18/11/30 01:09

小春日和(^_^) 田舎の食堂

 

 毎日が小春日和で、お日様ぽかぽか(^◇^)

お外遊び満喫のトラちゃんはゴキゲンです (*^o^*)/ 

明日から12月ですが、こんなに暖かい年は初めてです。

温暖化とかでいろいろ問題もあるでしょうけど、

厳しい気候の山中で暮らしている身なので、雪が少ないことを祈るばかりです。

 

毎年の事ですが、クリスマス前には突然の大雪に見舞われ、

一晩で車が雪に埋まってしまって、どこへも行けなくなります。食料も灯油も尽きてしまう。

車を雪から掘り出して動かすのに2日もかかったことがあります。

氷点下の寒さなのに大汗かいて、Tシャツ一枚になって重労働です!腰も痛くなりますし。

除雪機を使っている家が多いですが、小回りがきかないので車の周囲などは手作業です。

 

若くて元気なうちはまだ良いですが、年をとると非常に厳しいです。

 ロシアの人は「地球温暖化大いに結構!!」そんな事言ってるそうですが、ちょっと共感です(苦笑)

 

 木々の葉っぱは全部落ちました。 

所々藪のようになっているのは寄生植物ヤドリギです。

甘い実がなっていて小鳥の餌になります。

 この季節には、毎年冬の季節風がまるで台風のように吹き荒れて木が倒れ、家がグラグラ揺れるのですが、今年はいたって穏やかです。

 

 テレビで紹介されたという、評判の食堂へ行ってみました。

小川村役場と学校に隣接しています。

小川村は旧中条村に比べると、商店街がずいぶん賑やかです。

長野市とも大町市とも距離があるので、昔から独自の商圏が発達したのでしょう。

なかなか面白い所です。

 

看板も、のれんも、手づくり感あふれる田舎の古い食堂です。

隣は雑貨店(飲料・文具・洗剤など何でも)になっていて、同じ人が経営しています。

田舎のコンビニといった感じ。

 寅さんが良く似合うレトロな空間です。

もしかして、隣のテーブルで食べていたおじさんは寅さんだったのかも?(笑)

しかし、安い!

こんなに安くて大丈夫?本当に美味しいのだろうか?

心配になってきました。

ラーメンが自信作のようなので注文しました。

 

普通、ラーメン店の料理人は男性ですが、

ここは女性二人で切り盛りしていました。

料理人はかなりの年齢のお婆さんでしたが、力仕事なのに中華鍋を振るっていました。

ラーメン以外にもメニューが豊富なのに、よくこなせると思います。

お客さんが大勢入っていましたが、割と早く提供されていました。超人的な頑張りです。

 

 海苔が3枚というのは初めて見ました。

ナルトも2枚で大サービス。こういうのは珍しいですね。

チャーシューは極上品でした。柔らかくてジューシー。

80度ぐらいの温度で長時間煮込んだ物でしょう。

グラグラ沸騰させると肉はバサバサになってしまいます。

澄んだ醤油味のスープはダシがきいていて最高の味です!

細ちぢれ麺、メンマも美味しい(^O^)/ 

こんな美味しいラーメンは初めてです。

長野市の中心街から遠く離れた小川村に、こんなにレベルの高い食堂があったとは、恐れ入りました。

まさに感動モノです。

お新香まで付いて450円は安すぎですね。

 

さて、次回は何を食べようか?

とても楽しみです。

あんかけ焼きそばがいいかな?

 親子丼も期待できそう。

 

  

 次はこの前ご紹介した「村の駅つくし」つくし食堂です。こちらは隣の旧中条村。
同じ日に食堂のハシゴをしたわけではありません。別の日です。

この前行ったとき気になっていた「おとうじ」を注文してみました。
「おとうじセット」というのは、
おやきとかパンが付くのだそうですが、この日は売り切れでした。
「おとうじ」初めて聞く言葉で、何のことかわかりませんでした。語源な何なのでしょう?

 

きしめんのような細いうどんです。

スープは醤油味で、すごい具だくさん!

野菜から出たダシで、とても美味しいスープになっています。

小皿に唐辛子味噌と薬味が付きます。お新香とポテトサラダが付いて600円は安い。

このポテトサラダがすごく美味しかった。

 

細くてコシのある麺は絶妙の味わいでした。

名古屋には何度も行ってきしめんを食べましたが、こんなに美味しいのはありませんでした。

 まあ、きしめんとは似て非なる物ですけど。

 妻は肉うどんを注文しました。

これは肉うどんというよりも、五目うどんと言ったほうが良いくらい具だくさんです。

これも600円ですからすごくお値打ちです。

こっちのうどんは太いです。

この日は美味しいうどんを満喫しました。

 

このお店のおやきは、超人気商品なので売り切れでした。残念!

11時の開店と同時に行かないとダメなんですね。

幻のおやきです。

 

中条も小川も、昔から小麦粉を使った料理が盛んな”粉物文化”なので、ラーメンもうどんも美味しい。

全国チェーン店とは別次元の味でした。

貴重な存在、今後も頑張って欲しいと思います。

 

 

 妻の畑では野沢菜も立派に育ちました。

試しに少しだけ漬けてみました。

フリーザーバッグを利用したお手軽な方法です。

 漬けて2週間。

まだよく漬かっていませんが、味見してみました。

残念ながら「こわい」です。噛み切れず、口の中に筋が残ってしまいます。

※「こわい(強い)」方言かと思っていましたが、国語辞典に載っていました。かたいという意味(ご飯がこわい、こわいネギ)

固い、または筋っぽいことを言います。

しかし、一般にはあまり使われませんね。

 

こわくなった原因は何でしょう?

種まきの時季、肥料のやりかた、収穫が早すぎた?

 

次回は外側の葉っぱは大胆に捨てて、芯の軟らかい部分だけ漬けることにします。

 

寒くなると野沢菜は柔らかくなり「のりけ(粘り)」が出て美味しくなります。

この地方では「野沢菜」という言い方はしません。

単に「お菜」です。

野沢菜が菜の代表格だからです。

「野沢菜漬け」というのも”都会向け”の言い方で、地元の人どうしでは「お葉漬け」と言います。

 

収穫せずにこのまま冬を越すと、春には菜の花が咲いて、それもまた格別の味です。

寒さには強いので、野菜が不足する冬の間も、畑から少しずつ摘んで来て味噌汁やおひたし、油炒めにして食べることができます。

 

飯山市の北に「野沢温泉村」という所があって、そこが本場です。佐久市にも野沢という地名がありますが、そことは無関係です。

野沢菜は昔、京都のほうから持ち込まれた蕪を元に品種改良されたという話です。

 ですから根は蕪になっていますから、これも美味しく食べられます。漬物だけでなくおでんに入れて煮物にしても美味しかったです。

 

 妻の新居ができて一周年です。

最初に行ったとき出迎えてくれた白猫ちゃん、先日はお隣さんの庭で日向ぼっこしていました。

どこから来るのか?どこで飼われているのか?

わかりませんが、健康そうで元気です。

でも、警戒心が強くてすぐに逃げてしまいます。

もちろんナデナデするなんて絶対にできません。

カテゴリ[ 料理]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

18/11/23 00:50

今何時?猫時間でーす(=^・^=)

右上と同じ写真ですが、大きなサイズで。
先日また小川村の同じ場所から北アルプスが綺麗に見えました。
おまけに飛行機雲も。

 

窓辺のトラちゃん。
外から見ると面白い。
ずいぶん知的な表情で知能指数高そうです^^¥
実は時計の番をしてるんです。
「今何時? 今日は何して遊ぶ?」
いつもそうやって話しかけます。
まあ毎日ノンビリ、猫時間ということですね(≧m≦)ぷぷ

お手手をなめて、お手入れします。

裏庭の日だまり。
瞑想にふけって、たっぷり充電します。
お地蔵さんのようですね(笑)
今年はこんな季節まで暖かくて快適です。

のどが白いのがチャームポイント。
白というよりベージュのような微妙な色合いです。

入念にお手入れします。

何か言っています。
最近よくおしゃべりするようになりました。
猫語がわからなくてゴメンね。
この後室内に収容しました。
トイレ→お食事→お昼寝、この順番いつも同じです。

 

妻の畑で大根が見事にできました。
初めてにしては上出来!
でも、肥料やりすぎじゃない?
直径8センチもありました。

大きな鍋にいっぱいになりました。
ストーブに載せてじっくりと火を通します。
タッパーに入れて冷蔵庫に保存。
おでん、けんちん汁に利用しています。
食べきれないか?
と思いましたが、美味しいのでどんどん終わります。
大根が主食のようになっています。

葉っぱも捨てずに利用しました。
芯のほうの軟らかい部分だけです。
サッと茹でて冷蔵庫に保存。味噌汁・油炒めなどに利用できます。

他に蕪や野沢菜も収穫して漬物にしました。
最近、野菜の美味しさがわかってきました。
昔は美味しい食べ方を知らなかっただけなんです。
この世界、奥が深いなと思います。

本場の小川村で買って来たおやきです。
ほど良いこげ目が良いですね。
・野菜ミックス(上)
キャベツと人参です。
・切り干し大根
大根葉も入っています。親子丼と同じ発想ですね。
だから旨い。
どちらもサラダ油で炒めた味噌味です。

3つありますが、もうひとつは”おから”
地元産の大豆から作った物で、とても美味しくて、最初に食べてしまいました。

肉も魚も入っていないので立派な精進料理。
昔は山奥の禅寺で瞑想にふける、
枯れた老人の食べ物だったかもしれません。
それにしては高級感あって美味しすぎます。
美味しいおやきと渋茶で、贅沢な気分になります。

脂ぎった老人のカルロス・ゴーンも
今後は心を入れ替え、ベジタリアンになって禅寺で修行すれば良いと思う。

日本昔ばなしでは、欲にかぶれたお爺さんが土を掘るとゴミばかり出て来る。
一方、欲のないお爺さんが灰を撒いたら
桜の花が (*^▽^)ノ彡☆

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

18/11/16 00:38

きのこシーズン終了

もうすぐクリスマス?
ずいぶん気が早いですね。いつも行く温泉施設です。
明るい気分になって良いと思います。


14日には初雪がありました。
空は晴れているのにみぞれ(あられ?)がパラパラと!
北海道旭川と同日でした。
やっぱり北海道と同じ気候なんですね。
いつもよりかなり遅い初雪でした。

 

眠っているトラちゃんは鉛のように重いので、
羽毛布団は深く沈みます。ぺちゃんこです(笑)

 

つい3日ほど前までキノコの収穫がありました。
今年は大豊作、というよりも見つけ方がうまくなったせいでしょう。
半分落ち葉をかぶっていたシモフリシメジ。
見事な形で、いかにも”シメジ”
模範的なシメジ形です。
これは撮影用に3本並べただけで、束になって生えていたわけではありません。
ホンシメジと違って束になって生えることは滅多にありません。

こっちは地獄からの使者。
毒のカキシメジです。
「まず毒キノコを覚えなさい」
と言われますが、カキシメジがわかるようになったのが今年の収穫でした。
この土地には生えないと思っていましたが、
地元のキノコ名人に教わりました。
実はたくさん生えていたのです。

アンパンが転がっているように見えますね (^_^;) 
地味な色で大きくて、柄が太いシメジ形で美味しそうに見えるので、これを食べて中毒を起こす人が多いそうです。
地方によって毒に強弱があり、九州産は弱毒だが長野県のは強毒だそうです。ただ、大量に食べなければ死ぬようなことはないらしい。
九州と長野とでは似て非なる別種のキノコなのでは?
マツシメジと呼んで食べる地方があるとか。
さらには食用のチャナメツムタケを”カキシメジ”と呼ぶ地方があるとか。大変まぎらわしい!!

pilさんのブログによると、ましてや日本とドイツとでは違いが大きいようです。
日本で食用でもドイツでは毒!というのがあります。
その逆もあります。
キノコは難しいですね。
やはり地元のキノコ名人に教わるのが一番です。

ヒダは白いですが、鉄サビのようなシミがあります。
これが見分ける特徴。
茶色い傘で白いヒダ、ごく普通の地味な外観ですが、毒キノコなんです。
※地味なキノコほど危ない!!
間違えやすいのは食用のチャナメツムタケとクリフウセンタケ、オオツガタケなどです。
「裂いてみると独特の悪臭があるのですぐわかる」
保健所の指導員にはそう教わりましたが、悪臭はよくわかりませんでした。
ただ、あまり食欲をそそられる匂いではありませんでした。
見た目も不気味でいかにも怪しい感じがします。
言葉ではうまく表現できませんが、独特の嫌なムードを漂わせています。
まあ、食べる気にはなりませんね。
これは束になって生えていましたが、これも特徴です。
しかし、たまに1本で生えていることもあるので要注意です。

これも今年覚えたキノコ、キヌメリガサ。
晩秋のキノコで、カラマツの落ち葉の中から生えます。
昔、散歩中のおばあちゃんに頂いたことがありましたが、自分で見つけたのは初めてです。
鮮やかな黄色がとても美しいと思います。
小さくて物足りないですが、とても美味しいキノコです。
何の味付けもしなくても、スープにほのかな甘味を感じました。
塩とみりんだけの味付けでお吸い物を作ってみました。
黄色いスープが食欲をそそります。
鰹節を入れたらさらに美味しくなりました。

これに似た毒キノコはありませんが、
しいて言えばニガクリタケでしょうか。
でも生える場所が違うし、生え方も違います。
ヒダの色と形が全然違うので、裏を見れば一目瞭然です。

ニガクリタケは黄色くて小さいですが、クリタケ(食用)は茶色で大きく形も違うので、間違える心配はありません。
本を見るとクリタケと間違えやすいと書いてありますが、実物を見ると全然違うのがわかります。
似ているのは名前だけです。
だいたい、食欲をそそられるような雰囲気のキノコではありません。
これはクリタケのすぐ隣の松の切り株に生えていました。広葉樹でも針葉樹でも生えます。
猛烈に苦くて食べられないが、煮込むと味がわかりにくくなるので要注意とのこと。猛毒です!

右はクリタケで、庭の白樺の切り株に2度生えました。
10月に一度収穫して、11月になったらまた出てくれました。来年も期待できそう。
クリタケは簡単に栽培できるらしく、スーパーにも時々売られています。
野生のキノコとしては中の上ぐらいのランクです。
これはけんちん汁に入れて食べました。

食べきれなかったキノコは冷凍保存してあるので、お正月のお雑煮用として嬉しい食材です。

庭で見つけた巨大キノコのなれの果て。
食用のヌメリイグチですが、こうなってしまってはもう食べられません。
見つけるのが遅かった。まさか11月まで出るとは思っていませんでした。
普通は9月頃が最盛期なんです。
小学生の頃、初めて覚えたキノコでした。
裏が黄色いカステラのようなスポンジ状なので、誰にでもわかります。初心者でも安心。

今年はこのキノコが庭にたくさん生えて、まるでキノコ畑のようでした。
100本とはいかないまでも、50本は出たと思います。
初夏から出始めて11月まで。長い期間出続けて、味もマアマア。
ナメコに似ていて味噌汁やうどんなど和食に合います。
栽培できるという話は聞きませんが、庭にこんなに出るのは快挙です!
今後も出続けてくれるよう、環境を破壊しないよう気をつけています。

 

前回の記事でUPするのを忘れていました。
とても美味しかったニラせんべいです。
私は辛党なので唐辛子を大量にかけてありますが(汗)
このように2つ折りになっていて、中に美味しい秘伝の味付けの味噌が塗ってあります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

18/11/09 00:16

大パノラマ!!

11月3日は素晴らしい秋晴れでした。
雪化粧した北アルプスの大パノラマが見られました。

右側のほうは日本海に近いので雪が多いです。
この山脈の向こう側は富山県と岐阜県です。右側は新潟県。
家が一軒だけありますが、こんな素晴らしい環境に住んでいる人が羨ましい。
薪ストーブの煙突が見えますね。

この日は旧中条村の村祭りに行って来ました。
この写真はその道中、旧鬼無里村から小川村へ行く道路(36号)で撮影しました。
途中、一番良い場所にアルプス展望台があります。

拡大です。
今年は暖かくてまだ初雪の便りはありません。
私の所は普通ならもう降っている頃なんですが。

北アルプスには真夏でも雪があるので、初雪という言葉はありません。最近、何万年も前の雪が見つかりました。氷河時代の雪が解けずに残っている。すごい事ですね!

 

道の駅中条でお祭りです。
氷雨の大ヒットで有名な、日野美歌さんを招いて歌謡ショー♪

私は演歌はあまり好きではありませんが、村のお年寄りたちには大ウケです。
本物の歌声は、やはり素晴らしかったです。カラオケ好きの素人さんとは全然レベルが違いました。

ネットで調べてみたら、彼女は私より年下だったので意外な感じがしました。
桜田淳子よりも若い!Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
最初はポップス系でアイドル歌手を目指していたが、演歌に転向して成功したのだそうです。

演歌は日本人の心とか言われますが、私は江戸時代からの民謡が、本当の日本人の心だと思います。
演歌と違って明るいおめでたい歌が多いです。仕事をしながら歌う、仕事を楽しくする歌もありますよ。

すごい人出で大盛況でした。
村の人口は少ないのに、こんなに人が集まるのはすごいです。もちろん外部からも来ているのでしょうけど。

各団体からの出店が多数。美味しい物がたくさん売られていました。
背中に「おやき」と書かれたはっぴを着たおばあちゃん。
田舎のおばあちゃんのお料理なら美味しいだろうと思って、ここでニラせんべいを4枚買いました。
一枚50円は安い^^¥
すごく美味しい味付けでした。使われている味噌が三年味噌?熟成された複雑な味でした。これが本物の旨味!?
ニラだけでなく枝豆のような柔らかい青豆も入っているのは良いアイデアでした。
美味しい豆はこの地区の名産品なんです。丹波の黒豆みたいに。気候や土壌が似ているんでしょうね。
だからお味噌も美味しいのでしょう。

お祭りが終わってもどこかで売られているのでしょうか?また食べたいです。
ニラせんべいというのは韓国のチヂミに似たような小麦粉を練って焼いた物です。

歌謡ショーの会場ではサンマが売られていました。

これを食べながらお酒を飲んでいい気分の人もいたのかな。

中条村のシンボル虫倉山。村祭りの名前も「信州むしくら祭り」です。
険しい岩山で、やまんば伝説があります。

村は村のままで良いのに、長野市に合併してしまったのは残念な気がします。小さな村が自立してやって行くのは厳しいのですね。
長野市は合併でドンドン膨れ上がって、長野県全体の4分の一が長野市か?そんな状態になってしまいました。

 

お布団大好きなトラちゃんです(=^・^=)
このところ毎日暖かいので、布団から出て外で寝ています。
暖かいか寒いかの基準は20℃です。
暖房完備(^◇^)贅沢な生活ですね。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

18/11/02 05:59

紅葉とキノコ

家から歩いて5分の所に見事なカエデがあります。
ここの紅葉を毎年楽しみにしています。

綺麗な色の写真を撮りたいのですが、
太陽が雲に隠れてなかなか出て来ない。
暇つぶしに周辺を物色していたところ・・・

「あっ!すごい!!」ありましたw(*゚o゚*)w これはヒラタケ?
ツキヨタケだと毒なので、根本を裂いてみて中が黒くないことを確かめます。
黒くないので食用です。こんなに簡単にわかるのに、中毒事故が後を断ちません。
早合点で何でもかんでも食べてしまう人が多いようです。
ヒラタケかムキタケかわかりませんでしたが、どちらも食用なので問題なし。図鑑をよく見たらどうやらムキタケのようです。

皮がペロリとむけるのでムキタケと命名された。晩秋に出ます。
一方のヒラタケは初夏のツツジの季節にも出ます。
ヒラタケは簡単に栽培できますが、ムキタケが栽培できるという話は聞きません。
ムキタケは科が違います。マツタケやシメジと同じ仲間です。だから美味しいんですね(^O^)/ 

肉厚で美味しそうです。
左の写真では小さく見えますが、実は大きいのですよ。
もう寒いので虫食いはなし。とても綺麗です。
早速食べてみたら、トロリとしたぬめりがあって、味にはクセがなく美味しい!ヒラタケよりも美味しいかもしれません。
このキノコは初めてです。またひとつ新しいキノコを覚えました。
たぶん来年もまた同じ木から出ると思います。

そういえば昔、隣家の枯れ木から似たようなキノコが毎年出て、

その家の人は「美味しい美味しい」と喜んで食べていましたが、

あるときその家の猫(=^・^=)がその木で爪とぎをしてしまい、以来キノコは出なくなってしまったのでした(≧m≦)ぷぷ

その前日ですが、
快挙!とも言えるほどの大収穫がありました!!
大きなシモフリシメジが大量に☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
こんな経験は初めてです^^¥
盆と正月が一緒に来たような喜びです。
束になって生えていたので、もしかして松茸以上の価値があると言われるホンシメジ?
と思ってしまいましたが、違いました。
シメジってこんなに大きくなるんですね!
傘の直径10cm、柄の太さは1.5cmぐらいあります。
栽培物の3倍はあります。
北海道では20cmのブナシメジが出たという話がありました。栽培物のブナシメジからは想像もつきません。この季節なので虫食いもなく、新鮮で美味しかったそうです。
右側の茶色いのはオオツガタケです。
これも美味しいキノコです。

シモフリシメジだけで大きな鍋にいっぱいになりました(^◇^)

最近やっとキノコの見つけ方が上手になってきたようです。落ち葉に隠れていても見つけてしまいます。
たぶん毎年出てるんでしょうけど、人知れず朽ち果てて行ったのでしょう。

全部採ってしまうと来年から出なくなってしまいそうなので、大きくて傘の開いたヤツは採らずに残しておく方針です。胞子をたくさん飛ばしてもらいます。
キノコを洗った水はバケツに貯めておいて、森へ持って行って、キノコ環境の良さそうな場所に撒き散らしています。
何年後かに生長して出てくるのを期待します。

松とミズナラ(どんぐり)の落ち葉がある場所には良いキノコが出るとわかりました。
赤いカエデ、黄色いカツラの落ち葉がある場所にはキノコは出ません。

 

もぐりますw(*゚o゚*)w
トラちゃんの特技です。
サクラちゃんにはできなかった。

頭隠して尻隠さず状態(笑)

ここで見つかると「犯人、尻尾つかんだぞ!」
と言われてしまいます(笑)

尻尾もちゃんと収容されました。めでたく完了^^¥

中はとっても暖かいのでお留守番も安心です。
中でトラちゃん納豆のようになっています(笑)

11月になったばかりですが、東京の真冬よりも寒い毎日です。
朝は氷点下2度、昼でも10度に届かず。

冬になり話題が乏しくなりますので、今後は更新を週1回にしたいと思います。
「花の金曜日♪」に毎週規則正しく更新しますので、変わらぬお付き合い宜しくお願いしますm(_ _)m

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[8 ]   トラックバック[0]