17/05/30 22:55

トラちゃんの誕生日 (*^o^*)/

元々は野良猫の子だったトラちゃん。

12歳になりました。
誕生日はお母さん猫に聞いてみないとわかりませんが、
たぶん今頃だろうと。

昔住んでいたアパートの隣の空き家で生まれたらしいです。
これは9月頃だったと思いますが、飢えた子猫でした。

もっと小さいとき、お母さんのお乳を飲んでいました。
これは8月頃だったかな。

お母さん猫は近所の人の話では、元々は飼い猫だったのに引っ越しのときに置き去りにされてしまったのだとか。
6匹もいたきょうだいたちは、次々と姿を消していまいました。
まったくの謎です。
誰かにもらわれて行って幸せになっていれば良いのですが・・・
最後に残ったのがトラちゃんだったのです!

 

お母さん猫

お父さん猫はボス猫同士の闘いで傷を負い、バイ菌が入って死んでしまったそうです。(近所の人の話)
怖い顔をしていますが、優しい子煩悩な猫で、時々我が子の様子を見に来ていました。

 

お誕生日で大好物のカツオを満喫

 

山菜の季節がやって来ました (^_^)/ 
庭で収穫できる物だけでもこんなにバラエティに富んでいます。
これで全部ではなく、他にも食べられる山菜がいろいろあります。
しかし普通の野菜と違ってアクが強いので、たくさん食べる物ではなく、あくまで珍味です。

上左の丸い葉っぱはヤマブドウ。ブドウのような酸っぱい味がします。

その右がツリガネニンジン(トトキ)これはアクがなくて山菜としては最良。ホウレンソウと同じようにして食べられます。
左下はギボウシ、その右がアマドコロ、その右はノコンギク(ヨメナ)右端はギョウジャニンニクです。

天ぷらにするとアクがなくなるので、一番良い食べ方です。
それでもたくさんは食べられないので、お上品に少しだけ。
ヤマブドウはたくさん生えていますが、ブドウの実がなるまでには10年以上かかるので葉っぱだけ利用します。
アマドコロはほろ苦く、ギョウジャニンニクはニンニク臭があって美味しい。なかなか増えないので貴重品です。
ノコンギクは春菊のような風味です。
他はほとんど無味無臭といった感じでした。

 

庭に自生していたウワミズザクラに初めて花が咲きました(左)
「桃栗3年柿8年」と言われますが、これは8年ではまだダメなようで咲くまで10年ぐらいかかります。
秋にはブドウのような実がなって食べられます。果実酒用です。

ズミの花(右)
別名コリンゴ。秋には小さい赤い実がなって食べられますが、ほとんど種ばかりです。リンゴのような風味です。
これも果実酒用。

 

裏庭に去年初めて生えた野生のランの一種、ノビネチドリが今年も咲きました!
こうして見ると大きい感じに見えますが、菜の花よりも小さい花です。
去年初めて見て感激しました。近所に生えている場所は見つかりませんが、今年はかなり離れた場所で見つけました。
ここよりもずっと低い山の道端の土手にありました。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

17/05/26 16:57

安曇野

23日に安曇野市へ行って来ました。同じ長野県内ですが片道3時間もかかるので、数年ぶりでした。

長野と違って川の水が綺麗で、水量豊かです。
これは北アルプスの雪解け水の恩恵です。
※安曇野市はいくつかの町村が合併して、最近できた新しい市です。松本市の北に隣接しています。

目的地は豊科近代美術館で、
岩橋崇至 山岳写真展。

圧倒的な迫力の畳一枚分ぐらいの大判の写真が、なんと120点も!
3000m級の山で、12時間もシャッター開きっぱなしで撮った星の写真もありました。
アラスカの北斗七星とオーロラも。
花の写真も素晴らしい!

悪天候の中、厳しい気候の中、命がけで撮った貴重な作品も多かったです。
北朝鮮の白頭山の写真もあってビックリ!
外国の山は、木も草も生えていないような砂漠地帯が多く、日本がいかに緑豊かな恵まれた環境なのかわかりました。
6月4日までやってますので、お近くの方も遠くの方もぜひどうぞ。

こちらです(^_^)/
http://www.azumino-museum.com/

常設展は上質なブロンズ像がすごく多くて、見ごたえがあります。絵画も多数ありました。
碌山美術館が近いのでその影響か、彫刻家を志す人たちが集まる場所らしいです。

美術館の横の庭園です。バラがいっぱいでした。

美術館の入り口に咲いていたバラは最高に綺麗でした。

 

次に行ったのは国営アルプスあづみの公園。
広大な敷地で、全部回ることは不可能、まるで遠足です。
室内の展示を見て来ました。
大きな水槽がたくさんあって、いろんな川魚が展示されていました。

これはイワナ。30cm以上ありました。
小さいときはヤマメに似た美しい模様があります。

ヤマメは少し小さいです。イワナもヤマメも最高に美味しい魚です。

 

これは面白い!
カジカは須坂市の鮎川にいる、と小学生の頃友達に聞きましたが、自分で捕まえたことはありませんでした。
5cmぐらいなのか?と思っていましたが、これは15cmぐらいあってビックリ (@_@;)
安曇野にはカジカ料理のお店があると聞きました。
希少な魚なので、かなり高価だと思います。

綺麗な水にしか住めないシマドジョウ。
左側の面白い顔したヤツはカマツカ。これは長野市の犀川にもいます。

昔の農家の室内を再現した展示室もあって、猫つぐらがありました(=^・^=)
皆がこのぬいぐるみを撫でて行くらしく、手垢が付いて汚れていました (^_^;)


さて、ここからは家の猫グッズです。

一昨年Gaviちゃんにもらった猫ひげスタンドで〜す。
トラちゃんのヒゲがやっとたまったので、こんな具合に♪

これは東京赤坂TBS前のお店で買った箸置き。
20年ぐらい前に買った物ですが、しまい忘れ最近やっと出て来ました。

オヤジ寝ネコ。
中に電池を入れると、右手をグルグル振り回します(笑)

 

お庭で見張り番のトラちゃん。
怪しい人は来ないか?怪しい動物は来ないか?
しっかり見張りをしてくれるので安心(??)です。
先日の早朝には珍しくキツネが通りました。

【番犬昼寝】
玄関前でお昼寝トラちゃん。番犬(ばんにゃん)の役目は果たせませんねぇ(^_^;)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

17/05/22 15:45

豊野のつつじ山

先日戸隠牧場へ行った日、豊野のつつじ山も見て来ました。
場所は長野市街に近い旧豊野町。今は合併して長野市になっています。
戸隠牧場よりも標高が800mも低いので気候が全然違います。
ちょっと盛りを過ぎていましたが、素晴らしいつつじを楽しむことができました。地元なのに、行ったのは今回が初めてです。
素晴らしい場所で、本当に行って良かった!!と思いました。
お天気イマイチで残念でした。

山全体がつつじです!
国道から見ても山全体が真っ赤です。
元々自生していたヤマツツジが主体ですが、後から植えた物もあるらしく、いろんな色の花が咲いていました。
樹齢何百年というつつじも多いです。
昔々に鎌倉幕府北条氏の家臣が・・・とか説明がありました。

つつじのトンネルのような遊歩道を通って、小高い丘に登ります。上まで10分ぐらいです。

途中、凄い木がありました。

上から見ても凄い迫力です。

終点の所にあずま屋があって、志賀高原など群馬県境の山脈の眺望が見事です。
良いお天気なら素晴らしいだろうと思います。
下を走る道路は国道18号です。

 

さて、ここからは次の話題です。
Gaviちゃんのブログでもご紹介いただきましたが、戸隠キャンプ場でお会いする事ができました。19日の事です。

キャンプ場にはまだ残雪がありました。
うちの雪は先日全部消えましたが、ここのほうが雪が多いのがわかります。

Gaviちゃんニコニコお出迎えです。
おとなしくて温和な猫さんです(*^_^*)

窓辺の令嬢、TibiTibiちゃん。
まだ2歳で、見る物何でも珍しい様子。知らない人は苦手で、ビックリリン、コワイコワイ(@_@;)

お土産にいただいたチョコ。ネズミ色の猫ちゃんはトラちゃんに似ているなぁ♪
右の小さいのは一昨年いただいた飴(チョコ?)ですが、もったいなくてまだ食べていません。

 

ここからは家の庭です。
桜の季節が終わってヤマブキが咲き始めました。

赤いチューリップも咲きました。
黄色い花よく見ると赤い縁取りがあります。

この冬に剪定(というより伐採に近い)した桜の木。
裏庭に打ち捨てられた枝から、なんと花が咲きました!!
生きている桜より1週間遅れで、今ちょうど咲いていますよ〜
切ってしまってごめんネ・・・
水に漬けてあったわけじゃないんです。捨てられて乾燥した枝です。凄い生命力ですね!

 

急に夏のような暑さになって、トラちゃんは庭のこの木陰がお気に入りです。
右横は大好きな草です。

前から見ると (^^♪
優しい木漏れ日ですね〜♪

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

17/05/18 06:01

桜前線の終着点

15日に戸隠牧場へ行って来ました。
山桜の大木があります。
ここが私の地方では桜前線の終着点です。
北海道では同じ日に桜前線が釧路まで到達したそうで、終着点だと言っていました。

駐車場から10分ほど歩きます。
ここは観光客にはあまり知られていない、穴場です。
途中に大きなコブシの木!
雨が降りそうな、あいにくのお天気でした。

乳牛のような模様の軽トラがありましたが、牛はまだ来ていませんでした。
牧場開業は6月からだそうです。

桜、咲いていました (*^o^*)/
満開をちょっと過ぎたところかな。
この前の神代桜には及びませんが、すごい大木です。
一瞬、天気が回復して太陽が顔を出したチャンスに撮影しました。
この後、雨に降られてしまいました。

残雪がある背景の山は戸隠連峰です。
この牧場の近くの道路わきにも、まだ大量の残雪がありました。
家の残雪は5日前に全部消えました。

広大な牧場!
標高1200mもの山の上に、こんな広大な平原があるのは驚きです。

カタクリが咲いていました。

ニリンソウの群生地。

純白の可憐な花、裏側はピンク色です。   淡いブルーのキクザキイチゲ。

渓流の岸辺にこんなにたくさん!

こちらは純白のアズマイチゲ。   馬の顔のような面白い形をした、ヤマエンゴサク。

家の庭のチューリップが咲きました。赤いのもこれから咲きます。
20年以上前に買った球根、何度も引っ越すたびに植え替えて、今でも毎年元気に咲いてくれます。
こうなったらもう、一生大切にしたいと思います。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

17/05/14 10:37

庭に桜がいっぱい!

お花見ネタ、お花見ボケ、まだまだ続きます(笑)
今回はいよいよ本命の自宅の桜です。

”トラちゃん専用桜”5日目になりますが、散ることなく今も咲き続けています。

自然に生えてきたもの、植えたもの、桜の木は大切に育てています。

 

二階の窓から撮影しました。
大きくなりすぎたので、この冬に上半分をバッサリ切ってしまった桜ですが元気に咲いてくれました。

この木は最初からありましたが、こんなに花がたくさん咲くようになったのは2〜3年前からです。
遅咲き品種で、色は最初純白でしたが最近は淡いピンクに変ってきました。

この斜めに出た枝が気に入っています。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/05/10 17:12

満開です!

一昨日、近所の大きな山桜が満開になりました (*^o^*)/

”お花見広場”と名付けた場所です。
ここは空き地で「売り地」という看板が出ています。
桜の向こうにある家は別荘ですが、年に1回来るかどうか・・・ほとんど利用されていません。

日陰にはまだ雪が残っています。

 

庭に植えた桜、チラホラと咲いているのが良い感じです。
植えて8年目なので、これからどんどん花数が増えるでしょう。
幹の太さは5cmぐらいあります。
けっして広くはない庭ですが、これと同じような山桜を10本以上植えてあります。
大きな木も1本ありますが、遅咲き種なので次回ご紹介します。

左に見える若葉はウワミズザクラです。
これは自然に生えた物です。まだ花は咲きません。実は果実酒用には最高です。
花も若葉も食用になりますが、苦くてあまり美味しい物ではありません。

これはトラちゃんのお立ち台の前に植えた桜の花です。
トラちゃん専用?
紅のふちどりが綺麗!

 

家でお花見をした後は、飯綱町の丹霞郷へモモの花を見に行きました。
広々とすがすがしい素晴らしい場所です。
左側の山の麓に私の家があります。

右端の山は新潟県の妙高山です。2400m以上もあるので、まだ雪化粧していますね。
この山の麓に、燕温泉という風情の良いひなびた温泉があります。
下にはタンポポもたくさん咲いていました。

リンゴの花です。

小さな丘の上には盛りを過ぎた桜、鯉のぼりが泳いでいました。
ここは4月末にお花見に来れば良いだろうと思いました。

今は八重桜の季節でした。

 

お花見のご馳走は、長崎産新ジャガとキノコのコンソメスープ。ほうれん草と人参も入っています。
バターとオリーブ油を少々。

このキノコは去年の秋に庭に生えたショウゲンジです。
(左上に別のキノコも写っていますが)
油で揚げて冷凍保存しました。
松茸のような立派な外観ですが、苦味とクセのある味で美味しくないです。
食感はとても良いし、見た目が良いので、味を消す工夫すると利用価値があります。
こんな物ですが庭で収穫できるのは嬉しいことです。
良いダシは出るみたいです。洋風料理に合うと思います。

コゴミにマヨネーズ。

イチゴをヨーグルトに投入し、砂糖をどっさり入れ、冷蔵庫で一晩寝かせるとすごく美味しい!
今年初めて考えついた食べ方です。

今回写真はありませんが、トラちゃんは大好物のカツオをガツガツ食べました(=^・^=)
もっとよこせ!爪を立てて凶暴になるんですよね(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/05/06 10:43

桜開花(*^o^*)/

5月5日の朝に開花しました。
20度を越す初夏のような陽気だったので、どんどん咲いてその日の夕方には5分咲きまで行きました。
近所の”お花見広場”の大きな山桜です。

庭に数年前に植えたピンク色の山桜も咲きました。
植えたときはヒョロヒョロの小さい苗だったのが、ずいぶん立派に育ちました。

 

カタクリも、その後ますます綺麗に咲いています(^^♪

 

トラちゃん、気持ち良いお天気でゴロンゴロン♪

丸々と太って、モクモクしていますよ〜(^◇^)
お腹こちょこちょすると喜びます。

 

冷やし中華の季節がやってきましたね〜 (^_^)/ 
これは”バンバンチーメン”530円でした。
鶏肉・ワカメ・モヤシ・キュウリ。美味しかった!
”冷やし中華”はもっと具だくさんでお値段高かったですが、これで十分ですね。

 

コゴミ(クサソテツ)を見つけました。
今まで知らなかっただけで、その気になって探すといくらでもあるのがわかりました^^¥
ない所には全然ないが、群生している場所があります。

これはワラビと違ってアクがないので、茹でるだけで食べられます。マヨネーズとの相性が良いです。

 

珍しい物を買いました(^_-)-☆
「おから」これは豆腐を絞った後の”副産物”ですが、豆腐よりも栄養があって美味しいのでは?
この前食べたのはいつだったか?思い出せないくらい昔です。

フライパンでシイタケ・タマネギ・人参をゴマ油で炒めて、おからを投入。蕎麦つゆを入れながら加熱します。
水をどんどん吸うので、蕎麦つゆはどんぶり一杯ぐらいの量が必要でした。
あまりにも大量に作ってしまいましたが、すごく美味しいのでアッという間になくなりました(^◇^)

これは皆さん、お奨めです!!
本当は干しシイタケを使うのが良いと思います。
干しシイタケを甘辛く煮付けて、その汁を使います。タマネギで旨味を出し、ゴマ油少々で風味を良くします。

ツナ缶を入れたり、炒り卵と和えたり、ウィンナーソーセージも相性良いと思います。
牛丼と相性が良さそう。すき焼きの残り汁におからを投入してみてください。きっと美味しいと思います。
しらたき・つきコンなど、こんにゃくとの相性が良いし、食物繊維が多いので健康食です。
卵をつなぎにしてオムレツ風に焼いたらどうでしょう?
チーズを入れて和洋折衷も良さそう。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

17/05/02 21:01

カタクリ〜水芭蕉など

今朝の冷え込みは氷点下でしたが、昼には暑いくらいになりました。

トラちゃんは日陰に避難です。 右側、いい顔に撮れました^^¥

うちの地区、今年は桜の開花が遅いです。
蕾は固く、あと一週間ぐらいかかるかもしれません。
それで、今回は庭に咲く可愛い草花をご紹介します。

チオノドクサ
これは近所の道端に生えていたのを、数年前に移植しました。毎年早春に咲く未知の不思議な花!
日本の花ではなく、ヨーロッパ原産でギリシャ語だそうです。チオン(chion:雪)とドクサ(doxa:輝き・栄光)の2語から成っているのだとか。
私は「チオドノ草」だと思っていましたが、正しくは「チオノドクサ」でした。つまり全部あちらの言葉です。

同じ場所に水仙も咲いていたので、今は空き地ですが昔は庭だったのかもしれません。

元花屋さんだったという、近所のレストランご主人に聞いてみたところ、栽培はとても簡単でどんどん増えると言っていました。

 

カタクリが咲きました。
まだ咲き始めです。これからたくさん咲くでしょう。

子供の頃は実物を見たことがなくて、数年前にこの近所で初めて見つけて感激しました。
今は庭にこれが咲くなんて! 夢のようです。

光を透かして見ると綺麗です。

最初植えたのは3株でしたが、今はなんと100株!!ぐらいに増えています。
これは種を蟻が運んで行って増えるのだとか。種は甘い香りがするらしいです。
しかし種が発芽して花が咲くまでには5年以上かかります。

球根を植えれば翌年には咲きますが、カタクリの球根は地中深くにあって掘り採る事は大変な作業です。
30cmぐらいの深さです。

カタクリ粉というのは、実はジャガイモやトウモロコシが原料です。本当にカタクリの球根で作ったら、すごい高価なものになるでしょう。
葉っぱも食べられます。天ぷら、おひたし。
もったいなくて食べられませんが、少しだけ味見してみたところ無味無臭、何の味もしませんでした。
つまり、クセがなくて美味しいという事です。醤油をかけて食べると良さそうです。

この土地では普通の野菜はほとんど育ちませんが、貴重な山野草は何の苦労もなくどんどん増えます。やはり、そういう環境なのですね。

アズマイチゲとキクザキイチゲもすごく増えました。花は似ていますが、葉っぱは全然違いますね。
3年前に植えた3株が、今は約20株!
まだ花は咲きませんが、次回はご紹介できると思います。

 

今日はいつもの大浴場へ行ったら、窓の外には紅山桜が3分咲き、お花見風呂を楽しむことができました。

連休の谷間の平日だったせいか、他に誰もいなくて貸し切り状態でした^^¥

家の桜はまだなのに、わずか3〜4km行くとこんなに違うのは不思議です。
桜前線、いよいよ近づいて来ました。

 

帰りに水芭蕉を見て来ました。
長野では平地では見られない花です。だいたい、標高1000m以上。
青森県へ行くと平地でも育つらしい。

これもすぐ近所で、観光客に知られていない穴場です。

清楚な花ですね〜♪
水芭蕉は、だいたい桜と同時に咲きます。

※NHKラジオで知りました。水芭蕉は、ちょうど今日(5月3日)の誕生日の花でした。花言葉は「変わらぬ美しさ」

 

湖畔のコブシ、すごい大木です。

コブシは森の中あちこちに自生していて、どこもかしこも花盛りです。
さて、待望の桜はいつ咲くかな?

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]