19/05/17 04:33

桜前線の終着点

15日の朝、戸隠牧場へ行って来ました。
車で15分。
いったん下ってまた上がります。
うちより少しだけ標高が高い。
しかし車で行ける一番の奥地です。
ここから先は戸隠連峰や高妻山への登山道になります。
大変険しい道だそうです。

戸隠山の谷には残雪があります。
これは大量の雪が上から崩れて来て、場所によっては深さ10mぐらいになっていると思われます。

牧場の小径を歩いて行くと、正面にピンク色の大きな桜が見えて来ました。

見事な大木です!
これは紅山桜(大山桜)という品種です。
葉っぱと花が同時です。
花はピンクで、葉っぱも赤いので、全体でより一層紅が際立ちます。
北海道も釧路あたりではソメイヨシノが育たないので、桜の基準木(エゾヤマザクラ)はこれと同じ品種だそうです。

ちょうど満開でした。
過去に何度も行きましたが、ちょうど満開だったのは今回が初めてです。
ラッキーでした。
これで今年の桜は見納めです。
北海道の一番遅い地域と同じぐらいでした。
でも意外と知られていないらしく、東京や名古屋から近いのに観光客は来ません。
ひっそりと静かです。

戸隠牧場には桜の他にも、
コブシ、水芭蕉、カタクリ、ニリンソウ・・・花々の素晴らしい楽園でした。
写真が多すぎて、ご紹介できなくて残念です。

戸隠牧場から少し離れた場所からの景色です。
尖った高い峰は高妻山(2353m)
私は勝手に「東洋のマッターホルン」と思っています。
戸隠牧場は高妻山の登山道入り口です。

ギザギザの山脈は戸隠連峰です。

拡大して見ると、
下に見える家々の感じもなんとなくヨーロッパ的です。
この山の向こう側は新潟県。
雪が5メートル以上も積もります。世界一の豪雪地帯です。

こちらは湖畔の桜。
うちから車で5分ぐらいの場所です。
この桜がこの地区では一番遅い。5月13日に満開でした。

湖畔の桜からちょっと行くと広大な農場になります。
キャベツや白菜など高原野菜を作っています。
冬が長いので農作業ができるのは5月から10月まで。
赤い屋根の農機具小屋、ピンクの枝垂れ桜、遠くに見える北アルプスが綺麗でした。

うちの庭の純白の桜もその後満開になりましたが、載せるスペースがなくなってしまいました。

 

一気に春になり、山菜が次々と出始めました。
左からコゴミ、タラノメ、オヤマボクチです。
コゴミは茹でてマヨネーズで。
タラノメとオヤマボクチは天ぷら。
オヤマボクチは十割蕎麦のつなぎに使う、別名ヤマゴボウです。
(漬物のヤマゴボウとは別物)

妻の畑ではウドができすぎて困るので持って行ってくれ、とのこと。
季節は1ヶ月先を行っています。
根本の白い部分が美味しいので、土の中から掘って収穫。
酢味噌和えにして食べました。冷蔵庫で保存して3日間美味しく食べられました。
サッパリして美味しいので、サラダ感覚でカレーの付け合わせに良かったです。
焼肉やトンカツにも良さそうです。

サンチュも見事に育っていました。
なんと、こぼれ種から自然に育って冬を越した物です。
レタスの仲間ですが、こちらのほうが味があって好きです。
苦味はほとんど感じません。

木の根を夢中でかじるトラちゃんです。
マタタビのように無限大の魅力があるみたいです。
薬効があるのかも。
何の木なのか?
たぶんリョウブではないか、と思います。
このあたりにはたくさん生えていて、
新芽を天ぷらで食べるとお茶のような味がします。
初夏に咲く花は真っ白で綺麗で、とても良い香りがします。

カテゴリ[ ]   コメント[7 ]   トラックバック[0] 

19/05/10 00:13

桜前線、来ました!

日本列島の桜前線、ほとんどもう話題に上らなくなってしまいましたが、調べてみたら今は釧路でした。
私の所は5月4日に開花して、その後ますます綺麗です。
木によって咲くのが早かったり遅かったり。
庭の一番の本命の純白の桜は今まだ3分咲きです。
戸隠牧場の桜は、たぶん5月15日頃でしょう。

近所の広場にある大木は見事です。
これは毎年一番早く咲きます。
右上の写真もこの木です。

青空には飛行機雲。

2個目の巣箱は桜の木に設置しました。
シジュウカラが入っているらしいですが、警戒して「いないふり」をしています(笑)
今はたぶん卵を温めているのでしょう。
雛が生まれると餌運びに忙しくなります。
蛇よけを付けてありますが、効果は?
無事を祈るばかりです。

うっすらピンクの花。
これは紅山桜だと思います。

10年前にここでの生活がスタートしたときに、庭を桜でいっぱいにしようと小さい苗木をたくさん植えました。
花を付けるまで5年ぐらいかかりましたが、その後は年々花数が増えて豪華になります。

切り花で楽しむのも良いですね。
電線に接触していたので泣く泣く枝を切りました。
室内で机の上に置いています。

ショウジョウバカマも咲きました。

 

トラちゃん、良いお天気でゴキゲンです。
お外でカツオを食べました(^O^)/

爪とぎも楽しいね。ちょっとカメラ目線。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

19/05/03 00:51

花曇り

29日は昭和の日。いや今でも天皇誕生日のイメージが強いですね。
この日には長野市郊外の高台にある神代桜が満開になります。
このところの温暖化で早まっていましたが、今年は平年並みでした。

近くへ行って見ると迫力です!

満開をちょっと過ぎた感じで葉っぱが少し出ていましたが、花が散る気配はなく。
しかし時おり小雨がぱらつく、あいにくのお天気でした。
暗くて写真は綺麗に撮れませんでした。

右上の写真も同じ日の神代桜です。
これは結構よく撮れました。
背景が満開の桜なので、これを生かそうと思って、ちょっとひと工夫。
普通なら花を引き立たせるために背景をもっとぼかすのですが、
背景が満開の桜だとわかるように、ぼけ味を少なくしました。
絞りをF8にしました。(背景をぼかしたいときはF5.6ぐらいにします)

ここは素桜神社という神社になっています。
樹齢1500年とか言われていますが・・・

大きな桜の木の下でお弁当を広げる、赤ちゃんを抱いた家族連れ。
ほのぼのした光景でした。

高台にあるので見晴らしが良く、この方角だと富士山が見えそうです。

リンゴの蕾。
蕾は赤いけれど花は純白です。
この周囲の斜面は広大なリンゴ畑になっています。
桜の次は真っ白なリンゴの花でいっぱいになります。
桃の花も綺麗でした。

椿の花もちょうど良いところでした。
可愛いスミレもいっぱい。
これはタチツボスミレ?

 

うちのほうは27日は猛吹雪で、トラちゃんのお立ち台は真っ白に!
夜間さらに積もりましたが、翌日の昼にはすっかり消えました。

家の前の道路わきには5月だというのにまだ残雪があります。
今年は雪がとても少なかったんですがねぇ。

近所にカタクリがいっぱいの庭を見つけました!
うちの裏庭にもありますが、去年ほとんど妻の所へ引っ越ししてしまいました。

近くの小川には水芭蕉が咲きました。
黄色い小さい花はリュウキンカ。
これはキンポウゲ科の毒草ですが、少量なら食べても問題ないそうです。
おひたしにすると珍味だとか。まだ食べたことありません。
他に毒草だが美味しいのは、やはりキンポウゲ科のニリンソウ。
毒草を食べるのは勇気がいります(汗)

 

お花見シーズンなので、トラちゃんにも特別のご馳走を。
久しぶりのカツオです。
カツオを食べるときは良いお顔をします(笑)
「お手」の練習もたくさんしました。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/04/25 17:58

お花見

パソコンの寿命が近いようなので一日早い更新です。
調子の良いうちに。

22日には小川村へお花見に行きました。
長野市に比べて満開は3日ほど遅いかな。
8分咲きぐらいで、ちょうど良いところでした。
菜の花もたくさん咲いていました。
お天気に恵まれ、楽しい一日でした。

村じゅうに桜がいっぱいです(^O^)/ 
江戸時代以前?かなり古くからあると思われます。
村人が桜をたくさん植えて、大切に育てて来たのですね。

よく見るとソメイヨシノは少数派で、
エドヒガンが多いようです。エドヒガンは長寿の桜で、大木になります。
山桜のような野生種だそうですが、ちょっと見たところソメイヨシノに似て花数が多くて豪華です。

長野市郊外の神代桜は、樹齢1500年とか言われています。

その神代桜、今日の撮影です。満開でした!
お天気が悪くて残念。

ピンクが濃いのは、有名な高遠城址公園にあるのと同じコヒガンザクラかな。

 

鬼無里へ抜ける36号の峠道、一番高いところに天文台があって、その前に地場産品のお店があります。

そこでお蕎麦とおやきを食べました。
ざるそば650円。おやき5個で750円。
お値段安いのに、とても美味しくて満足しました。
おやきは小川村の名物で、いろんな流派があり、
この前の「おやき村」とは別の団体です。
これまた美味しくて、大満足でした。

上の額に入った横長の写真は、ここから見える北アルプスの大パノラマです。

店の前には広い公園があって、一日楽しく遊べます。
ここの地名は大洞高原です。
このあたりは標高1000mぐらいあるので桜はまだでした。
長野県は標高差があるので桜が長く楽しめます。

とても見晴らしが良く、しかし春霞で写真はよく写っていませんが、遠くのほうにギザギザの不思議な山が見えました。

 

妻の所に去年植えたカタクリが咲きました。
やっぱり桜と一緒に咲きますね。
妖精のような神秘的な美しさです。
順調に育っていて嬉しいです。

私の所にも遅い春が訪れました。
待望のキクザキイチゲが咲きました。
もっと濃いブルーの花もあるようですが、このぐらいの淡い色が綺麗だと思います。
日本海側にはブルーの花が多いそうです。

他にも花がいっぱいで、お見せしたい写真がたくさんありますが、載せきれなくて残念です。

 

さて、いつものスーパーで珍しいキノコを見つけました。
ヤマブシタケです。
ずっと前にも食べたことがありましたが、その後なかなか入手できず。
とても良い風味があってダシも良く出て美味しいのですが、見た目が悪いせいか不人気のようです。
売れ残りで半額になっていました。安くてビックリ。

ホイル焼きにして、シンプルに鰹節と醤油で食べました。
シメジよりも美味しくて、栽培キノコの中では一番だと思います。
皆さんも見つけたら買ってみてください。

以前見たテレビでは、使われなくなったトンネル内で栽培しているという話でした。

春うらら、トラちゃんは毎日楽しくお散歩しています。
しかし頭ガチガチの融通がきかない性格で(笑)
雨の日でも出たがって困ります。でも諦めも早い。
「お手」はまだできません。
この写真は自主的に「お手」をしたわけではありません。ちょっと不機嫌な顔してますね。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

19/04/19 01:43

巣箱

小鳥の子育ての季節になりました。
いつも悲しい結末になっているので、巣箱はもうやめようかと思いましたが、工夫を凝らして実行です。

その前に季節の花の話題を。

ネコヤナギが咲きました。
春の訪れを知らせてくれる花です。
この後、蕾がさらに膨らんで黄金色になります。

福寿草も。
平地より1ヵ月以上遅いです。
フキノトウ。
他ではもうとっくに終わっていますが、ここでは今が旬。
このように花が咲いてしまうともう遅いので、蕾の状態のを食べます。

ノビル(地元名;のびろっ玉)
アサツキに似ていますが、ずっと辛い。
味噌を付けて炊きたてご飯に最高(^O^)/
私が一番好きな山菜です。

 

さて、今年の巣箱。
いつもと違って雨の当たる場所に設置するので、雨漏りしないように屋根を工夫しました。
底には水抜き穴を4個開けてあるので快適な環境です。
ワクモなど痒い虫が涌くことがあるので、熱湯消毒してから天日乾燥しました。
穴の大きさは30mmこれはシジュウカラなどカラ類用です。
鳥の習性によって箱の寸法が決まっているので、本を見ながら作ります。
キツツキ用は大型です。

いつもは家の壁に付けていましたが、垂直の滑りやすい壁でも蛇が上って来て悲しい結末になるので、自然環境と同じほうが良いのではないか?
そう思って、今年は木の幹に設置しました。

私は高所恐怖症なので、高さ3mでも怖かったです。
針金で縛り付けましたが、風が吹いただけでフラフラするので、電気ドリルに長い延長コードを付けて穴を明け、木ねじ2本でしっかり固定しました。

なんと翌日にもう、クリーム色の可愛いヤマガラちゃんが来てくれました。
待ってたんですね(*^o^*)/

そしたら次の日には今度はシジュウカラに乗っ取られてしまいました。
そのまた次の日には、またヤマガラが来ていました。

巣箱の近くに蝶が止まったので撮影しました。
タテハチョウ(エルタテハ)です。
冬眠から覚めて出てきたのです。

もう1個設置してやりたいところですが、どうしましょう。
なかなか大変な作業なんですよ。

大変というのは巣箱作りもそうですが、蛇対策です。
周囲に枝があると乗り移って来るので、周囲の木の枝を全部切り払いました。

そして幹には滑りやすいビニールを巻き、
スカートのように下はヒラヒラにして、さらに上下2ヵ所で2重にしました。
さらに、傘のように巻いたプラ板で蛇を防ぎます。
3重の防御です。
これなら登って来れないでしょう。

家の壁にはこのように溝があります。
これがいけなかったらしい。
溝がない平らな壁ならば、蛇は絶対に登って来れないはず。
この溝に体を入れて伸びたり縮んだりして少しずつ登って、何度も失敗したでしょうけど、執念深く何度もトライして登って来たのだと思います。
毎年、90%以上の確率で蛇の餌食になってしまいます。
去年は雛だけでなく親鳥も殺られてしまったのはショックでした。
下に残骸が落ちてたんですよ。

その前の年には親鳥が雛に餌を運んで来たら、
中には先客がいました!
そして、果敢にも蛇を相手に戦っている姿を目撃しました。
頭の毛がボサボサになってしまいました。
しかし健闘むなしく完敗、親鳥は諦めて森の奥深くへ去って行きました。
そして二度と戻って来ませんでした。
ショックだったのでしょうね。

入り口から蛇が侵入して来たら、中で寝ている小鳥たちは逃げ場がありません。
その恐怖を思うと胸が痛みます。
今考えついたんですが、巣箱に裏口を作っておいたらどうでしょう?
時代劇を見ていると、掛け軸をめくったら裏側に隠し扉があって、敵が襲って来たときにそこから逃げる(笑)
その発想です(@_@;)
しかし鳥の習性からして、出入り口が2ヵ所あるのはどうなんだろう?わかりません。

 

雪の季節も終了。
雪解け水で沼のように泥んこだった庭も乾き、トラちゃんお散歩です。
まだ雪が残ってますねぇ。

前の道路に出て警戒しながら歩きます。
遠くのほうからワンコが歩いて来たことがあったので、それを思い出して、すぐに引き返しました。

お早いお帰りです。
ちょっとお散歩して気が済めばいいんです。
これからの季節、お散歩は毎日の日課。
一番の楽しみです。
桜が咲いたらお弁当持って

一緒にピクニックですね(^◇^)
昨日街へ買い物に行ったら桜がちょうど満開でした。
ここの桜はいつ咲くかな?

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]