17/03/17 05:23

道路の補修

3.11で重い話題が続いたので、今回はたわいない話です。

雪が解けるのは良いけれど、大変な事に!
毎年ガマンしてきたんですが、今年はもうダメ。
これまでで一番ひどいです。
道路が沼のようになって、車が沈んでしまいます。
私は車高の高い軽トラだから何とかなるけど、普通の車は立ち往生してしまいます。

犯人は除雪車。
道路の表面の砂利を削り取ってしまうのです。
でも除雪車を責めるわけにいきません。除雪車のおかげで生活できるのですから。

スコップ持って一人で手作業で補修をする事にしました。
この道路を使うのは私一人なので、一人でやるしかありません。
1時間半かかって、やっと大体平らになりました。
まだ8割ぐらいの出来で完成ではありませんが、猛烈な雪が降ってきたし疲れたので今日はこれで終了。
次回は足でよく踏み固めて、もう一度整地して、車で何度も上を走って踏み固めます。
もう1箇所こんな場所があるので、今度やらないと。

山の暮らしは楽ではありません。
冬は雪かきというよりも穴掘りのような毎日ですし、春は自分で道路の補修。土木作業員そのものです。体力勝負です。

砂利を運ぶのに一輪車が欲しい・・・
しかし、雪に埋まっていて下の方は凍りついていて、力一杯引っ張ってもビクともしません(~_~;)
やっとの事で掘り出しました。
そしたらタイヤがペチャンコでした (-_-;)
幸いパンクではなく、虫ゴムが古くなって空気が漏れていたので、簡単に直りました。

 

朝、新雪が少し積もった所にネズミの足跡が付いていました。
自分で道を作って進んで行くのですね。

トンネルを掘って雪の中へ入っています。
この前も同じ場所にトンネルがあったので、道は決まっているようです。土の中にトンネルを掘って住んでいます。
まるでモグラのような生活です。

ここから出て来たのがわかります。
これはたぶんアカネズミだと思います。
すごくたくさんいるらしいですが、見たのは一度だけです。明るい茶色の綺麗な色の、小さくて可愛いヤツです。

キツネとかフクロウの餌になるのでしょう。
キツネはたまに見るし、フクロウは冬でも夏でも夜はいつも鳴いています。姿を見たことは一度もありません。

 

トラちゃんは羽毛布団に深〜く沈んでいます (^^♪
この寝方を「ごめん寝」と言います(笑)

 

珍しい野菜を見つけました。
春の野菜が次々に出て来て嬉しいです。
ワサビのような味を期待していましたが、辛味はなくクセがなく美味しいですが、味がほとんどなくてちょっと物足りません。サラダ用でしょうか。
サッと熱湯をくぐらせて、醤油と鰹節で食べました。

クレソンは風味が良くて美味しかったです。
これも熱湯をくぐらせて同じようにして食べました。
レストランで肉料理の付け合せになっていますね。
千曲川の支流で清らかな清水が湧いている場所があって、そこに美味しいクレソンが自生しています。

長野では桃の節句は4月3日です。
道明寺を買って来ました。道明寺と桜餅の違いは?
地方によって逆転しているそうです。
道明寺というのはつい最近まで知りませんでした。
これは中身がこしあんでした。皮が米つぶだから、こしあんが似合いますね。

一口大で上品です。
桜の葉っぱの風味も良くて、とっても美味しかった(*^o^*)/
佐久市のカナメヤ製菓です。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[11 ]   トラックバック[0]