17/03/10 12:46

震災後6年。

3月11日はとても複雑で気分が重い日ですね。
いろんな事を考えます。言いたい事はたくさんあります。
それこそ無限大に!
ずっと前からこの日のために膨大な量の下書きをしてきましたが、しかし全部ボツにしました。
でも、ちょっとだけ書きます。

ウェルシュコーギーがきた
http://ameblo.jp/x68030xvi/
このブログ、3月10日で途絶えています。
まさか翌日にあんな事が起きるとは・・・
飼い主さん、愛犬ともども津波で亡くなられました。
その後もブログだけが残っているのが悲しいです。
ブログ「おばん道」で毎年この時期に紹介されてきましたが、おばんさん1年以上前からブログをお休みしているので、私が引き継ぐことにしました。

いろんな考えの人がいて、この6年間で日本じゅうで人間関係が悪くなっている感じがします。
去年、学生時代の友人と久しぶりに話しました。
彼は今は東京で国家公務員をしています。
原発事故への対応で疲弊したのか、性格がすっかり変わってしまいました。
他に福島大学の教授になった出世頭の同級生も。

最悪なのが原発から避難した福島の子供へのイジメ。
大人も職場などでイジメを受けているそうです。
福島だけを特別視するのは、どうかしています!
隣の県だって、同じじゃないか。
最近は他にも嫌な事件が多く発生し、弱者を攻撃する社会になってしまいました。

震災当初の助け合いの精神はどこへ行ってしまったのでしょう?
純粋な気持ちで頑張っている方々、今もいらっしゃいますが・・・少数派という感じになってしまいました。
人助けって、なかなかできないものですね。無力感にさいなまれます。実際には義援金を出すぐらいしかできません。

それに「人助け」つまり「上から目線」「他人事」ではなく、自分自身の危機管理の問題として考えないと。
地震等の自然災害への備えは勿論ですが、
とくに原発事故への対処は福島だけの問題ではありません。
福島だけの問題にしてしまってはいけません。
東日本いや日本全体の問題です。過去に例のない事なので、わからない事が多過ぎます。
今後何十年と闘いは続くのだと肝に命じて、
けっして甘く見てはいけない、油断ならない、深刻な問題だと思います。
正しい知識を身につけて、自分や家族の健康を守るために適切に対処しなければいけません。

政府や他人を批判するばかりでは、何も解決しません。
自分が今何をしたら良いのか?
自分や家族を守るために、そして社会とどう関わるべきか?
危機管理、転ばぬ先の杖。そのために知恵を使う。
他人に惑わされることなく自分自身の頭で考えて、
今できる事から実行しなければ、と思います。

 

トラちゃんは純粋無垢で平和ですね〜♪

この平和な日々を守らなければ、と思います。
しかし難しい世の中になってきました。

 

3月8日、長野市の西厳寺では蝋梅が満開でした。

午後から急に晴れたので急いで出かけました。
晴れたのはこの日だけでした。

素晴らしい上品な香りが、周囲にただよっていました。
まるで香水のよう!
最初に見に行ったのが2月15日で、このとき2分咲きぐらいでしたから、ずいぶん長い期間楽しめる花ですね〜
前回の写真は失敗作でしたが、今度は綺麗に撮れたと思います。

次は福寿草、節分草、アズマイチゲ、カタクリ・・・早春の可憐な花々が次々と。
北信濃に遅い春の訪れです。
薄暗い雪降りの毎日でしたが、来週の予報を見ると晴れマークが並んでいます(^^♪ 
お花見シーズンに向けて、美味しくお酒とお料理が楽しめるように、健康管理に気をつけたいと思います。

今回は重いテーマなのに、読んでくださってありがとうございました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0]