黙で控え目な人が多いので、この人は都会から移住して来たのでしょうか?
小川村・鬼無里・戸隠などでは芸術家を誘致しています。
サラリーマンとは違い、通勤の必要がなく、田舎でも仕事ができる特技がある人を歓迎です。

この人は「ずく」という言葉のニュアンスはわかっているようなので、長野県出身なのかもしれません。
でもやっぱり地元鬼無里の人ではなさそうです。

試しにネット検索してみたら、
ご本人のHPはありませんでしたが、著書や展覧会の紹介がありました。
やはり県外のご出身でした。

高橋敬造(たかはしけいぞう)
1946 年神奈川県平塚生まれ。20歳まで平塚に在住、1980年代より木彫を始め、1985年より一家で信州鬼無里村(現・長野市鬼無里)に移住。木の根や、倒 れた木を素材に、木本来の形や性格を生かした独自の作品を彫り続けている。著書に『きしりに彫る』(ふるさと草紙刊行会)

 

私もずくを出して、
スコップならぬバチツルを修理しました。
柄が腐って折れてしまったので、森から切って来た堅木を1年乾燥させて作りました。買えば結構高い(1000円ぐらい)
カンナで削るつもりでしたが、手間がかかりすぎるのでナタを使ってみました。ナタで荒削りした後、カンナで仕上げます。
本式には全体をテーパー状に削ってスーっと通して、太い先端部で受け止める構造にすべきなのですが、削るのに手間がかかりすぎるので臨時にボルトで抜け止めを作りました。
これでも何とか実用になりました。
今度ヒマなときに全体を削って完璧な物に仕上げようと思います。

凍った雪を砕いて片付けるのに使います。
あと、前の道路が未舗装なので雪解けでひどい泥んこで、車のタイヤがハマってしまうので、自分で道路工事をしないといけません。

この自分こそが「ずくだせ明王」のような気がしてきました(汗)

さらに「ずくだせ!」
うちには水道が来ていないので、水はよそへ汲みに行っています。
これが大変な手間なので、庭で雪や雨水を貯めて、
しかしそれは飲用には適さないので洗い用に使っています。

今年は暖冬でしたが、それでも氷の厚さは20cmに達していました。
太陽熱で少し融けた水をすくい取って利用しました。
この分厚い氷をタガネとハンマーで叩き割って、大鍋に入れストーブで融かす事もしますが、それは水不足の最後の手段です。
たとえば大雪で外出できなくなった場合など。

 

さて、よく働いたから、
寝るぞ!(笑)
このお方は?
「タイマン明王」です(@_@;)

明王様は高級な漆塗りのお膳でお食事をされます。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/03/15 00:22

美味しい春野菜

妻の所へ行って野菜をもらって来ました。
右側の青菜は野沢菜とルッコラ。
秋に収穫せず、そのまま畑に放置。春を迎え新芽が出て生き生きとしています。
4月になれば花芽が出て、それは最高のご馳走です。
上に見える「蕪」は野沢菜です。
野沢菜は蕪の一種なので、根も美味しく食べられます。

ルッコラは洋風スープやパスタ、味噌ラーメンに。
人参も大成功でした。秋にできた物を畑で放置。必要に応じて少しずつ収穫して食べられます。
その他にもキャベツ・白菜・ほうれん草も冬の間じゅう畑に放置して美味しく食べることができました。
素晴らしい保存食!野菜はほとんど買う必要がありませんでした。

フキノトウはもう花が咲いてしまって遅かったですが、食べられそうな物を選んで摘んで来ました。
長芋は頂き物です。ネギとリンゴは道の駅で買いました。

豆も買いました。
パンダ豆、くらかけ豆、青豆。
豆はこの地区の名産品で、美味しくて定評があります。

お金をかけなくても豊かな生活ができる、田舎暮らしは良いなぁ、としみじみ思いました。
ちなみに、生活費は月2万円(ガソリン・灯油・食費・教養娯楽費含む)程度で十分に豊かな暮らしができています。
電気料は月2000円、あと電話代・ネット料金、保険料などがかかります。
全部合わせても月35000円程度でしょうか。

 

お隣さんの庭先には綺麗な花々が咲いていました。

福寿草、黄色いクロッカス、白いのもクロッカス?
次は何が咲くかな?

 

久しぶりに小川村のアルプス展望広場へ行ってみました。
右上の飛行機雲を撮影したのと同じ場所です。
立派な双眼鏡が据え付けられていて、これはコインを入れなくても無料で見られました。
なんと!スキー場を滑っている人の姿まで見えました。
直線距離15kmあります。

すぐ近くに奇妙な仁王像のような物がありました。
「ずくだせ明王」だそうで詳しい説明がありました。
右側の玉に金色で「ずく」と書かれています。
とても面白かったので、これについては次回に。
「ずく」というのは長野県の方言で「勤勉」という意味です。

 

家に帰って来たら吹雪になりました。
そして今日はさらに新雪が15cm積もりました。
また除雪車出動で道路わきの雪の山が高くなりました。
同じ長野市内なのに、気候はえらい違いです。

このお方は「ずく」とは無縁、180度反対側の世界に住んでおられます。

 

ストーブの上で土鍋で作ったニシン蕎麦です。
身欠きにしんと昆布と大根を煮込んで蕎麦を入れました。
良いダシが出ました。ニシンから脂が多く出ますが、まろやかで美味しい。
ニシンは小骨が多いですが、軟らかいので噛み砕いて全部食べられます。
下のほうには去年の冷凍保存の天然キノコが隠れています。
シモフリシメジとムキタケです。とくにムキタケが肉厚でとろける食感で歯ざわりもよく美味しかったので、この秋も期待したいです。

右は去年の秋のムキタケです。これを見つけたときには嬉しかったなぁ^^¥
霜が降りるような晩秋に出ます。
見た目はヒラタケに似ていますが、味はずっと美味しいです!しかし栽培物は見かけませんねぇ。
毒キノコのツキヨタケと間違える中毒事故が多いそうです。
ツキヨタケは裂いて根本を見ると黒いというので、慎重に見極めました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

19/03/08 10:18

春の雪

4日夕方の雨が深夜に雪に変わりました。 木は雪化粧して花が咲いたように見えました。 昨日もまた、同じぐらい積もりました。

さらに30cm積もるとか言ってますが、本当かなぁ?

→今朝起きたら20cm積もっていました!久々に除雪車出動。 しばらくは家にこもります (-_-;)

トラちゃんのお立ち台も雪でびしょ濡れでしたが、

積雪は3cm程度だったので昼にはとけ、トラちゃん背すじを伸ばして颯爽と爪とぎです^^¥

夜は暖かいお部屋で甘々です(*^_^*)

根雪もとけてきました。
全体にまだ30cmぐらい積もっています。これでも平年よりずっと少ないです。
木の根本からとけるのが不思議ですね。

 

この日は道路の雪が消えた午後から街へ買い物に行きました。
今年は暖冬と言われていますが、湖は全面結氷しています。

街へ出る中間地点の山村で福寿草を見つけました。

いつもよりだいぶ早いです。
よそでは梅の便りも聞かれますが、梅はまだまだ固い蕾でした。

花粉症の元凶、スギ花粉です。
今年は大量に付いています。
私も長年花粉症に苦しみましたが、山で暮らすようになってから症状がずいぶん軽くなりました。
花粉症は花粉だけでは発症せず、ディーゼル車の排気ガスと一緒になると発症するのだそうです。
空気の綺麗な高原に行くと、花粉症が治ってしまう場合があるようです。

 

昔の写真です。
サクラちゃんがいた頃は、毎年ひなまつりは鯛のお刺身を買って来て豪華にやりました。
サクラちゃんの大好物だったんです。
望遠鏡の三脚にスリスリして喜んでいます。

トラちゃんは鯛の刺し身はあまり好きではなく、
「なんだ、こりゃ」って感じでした。
一応”義理”で食べましたけどね(笑)
好物はカツオ・マグロです。

今年は鯛のアラ煮を作りました。
2つ入ってこのお値段。しかも鮮度も良かったです。
目を見ると鮮度の良さがわかりますね。

魚屋だった祖父から、鯛の頬肉が一番美味しいと教わりました。
ほんのわずかしか取れない貴重品です。

昆布と塩と酒と生姜で煮込みました。
これは最高!!
骨ばかりで肉が少ないので食べるのに手間がかかりますが、味は最高です。
ただ鯛の骨は硬くて危険なので、猫ちゃんに食べさせるときは骨は注意深く取り除いて肉だけ与えます。
トラちゃん、喜んで食べました。鯛の場合はお刺身よりも煮魚のほうが好きのようです。
ほとんど塩気を感じなかったので与えましたが、量は少しだけです。

冷えると煮汁がゼリー状に固まりました。
コラーゲンたっぷりです。
煮魚を羊羹のように四角く固めた「煮こごり」という料理がありますね。

素晴らしく美味しいダシが出るので、大根や人参や豆腐やネギを入れて寄せ鍋にしたり、うどんや蕎麦の汁にすると価値あります。
ブリ大根という料理もありますが、鯛のほうが生臭さがなくて上等です。
春は鯛が美味しい季節だそうなので、皆さんにお奨めできます。

これだけの量あると1週間も使えます。
去年の秋の冷凍キノコ(シモフリシメジ)があったので、高級なお吸い物ができました。
味噌汁や鯛茶漬けも美味しかったです。

ただ、鯛はウロコが邪魔で困ります。
あらかじめ包丁の背で根気よく取り除いてやれば良いのでしょうけど、面倒です。

ところで、左側に「アクセスカウンター」があります。
いつの間にか100万を超えていました。
100万突破は3月3日頃だったらしい。
このブログは2016年からですが、この数字はぜったいおかしいです。普通の10倍以上出ている感じがします。
カウントのしかたが普通とは違うのでしょう。
ちなみに掲示板のほうは10年になりますが、まだ10万も行ってません。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

19/03/01 00:33

ダルマストーブとダルマ猫(^◇^)

今日から3月ですが、まだまだ寒く
−10度ということはありませんが、−5度ぐらいにはなります。
昼は5度ぐらいになるので真冬日ということはなくなりましたが、24時間暖房が必要です。

灯油代節約のためにダルマストーブ稼働しました。
ですが室温10度だったのを20度まで上げるのに、薪を10kgも消費します。
24時間暖房の場合、灯油なら同じ10kg(10L)で3日分ですから、石油ストーブは素晴らしく効率が良いです。
しかし灯油代は月に8000円もかかります。
薪は無尽蔵にありますが、薪割りは大変な作業です。
薪が湿っていて着火に手間取る事も多いです。
着火したと思ったら、今度は燃えすぎてしまい、
暑くて夏服になったり。火力調節が難しいんです。
だから薪ストーブはたまにしか稼働しません。

トラちゃん、石油ストーブには興味ないですが、
薪ストーブは大喜びです。
ダルマストーブにダルマ猫、
良いコンビです(^◇^)

湯船につかっているオヤジのような顔ですね(笑)日光浴しているのと同じようにお手入れします。

ストーブで暖まった後は、お布団に”巣”を作っておネンネ。
トラちゃん去った後には穴が残りました(笑)

 

さて、美味しい物のお話です。
久しぶりに「つくし食堂」へ行きました。
お目当ては「おやき」です。
大人気なので、お昼に行くといつも売り切れ。
まだ一度も食べたことがありません。
だから11時に行きました。
ありました!
笹の葉で包んだ本格派です。
中身は野菜ミックス。
おやきですから、もちろん味噌味です。
期待どおり最高に美味しいおやきでした。
笹の葉の香りがほんのり。美味しい味付けで、皮の小麦粉の風味も絶品でした。
おやきは家に持ち帰って夕食にしました。

昼食には「おぶっこ」を食べました。
自慢の手打ちうどん、具だくさんの味噌煮込みです。
コシのある幅広麺で、小麦の香りがして美味しい。
右上の唐辛子味噌が薬味です。
とても美味しかったので、スープまで全部飲んでしまいました。
小鉢は長芋を揚げた物と自家製こんにゃく。
これもすごく美味しかった。
長芋って揚げると美味しいんですね!
量も多いですし、このセットで600円ですから安すぎです。

自家製こんにゃくがとても美味しかったので、レジの横にあったのを買って来ました。
すごく大きくて200円。
いかにも自家製という形をしていますね。
細かい穴ボコがたくさんあるので、味が良く滲みます。
スーパーで売られているアク抜き不要のこんにゃくと同じように調理してしまったので、アクが出てちょっと失敗でした。
2時間ほど水につけておいたんですが、それではダメ。
一度茹でこぼさないといけなかったんです。
それでも美味しかったです。食感が抜群に良いんです。

この地区ではこんにゃく芋の栽培が盛んです。
畑に今まで見たことがない奇っ怪な植物がありましたが、正体はこんにゃく芋でした。

 

念願の岩本彗星の撮影に成功しました。
2月7日に初めて見たんですが、そのときはすごく大きく明るかったのに機材の準備が間に合わず、良い写真が撮れませんでした。
以来、天候が悪かったり満月(スーパームーン)で月明かりが邪魔したり、位置を間違えていたりで見失ってしまいましたが、再びとらえることができて写真も撮れて良かったです。
今、地球から遠ざかりつつあり、チャンスを逃すともう二度と見ることができません。
計算によると1370年周期だそうです。
誰も知らない宇宙の果てからやって来て、また帰って行くのです。
岩本さんに見つけてもらって、本当に幸運でした。
つまり冥王星よりずっと遠い所から来たということです。
冥王星は、多数の彗星が寄せ集まってできたという説があるそうです。

彗星は、今話題になっている”はやぶさ2”が探査している小惑星と似たような性質の小天体です。
何百・何千、無数に存在します。
生命の起源かもしれません。

これは自作のシュミットカメラで撮りました。
彗星特有の青緑色が綺麗に出ました。
撮影時刻は24日23時30分、場所はぎょしゃ座θ星の近くでした。
7日に比べると半分以下に小さく暗くなっていましたが、大きく明るく撮ることができてシュミットカメラの威力がわかりました。
これは大幅トリミングで拡大してありますが、像がシャープなので画質が落ちません。
これでもイマイチなので、もっとシャープなのを今度製作予定です。
使い方が難しいので、今後もっと習熟しなければと思います。
26・27日にも見ましたが、写真は撮りませんでした。
さらに淡くなってしまっていたので今後は観測困難になりそうです。
彗星は冬の銀河の中で星が多い、夜空の銀座通りのような、きらびやかな場所、美しいM36、M38星団の間を通過しています。

これがM36星団です。27日にはこの近くにいました。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

19/02/22 07:17

今日はニャンの日だよ(=^・^=)

今日は2月22日でニャン×3の日ですね。

春の気配がしてきました。
先日、ロウバイを見に行って来ました。
7分咲きぐらいかな。ちょうど見頃でした。
香水のような良い香りが漂い始めていました。
満開になれば香りが素晴らしいでしょうね。
黒いのがいっぱい付いていますが、種です。
これを蒔くと芽が出ますが、花が咲くまでには何年かかるやら?なかなか咲きません。
背景に瓦屋根が見えますが、お寺に似合う花だと思います。

これはすごく立派な老木で、樹齢は?50年いや100年以上かな。

 

良いお天気でトラちゃん久しぶりに外へ出ました。
春の太陽がまぶしいです。
柱にスリスリ^^¥

ゴロンゴロンして、首プルプル

お手手なめなめして、毎日楽しいネ (^^♪

たっぷりブラッシングしてあげました。
お顔も綺麗にしましょうね。

背すじがシャンと伸びて猫背の矯正に成功 Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
写真にはうまく出ませんが、毛色はメタリック調に輝く不思議な色なんです。
ピッカピカになりました^^¥

夜は喉ナデナデで大サービス(^O^)/

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]