18/02/15 11:01

美味しいうどん

寒い時はうどんに限ります。
一般に長野は蕎麦と思われていますが、戸隠など一部をのぞき、うどん文化圏です。
お米ではなく小麦粉(うどん・おやき)が主食だったりします。
一部過去の記事とダブるかもしれませんがご了承ください。

長野市南部(篠ノ井・川中島)から坂城町あたりまでは、釜揚げうどん味噌味の大根おしぼり。
讃岐うどんに似てコシの強い麺です。
上の写真は「マボロシの釜揚げうどん」
なぜマボロシかと言うと、もう閉店してしまったからです。
江戸時代から続いていたという老舗、千曲市のつるちゅうです。
この近くに有名な神社があって、父も子供の頃お宮参りの帰りに行ったそうです。
究極の味!最高に美味しかったのでとても残念です。
いろいろ食べ歩きましたが、これ以上のうどんはありません!
復活してくれると嬉しいのですが。

 

須坂市の名物は肉うどんです。関西は牛肉だそうですが、こちらでは豚肉です。牛肉は高価なので敬遠なのです。
須坂でも釜揚げうどんはよく食べますが、醤油味です。
麺のコシは少なく柔らか目です。

本店が須坂市の老舗で、支店が長野市大豆島(まめじま)にあるこのお店。
ここの肉うどんは今風にボリューム満点で肉がいっぱいですが、昔は肉は申し訳程度にちょっとだけでした。
肉は風味とコクを付ける程度の使い方でした。
コテコテの豪華うどんよりも、昔のようなアッサリした肉うどんのほうが好ましいです。
スープは家庭的な味でダシは控え目です。これは飽きが来なくて良いです。料亭のような味は美味しいけど飽きやすいですからね。

ここのキツネうどんはすごいです!
味の染みた大きな厚揚げがたくさん入っています。
上の肉うどんもそうですが、大盛り頼んだわけじゃないのに量が多くて食べきれないほどです。

すごくお得なのが400円のミニうどん。
肉+たぬき+おかめ(^◇^) 豪華で量も意外と多いので満足します。
キツネが油揚げというのはわかりますが、天かすがなんでタヌキなんでしょう?カマボコがおかめというのも面白い。

個人店は普通は午後2時で終わりですが、ここはずっと通しでやってます。3時のオヤツにミニうどんなんて食べに来るお客もいるんですよ。
昼時には大繁盛で満員御礼、なかなか店に入れません(^_^;)
ランチサービスがすごい人気なんです!

 

こちらは篠ノ井駅近くにある老舗の高級うどん店。

席に着くとお茶とお新香が出て来ます。良いサービスですね。
店内は綺麗でとても高級感がありますが、お値段は庶民的です。

その中で、地元出身の政治家の名前を冠した最高級うどんが気になります。1380円もします!
これを食べたのは去年12月の誕生祝いでした。
どんな豪華うどんかと、とても期待していましたが普通の釜揚げうどんでした。
シンプルなのが一番美味しくて高級なのかもしれませんね。
2種類のつけだれ、特にクルミ味が高価な理由でしょう。
麺も大盛りでした。
つけだれが2種付いて来るし、これは2人で食べる物なのかもしれません。そう考えるとお値打ちです。

この政治家は元々は自民党でしたが、新党さきがけを創立し、連立を組んで政権交代したとき村山さんだったか細川さんだったかが総理になったときに、総理大臣補佐官の大役を務めました。
今は政界を引退して大学教授をしています。
評論家として時々テレビ・ラジオに出演してなかなか良い話をします。理想ばかり追い求めるのではなく、地に足の付いた現実主義なのが良いと思います。
キツネとタヌキの化かし合いのような、ドロドロした政界には似合わない人かもしれません。

大のうどん好きだったのか、このお店のご主人と仲が良かったようです。
このご主人は残念ながら数年前に亡くなられました。
風格がありますね!
頑固一徹、誇り高きうどん職人です。
今は若い人たちが頑張って伝統の味を守っています。
店内にこういう写真を額に入れて飾ってあるのが素晴らしいと思いました。

前から気になっていた高級うどんを食べたので満足しました。

普段は普通の釜揚げうどん(おしぼりうどん750円)で十分です。木の樽に入ってるのでアツアツで冷めにくいです。
他にもバラエティに富んだメニューが盛りだくさんです。
このお店に来るとしみじみ幸福感を覚えます。
前来たときは、カッコウやウグイスなど野鳥の声がスピーカーから流れていて爽やかな気分になりました。

これは鍋焼きうどん。
エビ天も入ってお値段以上の価値があると思いました。750円だったかな。
うどんは奥が深く、このお店には何度行っても飽きません。
うどんは一番のご馳走かもしれません。

高級な古伊万里を展示販売していました。
これ2300円とか、3780円です!
お店で使用している器も高級品なのかもしれません。
今度行ったらよく鑑賞してみます。

皆さんも長野市へ来たら、ぜひうどんを食べてみてください(^_^)/
ちなみに同じ長野県でも、松本市はいろんな面で長野市とは文化が違います。明治時代には筑摩県という別の県でした。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/02/10 12:33

厳しい寒さ

今年の寒さは大変厳しく、ここに住んで10年になりますが初めての経験ばかり。

風呂場に置いた水がバリバリに凍っていました。
これは昼の写真ですが解ける気配はありません。
ドア1枚隔てた隣の部屋では、ストーブを終日フル稼働なのにです。
外はどんなに寒いのか?
温度計を見ていないのでわかりません。
いきなり外に出ると心臓マヒを起こす恐れがありますからね。
かつてない寒さであることは確かです。
−15℃以下だと思います。
−10℃なら大した事ないですが、−15℃になると凄いです。
燃料費は2倍かかるかな?

外に置いた水。
アッという間に芯までカチカチに凍ってしまいました。
膨張して破裂しそう。
冷えきったポリタンクは、衝撃を与えるとガラスのようにバリバリと割れてしまった経験があるので、取手を持たないでそっと抱えて室内に入れ、ストーブの前で遠火で暖めました。
フタが凍りついて外れなくて苦労しました。
完全に融かすのに5日もかかりました!
凍るのは早いが融かすのは大変。

北陸地方では大雪災害で大変な事になっていますが、私の所は大丈夫です。
なぜか今年は雪が少なくて、いつもの半分ぐらい。
この写真を見ればわかります。いつもなら自転車がどこに埋まっているのか、まったくわからない状態になります。

寒さは厳しいですが、雪が少ないのは本当に助かります。
大雪になると家から出られなくなり、買い物に行けず食料も灯油も尽きてしまいます。
北陸地方では先日そういう状態になって、お店に行っても棚に商品がない!
それ以前の問題としてお店に行くことができない。
文明の利器も雪には勝てないということです。
雪に弱いのは東京だけではありません。
雪に慣れているはずの雪国でもダメなんです。

新居のほうから掘って来た猫草(単なるイネ科の雑草です)
バケツに入れて風呂場に置いたのに凍っていました。
このプランターに植えたいのですが、カチカチに凍った土をハンマーで叩き割って形を整えようやく入れました。
こんなに凍っても草は生きているようです。
お天気が良くて暖かそうに見えますが、気温は−3℃でした。

こちらはホームセンターで買った種から育てた猫草です。
暖かい室内で大切に育てています。
この厳寒期に鮮やかな緑は春を感じて嬉しいですね。
同じ種はもう売られていないので、これが最後です。
今後は庭の雑草を与えます。
右側のは挿し木で育てているジンチョウゲです。

 

トラちゃんは分厚い羽毛布団で極楽気分(=^・^=)

トラちゃん去った後、ペチャンコに潰れた布団です。
ここで眠っているときは、鉛のように重くてビクとも動きません。
まるで布団に根を張っているような(笑)

羽毛布団だけでは寒いので毛布を重ねました。
ストーブは夜通し稼働していますが、明け方には室温がグングン下がって来ます。
寒くて目が覚めて、首にマフラーを巻いたり、毛糸の帽子をかぶったり、上着を一枚追加してダルマのように着ぶくれして寝ています。
こんな事は過去にはありませんでした。

昼は左のように2つ折りにしてありますが、トラちゃんは上手にもぐり込みます。しかも一番暖かい真ん中の毛布の間にちゃんと入っています。
お返事できましたネ。お利口さんです(^_^)/
中はとても暖かくて、まるでホカホカ弁当(^◇^)
お留守番も快適です。

階段の上にいると偉そうな態度(*^^)v
猫は高い所にいると気が大きくなるそうな。
 


昨日朝も厳しい冷え込みでしたが、素晴らしい晴天で昼は春のように暖かくなりました。今日も晴天で、さらに暖かいです。

久しぶりに街へ出て外食をしました。
インフルエンザが流行っているので、予防のために辛いネギ味噌ラーメン。美味しい餃子も食べて大満足、元気が出ました。
旧くるまやラーメン改名し、信州ラーメン人力車です。

早く帰ったので、サンサンと輝く太陽の下でトラちゃんを外に出してブラッシングしました。
女の子なのでピンクの蝶ネクタイが良く似合いますね♪
こうして外に出るのは1ヵ月ぶりです。
上機嫌でペロペロ毛づくろい。
厳しい冬が終わろうとしています。まだまだ寒いけど太陽の光だけは春です。日も長くなりました。

 

駐車場で隣に停まっていた車。
ドイツ製のVWゴルフ40年ぐらい前の型です。
実用一点張りの合理主義、好ましいと思います。
乗っている人の人柄を感じます。地味ですが粋でお洒落です。
外国車は補修部品の供給が長年続くので、古い車でも安心です。
日本のメーカーも見習って欲しいです。

今回はとりとめのない話ばかりで長くなりました。
最後まで見てくださった方、ありがとうございます。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/02/05 11:30

月食

皆さんは先日の月食をご覧になりましたか?
私の場合は月食は小学校5年生のときに初めて見て、そのときはすごく感激しましたが、以来もう飽きるほど見たので、あまりワクワク感はないのですが一応撮影してみました。
なんでも、今回の月食はすごく条件が良いのだとか。
天文趣味にもいろいろあって、私の一番の関心事は彗星なので彗星が出ると頑張っちゃいますが、月食はどうも・・・

で、撮影機材の準備も当日の夕方からバタバタと始める始末で、ギリギリでやっと時間に間に合いました。
幸い、それまで曇っていたのが月食の時間になったら晴れて来ました^^¥
いつも野鳥を撮っている望遠レンズを三脚にセットして撮ろうかと思いましたが、よく考えてみると皆既月食は暗い。
何秒もシャッターを開けていると、月が動いて行ってしまう。
うーむ、面倒だ(~_~;)
最近のカメラは感度が高いらしいが、私のデシカメは12年も前の物で感度が低いです。
ちなみに、天体望遠鏡はダメです。というか撮影は大変難しい。見るだけなら良いですけどね。
ごく一部の特殊な高価な物は別にして、カメラ用の望遠レンズよりもずっと暗いのです。

それで、天体を電動追尾する大掛かりな機材を使う事になりました。電池が終わっていたので慌てて充電。
私はズクがない(長野の方言でものぐさ・怠慢)なので、こういうのは嫌いなんですが(-_-;)

普通の望遠レンズでは暗いので、うちにある一番明るい反射望遠鏡を使うことにしました。
一応は天体望遠鏡ですが、天体は良く見えません。安物で精度が悪いのです。
これは500mmF4.5つまり「大砲」です。中古を安く(1000円でした!)買って大幅改造した物です。
これを撮影に使うのは初めてです。
そしたら故障していてピント合わせがうまくできません。ひどくガタガタです(≧ω≦*) どこのネジが緩んでいるのかわかりません。
修理している時間はないので、そのまま強引に撮影開始。
貧乏性でガラクタばかりいじっていると、こういう事になります(~_~;)

運良く一応撮影する事ができました。
思いのほかうまく撮れたので気をよくしています。
また今度何か面白い星など撮ってみたくなりました。
反射望遠鏡なのでレンズを1枚も使っていません。鏡が2枚だけ。
だから色彩の再現性が良く、発色に透明感があって綺麗なんです。ですが使い勝手が悪いので一般的ではありません。

上の2番目の皆既食の写真ですが、感度は400で露出は1秒です。それだけです。設定は単純です。
AUTOは解除して全部手動です。
もちろん、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で、たくさん撮って良いのを選びました。90%が失敗作でした。
マア、天体写真なんて昔からこんなもんです。

前の道路に出て撮影しました。
道路ですが車はほとんど通りません。
猛烈な寒さで、手足の先が痛くて凍傷になる寸前でした。
時々部屋に入って暖をとり、カメラも温めてやらないと電池が尽きてしまいます。

月食の前半は綺麗に見えましたが、後半から薄雲がかかってきて暗くボンヤリとしか見えなくなり、撮影は断念しました。

今まで何度も見た月食の中でも、今回のが一番見事だったと思います。
皆既食になったら、月の背景にある暗い星々が次々と見えて来てとても綺麗でした。そういう写真も撮れたら良かったな、と思いました。これは次回の課題です。

 

この道路には動物の足跡がずっと遠くまで続いています。
車も人も通った形跡はありません。
犬や猫ではなく野生動物です。夜行性なので姿を見たことはありません。
ずいぶん急いでいたような足跡です。

こちらの足跡は庭のほうです。
積雪、今年は平年の半分ぐらいです。寒さは厳しいですけど。
上のとは違う動物でしょうね。可愛い感じがします。
いろいろ調べましたが、何の動物なのか?わかりません。
たぶんキツネ・タヌキ・テンのどれかです。

 

この椅子、トラちゃんが最近気に入っています。
本棚を背景に向学心に燃えています(笑)

上から目線でエラそうに( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

「トラ豆」を見つけましたよ(=^・^=)

これもトラ豆(肉球のこと、うちでは豆と言います)
反対側のお手手も。みんな同じ色だね。

サクラちゃんの豆は、みつ豆のようにいろんな色をしていた。
月食の話だったのが、いつの間にか豆の話になってしまった(笑)

カテゴリ[ 天体]   コメント[10 ]   トラックバック[0]