17/12/02 19:03

もうすぐクリスマス♪

週1回の楽しみがこの大浴場です。
(天然温泉ではなく沸かし湯です)
だいたいいつも誰もいなくて貸し切り状態^^¥
平日の、そういう時間帯を選んで行きます。
家から車で5分です。入浴料は500円、サウナもあります。
ここに行ってゆっくりした時間を過ごすと、明日への良いアイデアが浮かんで来ます。

街にいた頃は朝シャン派でしたが、ここに来てからは風呂好きになりました。
忙しさから逃れて、ゆっくりと”無駄な時間”を楽しむのは贅沢な事と思うようになりました。

街にいた頃はとにかく何でも効率優先だったのでした。
この10年間で価値観がずいぶん変わったと思います。
一度しかない人生、誰かに支配されてばかりじゃなくて、自分でも楽しまなきゃね♪
こんな当たり前の事、10年前までは理解できませんでした。
貧乏でもいいんだな、と思いますよ。自由ならば。

今年はずいぶん早くクリスマス気分に模様替え。
11月18日にはもうこの状態でした。
手前のポインセチアの鉢植えも良いですね(^_^)
市営(今は第三セクターか)のホテルです。最近はよく頑張っていてサービス向上しました。

今朝また雪が積もりました。
庭の一角に自然に生えて来たモミの木、クリスマスツリーにちょうど良い大きさです。

 

昨夜は今季初、薪ストーブ稼働です。
これは昔の学校等で使われたダルマストーブ、本来は石炭が燃料です。
いつもは石油ストーブですが、不思議な事に体感する暖かさが全然違います。
なぜなんでしょう?
石油ストーブだと25℃でも背中がゾクゾク寒いことがありますが、薪ストーブだと20℃で十分に暖かいです。

薪ストーブに憧れる人が多いですが、
これは大変厄介なシロモノです。
大量の薪を消費するのはしかたがないですが、煙突掃除を怠ると煙が逆流して室内が煙モクモクで大変な事になります。
強風が吹いて煙が逆流する事もあります。

急に外出するときにストーブはすぐに消せませんから、火事の危険があります。
帰宅して寒くて困っているときも、着火して暖かくなるまで1時間かかります。
ちょっと目を離すと、もう消えています。いつも薪を補充して、中の薪を並び替えて状態を良くしてやらないといけません。
さらに、燃えカスや灰が出ます。
早い話が、よほどヒマな人でないと使ってられないという事です(笑)
まさにスローライフですね♪

最近灯油が値上がりしているので、節約のためには面倒でも薪ストーブをもっと活用しなければ、と思います。
幸い薪はここには無尽蔵にありますし、紙くずなどの可燃ゴミを燃やして片付ける事ができて大助かりです。

 

ここへ猫たちを連れて来た最初の頃は、旧式の電気コタツを使っていました。
こんな状態では健康には良くないでしょうね。
今はコタツは一切使いません。

11月27日は良いお天気でとても暖かく、
トラちゃん日光浴できました (*^o^*)/
下には雪が解けずに残っていますが、台の上は乾いていて暖かいです。

暖かさにつられて、なんとイトトンボが出て来ました。
生きていたなんて奇跡です。もしかして冬を越すのかな?
小さな命、愛おしいです。

 

この生き生きと美しい緑の葉っぱ、
春真っ先に可愛い黄色い花を咲かせるナニワズです。
もう来年のための蕾ができています。
長い冬、厚い雪に押し潰されても耐えています。

北海道などの寒冷地にしかない植物で、なぜか名前はナニワですが、ナニワ(大阪)にはありません。
長野でも平地にはなく、ここのような高原にわずかにあるだけです。
数年前に庭に植えたら、嬉しい事にドンドン増えました。
近くの森の中に自生地があります。
ジンチョウゲに近い種類だそうです。

 

こちらも面白い植物です。
庭に自然に生えたオヤマボクチの種です。
この植物はゴボウの仲間で、葉っぱが食べられます。アザミにも近い種類です。
葉っぱはゴボウそっくりです。
十割蕎麦を作るときに「つなぎ」として利用されます。
作り方を見ましたが、すごい手間でした。
蕎麦打ちを自分でやらないので、私には利用価値がありません。
ですが、これを使うと最高に美味しいお蕎麦ができるそうです。一度食べてみたいものです。
これを出してくれるお店が飯山市にあるとか。

暖かい室内で乾燥させたら、左が→右のようになって、タンポポのように綿毛が広がりました。春と勘違いしたのかも。
自然のままなら、雪の下になって春まで過ごし、春になって乾燥した天気のときに種を飛ばすのでしょうね。
うちに生えたのも、どこからか風に乗って種が飛んで来たのでしょう。

庭で栽培して来年は葉っぱを天ぷらで食べようと思います。
ここは一般の野菜はダメなので、土地の気候に合った物だけをどんどん栽培しようと思います。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[14 ]   トラックバック[0]